FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年03月09日[Mon]

ヤマザキ--ランチパック ムースカスタードクリーム。

ヤマザキ--ランチパック ムースカスタードクリーム。

ヤマザキ、“ランチパック”の3月の新作っ!
これには、さすがの“高音さん”だって、果てしなく、貪欲になってしまうかっ。


♪あ~ぁあ~~~~っ、生っ地っ喰っらい~~~~ぃっ、
 ム~スが~ぁっ、とろ~~ぉけ出し~~ぃいぃぃ~~~ぃっ、
 あ~ぁあ~~~~っ、この日また~~~~ぁっ、
 “ランチ、、”を~~ぉっ、ハン~~ティング~~~~ゥゥゥ♪

先ごろ、“低音さん”が“高音さん”を訴えたと云う、
クリスタルキングさん”が、かつては、果てしない夢を追い続けていたのなら(?)、
この日の独身は、またしても、今月の“ランチパック”の3月の新作を追い求めて、
黄色の100均”を、再訪してしまうってもんです。

先日、独身は、弥生の新作、“ムースチョコクリーム”と、
さっそくランデブーを済ませたばかりですが、定額給付金を、
「受け取ります。受け取りますっ。」
と、なぜか、2度も堂々っと云いやがった、“麻生さん”よろしく(?)、
この日も引き続き、ふたつめの新作、“ムースカスタードクリーム”を狙い撃ちするこころ持ちでいます。

実は、“ムースチョコ、、”をハンティングした“黄色の100均”で、
“ムースカスタード、、”とも、しかと顔合わせを果たしています。

しかし、独身が、まっさきにワシつかみすることにしたのは、
“ムースチョコ、、”です。

これは、独身が、無類のチョコ好きである、と云うことも要因のひとつなのですが、
それよりも、その日は、“ムースカスタード、、”は、たったおひとつしか、
お店にスタンバイしていない、と云うことが、もっともおおきな要因です。

独身は、毎度のハンティングにおいて、おんなじ菓子パンなら、
より、生地のコンディションがよろしいものをお選び
する、
と云うマニフェストを掲げています。

やはり、菓子パン本来の実力を、しかと確認するためには、
スタンバイしているもの中で、最良のものを頂きたいところです。

そうなると、最低でも、ふたつ以上、おんなじ菓子パンがそろっていたほうが、
独身の選択権も、その分増えて、ナイスコンディションのものと、
遭遇出来る可能性も高くなるわけです。

しかし、先日の“黄色100均”には、“ムースチョコ、、”が3つ、
スタンバイしている一方で、“ムースカスタード、、”は、
たったひとつぽっきりしか、確認出来ません。

これには、さすがの“天地真理さん”だって、
♪ひっとつじゃないって~~~ぇっ、スッテキなことっね~~~ぇっ♪
と、陽気に云うことが出来ないってもんです、、(?)。

独身が、まっさきに、菓子パンコーナーで目の当たりにしたのは、
“ムースチョコ、、”よりも、“ムースカスタード、、”のほうなのですが、
ここは、やはり、選択権の多い“ムースチョコ、、”をお先させて、
“ムースカスタード、、”は、また後日、再ハンティングすることにします。

実は、3年ほど前にも、“ムースチョコ、、”は世に登場しているので、
今回は、まるまる新作、ではなく、リニューアルと云うことになります。

独身は、わりと、過去のデータをどっさりっと海馬に保存しているのですが、
いまのいままで、あまたのお味とランデブーしてきた“ランチパック”となると、
さすがに、すべてをしかと記憶しておくことは困難です。

以前の“ムースチョコ、、”は、パッケージのデザインと、
色めがねのスーパー”の、週1のパン3割引きの際に、
ハンティングしたことは、ささっと思い出せるのですが、
いったい、どのようなクリームの質、お味を持ち合わせていたのか、
そこらへんは、もよもよっと、あいまいになってしまっています。

そうなると、一期一会よろしく、1菓子パン1ハンティングと決めてはいても、
今回は、再ハンティングをして、もういちご、あのときのお味を確認してみることが肝要です。

と云うわけで、前回の独身は、久々に“ムースチョコ、、”とのランデブーを堪能したわけですが、
お味はともかく、ムース、と名乗っているわりには、独身が妄想っとしていたような、
むすむすっとした、ムースの食感とは、いささかかけ離れていることが判明です。

