FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年02月05日[Sun]

Pasco--桜あんぱん。

Pasco--桜あんぱん。


Pascoの新作!
桜と云えば、しょっぱさです!
恵方巻き。”

関西の習慣だということは、数年前から知っていましたが、
つい最近まで、“けいほうまき”だと思っていました、、。

今年は、コンビニやスーパーで恵方巻きが大々的に宣伝され、
全国的に広まりつつある習慣ですが、
わたしは豆まきすらしない現代っ子(?)なので、
恵方巻きも(へぇ~。)くらいで、
全く食べる予定もありませんでした。

しかし、3日に兄が仕事の関係で、無理矢理スーパーで買わされたらしく、
袋にさげて、持ち帰ってきました。

で、その袋から取り出した恵方巻きってやつは、、、、。

(んでっ、でかいっ!!!!)

かなりの衝撃でした、、。
てっきり、ふつうの巻き寿司と同じくらいだと思っていました、、。
か、関西の方は、毎年あのでかい恵方巻きを食べているんですか、、、。

あれは、ある意味、拷問じゃないですか、、?

苦と楽は結果と原因の因果応報である。”
なんて云いますが、
まさに、苦労して食べるから、幸運がもたらされるんでしょうか、、。

そう云えば、2日のオールナイトニッポンで、
松浦亜弥さんが、
“こどものころ、食べきれなくて、
泣きながら頑張って食べた”、
なんて云っていましたが、
その理由がよ~~~~く、分かりました。

こどもでなくたって、泣きたくなりますよ、あの量は、、。

と云うわけで、全部食べられないので、
1/4くらいに切って、食べました。
ふつうに、テレビ観ながら、食べました。

これって、バチ当たりでしょうか、、、。

しかも、南東と南南東、南と南南東って微妙ですよ、、、、。

“楽”を選択したわたしには、幸運はやってこないようです。

Pasco--桜あんぱん。


桜葉入りあんうぐいすあんを入れ、
 塩漬桜花をトッピングしました。”

よもぎどーなつ春のシフォンケーキに引き続き、
Pasco、今月の新作です。

ネスレキットカットのさくら風味によって、“さくら味”の記憶を失われていたわたくしでありますが、
昨日の春のシフォンケーキによって、ふたたび記憶を取り戻しました。

この桜あんぱんには、おへそに桜の花がトッピングされています。

待ってました!って感じです。
この、桜の花のしょっぱさが、たまりません!

臭いって分かっているのに、
なんかもう一度嗅いでしまいたくなる、
そんな欲求と似ています。

人間の欲求とは、無限なのです、、。

そんな、わたしの視床下部を刺激してやまない桜あんぱんですが、
表面はつるっつるの、かたかた生地です。

毎日、熱い生地を触っているので、
すっかり手が硬くなってしまった、
そんな職人さんの歴史を感じさせる、生地の硬さです。

職人さんの場合、長年の苦労と、培われた熟練の技みたいな、
一種の哀愁すら感じさせますが、
この生地の場合、一種の失望すら、感じさせられます。

Pasco--桜あんぱん。


あとから気付いたのですが、
袋の裏に、“社団法人氷温協会認定”というマークがあります。

なんじゃそりゃ?って感じですが、
“香りが良くソフトでしっとりとした口あたりのパンに仕上がる秘密は、
 -3℃の氷温のもとで72時間じっくり熟成させたパン生地を使って
 ふっくらと焼き上げたからです。”
と、書かれています。

要は、“冷やした結果、旨くなった。”ということらしいです。

よく、“頭を冷やせ”なんて云いますが、
人間も、頭を冷やせば、一味変わるんでしょうか、、。

菓子パンも、人間も、頭寒が肝要のようです。

そんな、不思議な社団法人が存在することをはじめて知った、
桜あんぱんでありますが、
表面の生地同様、中身も硬いです、、、。

しっともソフトではありません。
これじゃ、ハードSですよっ!
ハード、桜あんぱんですよっ!!

