FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年04月06日[Thu]

ヤマザキ--夕張メロンクリーム&ホイップ。

ヤマザキ--夕張メロンクリーム&ホイップ。


鼻詰まりのかたは、損をします。

「生きるべきか、死ぬべきか。
 それが問題だ。」

ハムレットは、実母と叔父が再婚し、
2人が国王であった実父を殺害したのでは、
と云う疑問を持ちつつ、自分の生死について、
悩ましげなポーズでこう、呟いております。

夕張メロンクリーム&ホイップにすべきか、
 抹茶栗あんぱんにすべきか。
 それが問題だ。」

独身おんなは、菓子パンコーナーで夕張メロンのパンと、
Pascoの抹茶の栗あんぱんを発見し、一体どちらを購入すべきか、
怪しげに両者を見比べ、苦悩しております。

それにしても、ハムレットの選択は、
実に究極の選択です。

一方の独身おんなの選択は、
実にくだらない、選択です、、。

(あの人は、一体菓子パンの何に悩んでいるのだろう、、。)
くらいの気持ちでわたしを見ていた人が、
ひとりやふたり、いたのかもしれません。

いまになって、当の本人もそう思います、、。

しかし、当時のわたしは、たかが菓子パンと云えども、
ハムレットの如く、真剣に選択に悩んでいたのです。

“なら、2つ買えばいいじゃん。”
と云うはなしですが、わたしの手にはすでに、
“別の抹茶の菓子パン”があったのです。

故に、夕張メロンか、抹茶栗あんぱんか、
迷っていたわけです。

最近、メロンのパン(メロンパンではなく。)がお気に入りなので、
夕張メロンを食べたい気も重々ありますが、
今月は抹茶の菓子パンを出しているメーカーが多いので、
食べてみたい気も、重々あるのです、、。

どちらかを諦め、その菓子パンにまた出逢えなかったら、
と思うと、益々悩みの要素は増大するのです、、。

(この○○は食べたいけど、また今度にしよう。)
と思うと、たいてい、その“また今度”はないのです、、。

(嗚呼っ!あのとき、買っていればっ、、!)
と、過去、何度嘆いたことでしょう、、。

欲しいものがなかったとき、
こんなに哀しいことは、ありません。

“なら、2つ買えばいいじゃん。”
と思われるかもしれませんが、
すでに上記したとおり、わたしはすでに別の菓子パンを1つ手にしているので、
3つもいっぺんに購入するわけには、いかないのです。
(消費期限がありますので。)

と云うわけで、独身おんなは夕張メロンと抹茶でさんざ悩んだ結果、
最終的に夕張メロンを選択しました。

なぜなら、すでに別の抹茶のパンを持っているし、
Pascoの菓子パンは、他のお店でよく見かけるので、
そちらに賭けてみよう、と思ったわけです。

あれだけ悩んだのに、実に安易な理由です。

人の悩みなんぞ、所詮はそんなもんなのかも、しれません。
真剣なことでも、解決すると案外単純な問題なのかも、しれません。

よって、ハムレットの悩みも、
実は単純なこと
なのかも、しれません。

悩み損だよ、ハムレット

ヤマザキ--夕張メロンクリーム&ホイップ。


夕張メロンの風味豊かなクリーム
 口溶けの良いホイップクリームを入れました。”

無事に(?)取捨選択の苦悩から解放され、
この夕張メロンのパンを購入したわけですが、
1つ、新たな問題が発生しました。

それは、
“みんな大好きメロンパン
と書かれていることです、、。

わたしは、メロンパンが苦手です。
よって、大好きなメイプルシロップのメロンパンが出ようとも、
決して手を出しません。

しかし、なぜこの夕張メロンクリーム&ホイップのパンを購入したのか、、。

それは、
メロンパンに見えなかったから
です、、。

どう見ても、(わたし的には)ふつうの菓子パンです。

と云うことで、
(きっと、“メロンパン”じゃなくって、
 “メロンのパン”なんだ。)
と、勝手に解釈することにしました。

“ええっ!
 そんな理由で、嫌いなメロンパン(かもしれない)を喰うのかっ!”
と云う感じですが、夕張メロンを店頭で選択したときの理由も安易だったので、
メロンパンか否かと云う問題も、こんな感じでいいんです、、。

真剣に悩めば悩むほど、問題は複雑化し、
かえって解決が見えなくなるものです。

ハムレットがいい例です。

彼は結局、自ら死を選ぶのではなく、
恋人の兄との対決で、毒を塗られた剣で死んでしまうのです、、。

ほんと、悩み損です。

そんなわけで、夕張メロンクリーム&ホイップを開封してみると、
もう、そこにはメロンのパラレル(?)ワールド、炸裂です。

メロンアイスのような香りが、ど~~~んと、香ってきます。

人工的ではあるものの、この甘いメロンの香りが、
なんとも云えませんっ!

