FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年12月03日[Sat]

のっぽパン--四ツ溝柿ジャムのっぽ(長岡町産業祭限定)。

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


あなたはかつて、柿のジャムを食べたことがありますか?
嗚呼、この気持ちをなんて表現したらよいのでしょう、、。
どう、ことばにしたら、あなたに伝わるのでしょう、、。

ことばは、弱くもあり、強くもある。
書けば、たやすく消せてしまう。
一度書いた文字も、思いのままに、白紙に戻せてしまう。

しかし、そこから伝わるきもちもある。
喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、苦しみ、悔しさ。

残念ながら、わたしには、それらを伝えるちからはない。
かの、文豪三島なら、どう形容しただろう。
かの、詩人金子みすずなら、どう詠んだであろう、、、。

嗚呼、わたしはいま、
この四ツ溝柿ジャムのっぽを、どう表現すればいいというのか!!

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


というわけで、
先週の日曜日(11/28)に、のっぽパンのお膝元のお隣、
長泉町で「産業祭」が行なわれたそうで、
そこでものっぽパンは祭、町の発展に一役かった、というわけです。

その2週間前には、沼津市で「よさこい東海道」のイベントにも一役かいました。
のっぽパンは、静岡県民のアイドルです。

いまをトキメク(?)“あやや”や、
小池徹平くん”よりも大人気、、、
であるかは確かではありません。

いや、わたしにとってののっぽは、
こどもの頃からの永遠のアイドル、聖子ちゃんと同等です。
(聖子ちゃん世代ではまったくありません、、、。)

そんな県民のアイドルのっぽキリンですが、
毎回その味にちなんだコスプレで、われわれを楽しませてくれます。
アキバ系のかたも、望遠レンズで、シャッター切りまくりです。

しかし、、、。

オーマイキー!!!
(あ、違ったっ。もう一度。)

オーマイガー!!!

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


の、のっぽキリンが、四ツ溝柿から、、、、
は、はえてる~~~~~!!!!

こ、こんなこと、あっていいのだろうか。
これは一体、どうしたというのか、、。

嗚呼、ヒデブ~~~!!!
もう、見ていられない!!!!

これが、現実か、、。
それでも、わたしはこの現実を、
受け止めなければならないのだろうか、、。
嗚呼、現実とは、なんともムゴいものだっ!!!

あまりの動揺の激しさに、
ファンヒーターのスチームで、腕を火傷してしまいました。

さて(?)、四ツ溝柿ですが、
わたしはこの限定のっぽパンの発売が告知されるまで、
四ツ溝柿を知りませんでした。

しかし、いつも行くスーパーにありました。
かたちは渋柿みたいに細長く
皮の色はふつうの柿より薄かったです。
むしろ、黄色っぽかったです。
味は、購入していないので分かりません。
(えぇっ!!)

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


袋のシールの説明によると、
“四つの溝があるから四ツ溝柿。
もとはシブ柿だけど、独自の手法でシブを抜きました
トロリとした歯ざわりと、この甘さはクセになること間違いなし!!”

ああ、もとはシブ柿ね、、。
そりゃ、シブガキ隊もビックリね。

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


生地は、白パンタイプです。
原材料に“牛乳”と書かれているので、
おそらく、白パンタイプても、“牛乳のっぽ”の生地と同じなのでしょう。

紅白発表のゴリエのように、大胆(?)に生地を開いてみました。

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


(おお、ほんと、ジャムオンリーだ。)

わたしは、この四ツ溝柿のっぽが届くまで、
夢を見ました

トロッとした柿ジャムと、
真っ白いヨーグルトクリームが入った四ツ溝柿のっぽパンを、、。

正夢にはならなかったようです。

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


よくジャムを見ると、柿の実のぶつぶつが入っています。
トロリとした歯ざわり”とありますが、
ジャムは硬いです。
トロトロではありません。
煮詰めすぎたジャム?、って感じです、、、。

匂いですが、、、。
こ、これは、わたしの乏しい文章力では、表現出来ません。
なんと、書いたらいいやら、、、。
何度、匂いを嗅いでも、適切なことばが浮かばない、、。
嗅げば嗅ぐほど、藪の中に突き進んで行くだけ、、、、。

「柿なんだから、柿の匂いじゃないの?」
と、お思いのあなたっ!!

それすら、分かりません。
まあ、柿、、、、なんだろうけど、う~~ん。
柿、、、、じゃない、、、、?

いや、でも柿の匂いもほのかにする、気がする、、。

じれった~い、おまえの匂いが~♪(by T-BOLAN)

なんか、“駄菓子っぽい”匂いのような気もします。
なんの駄菓子かと云うと、これもまた難しいです。

嗚呼、また1歩藪の中に入ってしまった、、、。

一瞬、頭に浮かんだのは、
ピンクのさくらもち”です。

あの、透明の小さなパケージに入った、
小さくて、かたい、モチモチした食感の、あの駄菓子。
あれっぽい気もするのですが、自分の答えに確証は持てません、、。
(持てないんかい!!)

のっぽパン--四ツ溝柿のっぽ(長泉町産業祭限定)。


味は、、、。
、、、、、、、、。
、、、、、、、、、、、。

「嗚呼!もう!ここまでで勘弁してくだせ~~~!!」
「いや!四ツ溝柿のっぽの肝心の味を吐くまで、この縄は解けね~な。」

「く、くっそ~!わが殿(のっぽ)の御身のため
 この身が果てようとも、四ツ溝柿のっぽの味を吐露するわけにはいかねぇ、、。」

「こ、こ奴っ!!くらえ!“鼻フック”だ!!
 これでどうだ!!吐くかっ!?」
「いって(痛い)~!鼻フック、いって~!」

「わしの鼻フックをもっても吐かないとは、、。
 こ奴、相当のっぽへの忠誠心が固いらしい。
 、、、。わかったよ、、、。
 お前は、このわしが討ち取ったことにしてやる。
 遠くへ、逃げな、、。」
「あ、有り難てぇ、、、。」

というわけで、四ツ溝柿のっぽの味に対する供述の拒否は、
無事認められました

(えぇっ!!?)

だって、、。
書いてしまったら、わたし自身が哀しくなります。
のっぽパンが大好きなのに、毎日食べてもいいくらい、
大好きなのに、大好きなのに、、、、。
ううっ、、、。

かの芭蕉なら、こう一句詠んでだろう。

哀しいかな、哀しいかな、哀しいかな、、、。

(注:危険を冒してまで四ツ溝柿のっぽの味を知りたい方は、
 コメント部分のメルアドを記入して、ご連絡ください。
 個人的に、こっそりお教え致します。)


購入価格:100円

オススメ度【黙秘権行使中、、。】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

お知らせ。  | home |  木村屋--ふんわりサンド 温州みかん ジャム&クリーム。