FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年07月30日[Thu]

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

19日の日曜、用宗緑地で開催された、“青空市”で、
ステキなジャムに出逢いましたっ。


用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

用宗は、静岡市の中心街から、
西のほうにある、港のある地区です。

ここでは、静岡名産のしらすが多く水あげされています。

そのむかし、独身は、さかな釣りに訪れたことがあるのですが、
なにやら、不定期的に、“青空市”なる、地元のかたの、
フリーマーケットが開催されているようです。

独身が、この情報を知ったのは、あるとき、
かちかちっと、ネット捜索をしていたところ、ふっと、
静岡でも、ステキなジャムをつくっている職人さんがいらっしゃる、
と紹介しているサイトにたどりつきます。

独身は、欧州生活で、すっかりパン好きになったのと、
菓子研究家の“いがらしろみさん”をきっかけに、
ジャムにはめっきり弱々しいおんな、です。

そんなジャム好きの独身のもとに、地元の静岡でも、
ステキな職人さんが存在すると知り、これは、
いてもたってもいられず、そのかたのサイトも捜索してみます。

chipaさん”とおっしゃる職人さんは、静岡の旬の果物や、
北海道などの、からだにご親切なお砂糖を盛り込んだ、
こだわりのジャムをつくられているようですっ。

静岡は、温暖な地、だけあって、お茶だけでなく、
メロンやら、いちご、みかん、ブルーベリー、マンゴーなど、
実に、さまざまなフルーツがもりたくさんに収穫されています。

やはり、静岡人としては、地元の食材にこだわっている
となると、益々喰らってみたいこころ粋になるってもんですっ。

しかし、“chikaさん”が登場する“青空市”は、
そう、頻繁に開催されているわけではありません。

ときおり、メールで注文を受け付けることがあるようですが、
ケチケチな独身としては、送料を負担することに、ちゅうちょしてしまいます。

これは、次回の“青空市”まで、しばし、待ちぼうけするほかないっと、
毎日のように、“青空市”の公式サイトをチェックしていると、
19日の日曜に、ようやっと、開催されると云うではありませんかっ!

と云うわけで、先週末の19日、“chipaさん”のジャムにお逢いするため、
電車に乗り込んで、用宗海岸まで、遠征することにしますっ。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

この日は、ちょうど海開きの日、と云うこともあってか、
駅前では、お祭りさながら、こどもたちが、わいわいっと、おどりをご披露しています。

群集を、ささっと通り抜けて、駅までおよそ5分、
徒歩で南下すると、海岸が見えてきます。

市は、9時から、と云うことですが、10分ほど前に到着すると、
すでに、ちらほらっと、地元のかたが集合されています。

“chipaさん”のジャムは、毎度、大人気のようで、
午前中には、さっさと売れ切れてしまう、とのことで、
いちばん乗りめざして、早々に到着してみると、
やはり、独身がいちばんのもようですっ。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

サイトのほうでは、4種のジャムが登場すると宣言されていたのですが、
2種増えて、6種が勢ぞろいしていますっ。

トマトとりんご”、“あんずとへーゼルナッツ”、
ルバーブ”、“ももとバニラビーンズ”、
すももとローストアーモンド”、そして、“青梅”ですっ。

もちろん、すべてが静岡産の果物たちですっ。

独身が、ステキなジャムたちに、うっとりっと見つめていると、
“chikaさん”が、試食をすすめてくださいますっ。

そこで、まずは、“青梅”を頂くと、
いい意味で、つんっ!と、勢いよく刺す酸味と、
青々しい梅の風味が、なんっとも味わい深いではありませんかっ!

“chipaさん”は、
「ちょっとエグミがあるかもしれません。」
と、おっしゃっいますが、まったくもって、
エグミは感じられませんっ。

早々に、“chipaさん”のジャムに誘惑されたところで、
またしても、試食をすすめてくださいますっ。

おそらく、独身が、あまりにも、じぃっと、ジャムを見つめるものだから、
“chikaさん”が、気を遣ってくださったのでしょう、、。

おつぎは、お野菜とのコラボ、“トマトとりんご”を頂きます。

たる~んっと、完熟した、甘味満載のトマトに、
りんごの、じゅる~っとした甘味が、なんっともなかよしですっ。

いい意味で、トマトくささのようなものも、しかと感じられますっ。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

当初、独身は、“すもも、、”と“あんず、、”のみの予定でいたのですが、
あまりにも、“青梅”が、独身をトリコにしてくれるので、
青梅”もお供させることにしますっ。

おひとつ300円~400円と、
手づくりにしては、なかなかご親切なお値段設定ですっ。

“ろみさん”のジャムより、量が多いのに、
お値段は、およそ半額です、、。

まあ、“chipaさん”は、おひとりで作られているので、
そのへんの事情ってやつもあるのでしょう。

さて、いちばん乗りで、“chipaさん”のジャムを確保したところで、
あとは、のんびりっと、“青空市”を見渡してみることにします。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

まさに、地元密着、と云った雰囲気で、
いい意味で、ほの~んっと、ゆるいフリマです。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

中には、独身のこころを魅了してくれる、
アンティークの、ハトの絵柄の、湿度計があったのですが、
売り手のおっちゃんに、お値段をうかがう勇気がわいてこずに、
そのまま、ささっと、シカトしてしまいます、、。

それでも、ハトの絵と、いい具合に古ぼけた感じが、
独身のこころを引きつけてやみませんっ。

いったんは、その場から離れて、すべてのお店を見てまわって、
またしても、おっちゃんのお店まで、舞い戻ってきます。

しかしっ、、。

いかんせん、小心者の独身は、なかなかおっちゃんにはなしかけることが出来ず、
ただ、ハトの湿度計を、軽く離れたところから、見つめるばかりです、、。

結局、“アンパンマン”よろしく(?)、
勇気100倍になることなく、、ハトの湿度計は断念することにします、、。

目的の“chipaさん”のジャムを、いちばん乗りに確保することが叶ったので、
まあ、今回の遠征は、じゅうじゅう満足ってもんですっ。

このあと、中心地に舞い戻って、今夏初のセールに参戦して、
この日の遠征を終了させる独身の梅雨の1日なのであります。

用宗海岸の、イカす“青空市”で、ナイスなジャムに出逢いましたっ。

用宗緑地 青空市 [map]
chipakoya
スポンサーサイト


タグ: 静岡グルメ, ジャム, 用宗緑地青空市,
スレッドテーマ: 静岡県,地域情報

HOME

トラックバックURL


トラックバック

BAGEL&BAGEL--ゴールデンピーチ(7月限定)。  | home |  れの かまくら--りんごパン/木の実パン。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。