FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年03月11日[Wed]

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

“JUNOESQUE BAGEL”の、3月限定ベーグルッ!
これには、さすがの“侍JAPAN”だって、落胆してしまわれるか、、。


♪と~ぉしま(年増)さんっが~ぁ、と~ぉしま(年増)さんっが~ぁっ、
 と~ぉしま(年増)さんっが~ぁ、見~ぃつけたっ、
 ち~ぃさい生~ぃ地~ぃ、ち~ぃさい生~ぃ地~ぃっ、
 や~ぁよい(弥生)ベ~グル、小~ぉぶりだ~ぁっ、

 は~ぁら(腹)ペ~コ~、ど~ぉくし~ん(独身)、
 ま~ちな~か(街中)遠征っ、
 “お~からとぉく~ろま~め(黒豆)”ぇ、弥生のげ~ん~て~~ぇい(限定)っ、
 い~つも~の~、あ~い(愛)~チ~ャリッ、“JU~NO”~へ~行~く~~~ぅっ、

 と~ぉしま(年増)さんっが~ぁっ、ち~ぃさい生~地~ぃっ、
 “お~から、、ベ~グル”見~ぃつけた~~ぁっ♪

誰かさんが、ちいさい秋を見つけたと云うのなら、
この日の独身は、毎度、ごひいきにしている、“JUNOESQUE BAGEL”で、
ちいさな“おからと黒大豆ベーグル”を見つけて、いささかがっくしっと、
落胆してしまうってもんです、、。

独身は、菓子パン大好き、菓子パンハンター、と云うことで、
おもに、菓子パンを中心に、スイーツ系のベーグルもハンティングしています。

ときに、うっかり気づかずに、お惣菜系パンをワシつかみしてしまったこともありますが、
独身がフォーカスするのは、毎度、菓子パン、スイーツ系ベーグルと、しかと決められています。

とは云え、そもそも独身は、欧州に潜伏(!)していたことがきっかけで、
ごはん派から、すっかりパン派のおんなになったので、基本的には、パン全般が大好物です。

そのため、ふだんはシカトしているお惣菜パンにも、
実は、興味もりもりだったりするのです。

しかし、あまたの菓子パンたちと、ランデブーを繰り広げるだけでも、
じゅうじゅう、たいへんなことなのに、そこに、お惣菜も参戦する、
となると、やはり、1日1菓子パンとは、いかなくなってしまいます。

と云うわけで、独身は、菓子パンにターゲットをしぼっているのですが、
今月、“JUNOESQUE BAGEL”から、限定ベーグルとして、お惣菜感満載の、
おからと黒大豆ベーグル”が登場しています。

生地には、おから黒大豆、そして豆乳と云う、
和の素材が盛り込まれているようで、これは、まさに、お惣菜ベーグルと云えます。

いつもの独身ならば、ささっとシカトをしているところ、
ではありますが、この“おからと黒大豆、、”は、3月の限定ベーグルなので、
限定と云うことばに、めっきり弱々しい独身としては、やはり、シカトすることは出来ません。

と云うわけで、この日の独身は、“おからと黒大豆、、”を狙い撃ちするため、
“JUNOESQUE BAGEL”へ向けて、いつもの愛チャリで遠征に出発します。

この日は、4月上旬並みの、ほっかほっかの陽気で、
冷え性の独身でも、手袋なしで、ハンティングにまい進することが出来ます。

道の途中、ローソンに立ち寄って、“チロルチョコ”のローソン限定の新作
ストロベリーショートケーキ”と“いちご大福”を、早々に確保して、
ふたたび、“JUNO、、”へ向けて、出発します。

ささっとお店に到着し、さっさとターゲットのベーグルを捜索すると、
いちばん上の段に、“おからと黒大豆ベーグル”を発見です。

いつもの独身なら、お初にお目にかかるターゲットに、
うきうきっと、こころを躍らせて、うごうごっと、
胃袋が反応しているところ、ですが、この日の独身は、
いささか様子が違っているようです。

と云うのも、この“おからと黒大豆、、”、いつもの生地よりも、
ひとまわりほど、小ぶりであることが判明です、、。

いつもは、ぶくっ!と、ばちんっ!と、はち切れんばかりに、
ぱっつぱっつ!に膨らんでいるのですが、今回の生地は、
なんだか、しんなり~っと、しぼんでいる、と云うか、
じゅんっと、縮んでいるようにも見受けられます、、。

これは、独身の気のせいかっと、すぐお隣のベーグルと、
しかと比較してみると、やはり、お隣さんは、いつものように、
ばちんっ!と、よくよく膨れていることがわかります。

やはり、この“おからと黒大豆、、”だけが、
ちからなさげに、小ぶりになっているようです、、。

これには、独身のハンティング欲だって、
民主党の支持率よろしく(?)、しぼんっと、盛り下がってしまうってもんです、、。

さらには、段に、“おからと黒大豆、、”が、全部で7つほど、
スタンバイしているのですが、すべての生地が、小ぶりであることにも気づきます、、。

これには、さすがの“7人の小人さん”だって、
あれだけ、口をじゅっぱくして注意したにも関わらず、
“シンデレラ”が、魔女からもらった毒りんごを喰らってしまったことに、
かなり、がっくしっと、落胆してしまうってもんです、、(?)。

