FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年03月24日[Fri]

ヤマザキ--ショコラクリームサンド。

ヤマザキ--ショコラクリームサンド。


なんとも冷や汗な、チョコクリームの菓子パンです、、。

“A店では81円だったけど、B店では105円だったっ!”

同じ菓子パンでも、
お店によって値段というのは異なるものです。

あとから見た値段が、前者より安かった場合、
(うおっ!ラッキーッ!○○円も、お得だよ~!)
と、早まって購入しなかったことを、
ささやかながら、幸運に感じるものです。

しかし、ときに逆のパターンと云うものも、有り得るのです、、。

わたしは、このショコラクリームサンドを、
近所の100円ショップ、“レモン”で購入しました。

“レモン”と云う店名ですが、
そのまた近所に、“オレンジ”と云う100円ショップも存在します。

個人的には、レモンの方が、品揃えがいいので好きです。

嗚呼、そんなことはどうでもいいのですが、
とにかく、わたしはレモンで購入したのです。

しかし、翌日、ドラッグストアーに買い物に行くと、
このショコラクリームサンドが、なななななんとっ!!

81円で、売られていたのです、、、、、。

そのお店で、このショコラクリームサンドを見たとき、
わたしの中の天使(?)が、
「いけませんっ!決して、値札を見ては、いけませんっ!」
と、忠告をしたのです。

しかし、それを制して、悪魔が、
「いいじゃん、いいじゃんっ!
 気になるなら、見ちゃいなよ~!」
と、わたしをそそのかしたのです。

しばし、天使と悪魔の攻防が繰り広げられていましたが、
結果、悪魔が勝ってしまったのです、、。

たいてい、天使と悪魔の戦いは、
悪魔が勝つものです、、。

誰しも、理性は容易に欲求を抑制出来ないものです。

と云うわけで、悪魔に魂を売り渡したわたしは(?)、
チラッと、値札を見てしまった、と云うわけです、、。

(あ、、。81円、、、、。)

古事記より。~

妻、イザナミ火の神を出産すると、
その火でイザナミは死亡してしまいます。

その死をとても悲しんだ夫、イザナキは、
黄泉の国へ、妻を迎えに行きます。

イザナキ「妻よ!共に帰ろうぞ!」
イザナミ「ごめんなさい、、。実は、この国の食べ物を食べてしまったので、
      ここから出ることは、出来ないのです、、。」

イザナキ「ええっ~!食べちゃったの~!」
イザナミ「でも、神さまにお願いしてくるから、
      ちょっとそこで待っててね。
      その間、決して除いたりしないでねっ!」

しかし、イザナキは、とっても好奇心旺盛だったので(?)、
ついつい、イザナミを見てしまったのです。

すると、そこには、
おそろしく醜くなってしまった妻の姿があったのでした。

イザナキ「ひぃぃぃぃぃぃぃっ!!なんてことだぁぁぁぁぁっ!
      見なければよかったぁぁぁぁぁっ!!」

見なければ、、、、。”

イザナキの気持ちは、とってもよく分かりますよ、、。
誰だって、見ないでねって云われれば、逆に見たくなるのです。

“入るな危険”、と、“見てはいけません”、
“関係者以外立ち入り禁止”は、余計に気になる3大要素であります。

そんなイザナキ根性(?)が働いて、
ついついわたしも、値札を見てしまったわけですが、
(きっと、同じショコラクリームサンドでも、
 わたしが105円で買った方は、とくべつな材料が使われているに、
 違いない、、、。)
と、思い込むことに、したのであります。

あ~あ。

イザナキがイザナミを見なければ、
わたしだって、値札を見ることはなかったのになっ!

