FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年04月27日[Thu]

フジパン--バナナ一本。

フジパン--バナナ一本。


流石、菓子パン業界の異端児!?
食べずにはいられない、一本ですっ!

昨日は、お昼ギリギリまで、ちょっとした作業をしていたため、
気が付いたら、菓子パンを買いに行く時間がなくなっていました、、。

しかし、昨日はあらかじめ、この“バナナ一本”を買う、
と、計画をしていたので、時間がないと云う理由で、
突然の変更をするわけには、いきません。

ラブストーリーは突然でも、計画は突然とはいきません。

(くっそ~。あと25分しか、時間がないっ!)

数日前、この“バナナ一本”を某スーパーで見掛けたとき、
購入するかどうか、さんざ迷いました。

そのとき、すでに他の菓子パンを他店で購入していたので、
ここで“バナナ一本”を、
「よっ、そこの姉ちゃんっ!一本買ってきなっ!」
「おやじもなかなか商売上手だね~。
 じゃあ、一本買ってくか~。」
と、すんなり買うわけにもいかなかったのです。

おやじとわたしの仲を裂くものは、
すばり、消費期限でした。

わたしの中で、菓子パンは購入してからなるべく2日以内に食べる、
と、決めているため、すでに2つ購入済みであるこの独身おんなが、
この“バナナ一本”を手に取るわけには、いきませんでした、、。

そんなこんなで、後日、絶対に買うぞ!と、決めていたのですが、
昨日はつい、お昼のことなど忘れて、作業に没頭してしまったのです、、。

急いでジャケットをお財布を用意し、
チャリんこにまたがって、スーパーに向かうわたしの頭には、
この“バナナ一本”で満載だった、わけではなく、
なぜか、キューピーたらこスパゲティのCMソングが、
エンドレスで流れていたのです、、。

あの、たらこがくるくる回転するのに合わせ、
わたしの両足も、くるくるペダルを漕ぐ
って、わけです。

不思議と、たらこのリズムに、
チャリんこを漕ぐリズムがナイスに合う
のです。

以前、テレビ番組の企画で、
ある駅に電車が到着したときに、F1のテーマ曲と、
クラシックを流したら、人はどのような行動をするか、
と云う実験をやっていましたが、
F1の曲だと、乗客はテンポに合わせて、もの凄く急いでいたのですが、
クラシックだと、みんな落ち着いて乗り降りをした、
と云う、実に面白い結果となりました。

そんな感じで、わたしも昨日はと~っても急いでいたので、
たらこの曲が助けとなり、移動から購入、帰宅まで、
およそ15分で、済んでしまったのです。

なぜ、その時のBGMがたらこのCMソングだったのか、
それはわたしにも分かりません。

しかし、この曲が、ペダルを漕ぐリズムを一定にし、
また、丁度よいテンポで漕げたことは、確かです。

お急ぎのときは、是非とも、たらこの曲をBGMにしてみてください。

(持久走やマラソンにも、いいですよ。)

フジパン--バナナ一本。


“たっぷりのバナナクリームを生地で包み、
 バナナ風のパンにしました。”

いやぁ~、、。
まいった、、。

先日、同じくフジパンの“季節のサンドロール バナナ&ミルク”にも、
軽い衝撃を受けましたが、この“バナナ一本”には、
そのさらに上をいく、驚愕至極ってもんです、、。

バナナを菓子パンにしようと云う心意気にも、賞賛したいところですが、
まさか、バナナを連想させるようなパッケージをデザインし、
ネーミングも“バナナ一本”と云う、実にシンプルながら、
強烈
なものにしようとは、これは、バナナに一本取られました、、。

試合開始、わずか5秒、
大外刈りで一本
を取られた感じです。

この大技は、金メダリスト、柔ちゃんでも、
かわすことはことは困難でしょう。

そんなこんなで、この独身おんなも、
この“バナナ一本”との出逢いから、わずか1秒余りで、
大外刈り
を喰らったわけで、この出逢いを見逃すと云う行為は、
即、大殺界行き(?)になるわけで、、。

一本取られて、敗北を喫するのに、
見逃したとしても、その先は大殺界です。

一度見たら、もう最後。
これは、云わば、菓子パン界の、メドゥーサです。

目を見たら、石にされるよ、メドゥーサに。
見逃せば、大殺界だよ、数子ちゃん(?)。

あっ!
そう云えば、2日前、いちど、この菓子パンを目にしておきながら、
即、購入しなかった
んだったっ!!

