FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年04月23日[Sun]

木村屋--ブルーベリー&カスタードパイ。

木村屋--ブルーベリー&カスタードパイ。


木村屋、4月の新作。
抹茶に飽きて、ブルーベリーを選んだものの、、、。

美人は、3日で飽きる。
抹茶は、3日で飽きる

と云うわけで、抹茶は好きなんですが、
流石に3日連続して食べると、
「もう、勘弁してください、女王さまっ!」
と、日本人なのに、エリザベス女王にでも、懇願したくもなるってもんです。

あ、そう云えば、わたしがヨーロッパにいたときのルームメイトは、
エリザベス女王の女中をしていました。

そんな彼女は、日本茶が好きでした。

って、それはどうでもいいのですが、
あれだけ、抹茶の菓子パンを数多頂いても、
まぁ~だ、他の抹茶の菓子パンは存在します、、。

今日は、木村屋の菓子パンが食べたかったので、
ふだんはあまり行かない、生協系のスーパーに行ったわけです。

いままで、他店では見かけなかった抹茶の菓子パンが、
「あ、ここです、まだ、生きていますよっ!」
と、云わんばかりに、菓子パンの棚に、
陳列されているでは、ありませんか、、。
(ちなみに、ヤマザキです、、。)

(あ、、。そっ、そうですかっ。まだ、ご健在で、、、。)

折角、わたしに向かって、生存を主張しているのだから、
手に取らないわけには、いきません。

(ほほう、、。なんか、袋の色からして、
 渋さが伝わってくるねぇ~。)

と、興味を持ってみるものの、レジへ持っていくこともなく、
そのまま元の位置へ、戻してみました。

「ええっ!ちょいと、旦那っ!
 あっしを、見捨てるって云うんかいっ!!」

抹茶の菓子パンから、哀しみの悲鳴が聞こえてきます、、。

しかし、わたしにはもう、
抹茶を救出する食欲は、残されていません

♪違うっ、違うっ、抹茶じゃ、抹茶じゃあ、な~いっ♪

と、いくら抹茶が否定しても、
いまさらジロウ”ってやつです。

♪たとえ~、どんっなに、腹がぁ減っててもぉ~、
 おまえは~オレの、最後の~、抹茶ぁ~♪

いくら、譲二がマツケンの結婚式で、
誰にも頼まれていないのに、熱唱したとしても、
もう、抹茶の菓子パンは、最後にして頂きたいものです。

譲二のみちのくひとり旅も、最後にして頂きたいものです。

木村屋--ブルーベリー&カスタードパイ。


甘酸っぱくてフルーティーなブルーベリージャムと
 まろやかなカスタード風味のクリームを包みました。”

ブルーベリーの菓子パンは、別段珍しくもありませんが、
抹茶ばかり食べていると、不思議と新鮮に感じます。

先日、久しぶりに明菜さまをドラマで見ましたが、
お母さん役をやるなんて、とっても新鮮に感じました。

♪母親じゃないの、わたしはっ、はっはぁ~、
 ド~ラマと云ってるじゃないの、ほっほぉ~♪

ひぃっ!
ごめんなさいっ、明菜さまっ!!

さて、パイ生地は久方振りに頂くのですが、
このブルーベリー&カスタードは、
これぞっ、パイッ!!”
と云う感じです。

♪なんてたって、パ~イ~、
 なんてたって、パ~イ~♪

生地は、凄い、サクサクカリカリです。
いや、もはや、サクサク、カリカリを超越しています。

ザクザク、ガリガリですっ!
ガンダムのザクとガリガリくんが、合体したようなものですっ(?)。

ザ~クガ~リくん♪、ですっ。

しかし、ザクガリくんでガンダムに対抗しようとしても、
どうやら両者の合体は、もろはの剣だったようです。

ザクガリくんにパクッとかぶりつくと、
生地がぼろぼろ、ぼろぼろ、こぼれてしまいます、、。

ザクガリくんから、ぼろぼろくんへと、
変化
してしまったようです、、。

わたしのお口へ“実”を呈して攻撃した代償に、
生地がぼろぼろになる、と云う、自虐的な結果に、陥ってしまいました。

ドラクエだったら、もろはの剣を装備すると、
♪ジャンジャラ、ジャンジャラ、ジャンジャラ、
 ジャンジャラ、ジャンッ、ジャンッ♪
と、呪いにかかったことが、判明します。

