“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2009年09月18日[Fri]

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。

JUNOESQUE BAGEL”の、9月限定ベーグルッ!
こんどこそ、の、再ハンティングですっ。



つい先日のこと、独身は、今月の限定ベーグル、
ミルキーアップルベーグル”をハンティングするため、
JUNOESQUE BAGEL”へと、遠征をしています。

菓子パン、だけでなく、ベーグル好き、さらには、
限定と云うことばにも、めっきり弱々しい独身は、
毎度、この限定ベーグルを、うわうわっと、たのしみに待ち受けています。

とくに、限定ともなると、季節の旬の素材を盛り込んでいることが多いので、
月限定で、季節感を堪能していると云っても、過言では、ありません。

ところがっ、、!

そんな限定ベーグルハンターの独身に、
思いもかけない、中事件が待ち受けていたのですっ、、。

ささっとお店に到着し、さっさとターゲットの“ミルキーアップル”と、
初顔合わせを果たした独身は、領域内の、いちばん手前の、真ん中の生地をワシつかみします。

そのほかの生地よりも、まるっと、丸いかたちをしている、
と云う理由で、みごと(?)、選出させたわけですが、生地のかたちにも、
いちいち、こだわってしまう独身の、この性が悪影響したのか、このあと、
独身は、もりっと盛り上がる食欲が、いっきに、ぐいっと盛り下がってしまう、
ある衝撃的な事実に気づきます、、。

それは、独身がお選びしたものは、“ミルキーアップル”、
ではなく、定番の“キャラメルバナナ”である、と云うことです、、。

独身が、いざ、“ミルキーアップル”を頂く、その前に、
練乳の存在を確かめるため、べろんっと、ふくろをひっくり返してみると、
原材料のところに、本来、あるはずのはい、“乾燥バナナ”と云う文字が書かれています、、。

あまりにも、妄想外のバナナの存在に驚愕した独身は、
そのまま、すぐ上の、品名を確認します。

すると、そこには、“キャラメルバナナベーグル”とプリントされていることに気づきます、、。

つまり、独身は、まったくもって、お門違いの(?)、
“キャラメルバナナ”を、ミスハンティングしてしまったわけです、、。

しかし、この中事件は、独身のうっかり、ではなく、
商品を陳列された、店員さんのうっかりである可能性が大です。

なぜなら、独身が、“ミルキーアップル”の領域から、
生地をワシつかみしたことは、あからさまであって、
間違っても、“キャラメルバナナ”から、横取り(?)した記憶はございません。

それに、“ミルキー、、”の右となりには、
ブルーベリー”、そして、左となりには、
コーヒーモカ”がスタンバイしています。

もし、独身が、両隣の、いずれかのベーグルをワシつかみしたとしたら、
両者は、あきらかに、“ミルキー、、”と見た目が異なるので、
すぐに、うっかりミスであることに気づくはずです。

ところがっ、、。

なんっとも皮肉なことに、“ミルキー、、”と“キャラメル、、”は、
マナ・カナさん”よろしく(?)、ちろっと一見しただけでは、
即効、区別することが出来ないくらい、よくよく似ているのです、、。

そのため、独身も、陳列された店員さんも、“キャラメル、、”が、
“ミルキー、、”の領域に侵入していたことに、まったくもって、気づかなかったのでしょう、、。

しかも、もっと、皮肉なことに、うっかりが判明したときには、
すでに、“キャラメル、、”は、ふくろが開封され、あとは、
独身によって、取り出されるのを、待ち受けています、、。

つまり、気づいたときには、もう、返品不可能な状態と云うわけです、、。

あまりにも、妄想外の展開に、独身、
さんざ、盛り上がっていた食欲も、一気に、
ぐいんっと、盛り下がってしまいます、、。

しかし、キャラメルとバナナは、
独身の、お好みの組み合わせでもあるので、
これも、まあ、ひとつの運命と受け止めて、
しかとランデブーを決行することにします。

主役であるバナナは、かおり、風味、甘味ともに、
かなりの実力を持ち合わせているのですが、残念ながら、
もうひとつのキャラメルは、少量、と云うか、まったくもって、
生地に参戦していない、ただの名だけの存在であることが判明です、、。

しかとバナナのお味は、堪能することは出来るのですが、
このベーグルは、妄想外のミスハンティングなだけに、
せっかくのバナナも、なんだか、よろこび度が半減してしまいます、、。

これは、やはり、本来のターゲットの“ミルキーアップル”に、
逆転ホームランを打って頂くほか、ありません。

と云うわけで、“キャラメルバナナ”のミスハンティングの2日後のこの日、
独身は、今度こそ、“ミルキー、、”とランデブーを実現させるため、
またしても、“JUNOESQUE BAGEL”へと、遠征に向かいます。

先日のうっかりミスは、店員さんによるもの、
と云うこともあって、ここは、やはり、店員さんに説明することが肝要と云えます。

遠征のあいだ、脳内で、いったい、どのようにおはなしすべきか、
あれこれっと、ことばを選んで、繰り返し、確認をします。

早々にお店に到着し、まずは、ハンティングを優先させることにします。

先日と、まったくもって、おんなじ場所に、
“ミルキーアップル”が盛られているところに再会です。

そして、今回も、かたちのよろしいものをお選びして、
まっさきに、べろんっと、ふくろをひっくり返して、
“ミ・ル・キー・アッ・プ・ル、、”と、ひと文字、ひと文字、
目にちからを込めて、しかと、品名確認をします。

あまりの眼力に、ふくろが、でろ~っと、とろけて、
開くのではっと、云うくらい、じぃっと、品名を、
己の眼に焼き付けるように、ガン見します。

それでも、懐疑心満載の独身は、なかなか信用することが出来ず、
ちろっと生地から見えている果肉が、りんごであるかどうか、
さらに、生地を見つめてみることにします。

今度こそ、“ミルキーアップル”であることを確かめて、
ようやっと、レジへとお運びします。

そして、無事、精算を済ませた、このタイミングで、
先日のうっかりミスの事情を、店員さんに説明します。

すると、店員さんは、いささか困惑したように、
この日のハンティングの料金を、そのままお返しするっと、おっしゃいます。

しかし、独身は、返金して頂きたいわけではなく、
店員さんに、うっかりの事実を把握してもらって、今後、
このようなことがないよう、陳列作業の際に、確認をして頂きたいのです。

そのため、独身は、“キャラメルバナナ”も、
おいしかったので、いいですよっと、返金の申し出をお断りします。

そして、これからは、確認作業をして頂きたい旨を、
しかとお伝えして、お店から、ささっと撤退することにします。

この日の店員さんは、おそらく、アルバイトのかたっと妄想されますが、
果たして、この事実を、すべての売り子さん、ないし、正社員さんにも、
連絡してくれるものか、独身には、確証が持てません。

これからは、独身も、しかと己の目で確認をすることを、肝に銘じて、
今度こそ、“ミルキーアップル”とのランデブーを決行するのであります。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。

ほのかな甘味のある練乳の入った生地にホワイトチョコ・
 2種類のりんごを練り込んでいます
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”9月限定の、
“ミルキーアップルベーグル
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、ぎっちぎっちっ、
ぶっちぶっちっと、キメがかなり引き締まっていて、
ゴムよろしくの、強気な弾力があることがわかります。

前回の“キャラメルバナナ”は、もっと、がっしがっしっと、
ハードマッチョな噛み応えがあったのですが、
今回は、生地に練乳が盛り込まれているためか、
練乳のどろっと感のようなものが、強気な弾力を演出しているっと妄想されます。

さらには、キメが、さらっと、やさしい口あたりで、
内側は、むっちりっとソフトマッチョになっています。

どっしりっと、重量感のある生地ではありますが、
変なかたさも、肉厚過ぎる、と云ったこともありません。

さらには、“キャラメルバナナ”のような、
もっさもっさっと、お口の中で、カスが散乱するような、
乾燥した節もなく、ほどよく、しとっと、まとまっています。

お味は、やわらかで、ご親切な小麦の風味が、
はふ~っと、お口に広がります。

いたってシンプルではありますが、なかなか、かおりのよろしい小麦です。

しかし、生地に練り込まれているはずの練乳は、
まったく、と云っていいほど、存在を確かめることは出来ません、、。

生地をしかともぐもぐしていくと、お口の奥~のほうで、
なんとな~く、練乳のコク、と云うか、深みのある甘味が、
ほ~っと、たゆたっている、ようにも感じるのですが、
これは、かなり意識しないと、実感することは困難です、、。