しまった、、。
大殺界に、入ってしまった、、、。

気付いたら、大殺界だよ、数子ちゃん(??)。

昨日、ごみ箱の蓋を開けたら、爪が割れてしまったのは、
このせいだったのか、、、。

嗚呼、恐ろしや、大殺界、、。

大殺界を抜け出すには、
“大元”を喰らってしまえ、と云うわけで、
早速、細木数子、ではなく、バナナ一本を頂きましょう。

バナナの、ナイスデザインの袋から、
生地を取り出そうとすると、なかなかその姿を現そうとしません

逆さにして、軽く、“ふんっ!”と振ってみても、
生地は袋にひっついて、出てこようとはしません。

♪キ~ッスは、い~やと云っても、
 は~んた~い(反対)~の~、意味よ~♪

イヤよ、イヤよも、好きのうちってやつです。

しかし、女性からの“イヤよ”が、ほんとうに“イヤよ”なのか、
“好きのうちのイヤよ”なのか、判断するのは困難です。

いいように受け止め、強引な行為に出てしまうと、
それは刑法に引っ掛かりますので、ご注意ください。

この生地の場合は、おそらく後者だと思われますが、
流石、この独身おんなから一本を取っただけはあって、
しばし、“ふんっ!”と、振ってみても、
生地と袋の関係は、結構な間柄のようで、、。

視床下部の、欲望むき出しのままに、
ちからにまかせて生地を振ってしまうと、生地が、
バナナ、行きますっ!」
と、“ホワイトベース”から、ガンダムの如く、
勢い良く、出動してしまいます。

ガンダムの場合、そのまま空中を飛んでいられる機能が備わっていますが、
バナナ一本の場合、残念ながら、ハイテク使用では、ありません。

そのため、ホワイトベースから飛び出ると、
そのまま地面にべちょっ!と、叩きつけられ
「これが、ほんとうの“バナナの叩き売り”だよ。」
なんて、冗談を云っている場合ではなくなってしまいます。

かと云って、袋から、強引に生地を取り出そうとすると、
生地が指の圧力に根負けし、凹んでしまうことも、重々考えられます。

この圧力は、木村建設からの姉歯容疑者への圧力とは、
比べようとないほど、強力なものと云えるでしょう。

「弱い自分が、いました、、。」

生地も、そう云わずには、いられないことでしょう。

いよいよ、耐震偽造問題にメスが入ったところで、
わたしもガサ入れの如く、生地をなんとか押収したわけですが、
かたちは、バナナのように湾曲しているわけではなく、
まるで、まぼろしの未確認生物、“ツチノコ”を連想させるような、
平べったい生地となっています。

ツチノコは“まぼろし”なので、わたし自身も見たわけでもなく、
あくまで、世間的な想像上のものでしかありませんが、
なんとく、ツチノコを思い出さずには、いられないってもんです。

♪I can stop、the ツチノコ~♪

ツチノコがとまらない、です。
いや、妄想がとまらない、でしょうか、、。

フジパン--バナナ一本。


そんな、ツチノコのボディチェックをするかの如く、
生地を引っくり返してみると、ビス生地によって、
覆われている
ことが伺えます。

(こっ、これは、メロンパン風、ですか、、?)

メロンパン風である、と云う文言はありませんが、
この見た目は、メロンパンを想像せずには、いられません。

メロンパン、、。
それは、わたしの苦手な、食べ物のひとつです。

これは、メロンパンでないことを、祈るしかありません、、。

生地からは、バナナの熟した香りが漂ってきます。

先日の、“バナナ&クリーム”も、
熟したバナナの香りがしましたが、
こちらの場合、もう少し“気の利いた”、
まろやかな香り
がします。

ビス生地は、しっとりタイプで、柔らかいです。

ぺとぺと、までは行きませんが、
しっとりとしている割には、いささかぽそぽそしている感は、
否めません。

つまり、原子(表面)はしっとりとしているのに、
分子がぽそぽそしているがために、
お口の中で原子がほどけて、分子が現れると、
ぽそぽそしてしまう、そんな感じを受けます。

