FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年12月28日[Wed]

ヤマサキ--おいしさ宣言 チーズクリームペストリー。

ヤマサキ--おいしさ宣言 チーズクリームペストリー。


意外とあっさりした、チーズクリームです。
今年も残すところ、あと4日となりました。

大阪、通天閣の毎年の行事、干支の交換で、
少々やる気のなさそうな、
なんだか無理矢理連れてこられちゃったよ~、
的な表情をしていた(秋田犬であろう)ワンコは、
「来年は“ワン”ダフルな年にしたいです。」
と、抱負をおっしゃったそうな。

暗いニュースが目立った今年の日本を払拭するには、
ドーベルマン辺りが適当だったかと思うのですが、
如何でしょう。

最近の強風と急激な気温低下で、
ふだんはお外にいる我が家のワンコは、
家の中に避難しております。

しかし、来年のことなどお構いなしに、
「ウゥ、フ、ワキァン!」
と寝言を云いつつ、ご就寝しております。
そして時折、深い溜息をついております。

もしかしたら、来年の干支というプレッシャーに、
夜な夜な(いや、日中だが、、。)うなされているとしたなら、
来年は、ドーベルマンの年だよ。」
と、こっそり耳打ちしてあげたいです。

ちなみにうちのワンコは、
過剰に喜ぶと、“うれション”をします。
かれこれ、8歳くらいになると思いますが、
お座りが出来ても、
こればっかしは、治らなかったようです。

ヤマサキ--おいしさ宣言 チーズクリームペストリー。


クリーム風味豊かな生地チーズクリームを絞り、
 食べやすく4つ山に焼き上げたペストリーです。”

生地はすでに4つに切れ目が入っているので、
とても食べ易いです。

これならデートの最中に、
大好きな彼の前で大口を開けなくても済みますよ。

真っ白い生地に、所々に黄色い生地も見えます。
どうやら、これが“クリーム風味豊かな生地”の正体のようです。

しかし、“豊か”というほど、生地にクリーム味は感じません。
むしろ、“ほんのり”程度です。

豊か”と名乗るには、10年ほど早いようです。
わずか”のほうが、この生地にはお似合いです。
、、、、竹之内豊さんに謝ってください。

「わたしぃ~、バストDカップに、ウエスト55センチ、
 ヒップ85センチなんですぅ~。」
と、データを改ざんした偽りのプロフィールで、
豊かなバストであることを強調しておきながら、
“蓋”を開けて見たら、わずかな肉に、
背中の肉をかき集めただけ

ということが判明したアイドルのようです。

しかし、彼女を責めないでください。
みな必死なのです。
ないものを見せようと、あの手この手でつくり上げているのです。
人間、誰しもよく見られたいものなのです。

例え、和泉元彌さんが、身長168cmなのに、
171cmと偽った
としても、
彼を責めないでください。

彼は、彼は必死なのです。
故に、能楽協会から追い出されたいま、
別舞台で、空中元彌チョップで戦うしかなかったのです、、。

、、、。
なんで彼を擁護しなければいけないんだ、、?

ヤマサキ--おいしさ宣言 チーズクリームペストリー。


生地からは、豊かなクリーム風味はしませんが、
ほんのり、さわやかな甘味を感じます。

少々、パッサリ気味の生地ではありますが、
ふわふわであることは確かです。

全日本選手権で、6位という成績不振に甘んじても、
五輪選手に選ばれ、晴れ晴れとしたさわやかな笑顔を見せてくれた、
安藤美姫選手
のような生地です。

天真爛漫で、どこかふわふわした印象を持ったところも、
この生地に似ています。

チーズクリームは、意外とあっさりしています。
チーズのコク、濃厚さもありつつ、
クリームのまろやかさも兼ね備えています。

家事も仕事もなんでもこなし、
それでいて美しさも兼ね備えた、
良妻賢母のようなチーズクリームです。

はじめは、クドいかな~と思って口にしてみましたが、
意外なあっさり味に、驚きました。

先日、久々に松崎しげるさんをテレビで拝見しましたが、
以前より白くて、ビックリしました。
いや、ガックシしました。

松崎しげるさんの場合は、クドくなくてはいけないのですっ!!
真っ黒でなければ、美しい人生を、限りない喜びを、
あなたにあげることは出来ないのです、、。

まさか、松崎しげるさんに落胆させられるとは、
思ってもみませんでした、、、。

ヤマサキ--おいしさ宣言 チーズクリームペストリー。


と云うわけで、松崎しげるさんへの想いを断ち切るために、
2分半、トースターで焼いてみました。

すると、先程まで良妻賢母っぷりを発揮していたチーズクリームは、
鬼嫁の如く、ふつふつと湧く怒りを、抑えきれずにいます。

チーズの油分が熱によって溶かされ、
ふつふつとしています。

表面には、おこげも出来て、
鬼嫁の怒りが頂点に達していることを暗示しています。
まさに、“火に油を注ぐ”(?)です。

生地はサクッとして、
常温ではパッサリ気味でしたが、
熱を加えたら、しっとりとしました。

しかし、相変わらず
クリーム風味豊かな生地”にはなれなかったようです。

飛べない豚は、ただの豚さ、、。”
クリーム豊かでない生地は、ただの生地さ、、。”

そこに、何の哀愁も感じません。

チーズクリームは、より濃厚になり、
香ばしくもなりました。
益々鬼嫁、パワーアップです。

チーズが溶けたことで、
少々油っぽくなってしまったことが気になりますが、
焼き立てのパンが一番美味しい!と、
改めて感じさせる味です。

「どうしてあんな鬼嫁と一緒にいるんだろう。」
実録鬼嫁日記を読んで、
誰しもが、そう思ったことだろう。

しかし、鬼嫁の言動から、カズマ氏への愛情を感じてしまうのは、
わたしだけだろうか、、。

確かに、彼女の突拍子も無い言動は、
毎度驚かされるし、それに毎度屈しているカズマ氏に、
同情を感じつつも、笑ってしまう、、。

なれど、そこには2人にしか分からない、
夫婦の絆のようなものがあるのかもしれない。

わたしは、カズマ夫婦が理想のカップルに感じて仕方がない。

強気の嫁と、ちょっと(いや、だいぶ?)弱気の夫。
一見バランスが悪そうで、上手く均衡を保っているのかもしれない。


【栄養成分表示(1個当り)】
エネルギー:546kcal
たんぱく質:10.8g
脂質:28.3g
炭水化物:61.9g
ナトリウム:660mg

購入価格:75円。


【オススメ度】★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

NBS--キャラメルデニッシュ。  | home |  ローソン--ホイップサンドメロン とっておき宣言(ヤマザキ)。