“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年01月17日[Sat]

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

“JUNOESQUE BAGEL”の、1月限定ベーグルッ!
練乳と“朝青龍”とでは、いったい、どちらか存在感があるのか。


♪あんましペタペタしないで~~ぇっ、
 シ~ルはこの日もべろべろ~~ぉっ、
 途中で切れるはやめてよ~~ぉっ、
 いつでもシ~ルが難点っ!♪

うる星☆やつら”の“ラムちゃん”が、
あんましきょろきょろしないでと、“ダーリン”に文句を云ってしまうのなら(?)、
この日の独身は、毎度、袋にぺったんこされるシールに、あんましペタペタしないでと、
こころ内で、つい、いらいらっと、イラついてしまうってもんです、、。

ここ数年の独身のハンティングは、基本、1日1菓子パン、と云うことで、
1回につき、ひとつの菓子パン、ないし、ベーグルをハンティングしています。

以前なら、パン割引の日などは、こぞって、
2~3個の菓子パンを確保していたのですが、
パンと云うのは、しかと消費期限内にランデブーしたとしても、
仕入れ当日のコンディションと比べると、いささか質が劣ってしまいます。

やはり、菓子パン本来の実力を、しかと堪能するためには、
基本、1日1菓子パンと決め、その日のうちに頂くことが、肝要です。

となると、当然、1回のハンティングで、
たったひとつの菓子パンしか、確保しないことになります。

こういう場合、たったひとつのために、
レジ袋を頂くと云うのは、お店の側にしても、
なかなかのご迷惑となってしまいます。

いまのいまでは、お店によっては、
ささっと袋に入れてくださるところがあったのですが、ここ最近は、
ノーレジ袋を推奨していたり、レジ袋を有料としているお店が増えていることもあって、
店員さんから、テープだけでいいかと、訊ねてくることが多くなっています。

独身としても、たったひとつの菓子パンのために、
袋を頂くのも、申し訳ないし、なにより、小ぶりの袋と云うのは、
ゴミ袋にもなりづらく、結局は、ゴミとして、ぽい、するしかありません。

やはり、菓子パンだけの場合は、積極的にノーレジ袋宣言をすることが、
地球にも、己にも、やさしい菓子パンハンターと云えます。

そうなると、しかとレジで精算を果たしましたよ、
と云う証拠として、お店のシールをぺったんこ、されます。

このシールが、なかなかの曲者だったりするのです、、。

シールと云っても、お店によって、質が異なっていて、
中には、ぴろ~んっと、薄く、すぐにはがせるものがあります。

その一方で、つるつるっとして、粘着力がしつこいものがあって、
そのわりには、はがしている途中で、ぴり~っと、
2枚にひきちぎれてしまうと云う、かなり厄介なものも、あります。

こう云ったタイプのシールは、なんど、はがしても、
また、その途中で、ひきちぎれてしまうので、はがす動作を、
なんども繰り返さなければならないのです、、。

喰いしん坊の独身としては、さっさと中身とご対面したいところですが、
シールをすべてはがさない限り、ランデブーすることは、出来ません、、。

さて、この日、独身がハンティングするのは、
JUNOESQUE BAGEL”の1月限定、“ミルキーストロベリーベーグル”です。

この季節と云うのは、いちごまっしぐらなこともあって、
菓子パンだけでなく、チョコやお菓子部門まで、いちごで盛り上がっています。

コンビニなど、“林家ペー・パーさん”よろしく(?)、
こぞって、ピンクのいちごコーナーを設けていることが多く見受けられます。

独身も、いちごは大好物のひとつなので、
つい、ピンクのコーナーに引き込まれてしまいます。

そんな独身のこころ内を知ってか知らずか、
“JUNOESQUE BAGEL”からも、いちごのベーグルが参戦です。

しかも、練乳が盛り込まれている、と云うことで、
益々興味がもりもりっと、盛り上がってしまいます。

実は、独身は、この“ミルキーストロベリーベーグル”を、
先週のうちにハンティングするこころ構えでいました。

しかし、実際には、“BAGEL&BAGEL”のマンスリー
ポテトペッパー”をお先させています。

と云うのも、その日は、ちょうど、あっちこっちでセールが開催されていて、
“B&B”が参戦しているデパートも、セールまっしぐらです。

せっかくおんなじデパートを訪れているのだから、と云うことで、
予定していた“ミルキーストロベリー、、”を後回しにして、
“ポテトペッパー”を優先することにしたわけです。

