FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年07月15日[Wed]

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーレモンベーグル(7月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーレモンベーグル(7月限定)。

JUNOESQUE BAGEL”の、7月限定ベーグルッ!
カルピス度は、“ドラクエ9”並みの盛り上がりっぷりですっ。


JUNOESQUE BAGEL--ミルキーレモンベーグル(7月限定)。

JUNOESQUE BAGEL”の、カルピス使用のベーグル、と云うと、
昨年の6月に、夏限定として、“カルピスと日向夏みかんのベーグル”が存在しています。

それから、1年以上のときが経過して、今月、
若干、リニューアルされた、“ミルキーレモンベーグル”が登場ですっ。

みかんや、ヨーグルト、ないし、牛乳が盛り込まれたパン、
と云うのは、まったくもって、めずらし感はないのですが、
カルピス、と云うのは、いまのいままで、目の当たりにしたことがありませんっ。

とくに、独身のなかで、カルピスと云うと、こどものころは、
夏のお中元でしかお目にかかれない、超セレブな飲み物
と云う印象が強く、それゆえに、もったいない根性まるだしで、
毎度、薄めにお水で割っては、なんとか長持ちさせようっと、努めたものです、、。

ここ最近は、ペットボトル飲料として、すっかり気軽な飲み物になっていますが、
やはり、“カルピス”と云うことばの響きには、なにか、高級感のようなものを感じてしまいます。

そんな、夏のぜいたく品のカルピスを、
ベーグルに盛り込んでみようっとは、なんっとも粋な“JUNO、、”ってもんですっ。

そんな、カルピスに、軽いあこがれの念を抱いたいる独身は、
6月の限定の“ココナッツチョコベーグル”を、あとまわしして、
“カルピスと日向夏みかん、、”を、お先にハンティングしています。

そして、“カルピスと日向夏、、”は、カルピス好きの独身のこころを、
じゅうじゅう、大満足させてくれる、ナイスベーグルだったのですっ。

さて、ことしの6月は、プレミアムベーグルとして、
ほんっの2週間ほど、“プレミアム石臼挽き全粒粉ベーグル”が存在しています。

実は、独身は、ことしも、夏限定で、
“カルピスと日向夏、、”が復活してくれるものっと、
ひそかに期待していたのですが、今回は、まったく季節感皆無の、
お粉にこだわったプレミアムベーグルが、登場しています。

まあ、“プレミアム石臼挽き、、”も、
さすが、プレミアムと名乗っているだけはあって、
質のよいお粉のかおりと風味で、しかと独身を満足させてくれています。

そのいっぽうで、もう、“カルピスと日向夏、、”とは、
2度と、お目にかかることはないのだろうっと、いささかせつないこころ持ちになります、、。

と、そんなセンチメンタル(?)な独身のもとに、
今月、リニューアル版としての、“ミルキーレモンベーグル”が、
月限定として登場すると云う情報が舞い込んできますっ。

先月の限定、“ココナッツチョコベーグル”は、
昨年のおんなじ月にも、存在している、と云うことで、
ことしは、ささっとシカトしているのですが、今月のリニューアルは、
日向夏みかんから、レモンに交代している、と云うことで、
これは、完全にシカトをするわけにはいきませんっ。

と云うわけで、この日の独身は、およそ1年ぶりとなる、
カルピス使用のベーグルをハンティングするため、
気温30度の中、せっせと“JUNO、、”へと遠征に向かうことにします。

真夏の太陽の情熱から、ベーグルをお守りするため、
マイ保冷バッグには、しかと保冷剤3つをお供させておきます。

いっぽうの独身は、べた~っと日焼け止めを塗りこんで、
ストールと黒手袋、帽子の3種の神器(?)を装備して、
さらには、長袖を着こんで、しかと紫外線から、己の身を守ります。

やはり、黒づくめ、なだけはあって、じりじりっと、
太陽の情熱を、一身に受けてしまうので、体感温度は、
30度を軽く越しているのかもしれませんが、それよりも、
独身は、紫外線のほうが、よっぽどご迷惑ってもんです。

