“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年03月25日[Wed]

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

“JUNOESQUE BAGEL”の、春限定ベーグルッ!
これには、さすがの“ひろみ郷”も、トキメキを感じてしまわれるかっ。


♪春~~ぅに~ぃ、な~ぁってっ、かふ~~ぅん(花粉)~っ、飛んでっ、
 鼻汁垂れます~~ぅっ、
 “JUNO”~~ォに~ぃ、“さくら、、”っ、きせ~~ぇつ(季節)~ぅ、味が、
 限定出てます~~ぅっ、

 も~ぉすぐ、ハ~~~ァンティング~ゥッ!
 さっと喰らってみませんか~~~~ぁっ♪

いまは懐かし、“キャンディースさん”が、雪が融けて、
川になって流れると、もうすぐ春が来るっと、実感してしまうのなら(?)、
この日の独身は、花粉が飛んで、鼻汁が垂れる、この季節に、期間限定で登場する、
JUNOESQUE BAGEL”の“さくらJUNOベーグル”を、もうすぐハンティングするってもんですっ。

独身は、なかなかの喰いしん坊のおんな、なので、むかしは、
“花よりだんご”よろしく、さほど季節のお花には、興味をそそられることはありません。

しかし、そんな独身が、唯一、
毎年、たのしみに待ち受けているのは、です。

昨年、はじめて訪れた、伊豆河津の“河津さくら祭り”に参戦し、そこで、
満載の真っピンクの桜の花と、桜が盛り込まれた、おいしいものをあまた堪能して、
すっかり桜の魅力のトリコとなっていますっ。

ことしも、意気揚々っと“河津さくら祭り”に参戦しているのですが、
残念ながら、独身が訪れたときは、すでに葉桜になっていましたが、昨年に引き続き、
定番やら、お初の桜のおいしいものを、たらふく胃袋におさめてきた、独身です。

そんな、桜好きの独身のもとに、“JUNOESQUE BAGEL”から、
春限定で、“さくらJUNOベーグル”が登場すると云う情報が舞い込んできますっ。

これには独身、2連覇を達成された、“侍JAPAN”よろしく、
歓喜に盛り上がってしまうってもんですっ。

ひろみ郷”が、“いのちのキラメキ、エキゾチックJAPAN”なら(?)、
独身にとって、“さくらJUNO、、”は、
“胃袋のトキメキ、ファンタスティックパン”ってもんですっ(?)。

と云うわけで、先週、早々に桜が開花し、まさに、
これからが、桜まっしぐらとなるこの時期、独身は、
いささかお先に、“さくらJUNO、、”で、さっさと桜を堪能することにします。

通年より、早めに桜が開花した、とは云え、
この日は、ふたたび花が閉じてしまいそうな、冷え冷えっとした1日です。

独身の冷え性も、早々に落ち着いてくれるものと、
軽く安堵していたところですが、この日は、
秀樹”の“ブーメラン”よろしく(?)、ささっと舞い戻ってきています、、。

しかし、大好物の桜が盛られた“さくらJUNO、、”をハンティングするとなると、
独身のこころ内は、モンブランよろしく、こんもりっと盛り上がってしまうってもんですっ(?)。

“侍JAPAN”が、29人で、一丸っとなって戦っている中、
独身は、独り、寒空の中、“JUNO、、”まで、遠征に向かうことにします。

道の途中、市議会議員選挙に出馬するらしい、候補のかたの演説を、
ささっと聞き流して、急ぎ、愛チャリを走らせます。

ようやっとお店に到着し、せっせとターゲットの捜索に取り掛かると、
いちばん上の棚に、“さくらJUNO、、”を発見ですっ。

やはり、季節限定のベーグル、と云うこともあってか、
3月の限定、“おからと黒大豆ベーグル”よりも、数多く盛られています。

この“さくらJUNO、、”は、この季節恒例のベーグル、
らしいのですが、独身の地元では、昨年の4月末に、
“JUNO、、”がお初に登場していることもあって、
独身にとっては、ことしが初顔合わせとなります。

さて、桜、と云うと、思わずピンク色を妄想っとしてしまうのですが、
この“さくらJUNO、、”は、生地自体はシンプルなプレーンながら、
あっちこっちに、桜のお花が点在していることがわかりますっ。

独身は、開花宣言後、いまだ、桜のお花を目の当たりにはしていませんが、
“さくらJUNO、、”のお花で、春を実感しますっ。

さっそく、いちばんうつくしい生地をワシつかみして、
ささっとレジへと精算に向かいます。

その後、“侍JAPAN”の戦いっぷりを、携帯のワンセグテレビでちろ観して、
ハンティングを成功させた、よろこびのこころ持ちのまま、
“さくらJUNO、、”をお持ち帰りする、独身なのであります。

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

春の訪れとともに、ジュノエスクからも毎年恒例の
 さくらJUNOベーグルの販売か開始となります。
 今年のさくらJUNOベーグルは小田原地方の桜の塩漬けに
 ホワイトチョコレートを練り込んだプレミアムベーグル。
 桜の塩漬けの塩味ととろっとミルキーなホワイトチョコレートの相性が抜群。
 桜が咲くこの時期だけの期間限定プレミアムベーグルをどうぞお楽しみ下さい
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の春限定、
“さくらJUNOベーグル
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、
がっつしっ、ぎっちぎっちっと、かなり頑なな生地であることがわかります。

