FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年05月13日[Wed]

ヤマザキ--ランチパック クランチチョコ&ホイップクリーム。

ヤマザキ--ランチパック クランチチョコ&ホイップクリーム。

ヤマザキ”、ファミマ限定の“ランチパック”ッ!
これには、さすがの“小沢前民主党党首”も、笑顔満載で、悦~に入ってしまわれるか。


ランチパック”と云うと、スーパーやコンビニなど、
あっちこっちのお店のパンコーナーでお見かけする、
毎度おなじみの、携帯出来るパンです。

こちしで25周年と云うこともあってか、
独身のような菓子パンハンターでなくとも、
多くの人にハンティングされている、ロングセラーなパンでもあります。

25年も支持されている要因として、毎月、
こぞって新作を登場させていることと、
地域の名産を盛り込んだ地域限定や、特定のコンビニで、
ひそかに限定ものがスタンバイしていることがあげられると、勝手に妄想しています。

毎月の新作で、“ランチ、、”好きだけでなく、
ふっと、パンコーナーを訪れた人たちを飽きさせず、
がっしりっと、こころをワシつかみするだけでなく、
情熱的な“ランチ、、”好きは、地域限定、ご当地ものの、
超レア限定を、全国津々浦々で登場させることで、
すべてを制覇してみたいっと云う欲求を盛り上げてくれるわけです。

なかなかお逢いすることの出来ない、限定“ランチ、、”に限って。
独身のこころを誘惑してくれるような、魅力満載のお味だったりするので、
ますます、独身のこころ内は、“ランチ、、”のトリコとなってしまいます。

そんな、菓子パンハンターのこころを、
長年、刺激してくれる“ランチパック”ですが、数ヶ月ほど前から、
ファミマ限定で、“クランチチョコ&ホイップクリーム”が存在しています。

独身が、この“クランチチョコ&、、”と初顔合わせを果たしたのは、
ファミマに初登場して、まもないころなのですが、目の当たりにして、
ささっと独身の脳裏に、ある“ランチ、、”の記憶がよみがえってきます。

それは、過去にも、ファミマ限定で、
おんなじような“ランチ、、”が登場
している、と云うことです。

そのため、そのときの独身は、
(リニューアル版として、再登場しているに相違ない。)
と、勝手に妄想してしまいます。

ところが、しかと過去のデータを調べてみると、
まったくおんなじ、ではなく、ホイップクリームのお味が、
過去とは異なっていることに気づきます。

2年前の6月に、独身がランデブーをしているのは、
クランチチョコ&モカホイップ”で、今回の新作は、
“クランチチョコ&ホイップクリーム”です。

一見すると、“水野真紀さん”と“水野美紀さん”よろしく(?)、
ややこしや~な両者ですが、しかと見比べてみると、
モカホイップと、ただのホイップクリームの違いがあります。

独身は、こころをワシつかみしてくれるような、ナイス菓子パンでない限り、
おんなじ菓子パンを再ハンティングすることは、めったにありません。

しかし、微妙~な違いとは云え、一応、まるまる新作となれば、
うかうかっとシカトするわけには、いきません。

と云うわけで、この日の独身は、
“クランチチョコ&ホイップクリーム”をハンティングするため、
初夏のここちよい風の吹く中、さっそくファミマへと出発することにします。

独身のハンティング圏内には、3軒のファミマが点在しているのですが、
以前、ふっと、真ん中のファミマを訪れたとき、気になるお菓子があったこともあり、
この機会に、いちばん近いファミマ、ではなく、若干北へとあがった、
真ん中を利用することにします。

