FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年03月13日[Fri]

ミニストップ--もちっとはちみつミルク~穂・敷島製~。

ミニストップ--もちっとはちみつミルク~穂・敷島製~。

ミニストップの“はちみつフェア”、“もちっとシリーズ”の新作っ!
これには、さすがの“倖田来未さん”も、主役の女優さんを圧倒してしまうか。


♪この日の独身、ミニップへ~ぇえっ、
 “もちっと、、”新作、ミニップへ~ぇえっ、
 こっちのミニップ、ない~~~ぃっ、
 な~~ぁんでないのさっ、な~~ぁんで“、、カスタ~、、”なんっだろ~~~ぉっ、

 おねがい~~~ぃっ、おねがい~~~ぃっ、
 シカトしない~で~~~ぇっ、
 独身~~っ、り~~ょうあ~し(両脚)~~ぃいが~~ぁっ、
 がくっがくっしちゃ~~ぁうの~~~ぉっ、

 いやよっ、いやよっ、いやよっ、シカトはいや~~~ぁっ、
 “、、はち~~ぃみっつ(はちみつ)、、”っ!♪

このごろ流行りの、おしりのちいさなおんなの子が、
傷つけられると、お鼻がひっくひっくっしてしまうのなら(?)、
この日の独身は、ミニストップの“もちっとシリーズ”の新作
もちっとはちみつミルク”に、さんざシカトされて、
愛チャリを漕ぐ両脚が、がっくがっくっしてしまうってもんです、、。

独身が、“ミニストップのもちっとシリーズ”がお初にお目にかかったのは、
2年前に登場している、“もちっと京風あんぱん”です。

まるで、八つ橋を妄想っとさせる、小めずらしいあんぱんと、
むっちむっちの生地のナイスコラボっぷりに、すっかり誘惑された独身は、
以来、新作が登場するたびに、しかと“もちっと、、”をハンティングしています。

その、独身びいきの“もちっと、、”の新作、“もちっとはちみつミルク”が、
はちみつフェア”のゆかいな仲間の一員として、先週からお目見えしています。

しかし、独身が実際にハンティングを決行するのは、
初登場の翌週、つまり、この日になります。

この、独身の決断が、のちに、己の首を絞めるようなことになろうとは、
そのときの独身は、ちろっとも妄想していなかったのであります、、。

“もちっと、、”は、だいたい、2~3ヶ月おきに、
新作が登場していて、そう、ひんぱんにお目にかかれるものではありません。

前回、“もちっとイチゴミルク”が登場したのは、2月初旬なので、
おそらく、おつぎは、4~5月あたりになるだろうよっと、勝手に妄想します。

ところが、独身の妄想とは裏腹に、新作の“もちっとはちみつミルク”は、
ちょうど1ヶ月後、3月早々にお目見えすると云うではありませんかっ。

“もちっと、、”ひいきの独身としては、さっさとランデブーをしておきたいところですが、
独身は、事前にハンティングの予定をしかと立てているので、ここで、
“もちっと、、”を、強引に予定に食い込ませると、いささか不都合となってしまいます。

そこで、“もちっと、、”は、翌週に延期することにして、
予定通り、ハンティングをまい進することにします。

初登場から1週間、この日、ようやっと独身は、
“もちっとはちみつミルク”をハンティングすることを決意します。

そこで、独身が向かうのは、ご近所のミニストップです。

ハンティング圏内には、3軒ほど、ミニストップが存在しているのですが、
やはり、もっともご近所の、南のミニップから、攻めてみることにします。

この“もちっとはちみつミルク”は、先週の新作、と云うことで、
もしかしたら、すでに店頭から撤退していることが妄想されます。

となると、南のミニップにシカトされることも、事前に妄想して、
おつぎに向かう店舗を決めておくことが肝要です。

さて、ささっと南に到着して、さっさと店内へと進入し、
まっさきに菓子パンコーナーへと突き進むと、早々に、
独身の視界に、毎度、見慣れれた、三角の菓子パンが写りこんできます。

