FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年02月18日[Sat]

ヤマザキ--北海道バターチョコブレッド(おいしさ宣言)。

ヤマザキ--北海道バターチョコブレッド(おいしさ宣言)。


バター対チョコの対決です。
果して、金メダルを取るのは、どっちでしょう、、。
トリノオリンピックがはじまる前、
アメリカのメディアは、日本の合計メダル取得数は、
女子フィギュアスケートの荒川静香選手の銅1つ
と予想していました。

(そ~んな、馬鹿な~。
 ちょっと日本をナメてるんじゃない~?
 って云うか、他国の予想まで勝手にするんじゃね~!)
くらいに高をくくっておりました、、。

「姉さんっ!事件ですっ!!
 日本選手は、いまだ1人もメダルを取得しておりませんっ!!」

まさに、事件です。
五輪がはじまって、早1週間が経過しますが、
朝のニュースで選手の結果を観て、
(あ、やっぱしダメか、、。)
と思う、今日この頃、、。

「申し訳ございませんっ。」
アメリカの予想屋さん(?)、すみませんっ、、。

高嶋さんも、深々と頭をさげ、
ついでに眉もハの字にさげていることでしょう。

第3者として、アメリカは冷静に予想をしたのでしょう。
やはり、日本人として日本を評価しようとすると、
どうしてもそこに“期待”が含まれてしまうものです、、。

男子スノーボードHPなんて、
金メダル有力なんて報道されていましたが、
蓋を開けてみれば、全員予選敗退、、、。

専門家によれば、
アメリカのスポーツ選手と、日本のスポーツ選手とでは、
周りで支える環境が違うんだそうです。

そこから改善しなければ、
これから先、日本選手が五輪で活躍すつことは、
益々困難になってくるのではないでしょうか、、。

そんな中、多くの冬季五輪選手を輩出している
北海道のバターを使用した、このパンを選んでみました。

ヤマザキ--北海道バターチョコブレッド(おいしさ宣言)。


北海道産のバターを使用したチョコを巻き込んで
 ふんわり焼き上げました。”

まあ、乳製品といえば、北海道と云われているわけですが、
先月、Pascoの“北海道に逢いたくて”シリーズを食べて思いました。

別に、北海道産じゃなくても、いいんじゃない?

だって、ずば抜けて美味しい、とは思えなかったんですもの~。
(流石、北海道を謳っているだけあるよね~!)
って、わたしをうならせる菓子パンは、1つもありませんでした、、。

北海道って云ったって、ピン子、、じゃなかったっ、
ピンからキリまであるわけだし。

別に、静岡では有名な、“まかいの牧場”でもいいんじゃない?
って思う、今日この頃です。

注:“魔界”の牧場では、ありません。

と、軽くツッコミを入れたところで、
早速バターチョコブレッドの感想です。

“ふんわり焼き上げました。”と謳っている通り、
生地はふんわりしています。
よく見ると、気泡がたくさんあります。
故に、軽やかな生地となっています。

昨日も、静岡は3月並みの気温でした。
春うららかな、真っ白い花柄のスカートをはいて、
桜の木の下で、くるくる回りたい、
そんな気分に似た、軽やか生地です。

しかし、わたしはパンツ派なので、
これから先の人生において、
花柄の女性らしいスカートなど、
買うことは絶対にありません。

さらに、わたしは三半規管が弱いので、
1周回転しただけでも、目が回ってしまいます。
よって、これから先、くるくる回転することはありません。

そんな、軽量級のバターチョコブレッドですが、
ちょっとぱっさり気味です。
ぱっさり指数、5の内、3くらいです。
これ、結構なぱっさり度です。

ふんわりを重視したがため、
すっかりしっとり感を忘れ去ってしまった感は否めません。

オジャマモンの場合、
会社利益を重視したがため、すっかり住民への安全という、
基本的なことを忘れていたことは明らかです。

あの、自宅のシーサーも、
破産管財人によって、差し押さえられるのでしょうか、、。

流石のシーサーも、
オジャマモンは守りたくなかったようです。

シーサーにまでも見捨てられてしまったオジャマモンでしたが、
わたしはまだ、バターチョコブレッドを見捨ててはいません。

生地からは、バターの味が利いています。
バターのコクが、よく活かされています。

“流石、北海道っ!”
と思えるほどでもありませんが、
バターのコクはなかなかです。

ヤマザキ--北海道バターチョコブレッド(おいしさ宣言)。


ところが、はっけよいっ!、じゃなかった、、
ところが、どっこいっ!!

チョコの味は、ほとんどしません、、。
見ため、チョコの層がたくさんあるように思えますが、
味は弱いです、、。

バター対チョコの対戦は、
チョコが惨敗となりました。

これは、ノルディック複合団体でも惨敗だった、
日本選手のようです、、。

これも、選手を支える周囲の環境と云った点が、
最大の弱点となってしまったのでしょうか、、。

“北海道産のバターを使用したチョコを巻き込んで、、、”

チョコにしてみれば、
「わたしを巻き込まないでっ!!」
とでも、思っていることでしょう。

そんな、成績不振の選手陣に喝を入れる意味で、
チョコバターブレッドをトースターで焼いてみました。

熱が加わったことで、
少々生地がしっとりとしました。

生地の表面はカリカリで香ばしく、
中はしっとりです。

やはり、パンは焼きたてが一番美味しいです!

チョコ味はさほど復活することはありませんでしたが、
甘味は増したようです。

どうやら“喝”が利いたようです。

この調子で、今後の試合に出場する日本選手にも、
頑張って頂きたいです。


【栄養成分表示(1包装当り)】
エネルギー:349kcal
たんぱく質:9.1g
脂質:7.12.4g
炭水化物:50.2g
ナトリウム:360mg

【オススメ度:★★☆☆☆(2.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--もちっと。春の香り。  | home |  フジパン--いもだらけ。