人はそれを、責任転嫁、と云う。

ヤマザキ--ショコラクリームサンド。


“ふんわりソフトなパンにバニラ風味のショコラクリームをサンド。”

先日、バニラクリームサンドを頂きましたが、
今日はチョコ版です。

両者とも、アイスをイメージしたクリームがサンドされていますが、
それはあえて強調されていないようです。

個人的には、アイス風味ってどんなんだろう~って、
興味をわくので、ショコラクリームサンドなんて気取った名前じゃなくて、
“アイスみたいなチョコクリームパン!”とか、
もっと単純でシンプル、且つ、名前からどんな菓子パンか、
想像しやすいものの方がいい気がするのですが、
それはいわゆる、大きなお世話ってやつです。

ドラえもん~のび太の恐竜記。”が、
“のび太と愉快な仲間たちの恐竜記。”だったら、
(あれっ!?ドラえもんはメインじゃないのっ!?)
ってはなしになります。

“ドラえもん”は、ドラえもんとのび太がセットみたいなもんなのに、
あえてドラえもんを外してしまったら、
確実に2割くらいの人は、この映画を観ようとはしないでしょう。

そんな、謙遜なんだか、うっかりミスなんだか、
よく分からないショコラクリームサンドですが、
生地は、見事なくらい、ぱっさりしています、、。

確かに、“ふんわり”軽い生地でありますが、そのふんわりと引き換えに、
どうやら悪魔にしっとりを売ってしまったようです、、。

人間界では、二兎追うものは一兎も得ず、と云いますが、
菓子パン界においては、そんな諺は無用です。

♪切ないのよ~、そのぱっさり~、
 しっとり感、間違えてる~♪

なんとも、切ないぱっさり生地です、、。

細木数子さんだって、ここまでぱっさりゲストを斬りませんよっ!!
数ちゃんなら、ぱっさり斬っても、
そのあとしっとりと正しい道に導いてくれるのです。

しかし、このショコラクリームサンドは、
生地をちぎると、亀田興毅選手のパンチのように、
シュッ!と、乾いた音が聞こえてきそうです、、。

そう云えば、“ちぎりやすい切れ込み入り”と書かれていますが、
その幅が広いので、切れ目とは関係なく、
自分のペースでちぎって食べました。

わたしは、ピアノを弾いていましたが、
メトロノームがあまり好きではありませんでした。

ある程度のテンポの感覚は必要ですが、
機械に決められたカッチ、カッチ、と云う音に合わせて弾くと、
どうも自分もメトロノームになってしまうようで、
気持ちが入らないってもんです。

よって、この切れ込みと云うのは、
人の食べるペースを乱すものに過ぎないのです。

って云うか、生地がぱっさぱさなので、
切れ込みに関係なく、ちぎりやすいです。

しかし、手でちぎると、ぱっさぱさが故、
生地がボロボロ、下にこぼれてしまいます。

このショコラクリームサンドを、
「大好きで、、、、大好きで、、、、。」
太蔵議員みたいに云いたくなるような異性と、
桜の木の下で、お花見気分で食べる場合、
この生地のボロボロに気付いた異性が、

「あ、桜の花と一緒に、茎が落ちてきたみたいだね~。」

と、このボロボロを茎を勘違いし、
やさしくぱっぱっ、と払ってくれるかもしれません。

しかし、やがてその正体が茎ではなく、
菓子パンの食べこぼしだと気付いたその異性は、
こころ内に、
(それってどうよ、、、。)
と、少々幻滅するかも、しれません。

しかし、寛容な人ならば、
「あっ!食べこぼしてるぞっ!こ、い、つ~!」
と、おでこをツン!としてくれるかも、しれません。

この菓子パンで、あなたの大好きな人が、
どちらのタイプなのか、確かめてみてはいかがでしょうか。

その際、前者のような結果に至ったとしても、
毎度のことですが、当方は一切の責任を負いかねますので、
ご了承ください。

そんな、ぱっさり、もっさり生地ですが、
あまりに乾燥しているため、もぐもぐしてからごっくんする際、
ごっくんの途中で、喉のあたりの水分を生地が吸収するので、
一瞬、ふごっ!、と詰まり感がします。

