FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年09月16日[Wed]

JUNOESQUE BAGEL--キャラメルバナナベーグル。

JUNOESQUE BAGEL--キャラメルバナナベーグル。

JUNOESQUE BAGEL”の、定番ベーグルッ!
これは、独身の狙いとは、相反する、ベーグルです、、。



独身は、本来、菓子パン専門のハンター、のはず、なのですが、
2年ほど前から、地元に“BAGEL&BAGEL”が初参戦してからっと云うもの、
めっきり、ベーグルにも、魅了されています、

さらには、1年ほど前には、“JUNOESQUE BAGEL”も参戦している、と云うことで、
いまでは、すっかり、ベーグルのトリコとなっています。

とは云え、各お店の、すべてのベーグルをハンティングすることは、
かなりの困難な作業と云えます。

そこで、月限定や、プレミアムの、超限定のみに狙いをしぼって、
毎度、せっせとハンティングを決行しています。

さて、“JUNO、、”の今月のマンスリーは、
秋冬のくだもの、りんごが盛り込まれた、“ミルキーアップル”が登場しています。

つい最近まで、残暑しつこい、おてんきが続いていましたが、
ここ数日、とくに、朝夜は、独身の末端冷え性が、とうとう、
カムバックしているくらい、寒寒しい季節に突入しています。

そんな肌寒い季節にぴったしなりんごが、
早々に登場と云うことで、この日の独身は、
さっそく、“ミルキーアップル”を狙い撃ちするため、
もよんっと、くもり空の中、ささっと遠征に出発します。

この機に、しかと“DSi”を、小バッグにお供させて、
ドラクエ9”の、すれ違い通信をしようっと云う魂胆でもあります。

“JUNO、、”が存在している、駅ビルの食品館に到着し、
通信をしつつ、さっさとお店に到着します。

そして、いちばん上の、真ん中の段に、
しかと“ミルキーアップル”が並べられているところを発見ですっ。

独身は、ハンティングをする際、かたち、
焼き色具合、等をチェックすることを常としているのですが、
この日の“ミルキーアップル”は、いずれも、かたちが、
へにんっと、ゆがんでいることに気づきます。

まあ、別段、お味に影響することは、まったくもってないので、
どれをハンティングしても、おんなじ、なのですが、やはり、
かたちにも、こだわってしまう独身としては、そこのところを、
ささっと、シカトすることは、出来ません。

と、いちばん手前の、真ん中のところに、
商品名のプレートに、半分ほど隠れるようにして、
まるんっと、丸い生地のものを発見ですっ。

そのいっぽうで、いちばん奥~の、左端には、
おおきめのりんごの果肉が、ぶりんっと埋まっているものにも、目がとまります。

やはり、果肉がまる見えの生地は、あんまし見えてないものより、
ぐいっと食欲を刺激されるし、なにより、おいしそうにも見えてしまいます。

しかし、しかとかたちをチェックしてみると、
へにんっと、いささかゆがんでいることが判明です。

これは、果たして、かたちを選ぶべきか、
それとも、りんごガン見しているほうを選ぶべきか、
これには、さすがの“鳩山総理大臣”だって、
小沢さん”の、ひとことで、人事を迷ってしまわれるってもんです、、(?)。

店頭で、ひとり、さんざ、悩んでみた結果、
ここは、やはり、いちばん手前にスタンバイしている、
かたちの丸いほうを選択することに決定します。

ところがっ、!!

この、独身の、細かすぎるこだわりが、アダとなるとは、
このときの独身は、ちろっとも妄想していないのです、、。

さて、丸っこい生地をワシつかみして、
精算のため、ささっとレジのほうへと移動します。

独身に背を向けて、別の作業にまい進されている店員さんに、
「おねがいします~。」
と、お声をかけて、精算をして頂きます。

すると、店員さんは、ピピッとレジにバーコードを読み込ませて、
やわらかなお声で、独身に、
199円になります~。」
と、金額を宣告(?)します。

と、ここで、独身、ある間違いに気づきます。

それは、今月の“ミルキーアップル”は、
199円、ではなく、210円である、と云うことです。

これは、店員さんのうっかりミスなのかっとも妄想するのですが、
手打ちレジ、ではなく、バーコード式、なので、うっかりミスであるはずは、ありません

これは、バーコードをレジに登録させるときの、
うっかりミスなのかっとも妄想するのですが、
いずれにせよ、独身がお得にハンティング出来ることには、相違ありませんっ。

と云うわけで、店員さんに、お値段の違いを指摘することなく、
独身は、“ミルキーアップル”を、199円でハンティングしますっ。

しかしっ、、!!

