FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年03月06日[Mon]

Pasco--白いカマンベールケーキ。

Pasco--白いカマンベールケーキ。


見た目、シンプルながら、
もの凄い生地の、弾力に驚愕っ!!

この“白いカマンベールケーキ”は、
中身が一切見えません

こういうパッケージって、
“何だか、見えないから不安、、。”もしくは、
“何だか、見えないから、興味がわく。”
のどちらかに意見が分かれると思います。

人は、視覚からさまざまな情報を得て、
それを過去のデータなどから処理して、
判断します。

しかし、何も見えない、となると、
そのものが何なのか、判断することは不可能です。

それを不安と思うのか、関心を持つのか、
人それぞれです。

ちなみにわたしは、後者です。
隠せば隠されるほど、気になってしまいます。

“入るな、危険。”
“関係者以外、立ち入り禁止。”
“エサをあげないでください。”(?)

“入るな”と云われれば、
(そこには一体、何があるんだろう、、。)
と気になり、
“関係者以外、、”と書かれれば、
(客に見せられないものでもあるのだろうか、、。)
と気になります。

実際、わたしは小学生の時、
“入るな”と書かれた、土砂集積場みたいな場所に入り、
ともだちと秘密基地を作ったものです。

よって、この“白いカマンベールケーキ”をひとめ見て、
(あらっ?一体、どんなケーキが入っているんだろう?)
と、まさにわたしの“ツボ”をツンツン突かれたってわけです。

そんなにツンツンしたら、
ダンゴムシだって、グルッと丸まりますよっ。
デンデンムシだって、ツノを出しますよっ。

過度なツンツンは、禁止です。

そんな、わたしやダンゴムシ、デンデンムシを突付いてやまない、
白いカマンベールケーキです。

Pasco--白いカマンベールケーキ。


カマンベールチーズ入りの蒸しケーキです。”

一切、中身が確認出来ないまま、
ドキドキの開封です。

このドキドキは、合格発表の通知を開くときの緊張感にも似ています。
(いや、それはいささか大袈裟ですが、、。)

それでは、クイズミリオネアでみのさんの正解、
不正解の判断を待つ、挑戦者の心理にも似ているのでしょうか。

ただ違うのが、
そこにはみのさんのあの、
上目遣いの、不適な笑みがないことです。

脳裏にみのさんを勝手に浮かべながら、
いよいよ中身を確認するときがきました。

プラスチックのような、丈夫な袋を開封すると、
そこから姿を現したのは、真っ白い、
なんとも無垢
な、カマンベールケーキです。

実に、シンプルです。

何も飾られることなく、
色づけされることなく、
複雑に整形されているわけでもない、、、。

これこそ、“シンプル”の代名詞ではないでしょうか。

ある意味、無の境地です。
まるで、悟りを拓いた、賢者のようです。

一切の、無駄な思考など必要とせず、
ただ、己とだけと向き合うと云う、孤独な世界、、。

これこそ、現代人に必要なものなのではないでしょうか。

外野の、ごちゃごちゃした雑念から己を切り離し、
ときに静かに、独りで無になることが肝要だと、
われわれに語りかけているのかもしれません。

ここまで真っ白いと、
無駄な手出しが出来なくなります。

「オレに触ると、怪我するぜ。」
ならぬ、
「オレに触ると、オレが怪我するぜ。」
と云わんばかりです。

Pasco--白いカマンベールケーキ。


そんな、全身から外野を拒否するかのような真っ白い生地ですが、
“もっちりでふんわり”と書かれているように、
もっちりとしています。

原材料を見ると、“もち粉”と書かれています。
これが、もっちりの要因でしょう。

もっちり、と云うか、
ぷにぷに、ぽよぽよしています。

生地にスプーンを入れると、
スプーンを拒否するかのような、弾力感があります。
ぷに~っと、音がしそうです。

♪あんまりぷにぷにしないで~♪
ラムちゃんも、思わず拒否してしまいそうな、
ぷにぷにっぷりです。

昨日の“フジパンの3色お豆蒸し”も同様に、
ぷにぷにの生地でしたが、
こちらのカマンベールケーキも、
負けず劣らず、ぷにぷにですっ。

日本人って、ぷにぷにが好きなのかしら?

