FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年01月15日[Thu]

ヤマザキ--ランチパック 3種のチョコ。

ヤマザキ--ランチパック 3種のチョコ。


“ヤマザキ”の“ランチパック”、1月13日発売の新作っ!
これには、あほうの阿波踊り、どころか、“X-JAPAN”になってしまうってもんです。


♪さんっしゅ(3種)っチョッコ(チョコ)ッ、いっいなっ、
 喰っえたっらいっいなっ、クリ~ム、ホイ~ップ、クランチ、あるっけど~~~ぉっ、

 “ランチ、、”、“ランチパ~~ック”ッ、“ナ~ベアッツ”コ~ラボッ、
 さ~ん(3)種のチ~ョコで、セ~レブな“ラ~ン~チ、、”~~~ッ、

 や~すい(安い)お値段っ、買っいたっいな~~ぁっ、
 「はいっ!4円安~~ぅっ!」

 さんっ、さんっ、さんっ!
 と~~っても濃~ぉ厚ぉっ!3種~~ぅ、チョコ~~~~ォッ♪

ドラえもん”が、あんなこと、そんなこと、
 いっぱい、いろんなことを叶えてくれるのなら、
ランチパック”の新作、“3種のチョコ”は、
クリーム、ホイップ、クランチチョコと、チョコ盛りたくさんで、
チョコ好きの独身の願望を叶える、どころか、混乱させてくれるってもんです。

独身は、毎度、月はじめになると、
各菓子パンメーカーの公式サイトで、
新作をチェックするのが、習慣となっています。

もちろん、独身ひいきの“ランチパック”のチェックも、
欠かすことは出来ません。

今月は、スイーツ部門から、“練乳クリーム”と、
とろ~りなめらかピーナッツ”の2種が新登場していると云うことで、
まず、独身は、まっさきに、“練乳、、”とのランデブーを済ませています。

もう一方の“とろ~りピーナッツ、、”は、“練乳、、”をハンティングした、
黄色の100均”で、今週中にも、捜索を行おうと予定しています。

さて、先日、独身が、いつものように、
新聞を見つめつつ、朝ごはんを頂いていると、
ふっと、手にした、“イトーヨーカドー”のちらしに、
独身の大好物のシリーズ菓子パンの文字が書かれていることに気づきます。

独身めがねは、もはや、独身の0.08の視力をしかと矯正することが不可能なほど、
めっきり度が合っていないので、ここ最近は、近場の文字ですら、
うまいことフォーカス出来ていません。

そんな独身めがねが、ちらしの小文字をしかと確保したのは、
ランチパック 3種のチョコ”ですっ。

独身が記憶している限り、今月の新作は、
“練乳、、”と“とろ~りなめらか、、”の2種、です。

“3種のチョコ”など、まったくもって、
独身の海馬には、インプットされていません。

そこで、しかとちらしをガン見してみると、
どうやら、“世界のナベアツさん”とのコラボとして、
13日に登場する、新作“ランチパック”であることが判明です。

そう云えば、2年前にも、おんなじ吉本興業の“オリラジさん”が、
深夜番組の企画として、“渋皮マロン”を共同開発しています。

今回は、“世界のナベアツさん”の、“3”のネタにちなんで、
3種の素材が盛り込まれた“ランチ、、”を、スイーツ、
お惣菜の2つの部門から、参戦しているようです。

独身は、無類のチョコ好きなこともあって、
菓子パンでも、とくに、チョコ系をお得意をしています。

いまのいままで、2種のチョコが盛り込まれた菓子パンとは、
なんどもランデブーしてきたのですが、今回のような、
3種も、もりっと盛られているものは、まったくもってお初ですっ。

これには、独身、興奮のあまり、“ナベアツさん”よろしく(?)、
あほうにでもなって、阿波踊りでも踊ってしまうってもんですっ(?)。

当初の予定では、“とろ~りなめらか、、”をハンティングするつもりでいたのですが、
やはり、チョコ好きとしては、“3種のチョコ”をお先させたくなってしまいます。

と云うことで、初登場の翌日、独身は、
早々に“3種、、”を狙い撃ちするため、
さっそくハンティングへと出発します。

まず、独身が向かうのは、先日、1月の新作、
“練乳、、”と遭遇した、“黄色の100均”です。

今回の“3種、、”は、コラボ商品と云うこともあってか、
“ヨーカドー”のちらしには、おひとつ、158円とお値段が設定されています。

となると、おひとつ105円の100均で、
“3種、、”がスタンバイしているとは、ちろっとも妄想出来ません。

それではなぜ、独身は、あえて、
可能性の低い“黄色の100均”へと向かうのかと云えば、
一応、今後のハンティングのために、もうひとつのターゲット、
“とろ~りなめらか、、”の有無を確認しておこうと云う魂胆です。