中には、人工的な味や香りが許せないものも、存在します。
しかし、メロンの場合、なぜか人工的でも美味しく感じでしまうから、
不思議です。

むしろ、人工的であってほしい、と願う自分もいるのです。

飯島愛さんのすっぴんを見てみたい気もしますが、
“そのまま”の愛さんでいて欲しい、
と願う人も、多くいると思います、、。

生地は、とってもふわふわ、ふかふかしているのですが、
少々ぱっさりしている感があります。

生地だけ食べると、もそもそしているのですが、
上のビス生地がねっとりしているのと、
クリームがあるので、さほど気になる問題では、ありません。

実際に生地を食べてみて、
(嗚呼、これは“メロンのパン”ではなく、
 “メロンパン”だね、、。)
と、気付いた(すでに分かっていたくせに、、。)わけですが、
メロンパンみたいに、ずっしりした生地ではなく、
非常に軽く、ふっくら生地なので、
あまりメロンパンらしくは、ありません。

メロンパン嫌いなわたしでも、問題なく食べられます。
良かったです。

上のビス生地は、ねっとり、しっとりとしています。
食感は、しゃりしゃりしています。

しかし、お口の中で、このしゃりしゃりが、
粉々に変化します。

メロン風味も、微か~~~~に、するか、
それともしないか、くらいのレベルなので、
このビス生地の存在すら、どうでもいい
と云った感じです。

乗せるべきか、やめるべきか
 それが問題だ。」
と、ハムレットが悩んでいたら、
乗せなくていいじゃん。」
と、そっと囁いてあげたいです。

ヤマザキ--夕張メロンクリーム&ホイップ。


中のクリームは、下のほうに夕張メロンクリームが入っていて、
のちに、生地の上からホイップが注入されたことが伺えます。

しかし、このホイップ、、。
激しく寄っていますよ、、、。

どうやら、注入ポイントを、誤ったようです。
弓道で云うなら、的の中心を外してしまったようです、、。

どうやら、進級試験には、合格出来なかったようです。

夕張メロンクリームは、とってもねっとりとしています。

それでいて、まったり、ぷにぷにで、
カスタードクリームのような食感です。

お口の中で、クリームがねとねと口腔内を占拠します。

この食感が、生地のもっさり感を幾分か、
解消してくれています。

いちど口にしたら、“さそり座の女”の如く、
地獄の果てまでついていく、と云った感じです。

まさに、
♪いのち、いのち、いのちがけ~よ~♪
です(?)。

さそり座の女とねっとりクリームには、
お気をつけください。

食感も素晴らしいのですが、
メロンの味も、食感を超越しています。

もう、濃厚、濃厚、ですっ!
これでもかっ!と云うくらい、赤メロン風味が濃厚ですっ。

この赤メロン風味が食べていくうちに、
洋酒のような香りになり、
鼻からずんっ!と抜けていきますっ!

先日、更新を1日休んでしまったのは、
ちょっとばかり、他県に出張に行っていたのと、
花粉症が酷くて、パソコンに向かう体力がなかったからです。

そのときのわたしの鼻腔は、
くしゃみと云う、防御反応による産物の鼻汁によって占拠され、
さそり座の女の♪地獄の果て♪ではなく、
鼻腔の果てまで汁だらけだったわけです。

しかし、昨日は雨と云うこともあり、
いささか鼻腔は渋滞緩和され、
メロンの香りも嗅げるくらいになったわけです。

あのまま、汁に占拠されたままだったら、
この香り豊かな赤メロンの香りを楽しめなかったことでしょう。

食べ物は、五感で楽しむものです。

よって、この季節、鼻が正常に機能しないのは、
菓子パンライフに多大な損害を与えるわけです(?)。

桜を楽しむ一方で、早く初夏にならないかと、
皐月の訪れを待ち焦がれるのです、、。

そんなこんなで、なんとか機能回復した鼻で、
じっくり赤メロン風味を堪能したわけです。

ヤマザキ--夕張メロンクリーム&ホイップ。


先日、同じヤマザキの“夕張メロンクリームパン”を食べたのですが、
食感も味も、似ていると云うか、ほぼ同じです。

もしかして、皿まわし、ではなく、
使いまわしってやつですか?

いずれにせよ、双方とも美味しいので、
指摘はしても、文句はありません。

しかし、この夕張メロンクリーム&ホイップのほうが、
味が強い
気がします。

ずんっ!と、味覚を刺激するような、
強い赤メロン味
です。

甘さも少し強めですが、
生地にほとんど味がないので、さほど気にはなりません。

一方の片寄っているホイップですが、
ほわほわした食感で、6分立てくらいの少々柔らかめのホイップです。

ミルク味がよく効いていて、
メロン味の強い味を、なだめるように、
優しく包んでいるような感じです。

はじめ、ホイップがメロンクリームを邪魔してはいないだろうか、
と心配していましたが、まったくそんなことはありません。

むしろ、ナイフみたいに尖って、
15で不良と呼ばれたメロン
を、
♪ララバイ、ララバイ、おやすみよ~♪と、
子守唄を優しく歌ってあげている母の如く、
メロンをミルクが抑えています。

♪あっあ~、分かってくれとは云わないが~♪

そんな風にすべてを突っぱねていたメロンでしたが、
ミルクの存在が、メロンを暴走の道から戻してくれたようです。

しかし、いかんせん、ホイップの位置が、
片寄り過ぎです、、。

メロンクリームの半分は、
♪ララバイ、ララバイ♪で、まろかやだったのに、
それを過ぎるとまた、メロンは、
♪盗んだバイクで、走り出し~♪
と、また暴走をはじます、、。

15歳とは、なんとも不安定な年齢です。

いちど、ホイップによってこころを落ち着かせたと思いきや、
ホイップの助けなしでは、やはり、
精神の安定を保つことは、出来なかった
ようです。

ホイップもホイップで、“最後”までクリームを見守るべきです。
はじっこまで、クリームを包んであげるべきだったのですっ、、。

“中途半端”は、かえってメロンクリームのために、
なりません。

クリームのためにホイップは、
地獄の果てまで、ついていく~♪
くらいの覚悟が、必要なのです。


購入価格:122円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★★☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

モンテール--ミルクの手巻きロール。  | home |  のっぽパン--宇治茶(4月発売・今春限定。)