これは、末っ子だから、“末男”と名乗っている、
丸尾末男くん”とは、大違いってもんです(?)。

そのことを妄想すると、もう1種のゆかいななかま、
“ムースカスタード、、”も、実は、むすむすっとしていないのではっと、
ランデブーする前から、疑いのこころ持ちになってしまいます。

それでも、“ランチ、、”ひいきの独身としては、
可能なかぎり、すべてのスイーツ部門の“ランチ、、”を堪能したいところです。

と云うわけで、この日の独身は、“クリスタルキングさん”よろしく(?)、
夢、ではなく、新作の“ムースカスタード、、”を追い求めるため、
大空をかけめぐる、のではなく(?)、ハンティング圏内をかけめぐることにします。

そこで、独身が向かうのは、前回の“ムースチョコ、、”とおんなじ、
ご近所の“黄色の100均”です。

しかし、ほんの数日前、しかとスタンバイしていたからと云って、
この日も、引き続き、お逢い出来るとは、限りません。

独身も、もうそろそろ、菓子パン生活に突入して、
まる4年をむかえようとしているので、それぞれの、
お店の仕入れ事情は、経験上、把握しているつもりです。

“黄色100均”は、ときに、独身ひいきや、
独身狙いの菓子パンを登場させることがあるのですが、
あるときは、むかしながらの、おなじみの菓子パンを、
ほんの数個しかご用意しないと云う、怠慢を見せつけてくれることもあります。

そのため、前回、ハンティングに成功したからと云って、
今回も、ターゲットに遭遇出来るとは、限りません。

そうなると、“黄色100均”にシカトされることを、
事前にしかと妄想しておくことが肝要です。

そこで、独身が、代打として候補にあげるのは、
西の黄色の100均”です。

実は、“黄色100均”は、ご近所のほかに、もう1軒、
西のほうにも、存在していて、そこでも、“ランチ、、”はスタンバイしています。

しかも、菓子パンの数、種類ともに、
ご近所よりも、あまた、勢ぞろいさせています。

さらには、いちばん上の、ひだりはじには、
“ランチ、、”の特設コーナーを設けているほど、
“ランチ、、”をごひいきにしてくれています。

ご近所がダメなら、西があるっと云うわけで、
あんまし期待心満載にしないよう、こころかけつつ、
“ご近所黄色100均”を再訪することにします。

さっそくハンティングへ出発し、さっさとお店に到着し、
ささっと店内へと進入すると、その手前にある、
お菓子の特設コーナーで、“春待ち苺”なる、いちごとパフのチョコ菓子が、
おひとつ105円で盛られているところに、うっかり誘惑されつつも、
なんとか己を制御させて、菓子パンコーナーへと突き進みます。

すると、この日は、“ムースチョコ、、”と“ムースカスタード、、”に加え、
おなじく3月の新作、ジャム&マーガリン”と、
つぶあん&マーガリン”も参戦しているところを発見です。

ほんの数日前は、この2種はご不在だったのですが、
この日は、しかと、おなかま入りをしているようですっ。

“つぶあん&マーガリン”と“ジャム&マーガリン”は、
数年前の“小倉&マーガリン”、“女峰苺ジャム&マーガリン”と、
いったい、どう、異なるものかっと、いささか気になるところでもありますが、
この日、独身は、“ムースカスタード、、”を狙い撃ちするこころ粋満載なので、
2種の新作は、そのままシカトして、次回、また再ハンティングすることにします。

しかと“ムースカスタード、、”をワシつかみして、
またしても、特売お菓子の“春待ち苺”に再誘惑されつつも、
ぐぐっと、己の貪欲っぷりを押さえ込んで、さっさとレジへとお運びすることにします。

前回同様、なかなかやる気のない、ぶっきらぼうな女性店員さんに、
精算をお願いして、105円のお得なお値段で、
ふたたび“ランチ、、”ハンティングを成功させる独身なのでありますっ。

ヤマザキ--ランチパック ムースカスタードクリーム。

口溶けの良いムースタイプのカスタードクリームをサンドしました。”

と云うわけで、ヤマザキの“ランチパック”の3月の新作、
“ムースカスタードクリーム
”です。

さっそく生地から頂いてみると、毎度ながら、
むにっと、ふにっと、やわ~で、柔軟な食感であることがわかります。

はじめは、ほふっと、いい空気感があるのですが、
しかともぐっと喰らいつくと、むちっと、ぐいっと、
弾力と、噛み応えをしかと実感します。

前回の“ムースチョコクリーム”は、じとっと水分がじゅうじゅう含まれていて、
口唇に、ぴとっと、軽くひっついてくるのですが、こちらの生地は、
ほどよく、はふっと、水分が抜けて、しとっと生地が落ち着いているので、
ふっくら感と、いつものむっちり感の、ふたつの食感を堪能することが出来ます。