これはもう、単なる生地の問題ではなく、
細胞単位の、問題です(?)。

お味のほうは、残念ながら、バナナの味はほとんどしません
これはいわゆる、“飾り”と、云えるでしょう。

“真珠の首飾り”ではなく、
バナナの生地飾り”、です。

一方の、下の生地の食感は、パサパサ気味で、
ふかふかしていて、もそもそしています、、。

この、両者の食感は、まさに、メロンパンです、、。

わたしがメロンパンを苦手とする一番理由は、
この、ぽそぽそ、もそもその食感です。

この食感が、お口の中で占拠されると、
こころなしか、水分まで吸収されてしまうようで、
どうも、受け入れ難いです、、。

これは、まさに、キリストの受難です(?)。

いくら、イエスさまだって、このぽそぽそ、
もそもそは、甘受することは出来ないでしょう。

ユダは許せても、ぽそ、もしくは、もそは、
許せない
ってもんです。

“目には目を、ぽそには、ぽそを(?)”、
と云うことで、軽く生地に、罰を与えてみました。

フジパン--バナナ一本。


中からは、ヒヨコ色の、淡い黄色いクリームが、
姿を現しました。

そして、まあ、よくありがちなことではありますが、
これまた、クリームは片寄っています、、。

♪バナナの、バナナのクリームは~、(チャンチャン)
 左よっり~♪

“クリームは~”、の部分は字余りなので、
上手い具合に、メロディーに合わせて頂きたく、思います。

袋には、“たっぷりのバナナクリーム”と書かれていましたが、
これでは、たっぷりとは、云えないでしょう。

菓子パンにおける、“たっぷりの定義”が、
どのようなものかは、わかりかねますが、
わたしの中での定義は、生地との比率が、
6:4くらいが、適切かと、勝手に決めています。
(生地6、クリーム4。)

バナナクリームの、やさしい淡い色とは裏腹に、その食感は、
ねっとり、まったり、も~ったり、ブルド~ッグッ♪
です(?)。

これは、カスタードをほうふつとさせる、ねっとり感です。

この食感は、単独行動をすると、
倒しても、倒しても、翌週には再び登場する“ショッカー”の如く、
お口の中を執拗にまとわりつきます。

しかし、このバナナ一本に至っては、
不幸中の幸い(?)と云えます。

ねっとりショッカーが、ぽそぽその生地と相成ると、
結果、メロンパンのような食感が、ほとんど気にならなく
なるのです。

生地のみだと、メロンパンですが、
クリームが加勢すると、クリームが生地を上手い具合に包み込み、
ぽそぽそがコーティング
されます。

クリーム、ナイスフォロー、です。

フジパン--バナナ一本。


そんな、クリーム界のDF、バナナクリームですが、
お味は、バナナ一本!ではなく、まろやかなたまごの味が効いています。

バナナ&ミルク”の場合、バナナ強烈ぅ!、でしたが、
このクリームは、たまご風味がバナナの暴走を戒め、
そして、やさしく手を差し伸べて
います。

バナナの単独行動のみだと、“バナナ臭く”なってしまい、
トロピカルと炭水化物のミスマッチが露出してしまいます。

しかし、そんな両者の間を取り持っているのが、
たまご、と云うわけです。

仲人さん、です。

昨今の結婚は、仲人さんを立てないと聞きますが、
このクリームの場合、仲人さんがいてこそ、成り立つ関係と云えます。

仲人さんによって、ようやく結ばれたクリームですが、
周囲の心配とは裏腹に、熱々の、甘ぁ~い、ナイスカップルです。

ビス、および下の生地は、甘味がほとんどありませんが、
このクリームの熱々な甘さが、生地の欠陥を埋め、
結果、全体の甘さが適度
となっています。

「この幸せを、わけてあげたいです~!」

そんな感じで、クリームは、
甘さを生地におすそわけ
してあげています。

栗原さん家のおすそわけ”ではなく、
“クリームさん家のおすそわけ”、です(?)。

このクリームの味なら、たとえメロンパンみたいな生地でも、
なんら気にすることなく、頂けるくらい、とっても美味しいですっ!

クリームのねっとりと、ナイスなお味によって、
ぽそぽその生地はカバーされましたが、
生地のもっさり感は、解消出来る問題では、なかったようです、、。

この、もっさりと、クリームのねっとり、がプラスされると、
お口の中でもぐもぐして、ごっくん、と溜飲すると、
喉のところで、“もっそぉ~”と云う、
生地+クリームが通過する感触
が、
ひしひしと伝わってくるのです、、。

「わたし、実は、、、、。」
「、、、なんだよ。
 云いたいことがあるんだろっ?
 なんでいつも、そうやって、ことばを飲み込むんだっ。」

云いたいことを飲みことむと、
喉のあたりが、非常に不快になるってもんです。

そんな感じで、このバナナ一本も、
喉を通過する際、いささか不快な感触がするのです。

これは、寝技、30秒で一本、と云った感じでしょうか。

もっさり+ねっとりばかりは、試合開始5秒で、一本っ
とは、云えないようです、、。


購入価格:128円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★☆☆(3.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック モカホイップ&カラメルラテ。  | home |  サークルKサンクス--メープルクルミブレッド(DeliPlusBakery・山崎製パン)。