シカトされることを覚悟していたのですが、1軒目にして、
ターゲットの“、、はちみつミルク”を発見ですっ。

お先に菓子パンを選択している男性が去るのをしばし待って、
ようやっと、独身のハンティングがはじまります。

軽く腰をかがめて、さっそくワシつかみ、と思いきや、
独身の目の前に盛られているのは、“、、はちみつミルク”ではなく、
もちっとカスタード”であることが判明です、、。

“もちっと、、”は、三角生地が特徴なので、
近視+乱視の独身でも、遠目からでも、“もちっと、、”を認識出来ます。

しかし、おんなじかたちの生地ゆえに、生地の色までおんなじだと、
いったい、どのお味のものなのか、そこまでは区別することは困難です。

独身は、てっきり、新作の“、、はちみつミルク”だと、
早々に思い込んでしまったのですが、実物は、昨年、
すでにランデブーをしている、“、、カスタード”が盛られています、、。

これには独身、己のはやとちりっぷりに、
ほとほと、あきれてしまうってもんです、、。

これは、遠目で、クラスメイトだと思い込んで、
勢いよく、飛びひざ蹴りを喰らわせてみたところ、
おどろきのまなざしで、くるんっと振り返ったのは、
おとなりのクラスのひとだった、そんなようなものでしょうか、、(?)。
(実話。)

それでも、さっさとあきらめることの出来ない独身は、
棚のはじっこから、奥~のほうまで、捜索をしてみるのですが、
やはり、“、、はちみつミルク、、”はご不在のようです、、。

独身は、このような事態を妄想して、おつぎに移動するお店を、
しかと候補にあげいるので、1軒目で、シカトされたとしても、
そう、落胆することはありません。

ドラクエ”で云えば、“スライム”に攻撃を喰らう程度のダメージです(?)。

しかし、今回は、遠目で勝手に“、、はちみつミルク”だと勘違いして、
早々に、ハンティングに成功したっと、安堵してしまったこともあり、
落胆度は、いつもよりも、かなりおおきなものとなっています、、。

これは、8匹のスライムが合体して、変身した、
キングスライム”に攻撃を喰らうようなものです、、(?)。

とは云え、ここで、いつまでも、
およおよっと落胆している場合ではありません。

そこで、さっさとお店から撤退して、
おつぎのミニストップへと移動することにします。

愛チャリで、およそ7分ほどで、もう1軒の、北のミニップに到着します。

ささっと店内に進入し、いささか不安なこころ持ちで、
菓子パンコーナーへと突き進みます。

すると、2段目の棚に、
三角の菓子パンがスタンバイしているところを発見ですっ。

しかし、ここで、早々に、ハンティングに成功したっと、
歓喜することは出来ません。

ついさきほども、南のミニップで、はやとちりしたばかりなので、
ここは、やはり、慎重に、そして、確実に、ターゲットの確認をすることが肝要です。

じりじりっと、菓子パンコーナーににじり寄り、
ぐいっと、お顔を接近させてみると、独身の目の前には、
“、、はちみつミルク”、ではなく、“、、カスタード”が盛られていることが判明です、、。

