FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年04月17日[Fri]

JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

JUNOESQUE BAGEL”の、4月限定ベーグルッ!
これには、さすがの“森田健作千葉県知事”も、意気揚々から、神妙~になってしまうかっ。


JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

春の香りと彩りがきれいな和風ベーグルの登場です。
 生地の中にはよもぎを練り込み淡い緑色にしました。
 甘納豆に使用されているのは北海道産の大豆。
 もちもちのベーグル生地にホックリした甘納豆のやさしい味わいがおいしい。
 まるで和菓子を食べているかのような、そんなベーグルに仕上がりました。
 春の味わいをぜひお試し下さい
。”

先日は、プレミアムベーグルの“さくらJUNO”と云う、
春満開のベーグルを頂きました。

今月は、“さくら、、”に引き続き、
春満載の“よもぎと甘納豆のベーグル”が登場ですっ。

さらには、その前には、3月限定の“おからと黒大豆のベーグル”が存在しているので、
今月で、3つ連続して、和風ベーグルが連戦(?)しています。

独身は、旬のフルーツも大好物ですが、
日本人であることを実感させられる、
旬の和の素材にも、こころを躍らせてしまいます。

こどものころは、抹茶や緑茶、よもぎと云った、
草草しいかおりと、渋い苦味のあるものは不得意で、
ふつうのおだんごと、草だんごならば、“猪木さん”よろしく(?)、
迷うことなく、ささっと、ふつうのおだんごを選択しています。

ところが、おとなになると、味覚が変わるとは、ほんとうのようで、
ここ最近は、めっきり草系のかおりと苦味を、たのしめるようになっています。

さて、そんな草好きの独身が、この日、ターゲットにしているのは、
Pascoの“もちっとロール”の今月の新作、“抹茶ミルク”です。

だたの“抹茶”は、3年前に、すでに登場しているのですが、
今回は、生地にもクリームにも、抹茶が盛り込まれているようで、
云わば、リニューアルバージョンとして、再登場を果たしています。

独身は、よっぽど、こころを魅了されたナイス菓子パンでない限り、
再ハンティングを決行することは、ありません。

しかし、以前から、ずっとひいきしている、シリーズものの新作、
となると、うかうかっと、シカトすることは出来ません。

と云うわけで、この日の独身は、
もちっとロール 抹茶ミルク”を狙い撃ちするため、
菓子パン3割引を開催している、“オレンジのスーパー”めがけて、
“金さん”よろしく(?)、さくら吹雪が舞い踊る中、ささっとハンティングに出発します。

と、独身、道の途中で、ふっと、あることを思い出します。

それは、先週、“オレンジのスーパー”を訪れたときに、
出入り口で、ちろっとお見かけした張り紙です。

そこには、
来週の13日~16日まで、ATM設置工事をさせて頂きます。”
と云った内容です。

そのときは、
(嗚呼、そうか。)
くらいにしか思っていなかったのですが、いまさら、
しかと妄想し返してみると、もしかしたら、営業をおやすみしている可能性があります。

今週は、いつもの2割、ではなく、特別3割引の週なので、
特売大好物の独身としては、独身の、ただの妄想損であってほしいところですが、
“オレンジ”に接近するにつれ、独身の不安は、もふもふんっと、おおきく膨らんでいきます。

と云うのも、“オレンジ”の近くに来ても、まったくもって、
“オレンジ”のレジ袋を持った人に、すれ違わないのです、、。

いつもなら、ささっと買い物を終えた人たちを目の当たりにしているところ、
なのですが、周囲を見渡しても、荷物を抱えた人は、お見かけしません、、。

そして、“オレンジ”の建物が視界に入り込んでくると、
そこには、あまたの買い物客、ではなく、工事関係のかたが、
改装工事にまい進されているすがたを発見です、、。

そして、入り口の前には、堂々っと、
明日 リニューアルオープン
と、書かれた紙が貼られていることに気づきます、、。

どうやら、独身の妄想は、現実のものとなってしまったもようです、、。

と云うか、先週、予告の張り紙があったにも関わらず、
しかと読むことをせずに、ちろっとしか、ながめなかったことを、
いまさらながら、後悔している独身です、、。

こんなとき、いったい、代打として、
どの菓子パンをターゲットにしようっと、
およおよっと、動揺してしまうところですが、
独身は、毎度、ハンティングの際は、まさかのことを妄想して、
常に、第2候補のターゲットを、しかと用意しているのです。

その候補、と云うのが、“JUNOESQUE BAGEL”の今月のベーグル、
よもぎと甘納豆のベーグル”と云うわけです。

そこで、そのまま、ささっと“オレンジ”を通り過ぎて、
さらに、北に位置している、“JUNO、、”へと、狙いを変更することにします。

独身としては、“もちっとロール 抹茶ミルク”を頂くこころ粋満載でいたのですが、
まあ、おんなじ草系、と云うことで、さっさと“よもぎと甘納豆、、”に集中することにします。

JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

さっそく生地に喰らいついてみると、
がすっと、いささか、やわらかな生地であることがわかります。

いつもの“JUNO、、”の生地は、がっしがっしっ、ぎっしぎっしっと、
かなりのハードマッチョっぷりを発揮してくれるのですが、
今回は、がふんっと、空気感、と云うか、ソフトな口あたりで、
ハード、ではなく、ただのマッチョな生地になっています。

