FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2009年05月21日[Thu]

ヤマザキ--ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り。

ヤマザキ--ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り。

ヤマザキ”、セブンイレブン限定の“ランチパック”ッ!
戦国並みの下克上っぷりには、さすがの“信長さま”も、驚愕してしまわれるか。


独身びいきの“ヤマザキ ランチパック”には、
スーパーなど、あっちこっちのお店でお見かけするものと、
特定のコンビニで、限定で登場するものが存在します。

中でも、なまえのはじめに“f”がつく、ファミマ限定ものは、
つい先日、“クランチチョコ&ホイップクリーム”を頂いたばかりです。

どうやら、ファミマ限定と場合は、クランチや板チョコが盛り込まれたものが多く、
チョコ好きの独身としては、毎度、新作を、うきうきっとたのしみに待ち受けています。

独身の調査によると、なにやら、“粒入りアーモンドチョコほにゃらら、、”なる、
新たなファミマ限定が、早々に登場しているようで、またしても、
チョコ好きの独身のこころを、ぐわぁしっと、ワシつかみしてくれています。

新しもの好きでもある独身としては、やはり、
“粒入りアーモンドほにゃらら、、”の真相を確かめるべく、
さっさとファミマへと、偵察に訪れたいところ、なのですが、
この日、独身は、ほかの“ランチパック”をハンティングすると、
数日ほど前から、しかと予定を立てています。

そのターゲットとは、セブンイレブン限定の、
“深煎りピーナッツ 粒入り
”です。

独身は、好色喰いしん坊おんな、ゆえ、
魅惑な新作が登場すると、ついつい、そちらのほうに、
こころが揺れ動いてしまうのですが、やはり、ここは、
初志貫徹よろしく、事前の予定通りにハンティングを決行することにします。

この日は、名古屋、東京のほうでは、気温30℃が予報されているようですが、
そのあいだにはさみ込まれている静岡は、わりと涼やか~な、ここちのよい風が吹いています。

全国の天気予報になると、ほとんどが、静岡をシカトしてくれているので、
静岡人は、いったい、名古屋と東京の、どちらを参考にすればよいのか、
毎度、困惑してしまいます。

特に、独身の生息地の静岡市は、静岡の中でも、ちょうど真ん中あたりで、
名古屋、東京の、どちら寄りでもないので、よけいに迷ってしまうところです。

さて、実は、独身は、この“深煎りピーナッツ 粒入り”とは、
この日がまったくの初顔合わせ、ではありません。

セブンを訪れるたびに、毎度、お見かけしている、
毎度おなじみの“ランチ、、”なのですが、いまのいままで、ずっと、
そのほかのものを優先してきたので、今回、しかとハンティングするまで、
数年のときが経過しています。

とくに、以前の“深煎り、、”は、パッケージのデザインが、
いまのものとは異なり、とってもシンプル、と云うか、
“ランチ、、”らしからぬ、あっさり、ざっくりっとした、
いささか古めかしいデザインだったこともあり、そのことが、
独身のハンティング欲を、がくっと盛りさげていた要因でもあります。

それが、いつの間にか、デザインが一新し、
いつもの“ランチくん”と“パックちゃん”が、
しかと存在しているではありませんかっ。

まあ、パッケージが替わっても、中身はまるっとおんなじと妄想しますが、
“ランチ、、”好きは、そのへんの細やかなところまで、こだわってしまうのです。

ここちのよい、さわやかな風をホホに感じつつ、
ささっとご近所のセブンへと向かい、お店に到着すると、
まっさきに、独身が目指すのは、パンコーナー、ではなく、
その手前の、お菓子コーナーです。

と云うもの、つい数日ほど前から、これまた独身びいきの、
チロルチョコ”から、新作の“Air in 塩バニラ”が新登場している、
と云うこともあって、まずは、“Air in、、”の有無から確認してみることにします。

今回の新作は、おひとつ20円と云う、とってもご親切なお値段ゆえ、
単独では、買いづらいこともあって、“ランチパック”のお供として、
今回、ついでに確保しておこうと云う魂胆です。

とは云え、すべてのコンビニなどの店頭で、
早々に新作をスタンバイさせているとは限りません。

独身としては、1軒目のハンティング先で、
さっさと“Air in、、”とお逢い出来るとは、
ちろっとも妄想していないので、出発する前から、
第2候補のセブンの予定を、しかと立てています。

しかし、いい意味で、独身の妄想とは裏腹に、
いきなり、“Air in、、”が、独身の目の前に登場ですっ。

これは、1軒目から、縁起がよろしいってもんですっ。

と云うわけで、いったん、“Air in、、”をシカトしておいて、おつぎに、
パンコーナーへと移動して、ターゲットの“深煎りピーナッツ 粒入り”の捜索を開始します。

