FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2009年01月28日[Wed]

ヤマザキ--ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ。

ヤマザキ--ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ。

“ヤマザキ”の“ランチパック”、1月の新作っ!
これには、流石の“エリカママ”だって、あっさり、写真をおおっぴろげにしてしまわれるかっ。


♪し~~ぃんぱ~~ぁい(心配)ないっからね~~ぇっ、
 “と~ろ~り~ぃピ~~ナッツ”~~ッ、
 “き~い~ろ(黄色)の~ぉ、ひゃ~ぁあっき~~ん(100均)”、
 か~な~ら~ず~ぅ、きっとある~~ぅっ、
 ど~~ぉんな~~ぁにシカトされ~~ぇっ、
 く~じ~け~ぇそ~ぉで~も~~ぉっ、
 し~つ~こ~く~ぅ、行~く~さ~~ぁっ、
 か~な~ら~ずっ、“とろり、、”をハンティング~~~ゥッ♪

どんなに困難で、くじけそうでも、信じることで、
かならず、最後に愛は勝ってしまうのなら、この日の独身は、
あっちこっちのお店で、ずっと、シカトされ続けていた、
ランチパック”の1月の新作、“とろ~りなめらかピーナッツ”を、
黄色の100均”で、ようやっと、ハンティングするってもんですっ。

独身は、お得割安セールと云うことばに、
めっきり弱々しいおんな、です。

おんなじ商品なら、出来ることならば、
1円でも、お得にハンティングしようと、日々、
あっちこっちのお店で、お値段に目を光らせています。

とくに、1月と云うのは、あっちこっちのデパートなので、
ででんっと、セールが開催されていることもあって、
独身の安売りのムシは、啓蟄よろしく、むずむずっと、盛り上がってしまいます。

いちど、セールのお得感を味わってしまうと、
ふだんのお値段では、うかうかっと、手を出しづらくなってしまいます。

そのため、ここ数年の独身は、めったなことがない限り、
セール以外で、洋服を追い求めることは、ありません。

そんな、お得好きの独身が、菓子パンに至っても、
定価すえおきで、ハンティングすることは、めったにありません。

ところが、お値段にこだわるあまり、お得なときに、
ターゲットにめぐり逢えないことも、多々、あるのです、、。

独身が、はじめて1月の新作、“とろ~りなめらかピーナッツ”と、
お初にお目にかかったのは、“黄色のお店”です。

毎度、ごひいきにしている“ランチパック”の新作となれば、
まっさきに、ハンティングしてしまいたいところ、です。

しかし、“黄色のお店”では、たいてい、
“ランチ、、”を定価すえおきでスタンバイさせています。

ときおり、日替わり特売で、1~2割引きすることがあるのですが、
いつ、なんどき、特売に遭遇するか、いちハンターに過ぎない独身には、知る由がありません。

そのため、独身が、“ランチ、、”をハンティングするために、
“黄色のお店”を利用することは、めったにありません。

では、独身は、いったい、どこで、
“ランチ、、”を狙っているのかと云えば、
それは、“黄色の100均”です。

100均、と云うからには、菓子パンも、
おひとつ105円にお値段設定されています。

もちろん、“ランチパック”にいたっても、
おひとつ105円です。

とは云え、“ランチ、、”には、126円から、
ときに、160円超えの、セレブなお値段のものまで、存在しています。

さすがに、160円級となると、お店の利益が盛り下がってしまうので、
“黄色の100均”にスタンバイしているのは、126円級まで、と決まっているようです。

そのため、前回頂いた“3種のチョコ”は、
“100均”ではなく、泣く泣く、“黄色のお店”で、
162円の定価すえおきでハンティングしています。

ところがっ、、!

つい先日、別件で、ふっと、“紫のお店”を訪れてみると、
なっ、なんとっ、“3種のチョコ”が、おひとつ、
148円で盛られているではありませんかっ、、。

これには独身、がっくしと、なで肩を落としてしまうってもんです、、。

独身は、たった1円でも、こだわっていると云うに、
おんなじ菓子パンで、14円も損をしているだなんて、
これには、さすがの“孫悟空さん”だって、
元気玉を放つ戦闘能力もなくなってしまうってもんです、、(?)。

と、ここで、ふっと、“ランチパック”の段の、左端を見つめてみると、
そこには、“とろ~りなめらかピーナッツ”と書かれた、が貼られていることに気づきます。

そこには、お値段、113円と書かれています。

と云うことは、“紫”では、“とろ~り、、”は、
1割引でスタンバイしていることを意味しています。

実は、独身は、おなじく1月の新作、“練乳クリーム”を、
黄色の100均”で、105円でハンティングしています。

ところが、おんなじ新作にも関わらず、“とろ~り、、”に至っては、
いっこうに、“100均”に登場する気配がありません

“練乳、、”以降、なんども“100均”を訪れているのですが、
いまだ、“とろ~り、、”にお目にかかったことは、ありません

そんなとき、ふっと、足を踏み入れてみた“紫のお店”で、
1割引の“とろ~り、、”に遭遇ですっ。

“100均”と比べると、もちろん、かなり損をしてしまうのですが、
ここまで、“100均”でシカトされるとなると、そろそろ、ここらへんで、
“とろ~り、、”をハンティングするほうが、賢明と云えるのかも、しれません。