ところがっ、、。

独身の想いとは裏腹に、真ん中のファミマには、
ランチパック ピーナッツ”のみで、
ターゲットの“クランチチョコ&、、”が存在していないではありませんかっ、、。

さらには、気になっているお菓子も、この日、再登場を果たしている、
チロルチョコ 紫芋たると”と、“北海道チーズ”も、ご不在であることが判明です、、。

そこで、ささっと真ん中から撤退し、
さらに北上したところの、北のファミマへと移動することにします。

ここは、以前っから、パンコーナーが閑散っとしていて、
毎度、半分くらい、空席状態と云う、パンには関心のない店舗です。

そのため、北でも、ターゲットはご不在かもしれないっと、
おつぎの店舗へと、早々に移動することを覚悟して、訪れてみるのですが、
パンコーナーの空席は相も変わらず、ですが、ターゲットの“クランチ、、”は、
5つほど、しかとスタンバイしているところを発見ですっ。

そそくさっとターゲットをワシつかみして、こんどは、
お菓子コーナーへと足を踏み入れてみるのですが、こちらには、
残念ながら、“チロル、、”の新作も、独身の気になっているお菓子も、
存在していないことが判明です、、。

まあ、この日は、“ランチ、、”をハンティングすることが、
おおきな目的なので、ここは、“ランチ、、”のみのハンティングに留めておくことにします。

ささっとお菓子コーナーを離れて、レジへと精算に向かうのですが、
ここで、独身のこころ内を、むかむかっと、ご機嫌ななめにさせてくれる、
小事件が発生です。

独身が、女性店員に、ターゲットをわたし、軽く会釈をして、
「おねがいします。」
と、精算をおねがいすると、店員は、“ランボー”、ではなく(?)、
乱暴に、ワシつかみして、かなり面倒くさそ~な態度で、
ピピッと、レジの操作をします。

そして、お客である独身のほうを、いっさい見向きもせずに、
もんの凄く面倒くさそ~な、低~い声で、
「、、165円です。」
と、宣告します。

ここで、独身、すかさす、
「あっ、ふくろはいいです。」
と、ノーレジ袋宣言をします。

すると、店員は、
(、、ちっ、、!)
と、こころ内で舌うちをしたのではっと云うような、
イヤそう~な態度で、“ランチ、、”にシールをぺったんこ、します。

そして、独身が200円をお渡しすると、
これまた、相当イヤイヤそ~に、おつりをワシつかみして、
独身に突き出すような勢いで、35円を差し出し、
びりっとレシートを雑~に切って、これまた、突き出すように、
独身に渡してきます、、。

この一連の言動に、独身、なんらお礼のひとことも云うことが出来ず、
ただ、呆然っと、おつりとレシートを受け取ります、、。

そして、呆れのこころ内満載のまま、お店から撤退すると、
思わず、ひとこと、ぼそっと、
「、、態度、悪っ、、。」
と、独り、つぶやいてしまいます、、。

いまのいままで、あんまし態度のよろしくない店員さんに遭遇したことはありますが、
こころ内でツッコミを入れることがあっても、声に出てしまったことはありません、、。

別段、笑顔満載、元気満々で対応する必要は、まったくないのですが、
ここまで、お客を不快満載にさせてくれるっとなると、
今後、足を踏み入れるこころ持ちにはなれません。

ここは、“ランボー 怒りの鉄拳”よろしく(?)、
北のファミマに鉄拳を喰らわせる必要があります。

と云うわけで、ここ北のファミマは、
独身のハンティングリストから、ささっと削除されます。

せっかく、久々にファミマ限定の“ランチパック”を頂くと云うに、
この“クランチチョコ&、、”を見つめるたびに、おそらく、
あの悪態女性店員の記憶がよみがえってしまいますが、
ここは、さっさと“クランチ、、”をまるっと喰らって、
イヤ~な記憶も、まるっと溜飲したいと思います。

ヤマザキ--ランチパック クランチチョコ&ホイップクリーム。

さっそく生地から頂いてみると、いつもの生地と、
いささか様子が異なっていることに気づきます。

いつもならば、生地がぴっちしっと引き締まっていて、
ぐぐっと、いい弾力と噛み応えがあるのですが、この生地は、
手に触れてみたところで、ふにんっ、ふるんっと、弱々しい
と云うか、頼りなさげで、ちからない生地に仕上がっていることがわかります。

