FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年10月26日[Wed]

Pasco--もちっと。ゴーダチーズ。

のっぽパン--ホワイトチョコクイーン(今秋限定)。


ほんと、“もちっと。”してますっ!!
いや~、まいったっ!
こりゃ1本取られたっ!!

あんたを買って良かったよ~。
ほんとはさ、買おうか迷ったんだよ。

だってさ、その日はパンが4割引きの日でさ、
パンのコーナーは仕入れたばかりの大量のパンが
陳列されている最中だったんだよ。

でね、あんたはまだ、陳列される前で、
積み上げられた箱の下から3番目くらいに眠っていたんだよ。
んで、箱の隙間からあんたがチラっと見えたんだっぺ。

チラリズム”とでも云うんかい?
気になって仕方なかったんだよ。

でも、まだパンコーナーに並べられる前だし、
勝手に箱から出したら店員さんに失礼かな、って思ったんだよ。
あたしゃあ、小心者でね。

でも、そのままレジに向かおうとしても、
やっぱしあんたが気になったんだよ。
で、こそっと隙間からあんたを取り出した、ってわけさ。

嗚呼、いがったよ~。(良かったよ。)
ピンポンダッシュみたいにドキドキしたけど、
勇気出していがった、いがったっ!!!

Pasco--もちっと。ゴーダチーズ。



“ゴーダチーズを練りこみ、マイルドで食べやすく
 もちっとした食感に仕上げました。”

もう、おっしゃる通りです。
なんの否定するところもございません

多くの菓子パンの謳い文句は、
過剰表記というか、“どこがやねんっ!”
と関西人でないくせに、関西弁でツッコミたくなる表現ばかりでした。

その文句が過剰であればあるほど、
皮肉なことに、味はたいしたことがないのです。

しかし、この“もちっと。ゴーダチーズ”の文句は適切です。
訂正するところも、ツッコムところもありません。
もう、平伏するばかりです!!

袋を開けると、ゴーダチーズというか、
もの凄い懐かしい匂いがしてきました。
そして、わたしの海馬はある1つのお菓子の名前
記憶の引出しから出してきました。

(“ポ、ポテコ”だ~~~~!!!)
そう、まさしくこの匂いは、
ポ・テ・コ、だっ~~~~~!

こどもの頃、よく食べたお菓子。
いや、成人してからも、時々食べたお菓子。
10本の指にはめて、1つずつ食べるのが正式な食べ方
(と、勝手に決め付けています。)

この“もちっと。ゴーダチーズ”は、
ポテコの匂いとおんなじです!!!
ポテコファンのかた、是非食べてみてください!!!

というわけで、Googleで“ポテコ”を検索したら、
むかしとパッケージが変わっていました。
以前は、星のマークがあった気がしたんですが、、、。

Pasco--もちっと。ゴーダチーズ。


生地の上には、チーズが“ささっ”と蛇足のように乗っています。
ちょっと量が中途半端な気がします。

乗せようか、乗せないか考えた挙げ句、
まあ、試しに乗せてみようかね、という結論に至ったが、
やっぱし乗せなくてもよかったかもね、という結果になった感じです。
もう“ひとさっさ”くらい、チーズをかけても良かったと思います。

Pasco--もちっと。ゴーダチーズ。


生地は、ご丁寧に縦半分にカットされてあります。
なぜ、縦切りなのが、そこが謎です。
なぜ、19億もの大金が横領されていたことに気付かなかったのか、
それも謎です。
どうせ切るなら、一口サイズに切って欲しかったです。

いつものように、いろいろとツッコんでしまいましたが、
味にはツッコムところがありません。

生地は木目こまやかで、もっちり、それでいてしっとりしています。
弾力があり、食べ応えがあります。
チーズも味は、確かに“マイルド”です。

中学生の時、チーズ蒸しパンを食べて気持ち悪くなって以来、
チーズのパンは避けてきましたが、
これは濃厚でありながら、チーズ独特のクドさ、こってり感はなく
まろやか、爽やかな風味です。

半分は冷やしてみました。
しかし、常温と変わらなかったので、
トースターで3分焼いてみました。

す、するとっ!!
スーパーサイヤ人3”になったではありませんかっ!!!
(ご、悟空、どこまで強くなるんだ、、、。)
生地の端っこはいい具合にカリカリに焼け
チーズは少し焦げて旨みがアップです!
そして、もっちり感にふんわり感も加わり、味も食感も最高です!!
これは、焼いた方が断然旨いです!!!

のっぽパン--ホワイトチョコクイーン(今秋限定)。


それにしても、Pascoは“もちっと豆乳ロール”といい、
もちっとロールコーヒー”といい、
もちっと”が好きらしいです。
三者とも、共通しているのは“水あめ”です。
これが、“もちっと”の秘訣ではないかと睨んでおります。

Pasco--もちっと。ゴーダチーズ。


なかなか絶品菓子パン(と云うか、名称は洋菓子です。)ですが、
ふと原材料を見ると、
“保存料(しらこ)”
“香料(大豆、鶏肉、さけ)”
とあります、、、、。

(っえ!?“しらこ”って“白子”!?
 それに“鶏肉、さけ”って一体、、、。)
”じゃないんだから、この材料はないんじゃないの!?
と、この“もちっと。ゴーダチーズ”と、
“しらこ”、“鶏肉”、“さけ”を想像すると、
なんとも気持ち悪い組み合わせです。

ふだん、食卓に和食と洋食が並べられても、
文句は一切云わないわたくしですが、
流石にこれはツッコミたくもなりますよ、Pascoさんよぉ~~~。

 “ある日、妻イザナミ火の神(カグツチ)を産んだために、
  その火で焼け死んでしまいました。
  それを悲しんだ夫イザナキは、死者の国、
  黄泉の国へ妻を迎えに行きました。

  イザナミはこう云いました。
  「ごめんなさい!わたし帰れないの!
  なぜなら、この国の食べ物を食べてしまったから!」
  イザナキ、
  「えぇ~~~!食べちゃったのぉ、、、。」
  イザナミ、
  「でも、他の神さまにお願いしてみるから、
  その間絶対に覗いちゃ嫌よ。」

  しかし、神とはいえ、イザナキも人の子(?)。
  覗いちゃいました

  すると、そこには腐り果てた恐ろしい妻の姿があったのです。

  イザナキ、
  (嗚呼!なんでこの国のものを食べてしまったんだ~~!
  あの時、食べていなければぁぁぁ、、、、。)”
  [古事記]より。

いや、イザナキよ、、、。
あんたが見なければよかったんだよ、、、。

そう、“見なければ”、、、、。


栄養成分表示:なし。


【オススメ度】★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: お菓子,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

のっぽパン--おさつ(今秋限定)。  | home |  のっぽパン--ノーマル よさこい東海道(11/13まで限定)。