そこで、独身は、“100均”を見限って、
この機会に、“紫”を利用することを決意します。

そこで、ターゲットをワシつかみしようと、手を伸ばしてみるのですが、
しかと商品棚を見つめてみると、がらっと、空席になっていることが判明です。

つまり、商品名の札は貼ってあっても、
“とろ~り、、”は、欠席している、と云うわけです、、。

これは、国会に出席しているのに、ぐぅぐぅっと、
居眠りしている代議士先生のようなものですよっ(?)。

しかし、商品の札がある、と云うことは、
今後、“とろ~り、、”が登場する日がめぐってくることが妄想されます。

そこで、独身、その翌日に、“紫”を再訪してみるのですが、
残念ながら、その日も、“とろ~り、、”はご不在の模様です、、。

その後、数日おきに、“紫”に足を運んでいるのですが、
いまだ、“とろ~り、、”の棚には、商品の札しか、存在していません、、。

これは、3場所連続欠場していた、“朝青龍”といい勝負ですよっ!(?)。

さすがに、“黄色の100均”、さらには、“紫のお店”に、
立て続けにシカトされる、となると、情熱的なハンターの独身でも、
めっきり弱気になってしまうってもんです。

もう、ここらへんで、定価すえおきの“黄色のお店”で、
ハンティングするしかないと、すっかり落胆する独身です。

しかし、少しでも、お得にハンティングしたい独身としては、
なんでもないようなときに、“黄色”を利用するわけがありません。

実は、“黄色”では、レジふくろ有料が、市内で義務化されるずっと前から、
マイバッグを普及させるため、レジでノーレジふくろ宣言をすると、
ポイントカードにハンコを押してくれる、と云うサービスを開催しています。

そのハンコが、20個満載になると、
100円引き
してくれると云う、なんとも小粋なサービスです。

ふだんは、1回のお買い物につき、1ハンコを押してくれるのですが、
週1回、さらには、5、がつく日は、倍の2個、ハンコを頂けるのですっ。

そのお得な倍の日が、ちょうど、この日とガチンコする、
と云うことで、どうせ、定価すえおきで“とろ~り、、”をハンティングするのなら、
ポイント倍の日を狙ってしまえよ、ホトトギス(?)、と云う魂胆です。

そこで、この日の独身は、ポイントを2倍で確保するため、
“黄色のお店”で、ハンティングすることを決意します。

とは云え、やはり、割引大好物の独身としては、
黄色の100均”と、“紫のお店”の存在を、
なかなか払拭することが出来ずにいます。

こころ内のはじっこのほうで、もしかしたら、
と云う、淡い期待が居残りしています。

そこで、“黄色のお店”を訪れる前に、いちるの望みをかけて、
100均”と“”を、再度、訪れてみることにします。

それでも、両者にシカトされるようならば、今度こそ、
断念して、“黄色のお店”でハンティングするよう、しかと決意をかためます。

さて、まずは、いちばんお得な“100均”から、
再訪してみることにします。

いつもの愛チャリに、ささっと乗り込んで、
さっさとお店に到着します。

ぐいんっぐいんっと、エスカレーターで店内に進入し、
そのまま菓子パンコーナーへと、直行します。

そして、まっさきに、“ランチパック”の棚に視線をなげかけます。

すると、いまのいままで、さんざ、独身をシカトしてくれていた、
とろ~り、、”が、しかとスタンバイしているではありませんかっ、、!

これには、さんざ、マスコミをシカトしてきた、
さすがの“エリカさま”だって、結婚式後、
ごきげん~な笑みをなげかけてしまうってもんです(?)。

いちるの望み、とは云え、独身のこころ内では、
もう、可能性はないであろうよと、すっかりあきらめていたので、
まさか、いちばんお得な“100均”で、ようやっとお目にかかれるとは、
さすがの妄想族の独身でも、ちろっとも妄想してはいませんっ。

あまりにも、シカトされ続けてきたので、実物を目の当たりにしても、
これは、現実なのかっと、いささか独身めがねの度のほどを、疑ってしまいます。

しかし、ガン見しても、やはり、“とろ~り、、”であることに相違ありませんっ。

これには、狂喜乱舞、と云うより、
ほっと、ひと安心して、ふ~っと、ちからが抜けてしまいます。

これで、“黄色のお店”で、
定価すえおきで損をすることもなくなりましたっ。

やはり、先日、“3種のチョコ”で、14円も大損しているだけに、
このよろこびは、いつも以上に盛り上がってくるってもんですっ。

よろこびそのままに、“ドラゴンボール”よろしく(?)、
しかと“とろ~り、、”をつかんで、レジへと精算に向かいます。

菓子パンハンティングとは、なんっとも皮肉なもので、
必死で捜索しているときには、ターゲットにシカトされ、
がくっと、あきらめかけたときに、ふっと、わいたように登場するもの、です。