これは、デジャヴかと、一瞬、脳内がパニック状態におちいるのですが、
さきほどの南のミニップに引き続き、独身は、“、、はちみつミルク”にシカトを喰らいます、、。

独身のハンティング圏内には、あっちこっちに、あまたのコンビニが点在しているのですが、
そのうち、ミニストップは、たった3軒しか、存在していません。

2軒は、さきほどの南と、2軒目の北で、
あとのこりは、南西に位置しています。

しかし、この南西は、いちおう、愛チャリでも行ける距離なのですが、
北から向かうとなると、かなりの遠方となってしまいます、、。

そのことを妄想すると、独身のハンティング欲も、
いささか盛り下がってしまいます、、。

こんなことならば、初登場した週に、
さっさとハンティングを決行しておくべきだったと、
いまさらながら、独身、後悔のこころ持ちで満載になります、、。

しかも、今回のターゲットは、初代から、
ずっとひいきしているシリーズなので、1作でも、シカトをしたくはありません。

ここは、やはり、遠征するハメになろうとも、
“、、はちみつミルク”をしかとハンティングするまで、
独身は、どこまでも、愛チャリで駆けめぐるってもんですっ。

せっせと移動すること、およそ10分、、。

すっかり独身の両脚は、がっくがっくっと、ちからが抜けて、
ひざは、くすくすっと、小笑いしはじめています、、。

なんとか、さいごのちからを振り絞って、
ようやっと、南西のミニップにたどりつきます、、。

へろへろっと、ちからなく店内に進入し、
ふらふらっと、菓子パンコーナーに到着します。

そして、棚のはじっこのほうにフォーカスしてみると、
そこには、三角の菓子パンが盛られていることに気づきます。

しかし、ふくろの真ん中のほうには、さきほど、はやとちりをした、
“、、カスタード”には、存在しないものがお供していることに気づきます。

そこには、“みつばちハッチ”よろしく、
なんっともかわいらしいミツバチが描かれているではありませんかっ。

ちろっと見つめただけで、これが、独身が追い求めていた、
もちっとはちみつミルク”であることがわかりますっ。

3軒目にして、ようやっと、ターゲットを発見です、、。

これには独身、歓喜、どころか、
その場で、呆然っとしてしまいます、、。

この“、、はちみつミルク”とお目にかかるまで、
いったい、どれだけの距離を駆けめぐってきたのでしょう、、。

これには、さすがの“間寛平さん”だって、
マラソンの途中でも、ようやっとたどり着いたアメリカで、
歓喜のあまり、ご家族とともに、号泣してしまうってもんです、、(?)。

とは云え、いささか冷静になると、だんだんっと、
ハンティングに成功した実感が盛り上がってきますっ。

遠方の3軒目にして、しかとターゲットとお目にかかったのだから、
南西のミニップには、深く感謝しなければなりません。

そこで、“、、はちみつミルク”をしかとワシつかみして、
お菓子コーナーに移動し、なにか、お供させるお菓子を見つくろうことにします。

ほんの20円でも、100円でも、なにか南西ミニップの売り上げに、
貢献出来ればっと思って、あっちこっち捜索してみるのですが、
残念ながら、独身好みのお菓子は存在していないようです。

結局、“、、はちみつミルク”のみをレジへとお運びして、
ささっと精算を済ませることにします。

そして、せっかくターゲットをスタンバイさせてくださっているのに、
なんら売り上げにご協力出来ない、無粋な独身おんなで、申し訳ないっと、
こころ内で、謝罪して、またしても、がっくがっくの両脚にムチを打ち込んで、
この日のハンティングを終了させる独身なのであります。

ミニストップ--もちっとはちみつミルク~穂・敷島製~。

ミルククリームを包んだはちみつ味のもちっとしたパン。”

と云うわけで、ミニストップの“もちっとシリーズ”の新作、
“もちっとはちみつミルク
”です。

いまのいままで、ミニストップの“もちっとシリーズ”は、
もちっと京風あんぱん”、
もちっとスイートポテト”、
もちっと抹茶ミルク”、
もちっとカスタード”、
もちっとメープルミルク”、
もちっとイチゴミルク”を頂きました。

まずは、ふくろをじゃっ!と開けてみると、
はちみつの、甘いかおりが、じゅっ!と、勢いよく登場してきますっ。

これは、はちみつ満載の生地に相違ないっと、
期待度満載で、さっそく生地に喰らいついてみると、
毎度のごとく、むっちむっちっと、いい弾力があることがわかります。

じゃっくじゃっくっ!と、層のいい食感もあって、
はちみつなのか、じっとりっと、水分が含まれているようです。

しかし、いつものよりも、いささか、
ぐいぐいっと、強気の噛み応えがあるように感じます。

もちっと、と云うより、がちっと、と云った雰囲気で、
うどんで云うところの、コシがあって、ぎゅっ!と引き締まっている、
そんな印象でもあります。

そのため、薄めの生地でも、しかと生地の存在を堪能することが出来ます。

はじっこのほうは、ふく~っと、ふくれていることもあって、
喰らいついた瞬間は、ふかっと、いい空気感があるのですが、
しかともぐもぐすると、やはり、がっちりっと、
ハードマッチョな生地であることを実感します。

