FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年12月24日[Sat]

フジパン--焼きいもパン。

フジパン--焼きいもパン。


厳冬に、哀愁漂う、焼いもパン。
毎年この季節、遠くから聞こえてくる焼きイモ屋さんの声に、
真冬の到来を実感
させられます。

しかし、強風吹き荒れるこの数週間、
焼きイモ屋のおっちゃんの声は、
風にかき消されるかのように、
わたしの耳には届いてきません。

嗚呼、いまごろ、おじさんは何をしているのだろう。
ほくほくのおイモたちは、人間の胃におさまる日を、
指折り数えて待っているのだろうか、、。

北風さんよ、、。
あなたは旅人のみならず、
焼き芋屋さんの声まで、吹き飛ばそうとするのか、、。

フジパン--焼きいもパン。


お芋の奇蹟
 ホクホクの芋あんを生地で包み、
 サツマイモ風味のビス生地を被せ、
 焼き芋風にしました。”

奇蹟です。
ミラクルです。

一体、どんなミラクルを見せてくれるというのか!!

この焼きいもパンは、
以前から別のスーパーで見掛けていました。
一度、手にしたこともあります。

しかし、そのまま棚に戻してしまいました。
決して、購入意欲がなくなったわけではありません。
むしろ、意欲満々でした。

何故、いまのいままで買わなかったかと云うと、
別の安売りの菓子パンを優先していただけです。
ごく単純な理由です。
大袈裟に書き立てることでもありません。

しかし、これはきっと、菓子パンの神の仕業かと思います。

菓子パンの神、我がもとに、降臨す

“時期に、そちは別の店で、
 その値段より、安く買う
ことだろう。”

おお、神よ。
あなたは正しかった、、!

スーパーFの2割引で、
26円も安く買えました、、!!

26円、、。
たった、26円。
されど、26円。

26円を粗末にするものは、
26円に泣く。

フジパン--焼きいもパン。


新聞記事のような、紙の袋に入れられています。
ほんものの、石焼いものようです。

フジパンさんも、なかなか心憎い演出をなさる。
この用紙があるのとないのとでは、
消費者の購買意欲も違ってくるだろう。

その用紙を外してみると、、、。

フジパン--焼きいもパン。


ここに、ミラクル誕生です。

わたしはこの形を見た時、
なぜか、あの幻の未確認生物、
ツチノコ”を思い出したのであります。

一般的に知られている形とは似ていませんが、
長細く、平らの形は、パッと見、
ツチノコを連想させます。
(って、わたしだけ?)

袋から取り出すと、
おイモのクリーミーな、甘い匂いが漂ってきます。

更に包み紙の匂いを嗅ぐと、
石焼いもの匂い
がします、、!

こうしてパソコンに向かっている最中も、
紙の匂いを嗅いで、味の記憶を海馬から取り出しているのです。

嗚呼、これだけで満足っ、、、。

いや、わたしの視床下部は、
早く喰いたい、喰わせろ~。)
と、ヨダレを垂らして、暴れています。
わたしの脳には、暴れん坊将軍が潜んでいるのです。

フジパン--焼きいもパン。


生地にナイフを入れると、
スッと軽く切れました。
身軽なところ(?)も、まさにツチノコです。

半分に切ると、おイモあんがお目見えです。
(おっ!あんが入っている、、!)

またもや、注意散漫です。
紙に、“芋あん”って書いてあるのに、
わたしはカットするまで、気付きませんでした。

しかし、あえて内容物を確認しないで、
何が入っているのか、食べてみるまでの楽しみにする、
という味わい方もまた、趣があります。
いと、おかし。”です。

源氏のように、噂だけで顔も確認せず、
女性のもとに夜な夜な通う
のも、
“いと、おかし”、、、、なのでしょうか、、。

時に、末摘花のように、
夜が明けて、顔を見たらびっくり

なんてことも有り得る。

菓子パンも、確認せずに中身を開けたらびっくり!
なんてことも有り得る。

嗚呼、平安も平成の世も、
何ら変わらないのが、人の欲。

生地は、ほわほわ軽やかです。
スキップしたくなるくらい、
軽やかです。

しかし、ちょっと“もっさり”しています。
水分が欲しくなります。
乾燥が強まるこの季節、もっさりは少々キツ~、ございます。

十分な保湿と、水分を閉じ込める油分が、
美肌を保つための必須条件であります。

サツマイモ風味のビス生地が、
おイモのほんわりした味
をかもし出しています。
生地自体にも、おイモの味がします。
なかなか手の込んだ焼きいもパンです。

フジパン--焼きいもパン。


おイモあんは、少々片寄ってはいますが、
たっぷり入っています。
端っこにまで、ちゃんと行き届いています。

あんは、柔らかめでまろやかです。
甘めに味付けされています。
個人的には、甘さ控えめにして、
おイモそのままの味を楽しみたかったところです。

残り半分は、3分程焼いてみました。

もっさりとしていた生地は、
ほんのり水分を含んだかのように、
しっとりふわふわになりました。
ビス生地はサクサクになり、
おイモの味も、濃厚で、優しくなりました。

これで益々、焼きいもっぽくなりました。

お茶に、とっても良く合う菓子パンです。
しかも、ちょっと渋め濃い目のお茶です。

ただ、おイモあんにまで熱が行き届かなかったので、
軽くレンジでチンしてから焼くべきだったと反省しています。

生地の一部だけに黒ごまがついていますが、
これは店頭で目を引くための、一種の演出かと思われます。

確かに、黒ごまがないと、少々寂しい菓子パンになってしまいます。
味も、黒ごまの香ばしさがアクセントとなり、
粒々の食感もいいです。

しかし、味的には、別になくてもいいです。
ビジュアル的には、あった方がいいです。
どっちつかずの、黒ごまです。

それにしても、この焼きいもパンは、
なかなか優秀な菓子パンです。

他の菓子パンに埋もれ、
隅っこに追いやられていた焼きいもパンですが、
わたしには、後光の如く、
オーラがはっきりと見えたのです。
(というのは、ちょっと大袈裟です。)

この出逢いは、まさに神に与えられた、運命です。
決して抗うことの出来ない、宿命です。

ただ、ひとつ、嘆くことがあるとすれば、
菓子パンの神は降臨しても、
恋愛の神は、わたしを見放しているということです。

求めよ、さらば、与えられん。”

嗚呼、恋愛の神よ、、。
あなたがわたしを見放すのは、
わたしがあなたを求めていないからでしょうか、、。


【栄養成分値(製品1個当りの標準値)】
エネルギー:323kcal
たんぱく質:6.9g
脂質:7.6g
炭水化物:56.7g
ナトリウム:104mg
食塩相当量:0.3g

購入価格:100円。


【オススメ度】★★★★☆(4.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

(有)松崎冷菓工業--室戸の海洋深層水 ゆず はちみつ氷。  | home |  Pasco--おいしいシューロール ショコラ。