ごっくんしたあと、喉の水分を吸い取られるので、
喉が渇きます。

このパンを食べる際は、飲みものを用意することをオススメ致します。

そんな水分までもを吸収してしまう、
ぱっさり生地ですが、唯一良い点は、
チョコの甘味がちゃんとしていて、味はおいしいです。

チョコの生地は、ときに中途半端に薄かったりするのですが、
これはしっかりとチョコ味がします。

人間も菓子パンも、1つや2つ、
長所を持ち合わせているってもんです。

ヤマザキ--ショコラクリームサンド。


生地のふわふわ感とは相反し、
こちらはかなり硬めのクリームです。

ふつう、生地をちぎると、生地と一緒にクリームがひっついてくるのですが、
このクリームはとっても強情なので、そのままちぎっていない方の生地に、
留まろうとするのです。

生地とクリームをちぎったつもりが、
生地オンリーになってしまうと云うわけです。

こんなオンリーワン
ちっとも特別じゃあ、ありませんよっ。

この硬さは、レストランで見掛ける“サンプル”みたいです。

よく、スパゲッティがフォークにからまったまま、
麺が立っているサンプルがありますが、
あんな感じで、このチョコは生地をちぎってもちぎっても、
生地から離れることを拒否し、原形を留めようと努めるのです。

どうやら、生地とクリームの関係は、
一方通行のままのようです。

袋を内側を見ると、水滴がぷつぷつ付いていたので、
もしかしたら、クリームの水分が飛んでしまったのかも、しれません、、。

このように、人間の肌の水分も、
年々蒸発(?)していくのです。

人も菓子パンも、自然現象にはかなわないってもんです。

いや、これはもしかしたら、冷や汗なのかもしれません。
わたしが、別のお店で81円で売られているのを見つけてしまったが為、
この105円で買った方は、
(いや~、申し訳ないっすっ。)
と、冷や汗をかいたのかも、しれません。

そんな、強情クリームですが、
たしかに、チョコアイスっぽい味がします。

“バニラ風味”って云われると、
「う~ん、どうでしょう~。」
と、長嶋さんも首をひねってしまいます。

でも、とってもまろやかで、クリーミーな風味です。

ヤマザキ--ショコラクリームサンド。


食感は硬めクリーム&つるつるで、
あまり口当たりはよくありません、、。

タッキー&翼みたいですね(?)。
(&しか、合ってないじゃんっ!)

生地はぱさぱさで、クリームが硬いので、
お口の中で、両者が仲違いをしています。

「オレは、おまえなんかと一緒にならないぞっ!」
「あたしだって、あんたなんかと交わりたくないわよっ!!」

そこをなんとか、もぐもぐ咀嚼して、
両者を引っ付けるわけです。

嫌よ、嫌よも、好きのうち、ってやつです。

聖子ちゃんに云わせれば、
♪キッ~スはい~やと云っても、
 は~ん~た~い(反対)の~、意味よ~♪
ってもんです。

そんな、硬いクリームの波に飲まれている球体のチョコですが、
こちらはクリームと違い、なんかチープな味がします、、。

変なにょろ~っとした妙な甘味のあと、
一瞬変な苦味と云うか、スパイスっぽい味がします。

こんな、中途半端なチョコならば、
乗っけないほうが、いいと思います。

しかも、このチョコがあったがために、
半分にカットする時、妨げとなって、
生地が変な風に寄れてしまったのです、、。

はじめ、チョコを取り出して、
生地とチョコを別々にカットしてから、
ふたたび元の位置に戻そうとしましたが、
クリームとチョコの引っ付きがあまりにも良かったので、
チョコが取り出せなかったのです。

仕方がないので、そのまま生地と一緒にナイフを入れたわけですが、
チョコが硬いので、なかなかカット出来なかったのです、、。

(おっ、おぬしもなかなかやるの~、、。)

そのままナイフを生地に刺したまま、
どうしようかとしばし悩みましたが、
そのままの勢いで下までナイフを押してみた結果、
生地の切り口がボロボロになり、寄れてしまったと云うわけです、、。

105円で買ったあと、81円で売られているお店を見つけ、
生地はぱっさり、ボロボロ、切れ目までボロボロ、、、、。

♪ボロボロな生地でいつもいたいから~、あ~あ~♪
って、こんな歌、KAT-TUNでも売れやしませんよっ、、。

あ~あ、、、、。


購入価格:105円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★☆☆☆(2.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--夕張メロンクリームパン。  | home |  ヤマザキ--リンゴとクリームのパン。