さて、セールもひと段落したところで、この日こそ、
“ミルキーストロベリー、、”をしかとハンティングするときがめぐってきます。

ささっと遠征に出発し、さっさと“JUNO、、”に到着すると、
さっそく、ターゲットの“ミルキー、、”とご対面です。

一見して、おおきめのいちごの果肉が、
どぶどぶっと、盛り込まれているさまがうかがえます。

“大は小を、、”、ではありませんが、
やはり、おおきい果肉を目の当たりにすると、
いつも以上に、ハンティング欲が盛り上がってしまいます。

中でも、独身が目をつけた生地には、
そのほかのものと比べ、より多くの果肉が確認出来ますっ。

おんなじお値段なら、より、
お得なものを選択したくなるのが、喰いしん坊の性ってやつです。

さっそく“ミルキー、、”をワシつかみにして、
さっさとレジへと精算に向かいます。

ささっと店員さんにお渡しすると、やはり、たったひとつのベーグル、
と云うことで、店員さんから、ノーレジ袋の確認をしてきます。

独身の小バッグには、ベーグルが余裕でおさめられるほどのゆとりがあるので、
当然、独身には、袋は不要です。

そこで、
「そのままで大丈夫です。」
と、ノーレジ袋宣言をします。

そして、店員さんは、お買い上げの証拠として、
お店のマーク入りのシールをぺったんこ、してくれます。

しかし、このシールが、のちに、独身をいらいらっと、
イラつかせてくれる要因となるのです、、。

無事、ハンティングが終了し、いよいよっと、
ランデブーするときがやってきます。

そこで、まずは、シールをはがす作業から取り掛かります。

シールの端っこを、爪でかりかりっと、ひっかいて、
べろっと、軽くめくれたところで、いっきに、べり~んっと、はがします。

ところが、このシールが、つるつるっとしていて、
粘着力も、強情極まりないときます、、。

しかも、やっとこさ、べりっと、めくれたと思いきや、
すぐに、しゃり~っと、途中で、分裂してしまうではありませんか、、。

はがす先から、すぐに分裂してしまう、を何度も繰り返し、
すっかり独身のこころ内も、いらいら感で満載になってきます。

と、そこで、独身の脳裏に浮かび上がってくるのは、
ある文房具です。

その、するどい剣先で、シールのはじっこをつんっと、つっついて、
ぐいっと、持ち上げるように、シールを上に引っ張ると、
見事、シールがきれいにはがれてくれるではありませんかっ。

いまのいままでは、己の爪で、かりかりしていたのですが、
このアイテムの鋭利さと、平たく、薄い素材が功を奏した模様ですっ。

シールはがしの作業に取り掛かること、およそ、5分、
ようやっと、完全にシールを攻略することに成功です。

そのアイテム、と云うのは、カッターです。

まさに、“高橋ジョージさん”よろしく(?)、
♪なんでもないよ~ぉなものが、便利なアイテム思う~~ぅっ♪
ってやつです(?)

独身が、1日1菓子パンをモットーとする限り、
シールをぺったんこ、されるのは、これからも、避けることは出来ません。

しかし、これからは、カッターの活躍で、
いらいらっと、させられることなく、すんなりっと、
菓子パンとランデブーすることが出来そうです。

菓子パン生活も、早、3年半が経過していますが、
ようやっと、シール問題が解決されました。

武田信玄”と“上杉謙信”よろしく(?)、
実に、長い長い戦いです、、。

ほっと、安堵したところで、
さっさと、“ミルキーストロベリーベーグル”と対峙してみたいと思います。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

ジュノエスクの冬の顔
 「ミルキーストロベリーベーグル」が今年も登場!
 ドライストロベリーの甘みと適度な酸味に、練乳のコクのある甘さが絶妙な一品。
 後味に残るミルキーな味わいは幸せの一時を演出します
!”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の1月限定、
“ミルキーストロベリーベーグル
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、
毎度のごとく、がしがしっと、ぐしぐしっと、かなりの噛み応えがあります。

ぎいっと、生地が引き締まっているので、
その分、どしりっと重み、と云うか、ばすんっと、ぶ厚さを実感します。

とくに、表面がばりっと、ハリ、と云うか、
がちんっと硬くなっているので、喰らいつくと、
まっさきに、この硬さの洗礼を喰らうわけです。

こちらが喰らっているつもりが、逆に、
生地に喰らわれている、そんな感じです。

その一方で、内側の生地は、案外、ほふっと、やわらか、
と云うか、ほろほろっと、お口の中で、軽くほどけていきます。

これは、水分が少ない、と云うか、お粉がまとまる、
ぎりぎりの水量しか盛り込んでいない、と云った印象で、
そのため、いさささか、キメがもそもそっと、乾いているようでもあるのですが、
いい意味では、キメが、すぐに、ほろっと、ほどけていくわけです。