ところが、残念ながら、この日は、“とろ~り、、”は、
100均には、参戦していない模様です。

これは、もう何度か、100均に足を運ぶ必要がありそうです。

その後、独身は、毎度、
“ランチ、、”を定価すえおきでスタンバイさせている、“黄色のお店”へと移動します。

“黄色”には、ときおり、“ランチ、、”を特売していることがあるのですが、
やはり、今回の“3種、、”は、セレブなお値段なので、特売されることはないと妄想します。

しかし、“黄色”では、レジで精算する際に、
ノーレジ袋宣言をすると、ポイントカードにハンコを押してくれる、
と云うサービスを行っているので、もし、ヨーカドーとおんなじお値段ならば、
“黄色”でハンティングしたほうが、しかと1ポイントを確保出来ます。

そこで、まずは、“黄色”でお値段のチェックをしてみようと、
訪れてみると、“ランチ、、”の棚の手前に、おつとめの菓子パンたちが、
もりっと盛られている棚に気づきます。

横目で、ちろっと、おつとめを見つめてみると、
めっきり度が合っていない独身めがねは、まっさきに、
独身ひいきの、ある菓子パンをしかとフォーカスします。

それは、今月の新作、“とろ~りなめらかピーナッツ”ですっ。

間髪入れずに、ぐわぁしっと、ワシつかみしてみると、
おつとめ、と云うことで、定価126円のところを、
100円に値下げされていることがわかります。

おつとめ、と云っても、残りの猶予は、
翌日まで、と刻印されています。

と云うことは、つまり、この“とろ~り、、”は、
前日に“黄色”へとやって来たことを意味しています。

冬のこの時期ならば、1日経過したくらいなら、
別段、おおきな影響はないと妄想されます。

しかし、前回、“練乳、、”を頂いたときも、
同様に、1日経過していたのですが、そのときは、
いつもの生地の質と、いささか劣っていたことは、しかと記憶しています。

やはり、菓子パン本来の実力を確かめたい独身としては、
当日スタンバイした、新鮮なものをランデブーしたいところです。

100円と云うお値段には、こころ惹かれるものがあるのですが、
ここは、“練乳、、”のテツを踏まないためにも、ささっとシカトすることにします。

毎度、“ランチ、、”が盛られている棚に到着し、
さっそく“3種のチョコ”を捜索すると、そのほかの新作とともに、
しかと“3種、、”がお目見えしているところを発見です。

ほっと安堵したところで、おつぎに、
棚に貼られているお値段表を見つめてみると、
そこには、定価162円と書かれていることがわかります、、。

やはり、今回は、コラボ商品、さらには、
3種ものチョコが盛られていることもあってか、
お値段も、かなりのセレブッぷりを発揮してくれています、、。

前日の“ヨーカドー”のちらしには、
158円と書かれていたので、てっきり、
これが定価のお値段かと、勝手に妄想していたのですが、
どうやら、162円が定価のようです、、。