この弾力だけで、ワクワクしてしまいます。
あまり美味しくなくとも、ぷにぷにだけで、
旨いと錯覚してしまうのかもっ、、。

そんな、こころ踊る季節にぴったしの、
ぷにぷに生地のカマンベールケーキですが、
かなりのしっとりタイプです。

生地に触れると、指に生地がこびりついてしまいます。
そのまま素手で食べると、指に生地がべっとりと付きまとい、
やがては鬱陶しくなること、間違いなし。

無の境地に至った賢者なのに、
軽いストーカーになってしまったようです。

人生、どこで何が起こるか、わかったもんじゃあ、ありません。

そんな、危険な生地によるストーキングを回避するためには、
ぜひとも、スプーンと云う武器を用意してください。

しっとり、でもあるのですが、
しっとりを超越し、じっとり、ねっとりとしています。

このじっとり感は、
真夏の、鬱陶しい湿気をほうふつとさせます。

湿気はいささか迷惑者として、世間から嫌われていますが、
このカマンベールケーキの生地のじっとり感は、
よろしくwant you!と云った感じです。

「じっとりだけど、OK?」
OKです。

Pasco--白いカマンベールケーキ。


そんな、日本一、真っ白いスーツが似合う永ちゃんをほうふつとさせる、
白いカマンベールケーキですが、
カマンベールチーズの酸味の香りが漂ってきます。

材料には、たまごなども含まれていますが、
匂いはチーズオンリーです。

♪Only Love.....♪
プロデビュー戦を秒殺で勝利し、
思わずリングで熱唱した、亀田3兄弟の次男のようです。(?)

亀田3兄弟は、いささか濃厚なキャラですが、
このカマンベール生地のチーズは、意外とあっさりとしています。

チーズ独特の、クドさはありません。

生地はぷにぷにとしていながら、
木目細やかで、口溶けがいいです。

お口の中で咀嚼すると、
ぷに、ぷに、もち、もち、とっろ~、
と、最後はトロけます。

「新婚生活は、どうですか?」
「いっや~、もう、幸せ太りってやつですか~?」
そんな、ラブラブ新婚生活に、
トロトロの新婚さんのようです。

さっさとYES、NOまくらでも持って帰ってください。

新婚さんは甘い生活を送っているようですが、
このケーキは甘さ控えめです。

こちらは、割りと冷静な、新婚さんのようです。
なにか、裏の理由でもあるのでしょうか、、、。

流石の三枝師匠も、うかつなことは、云えません。
ただ、ひっくり返るしか、ないようです。

そんな、三枝師匠も椅子からゴロンッ!としてしまいそうな、
甘さ控えめな生地ですが、
いささか味が単調で、半分くらい食べると、飽きてしまいます、、。

あっさりとして、甘さ控え目って、
わたしの好みにぴったしな味です。

しかし、ここまで味がカマンベールのみだと、
もう少し、ガツンッ!とした、
亀田兄弟のようなパンチのある味が、欲しくなるものです。

流石に、持ちネタ1つだけだと、
すぐに飽きられてしまうことは、明確です。

昨今の、流行語大賞を受賞する若手芸人は、
いわゆる一発ギャグで一躍有名になりましたが、
その後のギャグがいまいち受けず
いつの間にか、姿を消していると云う人を、多く見受けられます。

やはり、飽きられずに、長く人気を保つためには、
1つだけのギャグではなく、いろいろな武器を用意しなければなりません。

菓子パンやケーキも、
最後まで飽きずに味を楽しめるためには、
ちょっとした第2の武器も、必要なのかもしれません。

「単調、フォ~~~~~~~ッ!!」
そろそろ、HGも飽きてきたかな。


定価:108円。

【栄養成分表示(1個当り)】
エネルギー:323kcal
たんぱく質:6.3g
脂質:10.0g
炭水化物:52.0g
ナトリウム:236mg


【オススメ度:★★★☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: ケーキ,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--3色お豆蒸し。  | home |  MEIJI--明治エッセル スーパーカップ メロン。