“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年03月23日[Mon]

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

テレビや雑誌などで話題の“パティスリー・ポタジエ”で、
ようやっと、おやさいのスイーツとご対面ですっ。


“Maison romi-unie”の“チョコ祭り”の記事はこちらっ
オーガニックダイニング&デリ“みどりえ”の、おやさいランチの記事はこちらっ

Maison romi-unie”のチョコ祭りに参戦し、すぐご近所の“みどりえ”で、
おやさいランチを堪能したあと、ふたたび電車に乗り込み、
中目黒にある、話題のおやさいスイーツ専門店、
pâtisserie Potagerパティスリー ポタジエ”へと、移動します。

“ポタジエ”は、数年ほど前から、あっちこっちの媒体で紹介されていて、
小めずらしさと、スイーツとおやさいのナイスコラボっぷりが話題となっています。

テレビなどで目の当たりにするたびに、毎度、気になっていたのですが、
今回、“Maison romi-unie”と“ポタジエ”が、おんなじ東横線にある、
と云うことで、この機に、おやさいスイーツと、ようやっとご対面を果たしますっ。

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

やはり、有名なパティスリーなだけはあって、
お昼過ぎでも、あまたのお客が大集合しています。

ショウケースの前には、すでに、大勢のかたが注文の列を作っていて、
なかなかおやさいスイーツを目の当たりにすることが出来ません。

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

あっちこっち、めずらしいケーキが勢ぞろいして、
選択するのに、かなり時間がかかってしまいます。

独身と連れで、3つほと、注文して、わけわけしながら頂こうかと妄想するのですが、
素材にこだわっているためか、どれもこれも、小ぶりなわりには、なかなかのお値段なので、
やはり、ここは、ひとりひとつずつ、注文することにします。

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

この日は、ちょうどバレンタインと云うこともあって、
おやさいのチョコや焼き菓子など、チョコ系のお菓子も参戦しています。

幸運なことに、おやさいのチョコの試食が置かれているので、
注文のケーキとお飲み物がやってくるあいだ、ちまちまっと、つまんで待つことに。

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

独身連れに(強制)注文したのは、“キャロットチョコフラン(480円)”です。

にんじんと、ホワイトチョコクリームがガチンコしたクリームが、
ココアのさくさく生地で、囲まれています。

ホワイトチョコ、と云うか、“KIWI”あたりを妄想っとさせる、
濃厚で、まったり~っと重みのあるクリームチーズの甘味が、
こってり~っと、お口に重々しくやってきますっ。

そのあと、にんじん、と思われる甘味が参戦して、そこに、
ざっくざっくっ!ごりっごりっ!と、固焼きのココアクッキーが、
ほろっと、いい苦味と、ココアのコクのある甘味が、濃厚なこってりクリームを、
ぐぐっ!と、引き締めてくれます。

かなりお味は濃厚で、どっしりっとしているのですが、
わりと後味はさっぱり、と云うか、そう、クドさと云ったものはありません。

しかし、かんじんのにんじんのお味は、
まったくと云っていいほど、感じられません、、。

ふつうのクリームチーズケーキ、と云った雰囲気で、
にんじん風味を期待すると、そのお味の差に、かなり落胆してしまいます。

おやさいのお味がするケーキ、と云うより、
おやさいが盛り込まれていて、からだにご親切なケーキ、と云った印象です。

とは云え、お味自体は、かなりコクと旨味があって、
甘味も自然で、さらには、ココアの苦味とのバランスも、しかと取れています。


話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

こちらは、独身が注文した、“春菊オペラ(480円)”です。

チョコレートスポンジと、
春菊とさつまいものクリーム
が層になっています。

実は、独身は、春菊のにが~っ!と云う風味と、
すんっ!と云うかおりが、あんましお好みではないのですが、
チョコ好きとしては、どのように、チョコと春菊がコラボしているのか、
かなり興味が盛り上がってしまいます。