この、独身の、いやしきこころ内が、
まさに、アダとなってしまうのです、、。

ハンティングに成功し、“ドラクエ9”のすれ違い通信で、
10人ほど、呼び込みに成功し、小雨の降る中、
さっさと、ハンティングから撤退します。

そして、いざ、ランデブーを決行しようっと、
じゃっきっと、ふくろを開け、ぐいんっと生地を引っ張り出します。

と、ここで、ふっと、
(そう云えば、生地に練乳が盛り込まれているはずだったよなぁ。)
と、練乳の存在が、脳内に思い浮かび上がります。

そこで、ふくろをべろんっとひっくり返して、
原材料を、しかと確認します。

すると、小麦粉のおつぎに、
乾燥バナナ、と書かれていることに気づきます。

(嗚呼、そうか。乾燥バナナかぁ。

 、、、、、、。

 っんえええぇっ!!乾燥バナナァッ!!?)

独身、あまりにも見当違いの、バナナと云う文字に、
驚愕のあまり、心臓が、ぼこんっと、はねあがってしまいますっ、、。

そこで、とっさに、商品名を確認してみると、
そこには、“ミルキーアップルベーグル”、ではなく、
キャラメルバナナベーグル”と、プリントされていることに気づきます、、。

つい、数時間前、独身は、店頭で、月限定の“ミルキーアップル”をハンティング、
したはずが、実際に、目の前に存在しているのは、定番の“キャラメルバナナ”です、、。

これは、独身が、うっかりミスで、狙いをはずしてしまったのかっと、
一瞬、妄想するのですが、よくよく思い返してみると、しかと、
“ミルキーアップル”の領域から、ワシつかみしたことは、あからさまです。

なぜなら、独身は、“ミルキーアップル”と書かれた商品プレートに、
半分ほど、隠れるようにして、スタンバイしていた、
丸っと、丸いかたちの生地をお選びしているのです。

これが、端っこのほうのものを選択していたとしたなら、
お隣にあった、かもしれない、別のベーグルを、
ミスハンティングしてしまった可能性も妄想されます。

しかし、いちばん手前の、真ん中、しかも、もろ、
商品プレートにカブッていたのだから、
ミルキーアップル”の領域であることは、
やはり、明々白々ってやつです。

これは、明らかに、商品陳列をした、
店員さんのミスに、相違ありません、、。

これが、チョコ系など、明らかに生地の色が異なっていれば、
ちろっと一見しただけで、違いに気づくことが出来るのですが、
なんっとも皮肉なことに、生地の色も、バナナとりんごの色も、
両者は、かなり似通っているのです、、。

これは、“三倉マナ、カナさん”並みに、
見比べることは、困難です、、(?)。
(“ざ・タッチさん”でもいいです。)

とは云え、これは、単なるうっかりミスと、
笑って済ませるわけには、いきませんっ、、。

独身は、“ミルキーアップル”を喰らうこころ粋で満載なのに、
まったくもって、お門違い(?)の“キャラメルバナナ”の、
妄想外の存在に、思わず、およっと、動揺してしまいます、、。

ここは、ささっとお店に舞い戻って、事情をしかと説明して、
本来のターゲットに変更してもらおうっと、一瞬、思いつくのですが、
独身の、目の前には、すでに、開封済みの“キャラメル、、”が横たわっています、、。

