“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年01月29日[Thu]

神戸屋--あん&マーガリンフランス。

神戸屋--あん&マーガリンフランス。

神戸屋、“フランスシリーズ”の1月の新作っ!
これには、さすがの“野比のび太さん”だって、ふしぎなポッケに期待してしまうってもんです、、。


♪こっおべっや(神戸屋)っ、いっいなっ、こっんげっつ(今月)いっいなっ、
 いっちご(イチゴ)にっ、ジャッム入っりっ、あ~んこっもあるっけど~~~ぉっ、

 みんなっ、みんなっ、み~ぃんなっ、ナ~イスッなし~んさく(新作)っ、
 “フ~ランス”さ~ん(3)種も、そ~ろぉってく~れ~る~~~ぅっ、

 きょ~~ぉお(今日)は“黄色”のっ、とっくばっい(特売)だ~~ぁっ、
 (“あん”、、っ!“、、マーガリン”だぁっ!)

 “あん、、”、“あん、、”、“あん、、”っ!
 と~~ぉっても喰~ぅいた~ぁいっ、“あ~んマ~~ガリ~~~~ン”ッ!♪

ドラえもん”が、ふしぎなポッケで、
あんなことも、こんなことも、なんでも叶えてくれるのならば、
この日の独身は、“黄色のお店”の週1特売で、ずっと捜索していた、
あん&マーガリンフランス”とお逢いしたいと云う想いが、ようやっと、叶うってもんですっ。

先日、独身は、“ランチパック”の1月の新作、
“とろ~りなめらかピーナッツ
”を、“黄色の100均”で、
おひとつ105円のところを、ようやっと、ハンティングに成功しています。

別のお店で、はじめてお目にかかって以来、割安を追い求めて、
あっちこっちのお店を駆けめぐっていたのですが、ついに、
1月末にして、期待していた“黄色の100均”で、再会を果たしています。

“100均”を訪れるまでは、もう、割安ではお目にかかれれないものと、
半ば、あきらめかけていたのですが、最後に、いちるの望みをかけて、
再度、“100均”を訪問してみると、そこには、しかと、
“とろ~り、、”がふたつぽっきり、ではありますが、
スタンバイしているところを発見ですっ。

やはり、おんなじ菓子パンならば、定価すえおきよりも、
1割でも、2割でも、お安くハンティングしたいのが、
菓子パンハンターの性ってもんです。

“ドラえもん”よろしく、この情熱的な想いを叶えてくれる術があればいいのですが、
いちハンターに過ぎない独身は、ただ、己の運を信じて、
日々、ハンティングにまい進するほかありません。

さて、ようやっと、105円で“とろ~り、、”とお目にかかることの叶った独身は、
その後、別件で、“黄色のお店”に移動をしています。

その日は、“黄色”では、週1の特売日と云うことと、
レジにて、ノーレジ袋宣言をすると、ポイントカードが2倍になる、
と云うこともあって、ポイント狙いで、“黄色”を利用することにします。

いつもならば、菓子パンハンティングのために、
特売に参戦しているのですが、独身は、すでに、
“とろ~り、、”を確保しているので、別段、
菓子パンコーナーを訪れる理由はありません。

しかし、菓子パン大好物な独身は、たとえ、用はないとしても、
ふっと、菓子パンコーナーに足が向かってしまいます。

その日も、やはり、菓子パンの特売が気にかかって、
まっさきに、菓子パンのもとへと、直行しています。

そして、もりっと、あまた、菓子パンが盛られた特売ワゴンへと接近すると、
まず、独身の視界に突入してくるのは、“ランチパック”の“バナナホイップ”です。

(、、うっ!こっ、これはっ、もしやっ、、!)
独身のこころ内に、なにやら、不穏な空気が漂います。

“バナナ、、”が参戦している、と云うことは、
さきほどハンティングしたばかりの、“とろ~り、、”も盛られている可能性が妄想されます。

この特売は、一律、98円にお値段が設定されているので、
もし、“とろ~り、、”があるとなると、独身は、
7円も損をすることになってしまうのです、、。

こころ内では、“知らぬが仏”と、特売ワゴンをシカトしようとする己がいるのですが、
その一方で、知らずにはいられない、己も同居しています。

このふたつの想いが、“朝青龍”と“白鵬”の優勝決定戦よろしく(?)、
激しいバトルを繰り広げた結果、独身は、ついに、
菓子パンワゴンへとたどりつきます。

すると、そこには、“とろ~り、、”が、
ご不在であることが判明です。

なんとか、7円も損をすることは、避けられたようです。

ほっと、安堵したところで、ふっと、視線を左のほうへと向けてみると、
なっ、なんとっ、そこには、“とろ~り、、”よろしく、独身が、
ずっと、あっちこっちのお店で大捜索をしていた、もうひとつのターゲット、
神戸屋の1月の新作、“あん&マーガリンフランス”が、もりっとあまた、
盛られているではありませんかっ!