実に、アメとムチを、うまいこと、使い分けた生地になっています。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

生地のお味は、はじめは、もふもふ~っと、
まろやかな甘味のある小麦の風味がお口に広がります。

すっきりとしていながら、どこか、丸みのある甘味です。

その後、もぐもぐを繰り返していくと、
ようやっと、練乳の甘味が遅れて参戦してきます。

練乳と云うと、わりと、こく~っと重みのある甘味があるのですが、
この生地からは、まったく、と云っていいほど、練乳らしい甘味は感じません

あとから、どこどこっと、練乳のコクが強気になってくるのですが、
甘味やお味、と云うより、深みのみを放っている、と云った印象です。

やわらかい、と云うか、ご親切な練乳で、
なかなか本性を見せつけてはくれません。

風林火山”の、“侵略すること、火のごとく”よろしく、
もっと、小麦のお味を圧倒してしまうくらい、
図々しいほどの甘味を主張して頂きたいものです。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

一方のいちごの果肉ですが、かなりおおきめの果肉が、
どぶどぶっと、あっちこっちに散乱しています。

いちごジャムの中に盛り込まれている果肉よろしく、
じゅぶっと、どろ~っと、つぶれています。

しかとも果肉にひっついているので、
ときより、お口の奥~のほうで、種が、
ぷちっと、ぱちっと、はじけるような音が聞こえてきます。

流石、おおぶりなだけはあって、食感的にも、
お味的にも、しかと存在感があります。

喰らいついた瞬間に、じゅっ!と、勢いのある酸味を放って、
そのあと、いちごの、すきっとした風味がやってきます。

糖分控えめのいちごジャム、と云った雰囲気で、
いい意味で、酸味が強めで、さわやかないちごです。

そこに、練乳の甘味が、こて~っと、しつこいまでの甘味で、
いちごと、うまいこと、ひとつにガチンコして、その名のとおり、
ミルキーないちごになってくれるものと妄想していたのですが、
まったくもって、練乳の甘味はなく、さっと、軽くコクを付け足しする、
と云った程度です。

さりげないこと、“スナフキン”のごとく、と云った感じでしょうか(?)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

生地の残り半分は、毎度のごとく、
レンジで30秒、チンしてみることにします。

すると、がっしがっしのハードマッチョの生地が、
ぷに~っと、ぶっち~っと、弾けんばかりの弾力になっています。

ほどよい水分が含まれていることもあって、
むっちむっちっと、よくお口になじんでくれています。

常温のときのような、もそもそっとした乾燥もなく、
しとっと、キメがまとまっています。

お味は、小麦の風味が、ほふ~っと、あたたかくなって、
丸く、まろやか~になっています。

しかし、小麦のお味が引き立っているためか、
練乳の風味が、よけいに控えめになっているようです。

ボール支配率の多い、サッカーチームのゴールキーパーごとく(?)、
ほとんど実力を発揮することなく、試合を終了してしまう、と云った雰囲気です、、。

一方のいちごは、より、でろ~んっと、やわらかくなって、
常温のときよりも、いっそう、つんっ!と酸味がするどくなっているようです。

その分、甘味が弱くなっているようで、
いちごに至っては、チンは避けたようがよろしいかと思われます。

今回の“JUNO、、”のマンスリーは、
ミルキーストロベリー、、”と云うことで、
ミルキーはママの味”よろしく、もっと、ミルクの甘味が幅を利かせた、
いちごとミルクが一体となった、いちごミルクを堪能出来るものと、妄想していました。

しかし、その実態は、ただのいちごのひとり相撲で、
練乳は、まったくと云ったいいほど、己の役割を放棄しているようです、、。

これは、“ミルキーストロベリー、、”ではなく、
ストロベリージャムのベーグル”ですよっ。

これでは、“朝青龍”のほうが、相撲以外で、
世間をにぎわせて、よっぽど、存在感を見せつけているってもんです(?)。

練乳には、“朝青龍”よろしく、
図々しいまでの、こ憎たらしいまでの、実力を発揮して頂きたいものです。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーストロベリーベーグル(1月限定)。

JUNOESQUE BAGEL
ミルキーストロベリーベーグル

定価:220円。
カロリー:292kcаl/100g。

独身評価:★★★☆☆(3.5)

↓いままで頂いた、“JUNOESQUE BAGEL”のベーグルはこちらっ↓
JUNOESQUE BAGEL
スポンサーサイト


タグ: べーグル, 練乳, いちご,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック 3種のチョコ。  | home |  木村屋--苺ジャム入り 大福風あんぱん。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。