FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年09月27日[Tue]

神戸屋--栗あんぱん。

神戸屋--栗あんぱん。


「覆水盆に返らず」

一度こぼれた水は盆に再び帰らない意から、
一度やったことは取り返しのつかないこと。
(王嘉「拾遺記」)
やってしまいました。
せっかくパンが袋に入った状態のものをデジカメで撮ったのに、
誤ってメモリーから消去してしまいました。

「覆水盆に返らず。」
先人は、なんともうまい例えを考えたものです。

「デジカメ、二度と戻らず。」
もう、今日はムチをつかいまくります。

“栗のつぶつぶが入ったあんを包みました”
と袋には書かれていました。
いまはもう、それを確かめる手段もございません。

“つぶつぶ”?
わたしには、上に乗っかっているケシの食感しか感じませんがね。
ケシは好きだけどさ。
中のあんこを確かめてみても、“つぶつぶ”のつぶもありませんよ。
栗の味がする、あんこですよ。
まあ、あんこはこしあんで、甘味も丁度良くていいですけど、
もっと栗の味を強調して、つぶつぶをごろごろ、
くらいに、ふんだんに入れて欲しい。
つぶつぶにケチるから、栗の味が中途半端になるんですよ。

神戸屋--栗あんぱん。


パンはしっとりしていて、ほんのり甘味があります。
これはいいけど、あんこが激しくかたよってますよ
これじゃあ、中央にちょこっとしか入っていない、おむすびと同じですよ。
おむすびなのに、米と具を別に食えってか!?
どこから食べても、具と米が一緒じゃなきゃ、意味がないじゃないか!!
アンとパンが一緒になって、あんぱんじゃないのか!?

半分を焼いてみました。
表面がカリッ、サクッとしてパンの甘味が引き立ちました
温めたほうが、美味しかったです。

でも、これを何のパンが知らずに食べた人はきっと、
「あんこに何か混ざっている味のあんぱんだね。」
と言うだろうよ。
つまり、栗なのに、栗が主役じゃないってことかね。
原材料には初めに、栗入りあん、とあるが、
栗がちょこっと入ったあん、に書き換えたほうがいいんじゃなくて?

今日、わたしに評価されたパンは、運が悪かったとでも思って欲しい。


【栄養成分表示】なし
購入価格:75円


【オススメ度】★★☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--でか粒ピーナツサンド。  | home |  ヤマザキ--おいしさ宣言 ニューヨーロッパ風クリームパン。