熱気むんっむんっになりつつも、なんとか“JUNO、、”に到着し、
さっそく“ミルキーレモン、、”の捜索を開始します。

すると、いちばん上の棚に、
しかと“ミルキーレモン、、”が盛られているところを発見ですっ。

生地の表面をちろ見してみると、わりとおおきめのレモンとオレンジピールが、
あっちこっちに点在しているさまが確認出来ますっ。

真上から見つめてみただけで、柑橘のさわやか~なかおりが妄想されますっ。

およそ15個ほどある中から、レモンとオレンジピールが、
多めに表にぴったんこしているものを見つけ出し、そのまま、ささっとレジへとお運びします。

前回の“プレミアム、、”は、プレミアムと名乗るわりには、
おひとつ199円と、なかなかご親切なお値段設定です。

いっぽう、今回の“ミルキーレモン、、”は、
210円と、まあ、わりとお高めに設定されています。

それでも、“JUNO、、”の月限定、と云うと、
230~240円がほとんどなので、それを妄想すると、
210円は、さほどお気にさわることはありません。

これも、独身が、すっかりセレブなお値段の“JUNO、、”に、
慣れっこになってしまったから、なのかもしれません、、。

そのむかし、中学入学早々、音楽の先生に、
「学校に慣れないでください。」
と云われたことを、いまだ、しかと記憶しているのですが、
ベーグルハンティングもまたしかりってやつで、真夏の太陽の情熱に、
すっかり気合がだらけてしまった己に、しかと喝っ!を入れて、
この日のハンティングを成功させる独身なのであります。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーレモンベーグル(7月限定)。

夏の味「カルピス」を生地に練り込んだカルピス味のベーグルです。
 コクのある甘さと、爽やかな後味が特徴です。
 アクセントとしてレモンピールと少量のオレンジピールを加え、
 甘さと酸味がバランスの良いベーグルに仕上がりました。
 懐かしい味わいをお楽しみ下さい。
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”7月限定の、
“ミルキーレモンベーグル
”です。

さっそく生地を頂いてみると、ぎっしぎっしっ、
がっしがっしっと、なかなかのハードマッチョであることがわかります。

とくに、表面が、びっちびっちっと、ハリがあって、
そのことで、全体が、ぐいっぐいっの噛み応えのある生地になっています。

さらには、かなりキメが細やかに、びっちりっと引き締まって
密~になっていることもあって、ますます肉厚、と云うか、
どしりっと重厚感を見せつけられます。

内側は、はじめは、がしっと強気なのですが、
数回ほど、もぐもぐっとすると、わりとおだやかに、
ほろほろっと、ほぐれていきます。

口あたりも、わりと、さらっと、ほさっとやわらかで、
びっちりっとしているのに、どこか、キメのふんわり感のようなものもあります。

そのため、がっしがっしの強気な食感でも、
がっちり硬すぎる、と云うほどではありません。

ハリがあるのに、ほろっと、くずれやすい、
そんな、二刀流よろしく(?)の生地です。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーレモンベーグル(7月限定)。

お味は、数回ほど、生地をもぐもぐっとすると、
カルピスの、乳酸菌の、とろり~っとした濃厚な甘味が、
じゅわじゅわっと、あふれ出てきますっ。

これは、ペットボトルのカルピス、ではなく、
そのむかしは、ビンに詰め込まれていた、
濃縮タイプの、とろみ感のあるカルピスの乳風味ですっ。

そのため、しかともぐもぐしていくと、
このとろっとろの甘味が、どこどこっと、強気になっていきますっ。

お口の中は、まさに、カルピスの原液を、ぜいたく~にも、
若干、濃いめにお水で割って飲んだときに、お口に居残りする、
カルピスの、軽くじりっと刺すような、強気な甘味が展開されていますっ。

さすが、“ミルキー、、”と名乗っているだけはあって、
と~ってもまろやか~で、太いコクのある乳風味を、しかと堪能することが出来ますっ。

これは、妄想以上に、ミルキ~度が高めになっていますっ。

そこに、わりと大きめにカットされた、
レモンとオレンジピールが、あっちこっちに点在しています。

ピールと云うと、くったりっ、ねっちりっと、
やわらかに煮つけられているものはあるのですが、
この2種のピールは、しゃりしゃりっと、歯ごたえのあるかたさになっています。

これが、生地のハードマッチョに根負けすることなく、
ほどよいアクセントを放っています。

お味でも、ピールをしゃりっと喰らいついた瞬間に、
柑橘のさわやか~なかおりと清涼感が、すす~っと、お口に広がっていきますっ。

そして、そのままの勢いで、お鼻のほうへと駆け抜けていって、
しばし、お鼻の奥~を、すんっすんっと、たゆたっていますっ。

レモンの皮のほうは、表皮の苦味はないのですが、
オレンジは、いい意味で、じく~っと、いい苦味を持ち合わせています。

レモン、と云うと、もっと、つんっつんっと、
カドのある酸味があるのですが、このレモンピールは、
なかなか多めのお砂糖で煮つけられているのか、
お砂糖の甘味が、じょじょっと染み出てきます。