その場合、シャナクで呪いを解くか、
教会に行って、神父さんに解いてもらうしか、ありません。

しかし、このパイ生地の場合、
誰ももろはの剣の呪いを、解いてはくれませんでした、、。

そして、その第2の犠牲に遭ったのが、
この独身おんなってわけです。

テーブルに、ティッシュを1枚敷き、
約20cm×20cmの範囲内にぼろぼろが収まるよう、
ティッシュの真上に顔を配置し、
ぼろぼろに何とか対応します、、。

そして、
「アムロ、行きますっ!」
ではなく、
「独身っ、食べますっ!」
と云う心意気を持って、パイ生地に喰らいつきます。

食べ終わったあと、このぼろぼろでもう1つ、
パイが作れるのでは?と思うくらい、
ぼろぼろで一杯になりました、、。

まあ、それはいささか大袈裟な感はありますが、
ガリザクの生地には、それなりの代償を払わなければならないってわけです。

そんな、こころまでぼろぼろになってしまいようなパイ生地ですが、
お味のほうは、これまた、シンプルです。

シンプル、です、、、。

甘さが一切なく、いや、微塵もなく、
油っぽさはも、皆無
です。

油の場合、ないに越したことはありません。
されどっ、甘さがまったくない、と云うのは、
これまた、切ないものが、あります、、。

♪切ないのよ~、このパイ生地~、
 甘味がない~、間違えてる~♪

桃色吐息ではなく、独身吐息が出てしまいます、、。

いくら、甘いのが苦手なこの独身おんなでも、
まったくない、と云うのも、受け入れ難い、現実です。

ダイエット中の人だって、
ある程度満足するためには、適度な糖分だって肝要です。

これじゃあ、食べ終わったあと、
甘いものが食べたくなる
ってもんです。

人はそれを、悪循環と云う。

「ねえ、最近ヒロシったら、あんたの前に現れないじゃない?」
「そうなのよ~。
 さんざ、甘いことばでわたしに云い寄ってきたくせに、
 ここ最近、めっきり連絡してこないのよね~。」

「良かったじゃないっ。あんた、ヒロシのこと、
 目障りって、云ってたじゃない。」
「そうなのよ~。
 でも、急に甘いことばを聞かなくなると、
 それはそれで、物足りないってもんなのよね~。」

これが、ヒロシの策略です。

こうやって、まんまとヒロシの甘い術中に、
はまってしまうってわけです。

ヒロシと甘味の誘惑には、気を付けたいものです。

木村屋--ブルーベリー&カスタードパイ。


そんな、策略溢れる、
姫路城のように強固なパイ生地に囲まれているのが、
ブルーベリーとカスタードです。

まず、ブルーベリーから、おさらいです。

袋によると、
甘酸っぱくてフルーティー
と、書かれています。

それでは早速、
この謳い文句の矛盾を追及してみたいと思います。

甘酸っぱい”と云うのは、
わたしの記憶が確かならば、
酸いと甘いが混在していることを意味します。

しかし、このブルーベリーの場合、
酸い”が抜けております。

残念ながら、酸いと甘いは、
仲違い
をしてしまった模様です。

甘ぁ~いっ!”が、元カノと、
ホテルで密会
をしていた模様です。

そして、“酸い”は、そんな“甘ぁ~いっ!”にカンカンになり、
別れを決心したようです。

“酸い”に捨てられ、
“甘ぁ~いっ!”だけになってしまったブルーベリーは、
なんとも、頼りない、人工的な味です、、。

「おいっ!なんだ、この紫のジャムはっ!」
「ああ、お隣の松井さんが、アメリカ土産だって、
 くれたのよ。」

「へえっ!それにしても、これ、旨いなぁ~っ!
 もっとないのかっ?」
「なんの材料かよくわからないから、
 味を思い出して、あれこれ混ぜて作ってみたのよ。
 食べてみてっ。」

「うわっ!なんだ、これっ!
 松井さんのジャムと、全然違うぞっ!
 なんか、いかにも代用品で作ったって云う味がするぞっ!」

残念ながら、松井さんのお土産のジャムを再現することは、
不可能のようです。

この、人工的な風味は、
ちっとも“フルーティー”では、ありません

だって、ブルーベリーらしく、ないんですものっ!
って云うか、ジャムっぽく、ないんですものっ!!

