FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年01月02日[Mon]

ヤマサキ--いちごビスケデニッシュ。

ヤマサキ--いちごビスケデニッシュ。


量が多いかなあ、と思いきや、
案外少なめのパンでした、、。
人は、数多溢れるものより、
個性的で、斬新なデザインに惹かれる傾向がある。

例えば、100個同じような服がある中から1つを選ぶより、
100個同じような服がある中から、
他とは全くデザインの異なる服を選ぶだろう。

この“いちごビスケデニッシュ”を買う時、
わたしはお店の菓子パンコーナーで、
正味5分ほど、他のパンとひたすら比較していた。

その“他のパン”とは、
同じくヤマザキの苺の香りシリーズである。

(こっちの方が、ジャムとクリームで美味しそうだなあ、、。
 でも、これって他のメーカーでもよく見掛けるし、
 なんか味が予測出来る感じ、、、。

 “粒々いちご入り”、、?
 これって、生地と一緒になると、
 絶対粒々なんて感じないよな~。

 それだったら、ちょっと“珍しい”形の、
 “いちごビスケデニッシュ”の方が、ブログで書くには面白いかな、、。)

実に、多くのものの中から、
たった1つ選ばなければならない、
という作業は、さまざまな思考を巡らさなければならない。

しかし、ここで勘違いしてはいけないのが、
個性的”=“質が良い”とは限らない、ということだ。

時に、“個性的”の度を超越すると、
かえって全体の質が劣ってしまう可能性もある。

個性的でありつつも、
他との同調性を兼ね備えたもの、、。

もっともっと特別なオンリーワン”になるのは、
実に難しいことなのだ。

ヤマサキ--いちごビスケデニッシュ。


“デニッシュ生地といちご風味のビスケット生地をあわせ、
 いちごジャムを折り込み焼き上げました。”

生地の隙間から、いちごジャムがチラチラ見えています。
まさに、チラリズム

この頃流行りの、エロカワイイ”ってやつですか?
いや、“ゴリエッ、ぺコリナ~イッ”でしょうか。

それはそうと、みのさんは、
ゴリエを“召し上がった
”のでしょうか、、、?

全く中身が見えないものより、
“こんなものが入ってますよ”と、
はじめから確認できたほうが、
人は安心する
、というものである。

最近の福袋で、中身が確認出来るものが多くなったのも、
そういった理由があってのことだろう。

しかし、逆に全く中身の見えない、
実態が確認出来ないものの場合、
“一体、何が入っているんだろう、、。
 気になる~。”
という心理
が働く。

はじめから薄着の遊女より、
着物をたくさん着込んで、一枚一枚
あぁ~~~れぇ~~~~~。」
と云わせながら剥いでいく、、。
江戸時代の男性は、そんな心理を働かせていたのだろうか、、。

ヤマサキ--いちごビスケデニッシュ。


袋を開けると、いちごジャムの酸味の匂いがします。

いちごという果物は、ほんとうは甘~い味でありながら、
酸っぱい匂いを放っている。

これはいわば、天敵から身を守るための、
防衛索
なのだろうか、、。

そこまでして、己の種を後世に残そうというのかっ!
植物とは、実にたくましい生き物である。

生地はかなりしっとりとしています。
それでいて、デニッシュ層独特の、サックリ感もあります。

咀嚼する度に、“シャッシャ”音を立てます。
歯ごたえのある生地です。

一方のビス生地は、メロンパンの生地に似ています。
ほんのり、いちご味がします。
いちご味のメロンパンで、こういう味がありそうです。

生地とは違い、こちらはねっとりとしています。
歯の裏に、付きそうな感じです。

“♪いいえわたしは~、さそり座のおんな~。
 お気が済むまで、笑~うがいいわ~。
 あなたが遊びのつもりでも、
 地獄の底までついていく、、、♪”

そんな“さそり座のおんな”のような、
ねっとり感に似ています、、。

しかし、ただ“さそり座のおんな”というだけで、
笑われてしまっては、たまったものではない。

“地獄の底までついていく、、、。”
そんなストーカーのような行動は、決してしないということを、
ここで“さそり座のおんな代表”がお断りしておきたい。

ヤマサキ--いちごビスケデニッシュ。


生地に折り込まれているいちごジャムは、
当初の期待とは裏腹に、量が少ないです、、。

残念ながら、デニッシュ生地とビス生地の味に負けています。
微かながらにしか、その存在を確認することが出来ません、、。

さらに、いちごジャムは硬いです。
ふつうのジャムのような、とろとろ感はないです、、。

ジャムの瓶を開封後、数ヶ月もの間、
冷蔵庫の奥~~~、の方で、その存在を忘れられて
かつての、とろとろの栄光の面影はそこになく、
すっかり水分が蒸発し、どろどろになってしまったような感じです。

“スプーンですくう”のではなく、
“こそぎ取る”状態の硬さ、という表現が適切かもしれない。

人間関係もジャムも、どろどろ状態は良くないということだ。

生地の上のお砂糖は、、、。
これはあってもなくても、全体の味にはなんら影響はありません
とくに、甘味を強調しているわけでもないし、、、。

「お砂糖、乗せる?それともやめておく?」
「う~ん、、。難しいですね。
 でも、“甘味が足りない”って後で評価を受けるより、
 多少強くなっても、はじめから乗せておいた方がいいんではないでしょうか。」

「それも一理あるな~。
 でも逆に、“甘過ぎる”って云われても困るし、、。
 ねえ、どうする?」
「そうですね、、。
 では、“甘過ぎる”って云われない程度に乗せたらいいんじゃないでしょうか。」

「あ!それがいいね!そうしよう!!」

という会話が、ヤマザキの商品開発者の間で行なわれたかは、
定かではありません。

しかし、お砂糖はどっちつかずです。
まあ、ガリガリの食感はいいんですけどね。

お砂糖で甘味を強調しようとするのなら、
いちごジャムをもっと増やしてくれ、と云いたいです。

一見すると、約25cmのボディーから、
量が多そう、、。)
と懸念していましたが、
厚みはそんなにないので、量的には多くはありません。

全体的に、ビス生地にいちご味がするし、
デニッシュ生地もしっとりとしていて、美味しいです。

メロンパン嫌いなわたしでも、
メロンパンがこれくらいしっとり生地だったら、
好きになっていたかもしれません。

しかし、このデニッシュ生地には、
いちごジャムがベストパートナー、とはどうも思えません

個人的には、いちご味のホイップとか、
いちごクリームの方が、相性がいい
のでは、
と思います。

大晦日、という、
ワイドショーが放送されない日に離婚された豊川悦ニさんは、
奥さまではなく、別の女性がベストパートナーと判断
されたのでしょうか、、。

(妻より、彼女の方が相性がいいな~”。)

かつて、“愛していると言ってくれ”で、
世の多くの女性を虜にしたトヨエツが、
そんな考えを巡らせていないことを、
切に願うばかりです、、。


栄養成分表示:なし。

購入価格:118円。


【オススメ度】★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

木村屋--ふんわりサンド はちみつリンゴ シナモン風味。  | home |  ヤマサキ--薄皮 桜あんぱん。