実際に頂いてみると、やはり、いつもとは異なり、
むにんっと、ふにんっと、かなりソフト~で、
やわらか~で、繊細な食感になっています。

いつもは、むっちりっとした、ソフトマッチョな生地なので、
この食感の違いに、いささか戸惑ってしまうところですが、
いい意味で、腰抜け、と云うか、へに~っと、軽ろやかな節があります。

キメのほうは、毎度ながら、きっちりっと細やか~で、
しとっと落ち着いて、とってもご親切な口あたりになっています。

さらには、しっとり、を超越して、じっとりっと、
じゅうじゅう水分が含まれているので、喰らいつくたびに、
生地がお口に軽くぴったんこ、してきます。

お味も、いつもなら、シンプルに小麦の自然な風味が、
ほふんっとお口満載に充満するのですが、今回は、
小麦がと~ってもまろやかで、やわらか~な甘味がありますっ。

もぐもぐするたびに、じゅじゅ~っと、
ジューシーに小麦の甘味があふれ出てきますっ。

これが、生地にコク、と云うか、旨味を与えてくれていますっ。

いつもの、ぐいぐいっと噛み応えがあって、
小麦の自然な風味のする生地もお好みですが、
今回のような、いい意味で、物腰のやわらかで、
ジューシーな甘味のある生地も、独身のこころ内を感心させてくれますっ。

ヤマザキ--ランチパック クランチチョコ&ホイップクリーム。

生地の中には、チョコビスケット入りチョコと、
ミルククリームがはさみ込まれています。

コンビニや、ご当地限定の“ランチパック”は、
限定、と云うことなのか、どこでもある“ランチ、、”よりも、
お値段が割高に設定されています。

それだけに、クリームなどの中身が、
どふっと大盛りになっているような気もします。

今回の“クランチチョコ&ホイップクリーム”も、
どふっと、なかなかのヘビー級で、ホイップもてんこ盛りになっています。

まずは、クランチチョコから頂いてみると、
生チョコよろしく、くにっと、やわらかになっていることがわかります。

この日の静岡のおてんきは、28℃近くと、
皐月早々に、夏日を記録しているだけに、板チョコも、
すっかり弱気になってしまっているもようです。

一方、クランチは、チョコとは相反し、わりと大きめで、
がりっがりっと、ざっくざっくっと、かための食感で、
いいアクセントを放ってくれています。

しかし、チョコが太陽の情熱で、弱々しくなっているだけに、
このかための食感との大差に、いささか違和感を覚えてしまいます、、。

お味のほうは、お砂糖の甘味がしかと効いたミルクチョコで、
あとから、じゅわじゅわっと、甘味が強気になってきます。

そこに、クランチの、ざっくざっくの香ばしい風味が参戦してくるわけですが、
お砂糖の甘味が、かなり幅を利かせているので、せっかくのクランチも、
すっかりお砂糖に圧倒されてしまっているように感じます、、。

いい意味で、独身好みの、チープな駄菓子のチョコですが、
セレブなお値段の、ファミマ限定“ランチパック”としては、
やはり、もう少し、板チョコにも、セレブっぷりを発揮して頂きたいところです。

一方のホイップクリームは、やはり、板チョコよろしく、
てろ~っと、とろ~っと、ゆるゆる状態になっています。

一見すると、もふっもふんっと、空気感満載で、
もったりっと、重めのクリームを妄想するのですが、
実際は、お口の中で、ささっと、すぐにとろけていってしまうほど、
ゆるやかになっています。

お味は、わりと脂肪分の高めのホイップクリーム、
と云った雰囲気で、ミルクの、こってりっとしたコクと甘味があります。

“ランチパック”のミルククリーム、と云うと、
ミルク、と云うか、いい意味で、乳くささがあって、
すっきりっと、さっぱりっと、軽やかで、やさしい風味があるのですが、
このクリームは、脂肪分と甘味が、いささかクドさのあるお味にしているようです。

ヤマザキ--ランチパック クランチチョコ&ホイップクリーム。

もう1枚の生地は、しばし、冷蔵庫でおやすみして頂くことにします。

すると、常温では、ふにんっと、弱腰状態になっていた生地が、
冷え冷えっとなったことで、いつものように、ぴっちしっと引き締まって
ぐいぐいっと、いい噛み応えと弾力がよみがえっていますっ。