こちらも、早々に再会を済ませ、しかとワシつかみをして、
またしても、お菓子コーナーへと舞い戻り、今度こそ、
“Air in、、”をふたつほど、確保します。

独身としては、2、3軒ほどはセブンを移動することを覚悟していたので、
1軒目での初顔合わせに、いささか“ハトにお豆”状態になってしまいます。

そのいっぽうで、この“深煎りピーナッツ 粒入り”とは、
初顔合わせから、実際にランデブーするまでに、
実に、数年の月日が経過しています、、。

セブンでの定番ゆえ、ここまで独身にシカトされ続けてしまった、
この“深煎り、、”ですが、そんな独身を、責めているのか、
このあと、独身を軽く苦しめるような展開が待ち受けていようとは、
このときの独身は、ちろっとも妄想していないのであります、、。

ヤマザキ--ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り。

コクのあるピーナッツクリームをふんわりパンでサンドしました。”

と云うわけで、セブンイレブン限定の、
“ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り
”です。

いまのいままで、“ランチパック”のピーナッツ系は、
ピーナッツ”と、“とろ~りなめらかピーナッツ”を頂きました。

いずれのピーナッツたちも、生地のおもてに、
ピーナッツのマークの焼きが入れられています。

さっそく生地から頂いてみようと、ふくろを開けてみると、まっさきに、
煎ったばかりの、ピーナッツの焦げ香ばしいかおりが、こげ~っ!と、漂ってきますっ。

まさに、いま、目の前で、ピーナッツを煎っているかのごとく、
もんの凄いリアルなピーナッツの焦げっぷりですっ。

早々に、ピーナッツのかおりに胃袋と視床下部を刺激されたところで、
生地を取り出してみると、と~ってもしっとりっとしていることが、
触れた指先から、しかと伝わってきますっ。

実際に喰らいついてみると、やはり、いつも以上に、
しっとり、と云うか、じっとりっと、水分が多めに含まれていることが実感出来ますっ。

口唇に、ぴとっと、軽くはりついてくるほど、
じっとじっとっと、じゅうじゅう水分が感じられます。

食感は、これまた、いつも以上に、むっちむっちんっと、
ソフトマッチョな噛み応えがあって、ぷるぷるんっと、軽い弾力がありますっ。

いつもの生地は、わりと、ぐいぐいっと、
ほどよく引き締まった弾力を感じるのですが、
この生地は、じっとりっと水分が盛り込まれているためか、
いい意味で、物腰がやわ~で、プリンよろしくのぷるんっぷるんっ感もありますっ。

はじめは、はふんっと、空気感があるのですが、
そのままもぐっと喰らいつくと、即効に、
むっちむっちのソフトマッチョがやってきます。

キメは、ぴっちりっと細やかで、ぎゅぎゅっと密になっています。

さらには、しとっと落ち着いて、よくよくまとまっているので、
とってもご親切な口あたりになっていますっ。

お味は、いつもながら、小麦のそのままの自然な風味が、
もふ~んっとお口に広がっていきます。

そして、そのあと、しかともぐもぐしていくと、
だんだんっと小麦が丸く、まろやか~になって、これまた、
自然な甘味とコクになっていきます。

今回は、とくに、じっとりっと水分が多めなこともあってか
小麦の甘味が、じゅわじゅわっと、ジューシーにあふれ出てきますっ。

ヤマザキ--ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り。

生地の中には、ピーナッツクリームがはさみ込まれています。

一見すると、さほどピーナッツの粒が確認出来ないのですが、
べろんっと、生地をめくり上げてみると、ぶっつぶっつっと、
ナッツがあっちこっちに盛り込まれているさまが確認出来ます。

クリームは、たる~んっと、ぬる~んっと、
ゆるやかで、やわらかめになっています。

やはり、ピーナッツと云うこともあってか、
油分がぬめぬめ~っとして、ごっくんしたあとも、
油膜のごとく、このぬめぬめが、お口中にまとわりついてきます、、。

さらには、とっても細やか~なお粉のようなしゃりしゃり感があって、
あんましなめらかな口あたりとは云えません、、。

お塩などで味つけされているピーナッツ、と云うと、
まわりに細やかな塩がまぶされているのですが、
まさに、そのお塩よろしくのしゃりしゃり感があります、、。

そこに、小ぶりのピーナッツが、がりっがりっ!と、
かためのいい食感で、アクセントを放ってきます。

かなりの小ぶりサイズなので、あんまし存在感がないのではっと、
妄想していたのですが、深煎りしていることもあってか、
がりっ!と、ごりっ!と、焼き焼きして、かたくなったさまが実感出来ます。

とくに、クリーム自体がぬる~っと、たるんでいることもあって、
余計に、ピーナッツのかたさが際立っています。

小学校の体育の授業で、うっかり体操着を忘れてしまい、
ひとり、目立つピンクのシャツで、サッカーの授業を受ける、
そんな感じでしょうか(?)。
(独身の実話。)

