FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年02月04日[Sat]

Pasco--春のシフォンケーキ。

Pasco--春のシフォンケーキ。


Pascoの新作!
案外、“外野”は弱腰の、シフォンケーキです。
昨日のよもぎどーなつに引き続き、
Pascoの新作です。

さくら風味と云えば、先日食べたネスレキットカットのさくら風味を思い出します。

あの、さくら風味は、“さくら味とは何ぞや”、
と、深く考えさせられる味でした、、。

「あんた、さくらって何なのさ。」
そんなの、港のヨーコだって、分かりゃしませんよっ。

あえて云えることがあるとすれば、
外資系の口紅”に、ああいう匂いがありそうです。
なんか、いい匂いのクレヨンっぽいと云うか、、、。

受験生を応援するのか、受験に不要な、余計な問題を与えたいのか、
全くはっきりしない、キットカットです。

「がんばって、いきまっしょいっ!」
そんな鈴木杏ちゃんの笑顔が、
小悪魔に見えてきます、、、。
いまごろ、ボートの船底に、穴でも開けているのかもしれない、、、。

時に、中途半端な優しさが人を傷つけるように、
中途半端な応援もまた、人を傷つけるのかも、しれません。

そんな、ヨーコも思い悩んでしまいそうなキットカットさくら風味に、
すっかり“さくら味”の記憶まで奪われてしまいましたが、
この春のシフォンケーキで、記憶は取り戻せるのでしょうか。

Pasco--春のシフォンケーキ。


さくら風味のクリームに
 おもちをトッピングしました。”

このシフォンケーキの第一印象。
それは、、、、。

井戸。”

ふつうの、ホール型のシフォンケーキならば、
中央に円錐状に穴が開いていますが、
この春のシフォンケーキは、井戸です。

村上春樹の“ねじまき鳥クロニクル”で、
主人公が突然出て行った妻クミコを、こちらの世界に取り戻すため、
裏の空き地の井戸が必要だったように、
わたしも、さくらの味の記憶を取り戻すため、
このシフォンケーキの井戸が、必要なのかもしれない。

そんな、古びた井戸を連想させるようなシフォンケーキの生地ですが、
細かい気泡がたくさんあって、ふんわりとしています。

んがっしかし、残念ながら、ぱっさぱさです、、。
からっからに乾いた、スポンジのようです。

食べた瞬間、口の水分を取られ、
その次は咽頭、食道と、あらゆる体の水分を奪い取られてしまいそうな
からっからの生地です。

「ねえちゃんっ、水分よこしなっ。」
「かっ、勘弁してください、、。
 わたしは、冬の乾燥肌で、かぴかぴなんですよっ、、、。」

脅そうとしたって、ないものはないんです。
諦めてください。

Pasco--春のシフォンケーキ。


そんな、東京砂漠を連想させる生地ですが(?)、
昨日のよもぎどーなつの繋がりもあり、
てっきりよもぎ味かと思っていました。

よもぎと思いきや、その実態は、抹茶です。
ほんのり、苦味があります。

しかし、そんな抹茶の味を楽しんでいられないほど、
からからの生地です。

からからな上、この生地の食感は、
いささか頭を悩ませる点があります。

なんか、食感が“ナイロン”っぽいです。
ちぎったら、“シャッ”って、乾いた音がしそうです。

こころまで、乾いてしまうよ、この生地は、、。

骨の髄まで、すべてを奪ってしまいそうな、シフォンケーキです。

Pasco--春のシフォンケーキ。


中のさくらクリームは、甘い、やさしいミルククリームのような味に、
しょっぱいさくら風味がします。

(あっ、これだ、さくら味はっ!!)
キットカットのさくら風味によって、さくら味の記憶を奪われていましたが、
ようやっと、このさくらクリームで、さくら味を思い出しました

甘いミルクに、さくらのしょっぱさが、
南海キャンディーズのしずちゃんのように、
ジュキュ~~~ン!と狙い撃ちです。

♪うらら~、うらら~、、、、。♪
そんな、春うららな気分にさせられる、さくらクリームです。

甘しょっぱいさくらクリームですが、
とろ~り、柔らか目の、クリームです。

しかし、味は濃厚です。
なんか、アイスクリームでこういう味を食べたいです。

こんなに、さくら風味豊かなクリームでありますが、
残念ながら、生地の量に対して、クリームが少ないです。

Pasco--春のシフォンケーキ。


自らが起こした事件によって、
被害者や社会に与えた影響の大きさに対し、
自治体やイーホームズを訴えるという、
荒唐無稽な行動にまで出た、全く、罪の意識が少ない
オジャマモン(小嶋社長)のような、シフォンケーキです。

玄関の、シーサーいったい、なんなのさっ。

自宅の耐震構造は、ばっちりのようです。

中のお餅は、求肥もちです。
もっちもちで、弾力があります。

しかし、ケーキとおもちの組み合わせって、どうよ、、、、。
柔らかい生地に、弾力のあるおもち、、、。

かなり、微妙です。

もちもちが、ふわふわの生地を、一思いに飲み込んでしまう勢いです。

ガムとチョコを同時に食べたら、
いつの間にか、ガムがチョコに飲まれてなくなった、みたいな感じです。

おもちは大好きですが、
ケーキには全然合いませんっ

もう、びっくりするくらい、相性悪いです。
カイヤさんと川崎麻世さんのように(?)、相性最悪です。

「何、云ってんだっよ~!」
麻世さんも、カイヤさんの勢いには、
勝てなかったようです。

次々と、企業買収を繰り返し、
不当な利益で会社を大きくしていった、
かつてのライブドアのような、勢いです。

しかし、残念ながら、ライブドアの勢いも、長くは続きませんでした。

ホリエモンが社員と一緒に、パーティーで踊っている間に、
東京地検によって、周囲を固められていたのです。

そしていまは、塀の高い拘置所で、
容疑者の1人として、寂しく収容されているのです。

そんな、ワンマン社長を取り囲んでいたかつての幹部は、
逮捕前はあれだけ否定していたにも関わらず、
あっさり罪を認めてしまいました。

いや、ナンバー2に限っては、
税理士という専門家であるが故、
犯罪を否定出来ないようです。

相変わらず否定し続けているホリエモンとは対照的に、
案外、外野は弱腰だったようです。

”の中の蛙。

まさに、少数の幹部の中だけで、
周囲の意見も聞かず、暴走したことが、
ホリエモンの世界を狭くしたことに繋がったのでしょう。

そして、その“”は、次々と自供をして、
中のホリエモンを飲み込んでいくのでしょう。


購入価格:100円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★☆☆(3.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: ケーキ,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--よもぎどーなつ お餅入り。  | home |  Pasco--桜あんぱん。