FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年11月04日[Fri]

サークルKサンクス--鳴門金時パン(DeliPlusBakery)。

サークルKサンクス--鳴門金時パン。


全国うまいもん!
今月の新作です。
四国代表、らしいです。
日本は小さな島国ではございますが、
まだまだ未知なる食材が、数多溢れています。

どうでもいいネタですが、
留学時代、学校の先生に、
日本の正式国名って何?」
と聞かれて一瞬、困惑した記憶がございます。
「日本は、日本です、、。」
と返答すると、
「えっ?○○共和国、とか、そういうのないの?」
と驚かれました。

いや、そんなこと訊かれたわたしの方が驚きました。
自国とは云え、外に出てはじめて気付かされることは
多いのでございます。

サークルKサンクス--鳴門金時パン。


鳴門金時、、。
はじめて聞きました。
(“金時”といったら、“”でしょう!)
と思い、購入してみましたが、さつまいもでした。

四国は、さつまいもの名産地なのでしょうか?
“すいかの名産地~♪”ならぬ、
おいもの名産地~♪”でございましょうか。

ちなみに、静岡は、
まぐろとキャベツのメンチカツ”だそうです。
焼津産のまぐろです。
是非、お試しくださいませ。

サークルKサンクス--鳴門金時パン。


袋を開けると、黒糖の良い匂ひが漂ってきました。
(OH!KOKUTOU!!)
と、何故か英語なまりの日本語になってしまいました。

これは予想外でした。
原材料に黒糖が使われているなど、思ってもいませんでした。

まさか、ど素人の元彌さんが、
健想選手に空中元彌チョップで勝利するとは、
思ってもいませんでした。
世の中には、全く予期不能で、
突拍子も無いことが起こるものでございます、、、。

しかし、黒糖は大好きなので、
これは嬉しい展開でございます。

元彌さんとセッチーは、散々な目に遭った挙げ句、
無残な敗北を期することをある意味期待していたので、
こちらは残念な結果でございます。

さて、そんな単純女のわたしを
狂喜乱舞させた魅惑の鳴門金時パンを、
武蔵の剣の如く、一刀両断!しました。

サークルKサンクス--鳴門金時パン。


(OH~NO!!“さつまいもあん”がないっ!!)
こ、これは一体どうしたものでしょう、、。

光る竹を割ってみたら、そこにはではなく、
レイザーラモンHGが「フォ~!!」と出てきたかのような、
なんとも、無粋な展開です、、。

なぜ、中央にさつまいもあんがないのか、、、。

これは、敷島製パンが意図的にしたことなのか。
あるいは、こうなってしまったのか。
はたもや、例の“愛人問題”が、
まだ尾を引いているのか。
さあ!どっち!!?

パン生地は、しっとりふわふわで、
程よい黒糖の甘味と風味、香ばしさがします。

さつまいもあんはとても柔らかく、
素材そのままの甘味と風味がいきていて、
石焼いもを思い出すような、冬にはぴったりなお味でございます。

大抵、さつまいも、かぼちゃ、栗系のあんは、
過剰に甘味や、余分な材料を加えたりして、
結果、素材そのままの味を感じられず、
「うっ!これ、なんか違う味がする!」
という、誠残念な結果に終わることが多々であります。

その代表的な作品が、“ヤマザキのパンプキンパイ”と、
Pascoのパンプキンパン”でございました。

しかし、この鳴門金時のさつまいもあんは、
しっかりとさつまいもの味を感じることが出来ます。
ちょっとお値段が高いだけあります。

ちょっと贅沢を云えば、さつまいもの角切りなんぞが入っていると、
2つの食感が楽しめてよろしゅうございます。
これは、末っ子独身女の我儘でございましょうか、、。

サークルKサンクス--鳴門金時パン。


お味は大変宜しゅうございますが、
やはりさつまいもあんの“ポジション”が気になります。

左右、シンメトリーにしか入っておらず、
中央、そして、この画像でいう、上部にまであんはいき届いていません

どこから食べても、あんに辿り着かなきゃ嫌!”
これも、過保護に育てられた、末っ子女の我がままでしょうか、、。

さらに、黒ゴマの量が中途半端でございます。
入れよっか、入れないか、考え中~。”
の最中、商品開発の締切日が来てしまい、
なんとなくの“流れ”で乗っけてしまったが、
果して黒ゴマは良かったのか、不要だったのか、、。
という、開発者の“悩み”が聞こえてきそうな、黒ゴマの量です。

黒ゴマは正解です。
さつまいもの柔らかい味に、
黒ゴマの香ばしさがいいアクセントになっています。

しかし、量が少ないのと、一部分しか乗っていないので、
非常に中途半端な感は否めません。

人間、進むべき道は1つしかないのです。
黒ゴマを加えるなら、加える!
不要なら、乗せない!!
いつまでも交差地点で迷っていては、
天下無双には近づけないのでございます。

もっと云ってしまえば、
さつまいもあんとパン生地が相成った時、
黒糖風味がさつまいもあんに負けてしまっています。

この鳴門金時パンに似たパンで、
ヤマザキのスイートポテトパン”がございました。
こちらも、鳴門金時同様、黒糖風味があんに負けておりました。

単独では、あんなに風味良かった黒糖ですが、
さつまいもの威力には、やはり勝てなかったようです。

黒糖の如く、
健想選手はセッチーの威(魔)力に勝てなかったようです。
いや、本当の“魔”は、
夫にパウダーを振り掛けてしまうという、
致命的なミスを犯してしまった浩子夫人に潜んでいたようです。
まさに、塞翁が馬です、、。

しかし、全体としての味は美味しいです。
ちょっと値段は高いですが、機会があったらまた食べたいです。

元彌さんも、役者してあんなに大河でいい演技を見せたのだから、
これに調子付くことなく、己の与えられた和泉流の狂言道を、
わき目も触れず、突き進んで頂きたいものでございます。
和泉流(野村家)のファンとして、それだけは申しておきたいです。

あなたの道は、狂言であり、プロレスではないのだから、、、。


購入値段:126円

【栄養成分表示/1包装当り】
熱量:285kcal
たんぱく質:6.3g
脂質:4.9g
炭水化物:53.9g
ナトリウム:155mg

【オススメ度】★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

セントラルスクエア、オープン、、。  | home |  ファミリーマート--アルプスの少女ハイジ シュースティックレアチーズ。