お味のほうも、小麦がすきっと冷えて、さっぱりっとなっています。

さらには、常温では、じっとり~っと、多めの水分が含まれていたのですが、
冷え冷えだと、いい意味で、よぶんな水分が抜けて、ほどよくしっとり状態を保っています。

口あたりも、さらっと、するっとして、
お口にぴったんこ、してくることはありません。

クランチチョコも、チョコらしく、ごりっとかたくなって、
がりがりのクランチとの、食感の差がほとんどなくなって、
なんら違和感なく、もぐもぐすることが出来ます。

お砂糖の甘味のほうは、相も変わらず、なのですが、
冷え冷えっとなったことで、甘味を感知する味覚が、
冷えでごまかされて、若干、やわらいでいるように感じます。

一方のホイップクリームも、見た目そのままに、
ぼふっと、かためになって、独身好みの、
重々しい7~8分立て、と云った印象です。

お味は、チョコよろしく、さほど変化はなく、
こってり~っと、クドめの脂肪のコクとお砂糖の甘味があります。

暑い季節と云うのは、チョコだけでなく、
菓子パンにとっても天敵のようで、ことしになって、
はじめて、太陽の情熱の影響を喰らわせてしまったことは、
まこと、残念でなりません、、。

冷蔵庫におねがいせずに、常温のままで、頂いていたら、
独身は、この“クランチチョコ&ホイップクリーム”の、
ほんとうの実力をたしかめることなく、正当な評価をすることが出来ず、
勘違いをしていたに違いありません。

さすがに、チョコとホイップの甘味までは、冷え冷えでは、
完全に押さえ込むことは不可能だったようですが、食感で云えば、
やはり、のこり1枚を、冷え冷えにして頂いたのは正解だったようです。

これには、さすがの“小沢前民主党党首”だって、
先日の会見よろしく(?)、にっこにっこの笑顔で、
冷え冷えにさせたことに、思わず、悦~に入ってしまうことでしょう(?)。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック クランチチョコ&ホイップクリーム

購入場所:ファミリーマート。
購入価格:165円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:165kcаl
たんぱく質:3.3g
脂質:6.7g
炭水化物:22.9g
ナトリウム:130mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

↓↓ファミマ限定の“ランチパック”はこちらっ↓↓
クランチチョコ&モカホイップ
ホワイトクランチチョコ&ホイップ
メープル&シュガーマーガリン

↓↓チョコ系の“ランチパック”はこちらっ↓↓
チョコレートクリーム
ホワイトムースチョコ
ムースチョコクリーム
チョコクリーム GABA入り
黒豆ココア入りクリーム
チョコクリーム
クランチチョコ&モカホイップ
チョコバナナ
フレーク入りチョコクリーム
チョコクランチ
いちごチョコ&ホイップ
クランチチョコクリーム
マシュマロ&チョコ
板チョコ&苺ジャム
ホワイトクランチチョコ&ホイップ
バナナチョコ&チョコホイップ
生チョコクリーム
3種のチョコ
ムースチョコクリーム

↓↓ホイップ系“ランチパック”はこちらっ↓↓
いちご&ホイップ
キャラメルクリーム&ホイップ
モカホイップ&カラメルラテ
レアチーズ風味クリーム&ホイップ
クランチチョコ&モカホイップ
カスタード&ホイップ
いちごチョコ&ホイップ
ホワイトクランチチョコ&ホイップ
夕張メロンクリーム&ホイップ
バナナチョコ&チョコホイップ
マロン&マロンホイップ
ひるがのホイップ&ミルク
キャラメル&ホイップ
レアチーズ風味&ホイップ

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト


タグ: ランチパック, ホイップ, チョコ, クランチ, 板チョコ, コンビニ限定ランチパック,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

神戸屋--バニラフランス。  | home |  BAGEL&BAGEL--メロンベーグル(新千歳空港限定)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。