となると、ここは、“黄色”ではなく、4円お安い
“ヨーカドー”でハンティングしたほうがお得になります。

そこで、独身、さっさと“黄色”から撤退して、
ヨーカドー”へと、遠征する決意をします。

この日は、前日の寒々しいおてんきとは一転、
いささかあたたかな1日なので、冷え性の独身でも、
寒さに根負けするようなことは、ありません。

まさに、冬の遠征には、ぴったしなおてんきと云えます。

道の途中、適当に角を曲がってしまったがために、
かなりの遠回りをすると云う、うっかりを仕出かしてしまいましたが、
ようやっと、“ヨーカドー”に到着します。

ささっと店内へと進入し、さっさと菓子パンコーナーへと突き進むと、
この日は、いちご系の菓子パンが、おひとつ118円で特売されているところに遭遇です。

中には、独身が軽くひいきしている、
Pasco”の“おいしいシューロール”の“いちご練乳”も参戦しています。

ここ最近、めっきり“おいしい、、”とはご無沙汰状態なこともあって、
思わず“いちご練乳”に、こころ奪われてしまいます。

しかし、この日の独身のターゲットは、
“3種のチョコ”と、しかと決められています。

“いちご、、”に誘惑されそうになるも、
なんとか特売ワゴンから身を引いて、“3種、、”の捜索を開始します。

すると、特売ワゴンの奥~のほうに、
もうひとつ、小ぶりのワゴンが設置されていることに気づきます。

しかと見つめてみると、そこには、
3種、、”が、あまた、もりっと盛られているではありませんかっ。

軽い競歩で、ささっと接近してみると、
あほうな顔をした“ナベアツさん”が、
見事なまでに、あまた、こぞって勢ぞろいしています。

なかなかインパクトのあるイラストが、
ワゴンに50個近くも盛られていると、
いささか違和感を抱いてしまいますが、
やはり、チョコ好きの独身は、3種ものチョコには、
かなりこころを奪われてしまうほどの、魅力が感じられます。

そこで、さっそくワシつかみしようと、
ターゲットに手をのばしてみると、“オスギさん”、
ではなく(?)、おつぎに独身めがねがとらえるのは、
160円と、堂々っと書かれた、お値段表です。

独身の記憶が確かならば、つい前日のちらしには、
158円と書かれていたはず、です。

しかし、その翌日のこの日は、2円高の160円と設定されています、、。

独身、てっきり、158円のお値段は、
もうしばらく継続されるものと、勝手に妄想していたので、
がっくりと、落胆してしまいます、、。

とは云え、さきほどの“黄色”に比べ、
2円お安いのだから、まだ、“ヨーカドー”のほうがお得と云えます。

こんなことならば、ちらしの入った前日にハンティングしておくべきでしたが、
ルー大柴さん”よろしく(?)、今となっては、あとのフェスティバルってやつです(?)。

ここは、前日からの2円高を甘受して、
160円でハンティングを決行することにします。

と、ここで、おつぎに独身めがねがフォーカスするのは、
消費期限です。

独身の海馬が正確ならば、“ランチパック”の消費期限は、
当日を含めて、3日、猶予が残されています。

しかし、独身がワシつかみした“3種、、”は、
期限が翌日とプリントされています。

と云うことは、つまり、この“3種、、”は、
前日からスタンバイしているものと妄想されます。

そこで、そのほかの“3種、、”もチェックしてみると、
みな、いっせいに、期限が翌日となっていることがわかります。

これは、前日に、158円で盛られていたものが、
あまた、居残りしてしまったものを、翌日、つまり、
この日、2円高にして、再登場させたものと、勝手に妄想します。

ふつうなら、おつとめ、と云うことで、
いくぶんか、お安くなるはず、なのですが、
“ヨーカドー”では、逆に、2円もお高くなっています、、。

これでは、定価すえおきの“黄色のお店”で、
当日スタンバイしたものをハンティングしたほうが賢明と云えます。

もし、お値段におおきな差があるのなら、
ここでハンティングしても、いっこうにお構いなし、
なのですが、前日のものが2円高になることに、
独身、そうそう納得することは出来ません。

と云うわけで、せっかく“ヨーカドー”まで遠征してきたのですが、
またもや、“黄色のお店”まで、舞い戻る決心をします。

実は、この日は、次回のハンティングのため、
別の菓子パンの捜索もかねているので、
“ヨーカドー”にたどり着くまでのあいだ、
あっちこっちのお店にも足を運んでいます。

そのこともあって、すっかり独身の持病の腰痛は、
ずしりっと、独身の腰に、鈍い痛みを放ってくれています、、。

小泉元首相”よろしく(?)、
まさに、痛みを伴う遠征ってやつです、、。

腰の鈍痛に、軽く般若のような表情になりつつも、
なんとか、さきほどの“黄色”に到着します。

そして、ふらふら~っと、菓子パンコーナーに向かい、
ちろっと、おつとめの棚を見つめてみると、つい、数分前まで、
しかと“とろ~りなめらかピーナッツ”が存在していた場所には、
まったく別の菓子パンが盛られていることに気づきます。

どうやら、独身が“ヨーカドー”まで遠征しているあいだに、
別のハンターによって、早々にお持ち帰りされてしまった模様です。

独身のターゲットは、“3種のチョコ”と、しかと決められてはいるのですが、
やはり、こころ内のどこかで、おつとめの“とろ~り、、”でもいいかな、
と云う考えがあったことは、事実です。