ヤマザキ--ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り。

クリームのお味は、とってもミルキ~、と云うか、
淡い、クリーミーな甘味があります。

喰らいつく前から、ピーナッツの煎り立てのよような、
焦げ香ばしいかおりが漂ってきたので、よっぽど、
ピーナッツが濃厚なんだろうよっと、妄想していたのですが、
独身が期待、妄想していたような、満々のピーナッツではないようです。

ピーナッツクリーム、と云うと、アメリカ~ンなピーナッツバターを妄想するのですが、
このクリームは、いい意味で、淡く、やわらかなミルクがベースになっているのか、
ピーナッツバターのような、喰らいついた先から、相撲よろしく、
じゅんっ!と突進してくるような、勢いのあるお味ではありません。

てろ~んっと、おだやかに、やわらか~く、
ピーナッツの香ばしいかおりと、豆豆しい風味が、
ミルクと仲良しこよしとなって、やってきます。

そのあと、ピーナッツの実を、がりっ!がりっ!と噛みくだくと、
煎り立てのような、焦げ香ばしいかおりが一気に広がって、
ナッツのコクが深みを与えてくれますっ。

すると、今度は、お塩の塩っ気が、じょじょじょ~っ!と、
クレッシェンドよろしく、突然、勢力を増してきますっ、、!

それまでは、さほど塩っ気は感じられなかったのですが、
冬眠していたクマさんが、人里に降りてきて、いきなり襲撃してくるかのごとく、
もんの凄い剣幕で(?)、舌べろを、意地悪く攻撃してきますっ、、!

そのためか、ピーナッツの風味、香ばしさは、この塩っ気によって、
“鵜飼”よろしく(?)、すっかり丸呑みされて、
ごっくんしたあとは、じょっぱい塩の印象しか居残りしません、、。

サッカー界のスーパースター、フランスの元代表、“ジダンさん”ですが、
WCの、イタリア選手への“頭突き攻撃”によって、すっかり、
頭突き”のイメージが定着してしまった、そんな感じでしょうか(?)。

生地のもうひとつは、しばし、冷蔵庫でおやすみして頂くことにします。

やはり、これからの季節は、冷え冷えにして頂くのが、
夏の菓子パンのたのしみでもあります。

すると、生地は、常温では、むっちむっちっと、
ソフトマッチョだったのが、冷え冷えになったことで、
ぐぐぐ~っ!と、キメがより密になって、ぎゅぎゅっと引き締まっていますっ。

さらには、ほどよく水分が抜けて、じっとりから、
適度なしっとりの水分になって、さらっと、さわやかな口あたりになっています。

お味も、小麦の風味が、冷え~っと、すっきり、
さっぱりになって、とっても涼しげな風味になっていますっ。

ピーナッツクリームも、たる~んっと、だらけて、ゆるかったのが、
冷蔵庫で、ずっと保存されて、がっちりっと、かためになったマーガリンよろしくの、
食感がしかと確認出来るくらいのかたさになっています。

それでも、ぬめぬめの油分、油膜は、相も変わらず、
もぐもぐから、ごっくんしたあとも、お口に居残りしてくれています、、。

お味は、冷え冷えになったことで、クリーミーな、淡い甘味が、
ぐっと引き締まって、甘味も、いささか、すきっと、さっぱりになっています。

そのことで、ピーナッツの香ばしさが、いちだんっと強気に感じられます。

しかし、それとおんなじくらいに、
塩っ気も強気に勢いを増していきます、、。

この塩っ気は、いい意味で、ピーナッツの香ばしさを引き立ててくれるのですが、
途中から、一気にナッツを追い越してしまっています、、。

秀吉”かっ!と云うくらいの、激しい下克上が、
クリームで展開されています、、。

すると、塩っ気が“秀吉”ならば、ピーナッツが3日天下の“明智光成”で、
淡いミルキーな甘味が、“秀吉”に敗れた“柴田勝家”とでも云うのでしょうか、、(?)。

これには、さすがの“信長”だって、
「是非におよばす。」
とでも、云い放ってしまうってもんです、、(??)。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック 深煎りピーナッツ 粒入り

購入場所:セブンイレブン。
購入価格:137円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:222kcаl
たんぱく質:4.4g
脂質:13.7g
炭水化物:20.2g
ナトリウム:130mg

独身評価:★★★☆☆

↓↓ピーナッツ系の“ランチパック”はこちらっ↓↓
ピーナッツ
とろ~りなめらかピーナッツ

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
コンビニ限定ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト





タグ: ランチパック, ピーナッツ, コンビニ限定ランチパック,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

BAGEL&BAGEL--メロンベーグル(新千歳空港限定)。  | home |  BAGEL&BAGEL--ヨーグルトチェリー(5月限定)。