FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年12月16日[Fri]

ヤマザキ--いちご牛乳蒸しぱん。

ヤマザキ--いちご牛乳蒸しぱん。


水は一切使用していない、ヤマザキ渾身の(?)蒸しぱんです。
“水を一切使わずに、北海道の牛乳を使用して蒸しあげました。”

北海道の牛乳という文字が、やたら強調されています。
この蒸しぱんの売りは、北海道の牛乳のようです。

しかし。
ワシは(ど素人の株日記風に。)以前から口を酸っぱくして云ってきました。

北海道は、でっかいどう~~~~!!」
、、、というコテコテのギャグはどうでもいいのですが、
北海道のどこやねんっ!!

北海道=牛乳が旨い!という法則は(?)、
もはやこのワシには通用しません。

北海道産を謳うなら、北海道のどこの牛乳か、
明確に記して頂きたい。

具体的な産地が分かれば、
消費者は安心するし、信頼性も増す、というものです。

でも、美味しい牛乳は北海道だけじゃあ、ないですよ。
まかいの牧場の牛乳も、美味しいよ。

ちなみに、ワシは牛乳が飲めないけどね。
だから、“薄っぺら”なのかなあ、、、。

ヤマザキ--いちご牛乳蒸しぱん。


袋は、表が紙で内側はビニールの二重構造です。
なんだか、紙の袋って、哀愁を感じさせます。
よろしく哀愁!!

開封すると、いちご牛乳の甘~い、いい香りがします!
時々、卵のやさしい、ふんわりとした匂いもします。

牛乳は飲めなくとも、いちご牛乳は大好きです。
でも、“ミロ”は飲めません。
ココアも、いつもお湯で溶かしています。

でも、袋の裏の原材料を見ると、
いちご牛乳ではなく、牛乳といちご濃縮果汁が使用されています。
まあ、その2つを混ぜればいちご牛乳になるわけで、、。

ヤマザキ--いちご牛乳蒸しぱん。


生地はしっとりとしていて、木目細かいです。
無駄な体脂肪は一切ない、引き締まったボディです。
かと云って、マッチョなわけではありません。
ほどよいふんわり感もあり、締まってる感もあり、、。

味は、、、。
いちご好きには、哀しいお知らせです。

残念ながら、いちご味は薄いです、、。
匂いはあんなにしたのに、味は薄いなんて、哀し過ぎます。
袋に味を吸収されてしまったのでしょうか。

この薄さは、昨今の対人関係の希薄化の象徴でしょうか、、。
なんて哀しい味なんだ、、、。
うぅっ、、!!

更に、いちごは人工っぽい味です。
いちご濃縮果汁”って、何でしょう、、。
なんか、別の材料が混入されていそうな、
変な味が微かに感じられます。

しかし、流石“北海道の牛乳”を強調しているだけあって、
牛乳のほんのり甘い、まろかやな味がします。
いちご味は薄けれど、牛乳味はしっかりとしています。

これで牛乳味まで薄かったら、
わたしはヤマザキに国会証人喚問を要請していました。
まあ、いち一般市民にすぎないわたしくに、そんな権限はないわけで、、。

ヤマザキ--いちご牛乳蒸しぱん。


第一パンのイチゴマーブル蒸しケーキの場合は、
イチゴジャムが中に注入されていたので、
生地にいちご味が感じられなくとも、
ジャムでいちご味をカバーしていた感じがしました。

まあ、それはある意味邪道なのかもしれません。
ジャムなんかで生地の味をカモフラージュするのではなく、
生地オンリーの、直球勝負でカモンベイベー!みたいな。

タッチの達っちゃんみたいに、
変化球は一切投げられない、ストレートのみの勝負は、
カッコいいと云えるのかもしれません。
しかし、それは時に危険も伴います。

なれば、ストレート勝負のみの達っちゃんは、
このいちご牛乳蒸しぱんで、
変化球も自在に操る、頭脳プレイの和っちゃんは、
第一パンのイチゴマーブル蒸しケーキなのであろう。

わたしは、、、。
ストレートしか投げられない、
不器用な達っちゃんが好きです。

もっといちご味が欲しかったけど、
ほんのり甘い、やさしいまろやかな牛乳味は、好きです。

ちょっと意地悪で口が悪いけど、
ほんとうはやさしい達っちゃんが好きです。


栄養成分表示:なし。

購入価格:98円。


【オススメ度】★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME