FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年03月17日[Fri]

第一パン--バームクーぱん。

第一パン--バームクーぱん。


しっ!して、やられたっ、
バームクーぱんっ、、!!

いちおう、菓子パンを買うときは、
それなりにカロリー等の栄養成分に気をつけています。

(あっ、これ、美味しそうだな~。)
と、思っても、高カロリー、
高脂質、高炭水化物の場合は、
買わないようにしています。

やはり、年を重ねると、基礎代謝は確実に低下するわけで、
むかしのままの勢いで食べれば、当然消費されずに、
蓄積されるのは関根さん、ではなく、
関の山ってやつです。

日課でヨガを毎日しているものの、
冷え性などの症状は改善されていないので、
体調はすこぶる宜しい、とは云えません。

よって、なるべくよぶんな糖分、脂質を取り込まないよう、
細心の注意を払っている、と云うわけです。

このバームクーぱんを選んだのはちょっとした理由があります。

それでも、ちゃんと栄養成分をチェックして、
購入しました。

したつもり、でした、、。

いまのいまになって、わたしはある新事実に気付きました。

それは、袋の裏に表記されている成分は、
100g当り”の表示だったのです、、、。

(えっ、、。100g、、、。
 って、このパンッ!いったい何gあったんだよ~っ!!)

と、軽いパニックになり、
袋を舐めるように調べてみましたが、
総重量までは書かれていませんでした、、。

女性がてのひらを開いたくらいの直径なので、
重さは、けっこうあると思われます、、。

(100gって、いったいどこくらいだろう、、、。)

なんだか、胃がズシンッ!と重くなった気がします、、。
いますぐ、この忌々しい消化物を取り出したい気すら、します、、。

なぜ、わざわざ100g当りの成分表示なのでしょうか。

いちいち、100gごとにカットして食べる人など、
いるわけがありません。

ふつうだったら、まるまる1個、食べますよっ。

それだったら、
ちゃんとこの菓子パンの総重量までも記載すべきです。

もしくは、
ちゃんとこの菓子パン全体の成分表示を記すべきでした。

(くっそ~~~~っ!
 バームクーぱんに、騙されたっ!!)

いや、第一パン、でしょう。

いや、、、。
ちゃんと確認しなかった、自分が悪いっす、、。

もし、民事に訴えれば、
“袋には、ちゃんと100g当り、と書かれています。
 よって、原告がそれを見落としたことに責任があり、
 被告側には、いっさいの落ち度はありません。”
と、完膚なきまでに、訴えは却下されることでしょう。

しかし、これがもしアメリカなら、
“万人が、一目で確認出来ないような表記の仕方に問題があります。
 ふつう、総重量に対する成分を表記していると思うのが一般的で、
 わざわざ100g当り、と云う中途半端な量で記すのは、
 被告側の明らかな落ち度と云えます。
 もし、それでも100gにこだわるなら、
 注意を引くような文字の大きさ、デザインでそれを強調すべきだったのです。”
と、勝訴することは、確実でしょう。
(たぶんね、、、。)

同じ民主主義とは云え、
海を越えれば、考えも解釈も異なるわけで、
ワールドベースボールクラシックだって、
フェアなスポーツとは云え、
“アメリカによるアメリカのための大会”だって、
云われるわけで、、、。

そんなことより、
“覆水、盆に返らず。”ではかく、
“菓子パン、地上に返らず。”なわけで、、、、。

嗚呼、、。
腸がズッシリと重くなった気がします、、。

第一パン--バームクーぱん。


バームクーヘンをイメージしたリング状の菓子パンです。”

バームクーぱんって、なんじゃいな~。)

と、思いつつ、
なんとも云えない珍名に、妙に惹かれてしまい、
値段もとくに気にせずに、そのままレジへ持って行っていました、、。

菓子パン選びでは、見た目が肝要となってきます。

いくら、高級そうな名前でも、
美味しそうに見えなければ、食欲は湧かないってもんです。

それくらい、視覚からくる情報と云うのは、
食欲において、重要なファクターであります。

しかし、このバームクーぱんに関しては、
菓子パン選びの定義をくつがえしてしまうほどの、
強力なインパクトをわたしに与えたのです。

(どんなパンだよ、、、、。)
と、ツッコミたくもなるってもんです。

なんとなく、味の想像はつきましたが、
なにより、この何のヒネリもない、
おバカで失笑してしまいそうな名前に、
わたしは魅力を感じたのです。

ヒネリもない、インパクトもない、
ふつうのパン、、。

でも、そんなあんたに、惹かれたのさ、、。

と云うわけで、アイシングでベトベトになった袋から、
生地を取り出してみると、チョコのいい匂いがします。

そして、微妙にアイシングの糖分が溶け、
袋に引っ付いてしまったことによる、
生地の抵抗に抗いつつ、生地を出した結果、
指がベトベトになってしまいました、、。

こういう時、アイシングって厄介です。

指がベトベトになると、
それだけで立腹ってもんです。

ティッシュで拭いても、
完全に拭い去ることは、出来ません。

指をなめても、せいぜいベトベトからペトペトになる程度で、
これまた、完全に指が綺麗になることはありません。

甘くしたいんだったら、
生地に練りこんでくれよっ!
と云いたいです。

そんな、ベトベトとイライラと格闘しながら、
生地を頂きました。

第一パン--バームクーぱん。


チョコとプレーンの2層です。
おそらく、この層がバームクーヘンのイメージであると思われます。

しかし、層、と云っても、
マーブルと層の中間って感じです。

バームクーへンのような、年輪を連想させる美しい層ではなく、
縦になったり、横になったり、時にななめになったりと、
その年輪っぷりは、破天荒な性質であることを、思わせます。

そもそも、バームクーヘンは、
本場ドイツより、日本の方が世間一般的なお菓子です。
(個人的見解。)

日本では、いまやコンビニでミニサイズが売られているほど、
一般に親しまれています。

しかし、ドイツに行ってみると、
日本のようにスーパーにあるわけでもないし、
カフェやケーキ屋さんで見かけることも、あまりありません。

いちど、ドイツ人に、
「今日は、カフェにバームクーヘンを食べに行くんだ~。」
と云ったら、
「はっ?何それ?」
と、逆に訊かれました。

ドイツ人に訊かれるくらいだから、
日本ほど一般的なお菓子ではないと思います。

そんなバームクーヘンが、
はるか海を越え、日本と云う地でいまや、
バームクーぱんとして進化し(?)、
菓子パン業界を侵食(?)しているのです。

これこそ、スーパーひとしくんです。
世界不思議発見!です。

そんな、ドイツ人の知らないところで、
勝手に改良されてしまったバームクーぱんですが、
アイシングがあるものの、案外甘さ控え目です。

その代わりと云うか、
あんましチョコチョコした生地ではありません、、。

ちょっとぱっさり気味でもあり、
もっさりとしています。

モグモグ、ゴックン、すると、
喉のところで、生地がしばし停滞します。

それを、なんとかゴックン、のちからで、
食道に押し込むって云うわけです。

それが、もっさり生地の、定義(?)です。

喉での停滞は、道路交通法で禁止されているため(?)、
このもっさり生地は、罰金を支払わなければなりません。

“もっさりは、喉に詰まるよ、ドイツ人(?)。”

第一パン--バームクーぱん。


層、と云うか、半マーブル、半層、なので、
しゃくしゃくした食感です。

歯ごたえが良いし、ずっしりとした生地なので、
食べ応えがあります。

(嗚呼、、。いったい、総重量、どんくらいあんだよ、、、。)

思わず、“100g問題”を思い出してしまいました、、。

チョコの風味がちょっと薄い上に、
アイシングが味の邪魔をしている感は、否めません。

この、お砂糖の味が、チョコより強いので、
チョコを尻に敷いている感じがします。

かと云って、アイシングの量が多いわけでもないので、
激しくチョコを邪魔しているってことも、ありません。

まあ、云ってみれば、
中途半端、ってことです。

「ちょっとあんたっ!
 そこにゴロゴロしてないでよ、邪魔っ!!」

そんな、鬼嫁に邪険に扱われて、
すっかり尻に敷かれるどころか、押し潰されている、
夫のような、アイシングです。

一方の生地は、なんか妙~~~に、
チョコとプレーン生地が、平等です、、。l

チョコの方が濃厚なわけでもないし、
プレーンが強いわけでもないし、、、。

いたって、両者は仲良しこよし、です、、。

「あ、お先にどうぞ。」
「いえいえ、そちらさまこそ、お先にどうそ。」

そんな、腰の低い者同士の、
譲り合いのような、2種の層の生地です、、。

しかし、菓子パンにおいて、
そんな遠慮は無用です。

そういう時って、両者が譲り合っている間だに、
別の第3者が割り込んでしまうものです。

その第3者こそ、アイシングです。

しかし、そのアイシングも、
微妙に遠慮しぃ~、なので、
3者が遠慮し合って、それこそ、ややこしや~、です。

影がござれば、光がござるっ!ってわけで、
菓子パンも、光と影のように、
主要となる味と、それを支える第2の味、が必要です。

全部が全部、グレー状態だと、
結局、味全体までも、グレーになってしまうってもんです。

♪濃いに恋焦がれ、濃いに泣~く~♪

そんな、青春を感じさせる(?)。
バームクーぱんでした、、、。


購入価格:118円。

【栄養成分表示(100g当り)】
エネルギー:327kcal
たんぱく質:6.2g
脂質:10.5g
炭水化物:50.8g
ナトリウム:200mg


【オススメ度:★★★☆☆(2.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック キナコモチ。  | home |  Pasco--デーニッシュ クリーム。