まさか、“黄色のお店”の特売で、
お初にお目にかかろうとは、独身、ちろっとも妄想していませんっ。

独身は、菓子パン生活に突入して以来、ずっと、
フランスシリーズ”をひいきにしています。

“ランチパック”よろしく、新作が登場するたびに、
毎度、しかとランデブーをしています。

“フランス”は、“ランチ、、”とは異なり、
毎月新作がお目見えするわけではありませんが、
ご親切なお値段のわりには、かなりの実力を持ち合わせている、
シリーズものの菓子パンとして、すっかり独身をトリコとしてくれています。

そんな“フランス”ですが、今月は、なっ、なんとっ、
新作が一気に3種も登場しているではありませんかっ。

いちごミルクフランス”、“イチゴジャム&マーガリン”、
そして、“あん&マーガリン”と、季節感満載のもの、さらには、
和な雰囲気満載のものと、いずれも、独身好みの新作が勢ぞろいですっ。

その中で、“いちごミルク、、”に至っては、昨年の1月に、
すでにランデブーしていることもあって、今回は、シカトすることにします。

そこで、のこりの2種を、ターゲットにするわけですが、実際に、
遠方の黄色の100均”で、“イチゴジャム&マーガリン”を目の当たりにすると、
ふっと、独身のハンティング欲が、もり下がってしまいます。

と云うのも、“フランス”では、“イチゴジャム&マーガリン”は、
お初、なのですが、イチゴジャムとマーガリンは、菓子パン界では、
毎度おなじみ、王道の組み合わせと云えます。

となると、実際に頂かなくても、だいたい、
お味のほどを妄想出来てしまいます。

そうなると、毎度、ひいきにしている新作とは云え、
ハンティング欲も、一気にクールダウンしてしまいます。

こんな中途半端なこころ持ちで、
ハンティングを決行するわけには、いきません。

と云うわけで、“フランス”の新作は、
あん&マーガリン”のみをターゲットとすることにします。

あんことマーガリンの組み合わせも、イチゴジャムよろしく、
王道なのですが、“フランス”と云うと、フルーツ系のクリームや、
ホイップクリームがほとんどです。

そこにきて、今回、“フランス”ではめずらし感満載の、
あんこと云う、和の素材が登場です。

いまのいままで、洋でまい進していた“フランス”から、
お初となる和が参戦となると、しかとハンティングしておきたくなるのが、
新しもの好きの独身です。

しかし、独身のこころ内とは裏腹に、“あん&マーガリン”は、
なかなか、そのおすがたを現してはくれません、、。

独身は、毎度、“フランス”を“緑のスーパー”でハンティングしています。

“緑”は、神戸屋をひいきにしているようで、
ときおり、78円で特売を開催していることもあります。

前回頂いた“和栗フランス”も、しかと“緑”でお逢いしていることもあって、
今回も、きっと、スタンバイしているに相違ないと妄想し、今月初旬、
早々に、ハンティングに訪れています。

しかし、残念ながら、その日は、“あん&マーガリン”はご不在の模様です。

いくら、ひいきにしているとは云え、毎日、毎日、
“フランス”が盛られているとは、限りません。

これは、己の出逢い運を信じて、なんどか“緑”に足を運ぶ必要があります。

そこで、数日おきに、“緑”を訪れてみるのですが、
どう云うわけか、まったくもって、“あん&、、”が登場している気配はありません、、。

先日、“イチゴジャム&マーガリン”を発見した“遠方の黄色の100均”にも、
“いちごミルクフランス”と遭遇している“99円ショップ”にも、
“あん&、、”は存在していません、、。

おんなじ“フランス”の新作にも関わらず、
ターゲットの“あん&、、”だけ、なぜか、独身の前に登場してくれません、、。

これには、流石の“ドラミちゃん”だって、
そう、ひんぱんには登場しやしませんよ、、(?)。

と、ここで、独身の脳裏に、
ある菓子パンの存在が浮かび上がってきます。

それは、ヤマザキの“パンdeシュー 濃厚ミルクチョコ&チョコホイップ”です。

この“パンdeシリーズ”も、初代から、ずっとひいきにしている菓子パンなのですが、
“濃厚ミルクチョコ&、、”にいたっては、独身は、翌月になって、
ようやっとランデブーを果たしています。