「さあ!どうして欲しいのっ。」
「じょ、女王さまっ!
 その硬い桜あんぱんで、ほっぺをビンタしてください~!」

是非とも、インリン・オブ・ジョイトイに食べて頂きたい、
桜あんぱんです。

表面も中身も硬い生地ですが、
当然ながら、ぱっさりしています、、、。

“社長にたてついた人は、数日後には姿を消している、、。”
そんな、ぱっさり社員を切っていく、東横インの西田社長のような生地です。

「体の不自由なかたにも、あたたかく泊まれるようなホテルにしていきたいです、、。」
そんな、実った稲穂の如く、頭を垂らしていた西田社長ですが、
実った稲穂ではなく、ぱっさぱさの、硬い頭のようです。

菓子パンも、人間も、柔軟さが肝要です。

そんな、桜の花のように形成されている桜あんぱんですが、
半分にカットしてみると、、。

Pasco--桜あんぱん。


(あっ、、?あんが2種類だ、、。)

購入時、“桜あんぱん”というだけで手に取ったので、
2種のあんが入っていることなど、
全く知りませんでした、、。

「えっ?藤木直人って、双子なのっ!?」
あんなナイスガイが、世の中に2人もいるということを知ったときと、
似たような衝撃があります。

かっこいいし、背も高いし、学歴もあるし、芸能界で活躍しているし、、。
天は、人によってはニ物も三物も与えるのです。

この桜あんぱんには、2種のあんが与えられたようです。

ピンクと緑のコントラストが、なんとも美しいじゃありませんか。
春の、桜舞う季節を、ほうふつとさせます。

「いたっ!毛虫に刺されたっ!」
高校時代、さくらの木から振ってくる“毛虫”に悩まされた、
そんな痛々しい記憶がよみがえって来ます。

このあんぱんの桜の花は塩に浸っていたようですが、
人間は、そうそう甘味な世界に浸ってはいられないようです。

たっぷりと入っているあんでありますが、
量的には、さくらあんの方が多いです。
どちらかと云うと、かかあ天下のようです。

天下布武。”
信長が叶えられなかった夢を、
いまここで、さくらあんが、成し遂げたわけです。

「人間50年~、、、。」
この桜あんぱんも、50年くらいすれば、
信長のように、柔軟になるのでしょうか、、。

桜あんをよく見ると、葉っぱのぶつぶつが入っています。
甘さの中にも、丁度いいしょっぱさがあります。
しょっぱくもなく、甘過ぎることもなく
まさに、いい塩梅です。

白あん独特の、なめらかでありながら、
しゃりしゃりの食感がたまりませんっ。

恵方巻きのしゃりと具の量には、ある意味平伏する思いでしたが、
この桜あんぱんのしゃりしゃり感には、感服至極ですっ。

恵方巻き、しゃりが多くて、食べれましぇんっ!

Pasco--桜あんぱん。


桜あんの味もさることながら、
口に広がる、桜の風味も同時に楽しめます。

あんも2つ楽しめますが、
味と香りも楽しめる、そんな一石四鳥の菓子パンです。

一方のうぐいすあんは、量は少な目ながら、
いい存在感があります。

あんの中に、お豆のぶつぶつが入っています。
柔らかいあんの中に混じって、時折お豆の存在を感じられます。
この食感が、お豆好きにはたまりませんっ。

むかし、うぐいすまめにはまって、
毎日のように食べていたことがあります。

ふたん、幕の内弁当などでは、
所在なさげに、端っこの方に申し訳なくいるだけのうぐいすあんでありますが、
ここにきて、ようやっと日の目を見ることが出来ました。

♪飾りじゃないのよ、うぐいす、はっはぁ~
 好きだと云ってるじゃないの、まっめぇ~(豆)♪

この桜あんぱんなら、明菜さまもダンス以上に夢中になれると思います。

桜あんは、桜の香りも楽しめるあんですが、
このうぐいすも、食感だけでなく、
青豆の、いい意味の青々しい、豆臭さがあります。

桜の季節、まだぎこちないスーツに身をまとい、
新しい環境に飛び込んでいく、そんな青々しい青年をほうふつとさせます。

そんな、味、香りも楽しめる桜あんと、うぐいすあんですが、
量的に桜あんが多いせいか、一緒に食べると、
桜あんのしょっぱさが優ります。

「殿っ。これからの世は、徳川が優性となりまするっ。
 ここは、徳川につくべきです!」
信長、秀吉、家康に仕えた山内一豊の成功を陰で支えた、
妻千代のような、強さがある桜あんです。

桜あんも、女性も、強い方が安泰ってわけです。

生地は強固な要塞、安土城のようですが、
中身はあんのしゃりしゃりの食感、
桜のしょっぱさ、うぐいすのお豆感の、
戦国3武将が潜んでおります。

この桜あんぱんなら、歴史に名を刻めることでしょう。


購入価格:100円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★★☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--春のシフォンケーキ。  | home |  Pasco--黒豆スイート。