FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年03月18日[Sat]

Pasco--デーニッシュ クリーム。

Pasco--デーニッシュ クリーム。


可はなく、不可が少々、、、。

“もうすこし、がんばりましょう”的な、
デニッシュパンです、、。

昨日、高知に続き、
ここ静岡も桜の開花宣言がされました。

前夜の強風とは打って変わって、
実に爽やかな春風がそよそよと頬をかすめ、
肺の二酸化炭素をすべて出し切り、
肺胞の1個1個まで、新しい季節のやさしい風を、
吸い込みたくなる、そんな若々しい日和でありました。

そういう日には、お茶と和菓子でも縁側で頂きたい気分ですが、
我が家には、お茶は静岡茶が常備されてはいますが、
縁側なんて風流なものはありません。

和菓子も、昨日は駅構内で安部川餅がなんとっ!
1箱50円個数限定で売られていましたが、
(たぶん、販売価格は600円前後だと思います。)

しかし、わざわざ朝から安倍川餅のために列に並ぶのもしんどいなぁ、
と云うことで、さっさと断念したわけで、、、。

きっと家康さんも、
(おぬしっ!わしが作れと命じて誕生した安倍川餅を食べんとは、
 小早川秀秋のようなやつじゃっ!!)
とでも、云っていることでしょう。

いや、秀秋は家康を見方にしたのだから、
家康がそう云うはずがないか、、。

そんな、ウキウキウォッチングの春には、
桜あんぱんでも頂きたい気分でもありますが、
この日、わたしが選んだのは、なんら季節感のない、
デーニッシュクリームです、、。

♪春なのに~、デーニッシュですか~、、♪

しかも、“デーニッシュ”だし、、。

デニッシュと、デーニッシュでは、
どちらが正しいのでしょうか。

カステラと、カステーラくらい、
些末なことなんでしょうか、、。

ま、名前は微妙ですが、味は変わらないわけなんで、
気にしな~い、気にしな~い、と云うことにしておときます。

Pasco--デーニッシュ クリーム。


ソフトでしっとりとした食べごたえのあるデーニッシュ生地で、
 コクのあるカスタードクリームを包みました。”

確かに、食べ応えがありそうです。
結構、大きめのデニッシュです。

大は小を兼ねるとは云いますが、
大は胃を超えられないことも、あるわけで、、。
それでも、食欲は胃を超えさせることもあったりして、、、。

要は、大きくても食べてしまうってことです。

生地は、袋の説明通り、ソフトでしっとりとしています。
でも、デニッシュっぽい、サクサク感はなく、
バターのコクもなく
、、、。

なんとも、味気ない生地であります、、。
甘味もなく、むしろ、苦味のようなものを感じます。

♪ナイナイナイ、味気ないっ!
 ナイナイナイ、甘味ないっ!
 ナイナイナイ、コクが足りな~い~♪

♪じたばったすっるなよっ!ジャ~ジャッ!
 世紀末が来~るぜっ!♪

って、もう、とっくに21世紀だしさっ、、、。
そんな21世紀に、こんな虚しい生地を食べるとはさっ、、、。

♪春なのに~、無味生~地ですか~♪

折角、新鮮な春の風を肺に詰め込んだと云うに、
それは溜息と共に、空気中に放出されてしまったのでありました、、。

Pasco--デーニッシュ クリーム。


クリームは、さほど強い甘味はありません
いわゆる、丁度いい、ってやつです。

この甘味のお陰で、無味の生地が助けられている感じがします。

残念ながら、クリームは生地の両端にまで行き届いていません。
こういう場合は、さっさと生地部分から片付けて、
ゆっくりクリーム部分を味わいたいわけで、、。

ところが、そのクリームの極楽を味わうためには、
苦味の生地と云う、難関をクリアしなければなりません。

苦は楽の種、ってやつです。

悟空だって、天下一武道会で強敵を倒し、
最終的にはピッコロも倒して、世界1(?)になったのです。

まさに、極楽への道は、いばらの道って云うわけです。

しかし、なぜ菓子パンごときで、
いばらの道を歩まなければならなかったのでしょうか、、。

そもそも、食事とは、楽しんで頂くものです。
それを、苦痛を感じながら食べるなんて、
なんとも切ないじゃありませんか、、、。

そんな、わたしを悲しませてやまない、デーニッシュ生地ですが、
クリームはまったりとしていて、少々硬めであります。

生地のしっとり感とは相反して、
水分少な目の、ぽっそぽそ系のクリームです、、。

お鍋で、カスタードクリームをぐるぐる練り練りしていたのですが、
お隣の奥さんがかぼちゃの煮物のおすそわけを持ってきてくれて、
玄関先でついつい、3件隣の奥さんが最近めっきり太った、
と云う世間話しをしているうちに、
すっかりクリームの水分が蒸発し切ってしまったよ、
と云う感じの、ぽっそぽそクリームです、、。

水分が足りないが故に、
クリームが喉にはりつく感じです、、。

ゴックン、す~っ、と、そのまま食道に落ちるのはなく、
ゴックン、ぺっとり、グググッ、ズッ、トン、
と云う感じです、、。

排水溝の詰まりは、ジャバで解消されますが、
喉の詰まりは、お水などで無理矢理押し込むしかありません、、。

♪春なのに~、喉詰まりですか~♪

嗚呼、、、。
切ない、、、、、。

ほんと、春なのに、デニッシュ1つで、
→ _│ ̄│○ こんな気分になんて、やるせないですな、、。

Pasco--デーニッシュ クリーム。


そんな、ジャバでもこの悲しみを解消出来そうもない、
ぽっそぽそクリームですが、なんか、人工的な、変な風味がします。

いい風味、にしたかったのかも、しれませんが、
それが、逆効果となっているようです。

「おぬしっ!なんじゃ、その香りはっ!!」
「殿、これは、ジャコウの香りでございます。」

「ええいっ!離れよっ!臭くてたまらんわっ!!」
「とっ、殿、、っ!」

男性と魅了させると云う、ジャコウでありますが、
人によっては、逆効果になることも、あるようです。

無理に自分を飾ろうとせず、
そのままの、ありのままの自分で勝負したいものです、、。


栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★☆☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

第一パン--バームクーぱん。  | home |  木村屋--桜あんぱん。