そのためか、ほわんっと、口あたりがとってもご親切で、
やわらか~な口あたりになっています。

お味も、毎度よろしく、小麦のそのままの風味が、
もふんっと、お口に広がって、そのままもぐもぐしていくと、
小麦のまろやかな甘味が、ジューシーに、じゅじゅっと、染み出てきますっ。

今回は、生地の表面に、クレーターよろしく、
ふつふつっと、あまたの穴が開いていることもあって、
質とお味のほどに、いささか不安感を抱いていたのですが、
独身の妄想とは裏腹に、毎度ながらの、いい質とお味を見せつけてくれますっ。

ヤマザキ--ランチパック ムースカスタードクリーム。

生地の中には、カスタードクリームが盛り込まれています。

はじめ、クリームに喰らいつくと、
軽くほわほわっと空気感があって、しゃわっと、ゆるやかになっていきます。

“ムースチョコ、、”は、ムースのむすむす感やしゃわしゃわ感のない、
とろとろクリームなのですが、こちらのカスタードクリームは、
とろとろ、ゆるゆるながらも、若干のむすむすの空気を感じます。

しかも、この空気感は、ホイップクリームのほわほわとは、
いささか雰囲気が異なり、かなり細やか、と云うか、のような、あわあわ感があります。

そのあとは、舌べろにまったり~っと、広がって、
ぺっとりっ云うねばりのようなものが、舌べろに軽くまとわりついてきます。

あわあわクリームながらも、
軽くはりついてくるような、ねばりも盛り合わせています。

そして、ねばりがゆるゆるっとゆるくなると、
お口の熱で、ゆっくり、てろ~んっと、とろけていきます。

まったりっと存在感を見せつつも、
とろんっとゆるやかにとろける、口溶けのよさも兼ね備えています。

これは、ふたつの名前と、ふたつのキャラクターを兼ね備える、
ピーターさん”、すなわち、“池端慎之介さん”のようなものでしょうか(?)。

ヤマザキ--ランチパック ムースカスタードクリーム。

クリームのお味は、たまごの、まったり~っとした、
まろやかな甘味と、生クリームを妄想っとさせる、
こってり~っとした、甘味の強気なコクと甘味があります。

とってもクリーミーで、深くて濃い~甘味のカスタードですが、
いい意味で、むかし懐かしの、甘味の強いクリームで、
まったくもって、意地悪い甘味には感じません

さらには、バニラのような、だる~んっとしたかおりがお口に広がって、
ますます、カスタードに深みとコクを与えてくれますっ。

セレブ感満載の、素材そのままの濃厚なカスタード、
と云うわけではなく、たまごと牛乳に、たっぷり~のお砂糖が、
どっさっと参戦した、いい意味で、お砂糖で甘味を強引に強気にしている、
そんな、むかしながらの、甘味満々、満載、満タンの、素朴なカスタードですっ。

そんな素朴っぷりが、甘クドさや、
甘ったるさを感じさせない要因かと、勝手に妄想します。

この、いい意味でのチープ加減は、独身好みの、
3つで100円あたりの、チーププリンを妄想っとさせます。

これには、さすがの“クリスタルキング”の“高音さん”だって、
♪あ~ぁあ~~~~っ、こっのっ日っまた~~~~ぁっ、
 “ム~ス、、”を~~ぉっ、ハン~~ティング~~~ゥゥゥ♪
と、この甘味に、果てしなく、貪欲になってしまわれるってもんですっ(?)。

購入場所:100円ショップ。
定価:105円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:129kcаl
たんぱく質:3.4g
脂質:3.8g
炭水化物:20.1g
ナトリウム:138mg

独身評価:★★★★☆(4.5)

↓↓ムース系の“ランチパック”はこちらっ↓↓
ホワイトムースチョコ
ムースチョコクリーム
ムースチョコクリーム(2009年3月)

↓↓カスタード、クリーム系の“ランチパック”はこちらっ↓↓
クリーム コラーゲン入り
カスタード&ホイップ
カスタードクリーム
牛乳クリーム
練乳クリーム

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト


タグ: ランチパック, カスタード, ムース,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。