いささか落胆しつつも、“ランチ、、”の棚へと向かい、
3種のチョコ”と再会を果たします。

そして、しかと消費期限をガン見してみると、
やはり、独身の海馬のデータ通り、期限の猶予は、
2日後
と設定されていることがわかります。

2円高いとは云え、やはり、“ヨーカドー”より、
“黄色”でハンティングして、その分、ポイントを頂いたほうがよろしかったようです。

実は、“黄色”のポイントは、毎週火曜日になると、
3、ではなく(?)、2倍になるのですが、もはや、
チョコ好きの独身には、来週の火曜まで、待ちぼうけを喰らうことは出来ません。

と云うわけで、3度目のハンティングにして、
ようやっと、“黄色”で“3種のチョコ”をワシつかみします。

独身の菓子パン生活も、すでに3年が経過していますが、
やはり、ターゲットをお得にハンティングすることは、
タイミングと運によるものと実感します。

これには、流石の“さんまさん”も、
「しょ~ゆ~ことっ!」
と、納得してしまうってもんです(?)。

ヤマザキ--ランチパック 3種のチョコ。

3種のチョコ(チョコクリーム・チョコホイップクリーム・クランチ入り板チョコ)を
 ふんわりパンでサンドしました
。”

と云うわけで、“ランチパック”の13日発売の新作、
“3種のチョコ
”です。

さっそく生地から頂いてみると、いつもよりも、
じっとり~っと、いささか水分が多めであることがわかります。

生地に喰らいつくと、ぴと~っと、
生地がお口に軽くぴったんこ、してくるようです。

そのためか、もぐもぐしていると、生地から、
水分のようなものが、じわじわっと、染み出てくるように感じます。

さらには、キメがみっちりっと、よく引き締まっているので、
むっちりっと、いい弾力があって、ぐいんっと、噛み応えもあります。

毎度、“ランチパック”の生地の質には感心させられていますが、
今回は、とくに、水分も多めで、キメもなめらかで、
とってもご親切な口あたりとなっていますっ。

お味のほうも、喰らいついた瞬間に、
小麦の風味が、どふ~っと、勢いよくお口に満載になりますっ。

こちらも、いつも以上に、小麦のお味が強気、
と云うか、濃厚で、しかと小麦の自然な甘味を実感出来ますっ。

チョコ、だけでなく、生地の質にもこだわっているのでしょうか。

ヤマザキ--ランチパック 3種のチョコ。

生地の中には、チョコビスケット入りチョコと、
チョコクリームチョコフラワーペーストが盛り込まれています。

流石、チョコてんこ盛りなだけはあって、手にしてみると、
いつもよりも、どすんっと、ヘビー級であることが伝わってきます。

構造としては、厚めの板チョコのまわりを、
チョコクリームとホイップクリームがはさみ撃ちしている、と云った感じです。

まずは、チョコクリームからですが、てろ~んっと、
とろ~んっと、たるたるの、ゆるめのクリームであることがわかります。

うっかりしていると、ぽってり~っと、クリームが落下してしまいそうです。

しかし、実際にお口にしてみると、まったり~っと、
ねったり~っと、若干のねばり、と云うか、とろみがあります。

そう、重々しく、べっとりとはりついてくる、わけではなく、
ぺっとんっと、軽く舌べろにまとわりついてくる、軽いとろみです。

チョコクリーム、と云うと、たびたび、
ソントン”のチョコクリームを妄想っとさせるものがあるのですが、
このクリームは、一瞬、“ソントン”の独特の、水あめの甘味があるのですが、
すぐに、カカオの苦味が、じくじく~っと、舌べろを意地悪く刺激してきます。