そのため、いい意味で、レモンの刺すような酸味は、さほど感じられません。

この、レモンのかおりと、オレンジの苦味が、
カルピスの、とろっとろっの、まろやかで、濃厚な甘味に、
ときおり、すすす~っと、相反する清涼感を放ってきますっ。

しかし、カルピスも、柑橘の勢いに根負けすることなく、
マジでごっくん5秒前、あたりになると、再び、
とろっとろの甘味がクレッシェンドよろしく、
勢いを増して、最後には、フォルテシモよろしく、
ぐぐ~っと、骨太になっていきますっ。

ひとむかしのお相撲の世界で云えば、
小錦さん”と云うより、“千代の富士さん”と云った印象です(?)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーレモンベーグル(7月限定)。

生地の残り半分は、毎度のごとく、
軽くレンジで20秒、チンしてみることにします。

すると、がっしがっしっの、ハードマッチョだった生地が、
熱が加わったことで、ぶっちぶっち、むっちむっちっの、
ゴムのような、強気な弾力になっていますっ。

さらには、軽く水分も加わったことで、ほろっと、
くずれやすかったのが、しとっと落ち着いて、よくよくまとまってくれています。

お味は、常温でも、じゅうじゅうカルピス満載だったのが、
より、甘味が丸く、骨太になって、どこどこっと、コクが濃厚になっていきますっ。

さらには、レモンのかおりも、若干、カドが出来て、
レモンらしい、つんっつんっの酸味が舞い戻っているようですっ。

そして、レモンの酸味とかおりが、さわやか~に、
すす~んっと、カルピスの甘味のまわりを漂っていますっ。

ベーグルをチンすると、生地の風味がイスタンブール(!)あたりまで、
飛んでしまうことが多々、あるのですが、今回は、飛ぶ、どころか、
益々強気に、太太しく勢いを増していますっ。

いっぽう、もう残り半分を、こんどは、
トースターで2分、焼き焼きしてみることにします。

すると、表面が、軽く、ざくっざくっ、
がりっがりっと、ラスクよろしくの食感になっています。

軽くお焦げが出来たことで、ほどよく、
焦げ~っと、香ばしい風味も加わっています。

そして、常温では、がっしがっしっとしていたのが、
焼き焼きでは、内側が、ほんわりっとやわらかくなって、
ほどよい空気感のようなものがあります。

お味は、チン同様に、カルピスの甘味とコクが、
ますます太く
なって、レモンも、つんっつんっと、
酸味がアクセントを放って、さわやか~なかおりを漂わせていますっ。

今回の“ミルキーレモンベーグル”も、
昨年の“カルピスと日向夏のベーグル”よろしく、
もんっの凄く、カルピスが、満載、満々、満タンに盛り込まれていますっ。

と云うか、このカルピス全開っぷりは、
昨年以上なのかもしれませんっ。

いつもは、もったいない根性で、カルピスを薄薄に割って、
原液を、すこしでも長持ちさせることに努めているのですが、
この生地からは、たまには、ちょっと濃いめにして、
お口の中に、カルピスのかたまりのようなものが居残りする、
そんなぜいたく~なカルピスを妄想っとさせてくれますっ。

独身は、すっかりこころを魅了される、ナイス菓子パン、
ナイスベーグルでない限り、再ランデブーを決行することは、ありません。

しかし、この“ミルキーレモンベーグル”は、
あと3回ほど、お味のほどを再堪能したいところですっ。

これには、さすがの独身も、なぜか、発売日の前日の午後に、
楽天”からフライング到着した、“ドラクエ9”を、
毎夜、深夜の3時ころまで、じゅうじゅう堪能してしまうってもんですっ(?)。

JUNOESQUE BAGEL 楽天店
BAGEL&BAGEL 楽天店
手作りベーグル専門店 イーストリートベーグルズ

JUNOESQUE BAGEL
ミルキーレモンベーグル

定価:210円。
カロリー:290kcаl/100g。

独身評価:★★★★★

カルピスと日向夏みかんのベーグル
スポンサーサイト


タグ: べーグル, カルピス, レモンピール, オレンジピール,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック 粒アーモンド入りチョコホイップ&チョコクリーム。  | home |  ミニストップ--もちっとプリン~穂・敷島製~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。