しかし、この“おからと黒大豆、、”が、今月の限定であることには相違ないし、
生地が小ぶりでも、お味は、旨味満載なのかもしれません。

それに、おからと黒大豆と豆乳と云う、からだにご親切な素材が盛り込まれている、
と云うところに、ぐいぐいっと、興味を刺激されてしまいます。

やはり、ふだんは、スイーツ部門専門なので、ときには、
健康的なパンとも、ランデブーしてみたくなるのが、
喰いしん坊の独身おんなの性ってもんです。

と云うわけで、いちばん丸っこい生地を選択して、
さっさとレジへとお運びすることにします。

生地は小ぶりでも、お値段はおひとつ220円と、
そう、小ぶりと云うわけではありませんが、ちいさな春よろしくの、
ほっかほっかの陽気の中、さっさとハンティングを成功させる独身なのであります。

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

おから、豆乳、煎り大豆と、大豆を丸ごと入れたベーグルの登場です。
 煎り大豆の香ばしい香りと、おからと豆乳を加えることで生まれる
 しっとり感は食欲をそそります。
 シンプルな味わいですが飽きのこない
 毎日でも食べることの出来るベーグルに仕上がりました
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の3月限定、
“おからと黒大豆ベーグル
”です。

さっそく生地を頂いてみると、毎度のごとく、
がっしがっしっと、かなり強気な噛み応えがあります。

しかし、豆乳とおからが盛り込まれているためか、
いつもの生地の質よりも、豆乳のとろり感、と云うか、
ぶっちぶっちっ!とした、ねばりのような弾力も感じます。

しかし、しかともぐもぐしていくと、生地がほろほろっと、
くずれるようにほどけて、いささか、もそもそっと、乾いています。

そのため、お口の水分をもっていかれるので、
お口の中は、ふんごっふんごっと、軽い水分不足におちいります。

豆乳が盛り込まれている、と云うと、
もっと、しっとりっと、じゅうじゅう水分を含んでいて、
ぴとっと、お口になじんでくれるように妄想するのですが、
この生地は、豆乳のねっとり感はあるのですが、水分は、
お粉がぎゅうぎゅうっ!と、すべて吸収しつくして、砂漠よろしく、
逆に、からからっと、乾燥してしまった、と云った印象です、、。

いつものように、どっしどっしっと、重みのある生地ですが、
豆乳のちから、なのか、重み、と云うか、がっちりっ硬派、と云った印象です。

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

お味のほうは、はじめは、はふっと、小麦の素朴な風味がするのですが、
しかともぐもぐしていくと、じきに、豆乳の豆豆しい風味が、
ほふんっと、軽やかに登場してきます。

さほど、おからおから、豆豆したお味ではなく、
とってもやわらか~で、ご親切なお味です。

“JUNO、、”のシンプルな生地は、三温糖のコクのある甘味がするのですが、
今回は、おからと豆乳が盛り込まれているためか、あんまし三温糖の甘味は感じません。

そのため、生地に甘味がなく、とっても、すっきりっと、
さっぱりっと、軽やかなお味に仕上がっています。

そこに、大ぶりの黒大豆と皮が、こりっ!と参戦してきて、
甘味のない、きなこのような、香ばしいかおりが広がっていきますっ。

きなこのような豆豆しい風味と、いい苦味があって、
軽やかな生地に、ほどよくアクセントを放ってくれています。

クセもなく、とってもシンプルで、あっさりっとしたお味なのですが、
やはり、主役の豆乳が弱気で、やさし過ぎることもあって、もの足りなさを感じてしまいます。

これには、さすがの誰かさんだって、ちいさい秋ならぬ、
ちいさい豆乳のお味を、見つけることは出来ないってもんです、、(?)。

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

生地の残り半分は、毎度のごとく、レンジで30秒ほどチンしてみることにします。

すると、もそもそっと乾いていた生地が、
いささかまとまって、しとっと、キメも落ち着いています。

しかし、いまだ、もそもそ感と、ごわごわ感は居残りしているようで
いつものような、むっちむっちっ!と云う、ゴムのような強気な弾力は感じません。

さらには、常温のときのように、
ほろほろっと、生地がお口の中でほどけていきます。

やはり、これは、おからのぽそぽそ感が、
そのまま丸だしになっているのでしょうか。

お味は、小麦の風味がいささか丸く、まろやかになって、
黒大豆も、やわらかくなっているように感じます。

豆乳、おからのお味は、相も変わらず、弱々しく、
常温のときと、さほど変化はないようです。

これには、さすがの“イチロー選手”だって、
韓国に完敗後、がっくしっと、落胆してしまうってもんです、、(?)。

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

この“おからと黒大豆ベーグル”は、いい意味では、
あっさりっと、すっきりっと、軽やかなお味で、
からだにも、とってもご親切であることは、しかと感じられます。

しかし、適当にお味に満足出来ないと、かえって、
甘いものや、強気のお味のものを付け足ししたくなってしまいます。

これは、単体で頂くよりも、なにか、お肉やおやさいなどのお惣菜
ないし、ジャムやクリーム、フルーツなどを参戦させたほうが、
胃袋もこころ内も、しかと満足、満々、満タンになると妄想します。

ちなみに独身は、無難に、“メゾン・フェルベール”の、
アルザス産いちごジャム
を、だっぷんっと、お供させています。

今回、和の素材満載の、めずらし感満載のベーグルだったので、
その分、独身の期待心も満載だったので、このお味には、
予選1位通過するものと、期待されていた“侍JAPAN”よろしく(?)、
かなりがっくしっと、なで肩を、ますます落としてしまうってもんです、、。

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。

JUNOESQUE BAGEL
おからと黒大豆ベーグル

定価:220円。
カロリー:272kcаl/100g。

独身評価:★★☆☆☆(2.5)
スポンサーサイト


タグ: べーグル, 黒大豆, おから, 豆乳,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック ムースカスタードクリーム。  | home |  ミニストップ--もちっとはちみつミルク~穂・敷島製~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。