さらには、おなじく、生地に参戦しているホワイトチョコ
そして、2種のりんごも、これまた、まったくと云っていいほど、
存在感がありません、、。

と云うのも、全体で、ホワイトチョコがふたつ
乾燥りんごは3つ、そして、蜜りんごに至っては、
たったひとつぶしか、盛り込まれていないのです、、。

これで、いったい、どうしてお味を堪能することが出来るのでしょう、、。

これは、大人気のアーティンストの、東京ドームコンサートで、
不運にも、いちばん後ろの席にあたってしまい、ほんっの米粒程度しか、
ご本人たちを確認することが出来ない、そんなむなしさに酷似しています、、(?)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。

ホワイトチョコ自体は、“ミルキー”のアメちゃんよろしく、
かなりの甘味の効いた、濃厚な甘味で、こちらのほうが、
よっぽど、練乳のようなお味を持ち合わせています。

そして、シンプルな小麦風味に、突然、
ぐんっ!と、強気な甘味とコクを見せつけてきます。

そして、蜜りんごは、くったり~っと、かなりやわらかく煮つけられていて、
蜜の甘味が、じゅんわり~っと、染み込んでいます。

いっぽうの乾燥りんごは、こちらも、やわに煮つけられて、
しゃっ!と、軽やかな酸味のある、さわやかな果汁を放ってきます。

しかし、これらのお味との出逢いは、ほんっの刹那なことで、
あとは、ただ、シンプルな小麦オンリーが待ち受けている、
と云った試合運びです、、。

このホワイトチョコと、2種のりんごは、
ただの気まぐれでは、済まされないってもんです、、。

これでは、“TOKIO”の“城島さん”と“山口さん”のほうが、
よっぽど、“鉄腕DASH!”の出演度が高いってもんです(?)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。

生地の半分は、毎度のごとく、軽くレンジで20秒、チンしてみることにします。

すると、ぎっちぎっちっと、ゴムよろしくの弾力だったのが、
ぷにっぷにっと、やわな弾力のある食感になっています。

さらには、チンして、熱が加わったことで、
しっとりっと水分が含まれて、キメも、ぴっちりっと、まとまっています。

内側は、ほんわりっと、空気感があって、
小麦の風味も、ずいぶんっと、まろやか~になっています。

しかし、肝心の練乳は、チンしてみても、
まったくもって、感じることは出来ません、、。

ホワイトチョコは、じゅる~っと、とろけて、
いささか甘味が強気になっているようですが、
やはり、これも、数が少ないので、刹那なことに過ぎません、、。

もういっぽうの生地は、トースターで2分、
焼き焼き
してみることにします。

すると、ざっくざっくっ、がりっがりっと、
ラスクよろしくの食感になっていますっ。

そのいっぽうで、内側は、
ほわっと、ふかっと、空気感がうまれていますっ。

シンプルな小麦も、お焦げの香ばしい風味が加わって、
風味の幅が広がった、と云うか、ようやっと、
味っ気のある生地になっています。

こちらのほうには、乾燥りんごが存在しているのですが、
くた~っと、やわらかな果肉で、すきっと、さわやかな酸味を持ち合わせています。

しかし、こちらも、数が少ないので、一瞬のこと過ぎません、、。

練乳にいたっては、チンでも、焼き焼きでも、
まったくもって、お味を確認することは出来ません、、。

これでは、“ミルキーアップル”ではなく、
ただの“プレーンに、気まぐれホワイトチョコアップル”ですよ、、。

これには、さすがの“TOKIO”の“長瀬くん”も、
年数回ほどのスペシャルにしか、“鉄腕DASH!”に登場しないってもんです、、(?)。

JUNOESQUE BAGEL--ミルキーアップルベーグル(9月限定)。

JUNOESQUE BAGEL 楽天店
BAGEL&BAGEL 楽天店
手作りベーグル専門店 イーストリートベーグルズ

JUNOESQUE BAGEL
ミルキーアップルベーグル

定価:210円。
カロリー:288kcаl/100g。

独身評価:★★☆☆☆
スポンサーサイト


タグ: べーグル, 練乳, りんご,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

JUNOESQUE BAGEL--キャラメルバナナベーグル。  | home |  熱海発の、お野菜スウィーツショップ、“KAICHI”で、うっかり勘違い、、~訪問編。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。