そして、いつもは、生地の外側に、びっちびっちと云う、
ハリがあって、これが、生地全体に、ハードな印象を与えています。

それが、今回の場合、そのハリも、かなりやわらいでいるので、
全体的に、ただのマッチョになっているわけです。

ただの“亀仙人”のじっちゃんと、背中の亀の甲羅を取ったじっちゃんでは、
まったくもって、印象が異なるようなものでしょうか(?)。

しかし、キメが、もさもさっと、もそもそっとしているのは、
毎度のことで、喰らいつくたびに、さくらのお花よろしく、
カスがぽそぽそっと、舞い落ちてきます。

とは云え、かすかすんっと、乾いているわけではなく、
もぐもぐしていくと、時期に、しとっと、キメが落ち着いて、なじんでいきます。

さらには、がすがすっと、マッチョな噛み応えから、
やがて、ねっちねっちと云う、軽い弾力のような食感になっていきます。

このねちねち感が、軽くおだんごの食感を妄想させてくれます。

JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

生地のお味は、喰らいついたさきから、よもぎの草草しいかおりが、
すす~んっと、お口満載に広がっていきますっ。

独身は、春菊やパクチーなど、かおりが強気な草は不得意なのですが、
よもぎに至っては、草だんごに慣れているせいか、ささっと受け入れることが出来ます。

草草したかおりが充満すると、よもぎの苦味と渋みも参戦して、
お口の中は、さくらが舞い散って、緑がぐぐんっと色濃くなる、
初夏を妄想っとするような、なんっとも春春しい雰囲気で満載になりますっ。

とくに、この日は、夏よろしく、軽く汗ばむような快晴なこともあって、
植物が、その生命力を見せつける、青青しい季節を妄想っとさせられます。

そして、しかと生地をもぐもぐしていくと、こんどは、
三温糖のコクのある深い甘味が、じゅわじゅわっと、染み出てきますっ。

この甘味がよもぎの草風味と相成ると、まるで、
草だんごを頂いているかのように妄想してしまいますっ。

さらには、生地に軽いねっちねっちっとした食感があるので、
ますます、草だんご感が強くなっていきますっ。

そこに、ねっとねっとっと、やわらか~く煮付けられた、
甘納豆が、いい甘味と豆風味を付け足しして、和なお味満載になりますっ。

先月の“おからと黒大豆のベーグル”には、
細かめに砕かれた黒大豆が、あっちこっちに点在していたので、
食感としては、さほど大豆感を堪能出来なかったのですが、
この甘納豆の場合、ごろんっとそのままのお豆さんが盛り込まれているので、
お豆に、しかとお砂糖が染み込んで、水あめよろしくの、ねっとりっとした食感も、
しかと実感出来るわけですっ。

さらには、いい意味で、甘納豆満載、ではなく、
ほどよい間隔で点在しているので、よもぎの草草しい風味をお邪魔することなく、
ときどき、甘納豆のねっとりの甘味を付け足ししてくれますっ。

JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

生地の残り半分は、軽くレンジで20秒、チンしてみることにします。

すると、がすっがすっと、マッチョな生地だったのが、
ふるっふるっぷにっぷにっと、やわ~な弾力になっています。

さらには、常温よりも、より、ねっちねっち感が増して、
ますます草だんごを妄想っとさせます。

キメも、しとっと落ち着いて、
ぴっとりっと、よくよくお口になじんでくれます。

お味は、よもぎのかおりと風味が、
ふわんっと、丸くまろやかになって、
いささか強気になっているように感じます。

いつもなら、チンをすると、
風味がイスタンブールあたりまで飛んでいってしまうのですが(?)、
今回は、しかとその場にとどまってくれているもようですっ。

さらに、残り半分の生地を、こんどは、トースターで3分ほど焼き焼きしてみると、
ラスクよろしく、がりっがりっざっくざっくに焼きあがって、
内側は、ぶいっぶいっと、いささかかための弾力になっています。

おだんごを冷蔵庫に入れっぱなしにしたら、常温のむっちむっちっから、
ぶっちぶっちに、いささかかたくなってしまった、そんな感じです。

お味は、生地の甘味がぐいんっと強気になって、
コクも太くなっているように感じます。

しかし、肝心のよもぎの草草しいかおりと苦味は、
生地がざっくりっと香ばしく焼きあがってしまったせいで、
お焦げの香ばしさとカブって、お邪魔されているようです。

いつもなら、トースターで焼き焼きすると、
生地の風味、そのままを堪能出来るのですが、
今回は、いつもとは逆で、チンで意気揚々
焼き焼きで、意気消沈状態になってしまうようです。

これには、さすがの“森田健作千葉県知事”も、
当選後は揚々っと、告発後の会見では、神妙~になってしまうってもんです(?)。

JUNOESQUE BAGEL--よもぎと甘納豆のベーグル(4月限定)。

BAGEL&BAGEL 楽天店

JUNOESQUE BAGEL 楽天店

手作りベーグル専門店 イーストリートベーグルズ


JUNOESQUE BAGEL
よもぎと甘納豆のベーグル

定価:220円。
カロリー:277kcаl/100g。

独身評価:★★★★☆(4.5)
スポンサーサイト


タグ: べーグル, よもぎ, 甘納豆, 三温糖,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック きなこもち つぶあん入り。  | home |  神戸屋--ハニーフランス。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。