これからも、独身は、あっちこっちのお店を、
南船北馬して、一喜一憂することでしょう。

ヤマザキ--ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ。

とろーりとなめらかなピーナッツクリームをふんわりパンでサンドしました。”

と云うわけで、“ランチパック”の今月の新作、
“とろ~りなめらかピーナッツ
”です。

いまのいままで、ピーナッツ系の“ランチパック”は、
ピーナッツを頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、ふかっと、
はふっと、いつもよりも、生地に空気感があることがわかります。

いつもの生地は、じっとりと水分が含まれていて、
喰らいついた瞬間に、ぴとっと、お口に軽く張りついて、
もぐもぐすると、むちむちっと、弾力があります。

しかし、今回の生地は、ほどよく、しっとりと水分がある一方で、
ふっくらっと、キメのあいだに、空気がふくまれているようです。

そのあと、しかともぐもぐすると、
むにむにっと、やわ~な弾力になっていきます。

キメが、いささか、もそもそっと、落ち着かないようにも感じるのですが、
けばけばっと、けば立つ、と云うことは、ありません。

お味のほうも、毎度のごとく、
小麦の自然な風味とかおりが、ぼふ~っと、お口満載に充満します。

いっさいの無駄がなく、すべては小麦のワンマンショー
と云った雰囲気です。

よぶんなお味がないぶん、じゅうじゅう、
小麦の実力を堪能することが出来ます。

ヤマザキ--ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ。

生地のあいだには、ピーナッツフラワーペーストがはさみ込まれています。

“とろ~り、、”と云うと、かなり、たるたる~っと、
ゆるゆる~っと、するするしたクリームを妄想っとするのですが、
実際に頂いてみると、さほど、するするのクリームではないようです。

でろ~んっと、どろ~んっと、とろみがって、
お口にすると、上あごあたりに、べっとんっと、張りついてきます。

まったり、どっぷりっと、ヘビー級の濃密なフラワーペースト、
ではないのですが、わりと、重めのとろみがあるように感じます。

たしかに、口あたりは、つる~っと、なめらかなのですが、
わりと、しつこく、お口に張りついてきます。

毎年のように、紅白で、しつこいまでに、
NHKに“さそり座のおんな”を歌わされている、
美川憲一さん”よろしく(?)、地獄の果てまでついていく、
そんな、一途なべっとり、ではないのですが、“とろ~り、、”から、
妄想するような、するっと、とろけるような、クリームでは、ありません

とは云え、うっとうしいようなべっとり、ではありません。

キンキン”“ケロンパ”のほうが、よっぽど、
べっとりっとしているってもんです(?)。

ヤマザキ--ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ。

お味は、お口にした瞬間、ピーナッツの、
からからっとした香ばしいかおりと風味
が、
勢いよくお口に充満してきますっ。

甘味は、わりとすっきり、さっぱり、と云うか、
軽やかで、ぼってりっとした、濃厚で、重厚感のあるピーナッツではありません。

パンのお供として、毎度、おなじみのピーナッツバターあたりは、
もっと、ピーナッツ度が重苦しく、パンを圧倒して、ナッツ全開、
ナッツまっしぐらで、お鼻の奥~のほうが、ナッツの甘味の重みで、
鼻血が滴るのでは、と云うくらい、じくじくっと、刺激を感じることがあるのですが、
このピーナッツクリームは、ミルクのような、マイルドで、まろやか~な甘味があるので、
いい意味で、ピーナッツ満載では、ありません。

そのため、さほど甘苦しさと云ったものもなく、
ぎっとぎっとっとした、油っぽさも、ありません。

しかし、ピーナッツのコクは、じんわり~っと、勢いを増して、
マジでごっくん5秒前、あたりになると、ぐんっと、最後のちからを振り絞ってきます。

わりとシンプルで、しつこさのない、さわやか~なピーナッツなので、
朝からでも、軽やかに頂くことが出来るかと妄想します。

独身が、“ピーナッツ”を頂いたのは、かなり前のことになってしまうので、
双方を比較することは不可能なのですが、あっさり軽めのお味がお好みのかたは、
この“とろ~りなめらか、、”を選ばれることが、よろしいかと妄想します。

これには、流石の“エリカママ”だって、マスコミに、あっさりと、
ハワイでの、“エリカさま”の披露宴の写真を、おおっぴろげにしてしまうってもんです(?)。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ

購入場所:100円ショップ。
定価:105円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:137kcаl
たんぱく質:4.2g
脂質:3.6g
炭水化物:21.7g
ナトリウム:148mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

↓↓ピーナッツ系の“ランチパック”はこちらっ↓↓
ピーナッツ

↓↓1月の“ランチパック”はこちらっ↓↓
練乳クリーム
3種のチョコ

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト





タグ: ランチパック, ピーナッツ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

木村屋--苺ジャム入り 大福風あんぱん。  | home |  神戸屋--あん&マーガリンフランス。