今回の“あん&、、”よろしく、1月のあいだ、
ずっと、捜索をしていたのですが、半ばあきらめかけたときになって、
別件で訪れた“ぺんぎんのお店”で、予想外の出逢いをしています。

昨日の“ランチパック とろ~りなめらかピーナッツ”と云い、
“濃厚ミルクチョコ&、、”と云い、皮肉にも、
情熱的に追い求めるターゲットに限って、なかなかお逢い出来ないようです。

もしや、“あん&、、”も、
今月はお目にかかれないのではと、妄想してしまいます。

もう、こうなると、しかとその覚悟をしておく必要があります。

と、思っていた矢先、ふっと訪れた“黄色のお店”の特売で、
あまたの“あん&、、”と、ようやっとお初にお目にかかりますっ。

ところが、このときの独身のマイバッグには、
数分前にハンティングしたばかりの“とろ~り、、”がおさめられています。

基本的に、独身のハンティングは、1日1菓子パンをモットーとしているので、
ここで、“あん&、、”も、となると、ダブルハンティングとなってしまいます。

菓子パンのコンディションのことを妄想すると、なるべくなら、
ハンティング当日に、ランデブーをしてしまいたいところです。

しかし、いま、ここで、“あん&、、”をワシつかみしておかないと、
今度、いつ、再会出来るか、保障はありません

しかも、“黄色”では、週1の特売以外の日は、
神戸屋をスタンバイさせることは、ありません

つまり、この機会をシカトすると、もしかしたら、
2度とお目にかかれない可能性も妄想されます。

やはり、ここは、ダブルハンティングを受け入れることが賢明と云えます。

こうなると、さきほどの“とろ~り、、”と出逢った“100均”、
ではなく、お先に、“黄色”を訪れていればと、無粋なことを妄想してしまいますが、
ずっと捜索していたターゲットと、1度にふたつも遭遇出来たことは、むしろ、
幸運なことと云えるのかも、しれません。

しかし、その翌日、ご近所の100均で、
とろ~り、、”と再会しようとは、そのときの独身は、
ちろっとも妄想していなかったのであります、、。

神戸屋--あん&マーガリンフランス。

つぶあんとマーガリン 2つの味わいでおいしさアップ!”

