FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年11月09日[Wed]

神戸屋--チョコフランス。

神戸屋--チョコフランス。


“チョコレート味バタークリーム”を使用しています、、。
昨日の“ホワイトチョコフランス”に引き続き、
今日は“チョコフランス”です。

ホワイト”の方は、いまいちパンチのない味でしたが、
さて、このチョコはどんな味の主張をしてくれるのでしょうか。

神戸屋--チョコフランス。


まろやかな口あたりのチョコクリームをサンドしました。”

ふむ、、。
チョコクリーム”、、。
しかし、原材料には“チョコレート味バタークリーム
と明記されている。

“チョコレート味バタークリーム”、、。
“チョコレート味”、“バタークリーム”、、。

チョコクリーム”じゃないじゃんっ!!

え?
もしかして、“チョコレート味バタークリーム”、
略して、“チョコクリーム”、だったり、、?
ええっ~?
そ、そりゃ、ないよ、、。

だって、チョコクリームと、バタークリームは違うじゃんよ~。
しかも、“チョコレート”、だし。
そんなの、“チョコレート味風邪シロップ”とかと同じじゃない?
チョコではなく、あくまで本質は“風邪シロップ”、みたいな、、。

これじゃ、“裸の王様”だぁぁぁぁ!!

神戸屋--チョコフランス。


生地は、“ホワイト”どうよう、がきいていて、
やわらか、ふわふわです。

チョコクリーム、という衣装をまとったバタークリームは、
甘さ控えめです。

ソントン”のチョコクリームに、
味も、水あめっぽい硬さ、テリも似ています

そして、相変わらず、“パンチ”がない、やさしい味です。

神戸屋--チョコフランス。


京子「花子ぉ~、あなた彼と別れたってほんと?」
花子「うん、、。」
京子「あんなにやさしくて、いい人って云ってたじゃない、、。」
花子「ええ、そうね。彼はとってもやさしい、いい人よ、、。でも。」
京子「でも、何?」
花子「それだけじゃ、駄目だったの、、。やさしいだけじゃ、駄目なの。
   彼に、“自己”を感じることが出来なかったの、、。」
京子「まあね、確かに時には“強さ”も必要よね、、。」
花子「彼は、いつもわたしに気遣ってくれたわ。
   でも、彼は一度だってわたしに“ほんとうの自分”を見せてくれなかった。」

、、、という、会話が聞こえてきそうな、そんな味です。

やわらかい、やさしい味過ぎて、
生地と相成った時に、チョコクリームが生地に遠慮しています。

「あ、お先にどうぞ。」
「いえいえ、あなたからどうぞ。」
みたいな、、。

亀田3兄弟のような、パンチ力のある、
オレ、オレ!”的主張をして頂きたいものです。


栄養成分表示:なし。

【オススメ度】★★☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

神戸屋--ホワイトチョコフランス。  | home |  のっぽパン--ホワイトチョコクイーン(今秋限定)。