もうすこし、ご親切な、やわ~な弾力のほうが、
“もちっと”の名に相応しいかと妄想します。

お味は、はちみつの、軽く刺すような刺激の甘味が、
でろ~っと、どろ~んっと、染み出てきますっ。

そして、じくっと云うかおりも、お口に広がっていきますっ。

しかし、このはちみつの勢いは、はじめだけで、
生地を喰らい続けていくと、まったく、と云っていいほど、
はちみつが弱気になっていくことに気づきます、、。

マラソンで云えば、スタートのときは1位だったのに、
ほんの数分で、おケツのほうまで後退してしまった、
そんな感じでしょうか(?)。

主なお味は、ぎゅうひでも盛り込まれているかのような、
おもちのような、軽い甘味が、じゅわじゅわっと、あふれ出て、
肝心のはちみつは、奥~のほうから、なんとなく、
甘味とかおりを付け足ししてくる程度です。

はじめの勢いは、ただの、独身の妄想だったのかっと落胆するくらい、
なんっとも弱気なはちみつです、、。

ミニストップ--もちっとはちみつミルク~穂・敷島製~。

生地の中には、ミルクフラワーペーストが盛り込まれています。

ねっとり~っと、まったり~っと、かなり濃密なクリームで、
お口にした瞬間、べっとんっと、お口にはりついてきますっ。

どしっと重みのあるクリームですが、さほど重苦しさと云ったものはなく、
口あたりは、ご親切で、なめらか~になっています。

この、まったりが、むっちむっちの生地と相成って、
より生地に、食べ応えと存在感が増します。

お味は、ミルクの自然な甘味とかおりが、
ぐんぐんっ!と、勢いよく突進してきますっ。

すか~っと自然ながらも、こくんっと、濃厚で、
太いコクがあって、いささか練乳を妄想っとさせます。

とは云え、練乳のような、強気な甘味はありません。

ほどよく、コクがあって、
ミルクのそのままの風味とかおりを堪能することが出来ますっ。

ミニストップ--もちっとはちみつミルク~穂・敷島製~。

かなり深みのあるミルククリームですが、やはり、
生地と相成ると、ますますはちみつのお味が弱気になってしまいます、、。

あとから、なんとなく、はちみつの甘味とかおりが漂ってくるような気もするのですが、
ミルククリームのほうが、圧倒的に濃厚なので、はちみつは、
すっかりミルクに押さえ込まれています、、。

これでは、“もちっとはちみつミルク”ではなく、
もちっとミルク、ときどき、きまぐれ程度にはちみつ”と云った感じです、、。

ただ、ミルククリーム自体は、量が控えめながらも、
甘さとコク、旨味のバランスがよく、素材そのままの風味をしかと堪能出来ます。

そのため、はちみつが弱気でも、ミルクにうっとりっと誘惑されるあまり、
このさい、はちみつはご不在でもいいかなぁっと、甘受しそうになる己もいます。

しかし、“はちみつフェア”の、ゆかいななかまの一員としては、
やはり、しかと主役のはちみつを全面にゴリ押しして頂きたいものです。

これには、前から流行りのおんなの子、“倖田來未さん”だって、
主題歌として使用されている、新作映画の試写会で、
自身のセクシーさを、全面にごり押しした白い衣装で、
主役の女優さんを圧倒してしまうってもんです(?)。

ミニストップ
もちっとはちみつミルク

販売価格:116円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:249kcаl
たんぱく質:3.7g
脂質:10.7g
炭水化物:34.4g
ナトリウム:222mg
(食塩相当量:0.6g)

独身評価:★★★☆☆

↓↓ミニストップの“もちっとシリーズ”はこちらっ↓↓
もちっとシリーズ
スポンサーサイト


タグ: ミニストップもちっとシリーズ, はちみつ, ミルククリーム,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

JUNOESQUE BAGEL--おからと黒大豆ベーグル(3月限定)。  | home |  ヤマザキ--ランチパック キャラメル&ホイップ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。