と云うわけで、神戸屋の1月の新作、
“あん&マーガリンフランス
”です。

さっそく生地から頂いてみると、毎度ながら、
がしっと、がつっと、いい噛み応えがあることがわかります。

一見すると、ふかっと、かふっと、やわらか~な白コッペのようですが、
しかと喰らいついてみると、んぐぐっと、生地からの、ほどよい抵抗を喰らいます。

はじめは、はふっと、ソフトな食感ですが、
そのまま、もぐっとすると、がっちりっと、
生地が引き締まっているさまが伝わってきます。

生地自体がマッチョ、と云うより、キメのひとつひとつが、
がちっと、コシがある、と云った雰囲気です。

そのキメは、とっても細やかで、さらっと、
するっと、なめらかで、ご親切な口あたりになっています。

ハンティングしてから、1日経過してのランデブー、
と云うことで、いささかおつかれか、と妄想していたのですが、
まったくもって、独身の杞憂だったようです。

仕入れ当日のコンディションと、ほどんと違いがない、
と云っても過言ではないくらい、しかと上質さを保っています。

お味のほうは、ほふ~っと、小麦の自然で、
さわやか~な風味とかおりがお口に広がります。

しかともぐもぐすると、若干、表面の香ばしい風味がして、
そのあと、塩っ気が、じゅわじゅわっと、染み出てきます。

いささかイースト臭のようなものが参戦してくるのですが、
いい意味で、あっさりすっきりと、シンプル素朴なお味になっています。

神戸屋--あん&マーガリンフランス。

生地の中には、粒あんマーガリンがはさみ込まれています。

まずは、つぶあんからですが、かなりお豆がくったりと、
やわらか~に煮付けられていて、お豆がすっかり液体化しています。

そのため、いささか硬めで、厚めの皮が、
ぐにっぐにっと、しゃりしゃりっと、居残りしています。

独身は、つぶあんより、こしあん派なのですが、
わりとくったりとした、やわらかなつぶあんは、
ささっと甘受することが出来ます。

しかし、皮のしゃりしゃりだけは、
食感と、口のこりが気になってしまいます。

しかも、この皮は、いささか硬めで、厚めでもあるので、
余計に、しゃりしゃりと口のこりが目立っています、、。

これには、流石の“山本モナさん”だって、
復帰初日に、派手っと目立つアニマル柄のコートを着てしまうってもんです(?)。

皮が厚めな一方で、あんこ自体は、とろ~っと、
する~っと、ゆるゆるで、いささか水っぽくなっています。

そのため、余計に、皮の存在感が目立ってしまっています。

お味は、わりとお砂糖の甘味がしっかりと効いていて、
お豆自体の風味を、いささかお邪魔しているように感じます。

もしかしたら、お砂糖が多めゆえに、お砂糖の水分が、
変に、じゅる~っと、染み出て、ゆるゆるあんこになってしまったかと妄想します。

さらには、お砂糖満載の羊かんでも頂いているかのように妄想します。

量的には、さほど多いわけではありませんが、
お砂糖の甘味だけは、なかなかの自己主張をしてくれています。

神戸屋--あん&マーガリンフランス。

一方のマーガリンですが、あんこ、ほどではありませんが、
ぬるんっと、でろんっと、ゆるゆるになっています。

冷蔵庫から取り出して、小1時間ほど、
うっかり放置プレイ(!)してしまった、そんな雰囲気です。

まあ、生地ががっちりっとしているので、
これくらいのゆるゆるのほうが、生地との相性がいいのかもしれません。

わりと、油分の不快なぬめぬめは感じないのですが、
いちどに量が多めのマーガリンをお口にする、となると、
口あたりは、決していいものとは云えません。

お味のほうも、なかなかの曲者っぷりをご披露してくれているようです、、。

お口にした瞬間は、さほどマーガリンの強気さは感じないのですが、
そのわずか3秒後くらいには、一気に塩っ気と酸味が、じょじょじょ~っと、
雪崩のごとく、味覚に襲いかかってきますっ、、。

そして、ごっくんすると同時に、酸味がつんっつんっと、
意地悪く舌べろを攻撃してきますっ、、。

しかも、この酸味が、しばし、お口に居残りしてくれます、、。

これが、生地とあんこと一体となると、まず、
生地から、ぐいっと、いい噛み応えを喰らうと、
生地をかきわけるかのように、あんこの甘味がじゅわっと登場します。

そのあと、間髪入れずに、マーガリンの塩っ気と酸味が、
じゅわっと、つんつんっと、味覚を攻撃して、そのままの勢いで、
あんこを飲み込んでしまいます、、。

お砂糖の満載のあんこ、でも、
マーガリンの暴走を避けることは不可能のようです、、。

こうなると、“ジャイアン”のリサイタルよろしく(?)、
もう、マーガリンのなすがまま、されるがまま、状態です、、。

お口の中は、マーガリンで満載になります、、。

マジでごっくん5秒前、あたりになると、
なんとなく、お口の端っこのほうで、あんこの甘味が、
最後のちからを振りしぼっていることに気づきますが、
やはり、マーガリンの実力に圧倒されて、あれほどの甘味をもっても、
すっかり意気消沈してしまっています、、。

あんことマーガリンの組み合わせは、王道中の王道なので、
別段、めずらし感と云ったものはないのですが、“フランスシリーズ”に至っては、
和のお味がお初、と云うことで、今回、ターゲットにしています。

しかし、実際に頂いてみると、やはり、
王道のあんことマーガリンのコッペパン、と云った雰囲気、
どころか、あんことマーガリンの量とお味の強さのバランスが、
まったく取れていない
不安定なお味となっています、、。

さすがの、食べ応えのある、重厚感のある生地でも、
マーガリンの意地悪な塩っ気と酸味を、丸め込むことは出来ないようです、、。

ハンティングに成功するまで、あっちこっちのお店を、
なんども、なんども、捜索して、ふっと、あきらめかけたときに、
わっと、遭遇しているだけに、かなりの期待心を抱いてしまったのですが、
そのことが、余計に、がっくし落胆度を割り増しにさせているようです、、。

これには、さすがの“のび太さん”だって、なんども、なんども、
ドラえもん”のふしぎなポッケに期待心を持ってしまうってもんです、、(?)。

神戸屋
あん&マーガリンフランス

購入価格:98円定価:105円。

栄養成分表示(1個当りのめやす):
エネルギー:359kcаl
たん白質:7.6g
脂質:13.6g
炭水化物:52.44g
ナトリウム:419g

独身評価:★★☆☆☆

神戸屋の“フランスシリーズ”はこちら
神戸屋の菓子パンはこちら
スポンサーサイト


タグ: フランスシリーズ, あんこ, マーガリン, コッペパン,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。