FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2005年12月31日[Sat]

のっぽパン--2005年、限定のっぽランキング。

のっぽパン--ノーマル。


2005年7月から、12月までに発売された、
期間限定のっぽパンを、独断と偏見でランキングにしてみました。
第3位:「ホワイトチョコクイーン(10月発売)」

のっぽパン--ホワイトチョコクイーン(今秋限定)。


庶民の味方、のっぽパンらしからぬ(?)、
高額、そして高級なお味です。
通常、のっぽパンは定価105円です。

しかしこのホワイトチョコクイーンとチョコキングは、
136円と、のっぽ史上発(?)の高値が付きました。

世の株主も、こぞってホワイトチョコクイーンに投資したがるほど、
魅惑的なお味です。

生地は、他ののっぽと違い、
ココア生地です。
流石、高級なだけあります。

そして、上品な甘さと、クリームのようななめらかさを兼ね備えた、
美しく輝く、ホワイトチョコ。

ココア生地は、決してホワイトチョコの上品さを汚すことなく、
そっと手を差し伸べています。

紳士、淑女のような関係です。

のっぽパン--ホワイトチョコクイーン(今秋限定)。


はじめは、チョコキングの方が好きだったのですが、
何度か食べるうちに、ホワイトチョコのクリーミーな甘味と、
ほんのり軽い口当たりのココアに生地に、憧憬を抱きました。

高価なだけに、3割引の日にしか口にすることは叶いませんでしたが、
食べたいという欲求と、お値段的に買えない!という苦しみは、
残念ながら比例
するのです、、。

しかし、年に1回くらいは、
高級のっぽもいいと思います。

次回は、果実ゴロゴロの“マンゴーのっぽ”なんか食べてみたいです。
ヨーグルトクリームとのダブルクリームが理想です。



第2位:「りんご(12月発売)」

のっぽパン--りんご(今冬限定)。


今月発売されたばかりのりんごのっぽです。

りんごの甘味と、ほのかな酸味、
そしてなめらかなクリームが三位一体
となった、
さわやかな味です。

生地は牛乳のっぽのようにしっとりとしていて、
なめらかクリームとの相性は抜群です!


のっぽパン--りんご(今冬限定)。


よ~くクリームを見ると、
りんごのブツブツが入っているのですが、
これは生地と一緒に食べるとブツブツは感じません。

ブツブツを体験したい方は、
クリームオンリー
で食べてください。

フルーツ系ののっぽは、
たいてい白パンなのが多いのですが、
このりんごのっぽは、黒パンでも美味しいと思います
(焼りんごがあるくらいだから、きっと合うと確信しています!!)



第1位:「黒糖(8月発売)」

のっぽパン--黒糖クリーム(限定)。


もう、これは文句なしです。
いまだかつて、黒糖をクリームにしてしまった菓子パンはありましょうか。

生地に練りこんであるものは、よく見掛けます。
なれど、クリームにしてしまうとは、
なんとも斬新です!!

生地の香ばしさと、黒糖の程よい甘味
そして、黒糖のコクとジャリジャリの食感
どれをとっても、ピカ1です!!

のっぽパン--黒糖クリーム(限定)。


トースターで数分焼くと、
黒糖が溶けて、生地にじんわりと染み込み

さらに旨みが増します。

嗚呼、思い出しただけで、
よだれが出そう、、。

そう云えば、先日の朝、
目を覚ますと、口からよだれなる液体が出て、
枕カバーにじんわりと染み込んでいました。
きっと、黒糖のっぽの夢でも見たのでしょう。

これはまた、是非とも食べたい逸品です!!!

-----------------------------------------

先日、スーパーに買い物に行ったとき、
小学校低学年くらいのおんなのこが、
「ねえ、のっぽパン買って~。」
と、お母さんにねだっていました。

その姿を見て、
幼き頃、自分もよく母に同じことを云っていたのを、
走馬灯のように、思い出しました。

のっぽパンは、むかしも今も変わらず、
わたしたち静岡県民の胃袋を支え、
また、成長を見守っているのです。

そんな静岡県民の“リポビタンA”的存在であるのっぽパンを、
他県のかたにも紹介したいと、
のっぽパンの会。なるブログを立ち上げて早半年近くが経ちます。
その間に、たくさんののっぽパンを食べました。

一応、“今朝ののっぽパン”というカテゴリーはありますが、
時間の関係で、毎度食べたのっぽパンを紹介することは出来ませんでした。

しかし、紹介しなかった間も、わたしはおめざで頂いておりました。
その数を繋げてみれば、きっと宇宙に届くことでしょう。
(いや、そんなはずはない。)

さて、2006年一発目ののっぽパンは、
女峰いちごだそうです。

有名お菓子メーカーも、
こぞっていちごのお菓子を販売するようです。
のっぽだって、負けていられません。

今日ものっぽパンの会。をご覧頂いたあなたに、
感謝致します。

2日の初夢が、一富士、ニ鷹、
三のっぽであることを祈りつつ、
今年のブログを閉じたいと思います。

来年も、あなたに幸運と笑いが絶えないよう、
お祈り申し上げます。



、、、あっ!
お母さんにのっぽパンをねだっていたおんなのこですが、
結局買ってもらったかは、確認していませ~ん。
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

サークルKサンクス--くるみチーズ2個入 Deli Plus Bakery(Pasco)。  | home |  木村屋--ふんわりサンド はちみつリンゴ シナモン風味。