“JUNO、、”の生地は、毎度、ぎっしぎっしっと、
強気なかたさがあるのですが、今回は、ゴムを妄想っとするような、
ばすんっと、ばつんっと云うハリがあります。

いつものような、どすどすんっとした重厚感と、
どっさどっさっと噛み応えがあるのですが、今回は、
より、厚みに強さとかたさが増しているように感じます。

ここ最近の、話題のCMで云うところの、
ゴリマッチョ”ってやつかもしれません。

キメは、いささかごわごわっと、もさもさっとしているのですが、
いかんせん、生地が肉厚~なので、必死にもぐもぐしていると、
この、ごわつきさえも、気にならなくなってしまいます。

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

生地のお味は、まっさきに、桜のお花のかおりが、
すす~っと、お口に広がっていきますっ。

そのあと、塩漬けのじょっぱい塩っ気が、
じょじょっと、軽やかに味覚を刺してきます。

茎の部分も盛り込まれているせいか、
葉っぱの草風味、と云うか、苦味のようなものも感じられますっ。

この塩っ気の桜風味とかおりが、思わず、
桜の和菓子でも頂いているかのように妄想してしまいますっ。

生地自体は、すきっと、シンプルな小麦風味で、
あっさり、さっぱりっとした、軽やかなお味です。

その分、桜の塩っ気とかおりが、際立っているものと思われます。

ホワイトチョコは、わりと大ぶりのサイズで、
生地のあっちこっちに参戦しています。

いささか甘味が強い、と云うか、古くさいようなクセのあるホワイトチョコですが、
じゅんわり~っと、濃厚でミルキ~な甘味で、シンプルな生地に、
いいアクセントを放ってくれています。

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

一方の桜漬けも、ホワイトチョコとは相反する塩っ気でなので、
ホワイトチョコの甘味と相成ると、より、じょっぱさが引き立つように感じます。

桜のお菓子、と云うと、桜のお花と葉っぱに小倉あん、
白あんベースの桜あんが多く見受けられるのですが、
この“さくらJUNO、、”は、ホワイトチョコと云う洋の甘味と、
桜の和のかおりと風味が、いい意味で、相反するお味を見せつけあって、
うまいこと、ひとつになって、なじんでくれていますっ。

これには、さすがの某お笑い芸人さんも、女優の奥さまに丸々ゾッコン、
だと思わせておきながら、実は、好色おとこである、と云う、
いまのいままでとは反する印象を、世間に見せつけてしまうってもんです(?)。

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

生地の残り半分は、毎度のごとく、レンジでチン、
ではなく、トースターで2分半ほど、焼き焼きしてみることにします。

いつもなら、レンジでチン、しているところですが、チンをすると、
生地の風味がイスタンブール(!)あたりまで飛んでしまうことに、
ここ最近、ようやっと気づいたこともあって、今回は、“アッコさん”、
ではなく(?)、トースターにおまかせ、してみることにします。

すると、生地の表面が、ラスクよろしく、
ざっくざっくっになって、内側は、むっちむっち、
むにっむにっの、いい弾力がうまれていますっ。

ざくっと喰らいつくと、ほふんっと、あたたかい空気がやってきて、
そのあと、しかともぐもぐすると、むっちむっちになる、と云った試合運びです。

お味は、焦げっと、こんがり香ばしくなって、
小麦のお味も、もふんっと、まろやかになっているように感じます。

桜漬けの塩っ気は、後半のほうで、じゅわじゅわっと押し寄せて、
桜のお花のかおりも、ふ~っと、軽くお口に居残りしています。

桜は、常温よりも、いささか弱気になっているようですが、
イスタンブールへは、飛んではいない模様です。

クアラルンプール、あたりでしょうか(?)。

もしかしたら、
フリブール(スイス)(!)あたりかも、しれません(??)。

ホワイトチョコは、でろ~っととろけて、
生地に、じゅんわりっと、染み込んでいます。

常温では、いささか古くさいような、クセのある甘味でしたが、
焼き焼きして、とろけたことで、臭みが抜けて、さらには、
甘味が丸くなって、おだやかなミルキ~な甘味になっています。

チョコ好きの独身としては、もっと、ホワイトチョコがもりたくさん、
参戦して頂きたいところですが、主役の桜は、塩っ気もかおりも、
しかと満開状態になっていますっ。

生地がとってもシンプルで、あっさりっとし過ぎているので、もう少し、
三温糖のコクと甘味があれば、もっと和の深みのあるお味にまとまるかと、
勝手に妄想します。

これには、さすがの“ひろみ郷”も、エキゾチックジャパン、よろしく(?)、
この“さくらJUNOベーグル”に、トキメキを感じてしまうってもんですっ(?)。

↓“JUNO、、”のべーグルは、こちらでお取り寄せ、出来ますっ↓
JUNOESQUE BAGEL

JUNOESQUE BAGEL--さくらJUNOベーグル(3/13~04/05期間限定)。

JUNOESQUE BAGEL
おからと黒大豆ベーグル

定価:241円。
カロリー:264kcаl/100g。

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト


タグ: チョコ, べーグル, , 桜塩漬け, ホワイトチョコ,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

話題の野菜スイーツ専門店、“パティスリー・ポタジエ”へと行ってきました。  | home |  BAGEL&BAGEL--いちごソイミルク(4月限定)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。