チョコスポンジは、わりと、みちっと、じとっと、水分を含んでいるようで、
チョコのコクと、カカオのほろ苦味が感じられます。

そこに、春菊とさつまいものクリームが、どしっと参戦してきます。

さつまいもが盛り込まれているだけはあって、
かなりの重量感のあるクリームです。

はじめは、チョコの甘味がお口を占拠するのですが、
あとから、いきなり、すんっ!と、春菊のかおりと苦味が押し寄せてきますっ。

この春菊とチョコの甘味と云う、相反するお味が、なかなかのクセになる、
と云うか、春菊のかおりがいいアクセントとなって、まったく異種のようで、
ふしぎと、なかよしな組み合わせに感じられます。

しかし、つぎつぎっと、喰らい続けていくと、
味覚がチョコのお味で占領されるのか、ほとんど春菊のお味が感じられなくなります。

喰らったばかりのときは、しかと春菊が存在していたはずが、
4口目あたりから、ふつうのチョコのケーキになっていることに気づきます、、。

こちらも、ふつうのチョコケーキとしては、食べ応えもあって、
しっとりっとして、お口なじみもいいのですが、おやさい感は、
さほど強気、と云うわけではないようです、、。

やはり、おやさいが主役、と云うより、
おやさいが盛り込まれていて、からだにご親切なケーキ、と云った印象です。

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。

テレビでお初にお目にかかってから、ずっと気にかけていて、
今回、ようやっと、ご対面を果たすことが叶ったわけですが、
からだにはご親切でも、お値段的には、ご親切ではないなぁ、と云った感じでもあります。

それに、イートインスペースがお店の外なので、
排気ガスやおてんきなどを気にしながら、頂かなければならない点が気にかかります。

“ポタジエ”は、商店街の中にあって、目の前のとおりは、
つねに、車やトラックが行き交っています。

そのため、騒音や排気ガスの漂う中、お菓子を頂くことになります。

ちょうど、独身が訪れたときは、すぐ横で、“S急便”のかたが、
荷物を出し入れしていたこともあって、ドアを閉めたり、
荷物を置いたりする音が、なかなか大きく、
落ち着いて堪能することが出来ません、、。

さらには、この日は、なかなかおだやかなおてんきだったのですが、
やはり、真冬と云うことで、寒空の中では、冷え性の独身にとっては、
リラックスして頂くことも、出来ません、、。
(毛布が用意されてはいますが。)

店内には、カウンターがあって、3つほど、
イスが用意されてはいるのですが、出入り口のすぐ手前
と云うことで、人の出入りの多い、人気のお店では、
やはり、落ち着かないと妄想します。

そのへんの環境は、あんましお客にご親切ではないように感じます。

あまたのお客が大集合するパティスリーなのだから、
もう少し、イートインコーナーを改善して、テーブル席も、
もっと増やしたほうが、よろしいかと思われます。

1度経験すれば、もう、いいかなぁ、と云った感じです、、。

patisserie Potagerパティスリー ポタジエ。
pâtisserie Potagerパティスリー ポタジエ
柿崎安耶シェフのブログ
〒153-0051 目黒区上目黒2-44-9 [Map]
営業時間:10:00-20:00



↓↓“柿崎安耶シェフ”プロデュース“ポトフ”のやさいのお菓子はこちらっ↓↓
やさいのクリームチョコレート しょうが&レモン
やさいのクリームチョコレート 紫イモ&ベリー

↓↓“ポタジエ”の、やさいの焼き菓子はこちらっ↓↓
キヌアチョコクッキー
マドレーヌ トマト
ガレット・サツマイモ
ゴボウとココアのパウンドケーキ/小松菜とゴマのパウンドケーキ
スポンサーサイト


タグ: 国内おいしいものめぐり, 野菜, ポタジエ, ケーキ,
スレッドテーマ: こんな店に行ってきました,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--もちっとロール チョコ。  | home |  JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。