これでは、もう、返品は不可能です、、。

しかし、今回は、店員さんのミスなのだから、
もしかしたら、可能なのかもしれないっとも、妄想します。

そこで、店頭で頂いてきた、商品一覧のちらしに書かれている、
お店の電話番号を確認します。

ここは、電話で、変更可能かどうか、
確認することが肝要と思われます。

ところが、いったん、気分を落ち着かせて、
よくよく考えてみると、電話すると云うのも、
いささか大げさなことなことかも、しれません。

もし、店頭で、生地を選択するとき、いちばん手前、
ではなく、りんごの果肉がガン見していた、いちばん奥~の、
左端のほうをワシつかみしていればっと、無粋にも、後悔してしまいます、、。

さらには、レジで精算をするとき、お値段の違いを、
正直に指摘していれば、その場で、店員さんのミスに気づいていたはずっと、
己の、よこしまなこころ内を、はげしく責め立ててしまいます、、。

まあ、己の意思とは反するハンティング、
とは云え、バナナとキャラメルは、独身のお好みの組み合わせと云えます。

実は、先月から、新たに、定番ベーグルに参戦している、
コーヒーモカ”のほうに、興味もりもりだったのですが。
まあ、ある意味、これも運命と受け止めることにして、
この日は、電話で問い合わせすることなく、このまま、ランデブーを決行することにします。

とは云え、やはり、限定ベーグルハンターとしては、
この“キャラメルバナナ”を、“ミルキーアップル”の代打とするわけには、いきません。

それに、店員さんのうっかりミス事態を、シカトするわけにもいかないので、
後日、早々に、“ミルキーアップル”を再ハンティングするついでに、
この日の出来事を、しかとお伝えするほうが、よろしいかと妄想されます。

そうなると、この“キャラメルバナナ”には、
“ミルキーアップル”への期待を、もりっと超越するような、
ナイスベーグルであることを、ねがってやみません。

JUNOESQUE BAGEL--キャラメルバナナベーグル。

バナナを練り込んだ生地に香り豊かなキャラメルを散らしました。
 バナナが主役のベーグルです
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の定番、
“キャラメルバナナベーグル
”です。

さっそく生地を頂いてみると、ぎっしぎっしっ、
がっしがっしっと、なかなかのハードマッチョであることがわかります。

とくに、表面が、びっちびっちっと、ハリがあって、
そのことで、全体が、ぐいっぐいっの噛み応えのある生地になっています。

さらには、かなりキメが細やかに、びっちりっと引き締まって
密~になっていることもあって、ますます肉厚、と云うか、
どしりっと重厚感を見せつけられます。

内側は、はじめは、がしっと強気なのですが、
数回ほど、もぐもぐっとすると、わりとおだやかに、
ほろほろっと、ほぐれていきます。

はじめは、がっしがっしっと、強気な生地ではありますが、
いい意味で、生地の結びつきが弱いので、がっちりっと硬すぎる、
と云うほどでは、ありません。

ハリがあるのに、ほろっと、くずれやすい、
そんな、二刀流よろしく(?)の生地です。

いささか、乾燥気味で、もっさもっさっと、
カスのようなものが、お口に散乱するのですが、
これは、生地がほどけやすいことに、影響しているものっと、勝手に妄想します。

JUNOESQUE BAGEL--キャラメルバナナベーグル。

お味は、熱を通して、でろ~んっと、とろっとろになった、
甘味満載の、バナナの甘ったるいお味と、あたたまったバナナのかおりが、
まっさきに、お口に広がっていきますっ。

乾燥バナナ、と云うと、バナナチップのように、
ぐいっと、かたいバナナを妄想していたのですが、
しかと熱が通っているようで、まったくもって、
乾燥とは妄想出来ない、やわ~なバナナになっていますっ。

まるで、バナナのパウンドケーキでも頂いているかのように妄想してしまいますっ。

バナナ、と云うと、ときに、バナナの、びろんっびろんっのヒモのような、
苦味のあるお味のものや、バナナの香料の、刺激臭い風味のものがあるのですが、
この生地には、香料ではなく、乾燥して、熟成されたバナナなので、
バナナそのものの甘味、かおりを堪能することが出来ますっ。