わたしの記憶が確かならば、
ジャムの食感は、とろとろ、じゅるじゅるの、
水々しさ
が、あります。

いまをトキメク、エビちゃんや押切もえさんのような、
若々しさが、あります。

しかし、このジャムは、ぽそぽそ、しています、、。

すっかり水分が蒸発し切ってしまい、
かさかさで、べとべとな食感です、、。

まるで、潰して暫く室外に放置していたゼリーみたいです、、。

これでは、エビちゃんと押切もえさんと同年代なのに、
めっきり若さがなくなってしまった、独身おんなのわたし、のようです、、。

自虐的なパイ生地を食べたがために、
わたしまで、自虐的になってしまいました、、。

木村屋--ブルーベリー&カスタードパイ。


次に、カスタードのおさらいに行きましょう。

まろやかなカスタード風味の
と書かれています。

わたしの記憶が確かならば、“まろやか”とは、
口当たりがよく、丸いやさしい味、を意味しています。

しかし、このカスタードは、ぽそぽそ、です。

いやっ!
このカスタード“も”、ぽそぽそ、です、、。

ブルーベリーとカスタードの、ぽそぽそ協奏曲です。

とても、耳障りが悪く、聴いているだけで、
不快になっていきます。

しずかちゃんのバイオリンと、
ジャイアンの歌を同時に聴いて
いるような感じです。

ジャムもジャムらしからぬ、食感でしたが、
このカスタードも、負けず劣らずです。

まさに、土俵際の戦いです。

カスタードも、水分がすっかり抜け、
ぽそぽそを超越し、ぼそぼそ
、です、、。

あと3分くらいしたら、“炒りたまご”に変化しそうです、、。

この食感は、まるで、
3日くらい室外に放置して、蒸発し切ったプリンみたいです、、。

もはや、プリンプリン、していません。

そんな、ぽそぽそ2兄弟のジャムとカスタードですが、
量が、少ないです、、。

「母さんっ!
 昨日のカレー、まだある~?」
「ああ、さっき母さんが食べちゃて、
 もう、お鍋にこびり付いている程度しかないのよ~。」

しかし、そこは節約上手な母さんです。

お鍋をかりかり、がりがりおたまで引っかき、
ごりごり、残りのカレーをかき集め
息子に出してあげたではないですかっ。

息子、唖然です。

「母さん、これ、量少ないし、
 水分抜けて
るよ、、。」

そんな息子に発言に、母さんはキレてしまいました。

お前に喰わせるカレーは、ねぇっ!!」

木村屋--ブルーベリー&カスタードパイ。


母さんは、そんな調子で、
瓶の隅っこに残ったブルーベリーと、
てんぷらで使用して残ったたまごと、
息子が朝食で飲み残した牛乳を合わせ、
カスタード
を作り、甘さ控え目と称し、
お砂糖を節約し、まったく入れなかったパイ生地に、
包んで焼いてくれました。

「母さん、このパイ、甘味しないし、
 ジャムとカスタードも少ないよ、、、。」

すると、母さんはまたもや、キレてしまいました。

お前に喰わせるブルーベリーは、ねぇっ!!」
お前に喰わせるカスタードも、ねぇっ!!」

お前に喰わせるパイも、ねぇっ!!!」

3連続です。

巨人の3連勝より、母さんの3連キレの方が、
息子に与える衝撃は、大、ってもんです。

ジャム、カスタード共に、量が著しく少ないがため、
お口の中は、パイだらけ、です、、。

パイ、まっしぐら、です。

どこから頂こうと、パイの呪縛から、逃れることは出来ません。

ジャムの場合、
「嗚呼、なんとなくいま、ジャムの味がしたね~。」
と、思いきや、
「嗚呼、ジャムは、まぼろしに終わったよ、、。」
と、パイ支配に、愕然とします、、。

カスタードに至っては、
「あれ、カスタード、どこ行った?」
と、完全に、パイの圧力に完敗したカスタードに、
わたしまで完敗です、、。

126円と云う、菓子パンにしては高額の割に、
この味っすか、、。

「お前を喰らう、胃液は出ねぇっ!!」


購入価格:126円。

【栄養成分表(1個あたり)】
エネルギー:410kcal
たんぱく質:5.3g
脂質:25.6g
炭水化物:39.7g
ナトリウム:222mg


【オススメ度:☆☆☆☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--宇治抹茶&小倉(季節のサンドロール)。  | home |  フジパン--白いふんわりロール カフェオレクリーム。