チョコ、と云うか、水あめの甘味と、
カカオの、軽く刺すような苦味が同席している、と云った雰囲気です。

ここ最近の自民党で云えば、
カカオが“渡辺善美議員”でしょうか(?)。

そして、水あめが、ボンボンで世間知らずの“麻生さん”と云ったところですか(??)。

かなり勢いのある苦味で、それに負けじと、
甘味もじわじわ~っと、応戦してきます。

かなり濃厚で、強気なチョコクリームとなっています。

一方のチョコホイップは、クリームよろしく、
とろ~っと、する~っと、ゆるやかなホイップになっています。

ホイップ、と云うと、もっと、もふもふっと、
空気感があるものがあるのですが、このホイップは、
いささか水っぽい、と云うか、しゃばしゃばっとしています。

4~5分立て、と云った感じで、さらさらなホイップです。

お味は、かなりミルクの甘味が強気で、
若干、チョコのお味がミルクに圧倒されているように感じます。

そのためか、ミルクの甘味はしかとあるのに、
チョコは、淡い、と云うか、ぼやけているような印象を受けます。

さらには、しゃばっと、水っぽいことも相成って、
甘味だけが目だって、肝心なチョコは、すっかり弱気になっています。

お味まで、しゃばしゃばしている、と云った雰囲気です。

ヤマザキ--ランチパック 3種のチョコ。

もう一方の板チョコは、ごりっ!と、かなり硬めで、
やわらか~なクリームとホイップとは、一線を画しています。

そこに、ざくざくのクランチが盛り込まれて、
ごりごりと、ざくざくで、いい食感を放ってくれています。

お味は、かなりお砂糖の甘味が効いたミルクチョコで、
そこに、クランチが、クッキーの甘味を付け足ししてきます。

この、ふたつの甘味が相成って、のどの奥~を、
じくじく~っと、意地悪く刺激して、さらには、
お鼻の奥~まで、攻撃してきます、、。

かなりお砂糖がてんこ盛りに盛り込まれているようで、
それが、あっちこっちの気管を意地悪してくる、と云った感じです、、。

そこに、チョコクリームとホイップクリームがガチンコしてくるのですが、
ホイップは、お味が淡いこともあって、意地悪い板チョコに、秒殺されているようです。

しゃばしゃばの食感は、お口の端っこのほうで感じるのですが、
肝心のお味は、板チョコに抑圧(?)されています。

一方のクリームは、カカオの苦味が、板チョコの甘味とタッグを組んで
のどとお鼻の奥~を、はげしく攻撃してきます、、。

板チョコとクリームとで、かなりインパクトがある、
と云うか、お味に瞬発力があります。

喰らったさきから、“ハウンドドッグさん”よろしく(?)、
フォルテシモのお味を見せつけてきます。

まさに、
♪あ~まみ(甘味)っ、すべ~てさ~ぁっ、
 いま~こそっ、喰ら~うよぉぉっ♪
ってやつです(?)。

流石、3種もチョコが盛り込まれているだけはあって、
チョコ満載、と云うか、チョコがどすどすっと、
大暴れしている、そんな印象を受けます、、。

これには、チョコ好きの独身でも、チョコが刺激的過ぎで、
かなり、あたふたっと圧倒されてしまうってもんです、、。

玄関開けたら、5秒でごはん”よろしく(?)、
チョコ喰らえば、1秒で攻撃”ってやつです、、。

今回、“3にこだわるおいしさフェア”と云うことで、
3種のチョコで、チョコずくし、チョコ満載にしたつもりが、
かえって、それが災いしたのか、チョコが暴走してしまっています。

これでは、あほうの阿波踊りどころの騒ぎではありませんよ、、(?)。

これには、流石の“X-JAPAN”のファンのみなさんだって、
首をはげしく振り乱して、乱舞してしまうってもんです、、(??)。

二兎追うもの、、”ではありませんが、
あまた、てんこ盛り過ぎ、と云うのは、
人も菓子パンも、欲張りになってしまうようです。

ヤマザキ
ランチパック 世界のナベアツwebサイト
ランチパック 3種のチョコ

購入場所:スーパー。
定価:162円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:211kcаl
たんぱく質:3.7g
脂質:10.0g
炭水化物:26.5g
ナトリウム:130mg

独身評価:★★★☆☆

↓↓チョコ系の“ランチパック”はこちらっ↓↓
チョコレートクリーム
ホワイトムースチョコ
ムースチョコクリーム
チョコクリーム GABA入り
黒豆ココア入りクリーム
チョコクリーム
クランチチョコ&モカホイップ
チョコバナナ
フレーク入りチョコクリーム
チョコクランチ
いちごチョコ&ホイップ
クランチチョコクリーム
マシュマロ&チョコ
板チョコ&苺ジャム
ホワイトクランチチョコ&ホイップ
バナナチョコ&チョコホイップ
生チョコクリーム

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト


タグ: チョコ, ランチパック, クランチ, ホイップ, 板チョコ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

BAGEL&BAGEL--ポテトペッパー(1月限定)。  | home |  JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。