生地の外側からは、あんましバナナの果肉が確認出来なかったのですが、
内側には、あっちこっちに、バナナが散りばめられていることが判明ですっ。

このバナナが、もりたくさんなこともあって、
どこから喰らいついても、毎度、バナナにありつくことが出来ますっ。

しかし、満載、満々、満タンのバナナとは相反し、
お供のキャラメルは、まったもって、存在していないことに気づきます、、。

生地の底のほうに、ちろちろっと存在しているのですが、
まったくもって、お味を確認することが、出来ません、、。

バナナが主役であることは、しかと伝わってくるのですが、
これでは、“トシさん”がご不在の、“タカアンドトシ”のようなものですよ、、(?)。

つまり、“タカさん”だけが主役では、
“タカアンドトシ”は、成立しないように、
キャラメルのお味が皆無な“キャラメルバナナ”は、
ただの“バナナベーグル”になってしまう、と云うわけです。

まあ、それでも、バナナの甘味とかおりが、
かなりの存在感を見せつけているので、全体のお味として、
不足、と云うか、バランスが取れていない、わけでもない、
のですが、やはり、“キャラメルバナナ”と名乗るからには、
しかとキャラメルの実力も、堪能したいところです。

JUNOESQUE BAGEL--キャラメルバナナベーグル。

生地の半分は、毎度のごとく、
20秒ほど、レンジでチンしてみることにします。

すると、がっしがっしっと、ハードマッチョだったのが、
ぶっちぶっちっと、弾力のある食感になっています。

さらには、チンして、熱が加わったことで、
しっとりっと水分が含まれて、キメも、しとっと、まとまっています。

常温のときの、もっさもっさっと乾燥して、
カスが、ほろっほろっと、お口の中で散乱することも、ありません。

お味は、バナナの完熟したような甘味が、
さらに、甘くまろやか~に、やわらかか~になっていますっ。

お味もかおりも、より強気になって、
ますます、存在感のあるバナナになっていますっ。

バナナは、黄色い皮の状態、ではなく、
軽く、黒い点々が出来ているほうが、甘味があっておいしいと云いますが、
この甘味は、まさに、黒皮の点々の甘味のあるバナナですっ。

この、でろ~んっと濃厚な甘味が、
わりと、わっさっとシンプルで、すっきっとした生地に、
コクと旨味を、ぐいんっぐいんっと、与えてくれていますっ。

もう半分の生地は、2分ほど、
トースターで焼き焼きしてみることにします。

すると、ざっくざっくっ、がりっがりっと、
ラスクよろしくの食感になっていますっ。

そのいっぽうで、内側は、
ほわっと、ふかっと、空気感がうまれていますっ。

表面と端っこが、焦げっ!と、しかと焼かれていることで、
バナナの熟した甘味と相成って、甘香ばしい風味になって、
より、バナナの甘味も引き立って風味豊か~なお味に発展していますっ。

しかしっ、、。

残念ながら、ここにも、お供のキャラメルの存在は、
まったく、と云っていいほど、感じることは出来ません、、。

常温のときは、たまたま、キャラメルがご不在だったのかもっと、
妄想していたのですが、もう半分にも、と云うか、全体的に、
キャラメルが不足しているようです、、。

チンをすれば、キャラメルチョコがとろけて、
少量でも、それなりに、お味が確認出来るものっと、
期待していたのですが、これは、少量、どころの騒ぎではなく、
存在自体が疑われるってもんです、、。

これには、さすがの“プリンセス天功さん”だって、
婚約者と云われるハリウッド俳優の存在を、疑われてしまうってもんです、、(?)。

もしかしたら、この日の、独身の狙いとは反するミスハンティングは、
“天功さん”のイリュージョンなのかも、しれません、、(??)。
(いや、それはない。)

JUNOESQUE BAGEL 楽天店
BAGEL&BAGEL 楽天店
手作りベーグル専門店 イーストリートベーグルズ

JUNOESQUE BAGEL
キャラメルバナナベーグル

定価:199円。
カロリー:281kcаl/100g。

独身評価:★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト


タグ: べーグル, バナナ, キャラメル,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

神戸屋--懐かしロール ミルククリーム。  | home |  JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。