FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年05月13日[Sat]

Pasco--誠 クリームパン。

Pasco--誠 クリームパン。


残念ながら、梅宮アンナさんでも、
誠意を感じることが、出来なかったようです、、。

誠意、情熱、熱意など、
己のこころ意気を表現、示すことは、
容易なようで、意外と難しいことだったりします。

数年前、誠意大将軍、羽賀研二さんは、
多額の借金を抱えながらも、愛する梅宮アンナさんとの結婚に向け、
一生懸命、アンナパパに誠意を示そうと努めました。

しかし、残念ながら、アンナパパにも、アンナさん自身にも、
羽賀さんの誠意は伝わらず、誠意大将軍に任命されることは、
ありませんでした。

時代はさかのぼり、1800年代、
誠の名のもとに、京の町を守ろうと、
浪士たちが結集し、新撰組が結成されました。

だんだらの羽織をまとい、攘夷派たちを成敗していった彼らですが、
慶喜によって、幕府から朝廷に政権が返還され、
事実上、江戸幕府が終焉を迎えると、彼らは、
官軍に追われ、そして、守ってきたはずの幕府にも見捨てられ、
結局、彼らの誠の思いは、幕府にも新政府にも、伝わることは、
ありません
でした。

もしかしたら、思いが強ければ強いほど、
相手にとっては、別のかたちで映ってしまうのかもしれません。

人はそれを、からまわり、と云います。

しかし、誠意がたくさんの人に伝わらなくとも、
しっかと思いを受け止めてくれる人は、必ずいるはずです。

羽賀さんも、時間がかかりましたが、
宝石販売業として、お客さまに誠意を伝え、成功しているようです。

そして、新撰組も、かたちとして消滅してしまっても、
こうして、平成の世になっても、彼らの誠の思いは日本人のこころに、
しっかと受け止めら、伝えられています。

誠意とは、熟成されるものなのかも、しれません。

すぐには結果として現れなくても、
必ず、いつか、その思いが伝わり、理解されるのです。

いまは、からまわりでも、誠意を持ち続けていれば、
きっと、思いは花を咲かせることでしょう。

そのときはじめて、人は誠意大将軍になるのでしょう。

Pasco--誠 クリームパン。


誠心誠意心を込めて一つずつ手包みしています。”

昨日の“誠 あんぱん”に引き続き、
今日は“誠 クリームパン”です。

誠あんぱんは、小豆の存在感が強く、
食感もしゃりしゃりで、たいへん風味もよく、
あんこが苦手なこの独身でも、丸々1個、頂くことが出来ました。

そんな誠あんぱんに、強い誠意を感じることが、出来ました。

さて、誠クリームパンは、あんぱんのような誠意を、
どのように表現しているのでしょうかっ。

誠あんぱんもそうでしたが、非常に長い説明書きがされているので、
要点だけ、挙げてみたいと思います。

“バター、北海道産の生クリーム、たまごを使用した生地に、
 北海道牛乳、たまごのなめらかなカスタードと、
 とろけてあっさりするカスタードにバニラビーンズが入って、
 絶妙なハーモニー。”

要は、一生懸命作りました、と云うことでしょうか。
(いや、違う。)

まず、生地ですが、一般的なクリームパンと云うのは、
生地の表面がつるつるしていて、てかてかしています。

クリームパンマンでも分かるように、
平たくて、切れ込みが入っているものが、
“ザ・クリームパン!”と、わたしたちには認識されています。

しかし、この誠クリームパンは、
生地の表面が、なにやら、ざらざらしています。

一見すると、フランスパンのようにも思えますが、
フランスパンのようなかたさは、ありません。

昨日の、誠あんぱんのような、しっとり、むっちりの生地とは異なり、
いささか、ぱっさりしている感は、否めません。

誠あんぱんは、もっと、生地がジューシーで、
ぎっしり詰まっている感じを受けましたが、
こちらは、少々生地が粗めで、ふわふわ、軽い食感です。

むっちり、お色気ムンムン(?)の倖田來未さんと云うより、
どこか、やさしい、ふんわりとした、お嬢さまのような印象の、
太蔵議員の新妻を連想させる、クリームパンの生地です。

「大好きで、、、大好きで、、、。」

太蔵議員なら、この生地が少々ぱっさりしていても、
“大好きで”と云って、すべてを受け入れることでしょう。

そして、そこには“何の哲学もない”、のでしょう。

そんな、太蔵議員も思わずブログでのろけたくなる、
誠クリームパンですが(?)、
生地からは、バターのコクを感じることが出来ます。

ホテルの朝食でよく出る丸いパンに、バターをつけて食べると、
こんな味だったな~と、どこからか、そんな記憶がよみがえってくるお味です。

袋には、“生地に生クリームとたまごをたっぷり使った”と書かれているので、
もっと、ヘビーな生地なのか、と思いきや、
そんなに、生クリームのコクを感じることもないし、
たまごの風味等も、感じることは、ありません


むしろ、昨日の誠あんぱんの方が、ヘビーな感じを受けましたが、
こちらのクリームパンは、対称的に、バター風味が効いた、
あっさり、ふわふわのライト級です。

よく、黒いサングラスをかけ、一見すると強面を演じている男性がいますが、
そういう方に限って、実は、とっても目がチャーミングで、
やさしかったりするのです。

ナイフみたいにトガッてみても、
♪あっあ~、分かってくれとは云わないが~♪
と、実は、分かって欲しいものなのです。

そうやって人は、本当のこころ内を隠そうと、
対照的な仮面をかぶる
のかも、しれません。

人はそれを、ペルソナ、と云う。

そんな、誠クリームパンの、ペルソナをはがし、
こころの内を、確かめてみようと、生地を半分にカットしてみました。

Pasco--誠 クリームパン。


「やばいよっ、、、!やばいよっ、タモリさんっ!!!」

ほんとっ、やばい、ですっ!!
えっ?何が、やばいかってっ!?

坂上次郎さんではありませんが、
垂れますっ、垂れますっ!!”、ですよっ!!

(あ、あれは、“飛びます”か、、。)

カットして、ぱかっと、生地を開いていると、
中のカスタードが、どっろ~~ん、と垂れてくるでは、ありませんかっ!

この、カスタードの垂れっぷりに、
ひとり、慌てふためくのが、この独身です、、。

(嗚呼っ!どうしようっ、、!垂れるよっ、垂れるよっ~!!)

いくら焦っても、タモリさんはいいともの本番中なので、
この独身とカスタードの垂れを、救うことは、出来ません。

愛が地球を救っても、タモさんは独身を救ってなんか、
くれません。

これは、笑っている場合では、ありませんっ

早く、どうにかしないと、クリームが重力により、
垂れてしまいますっ!

カットした生地の半分を撮影しているあいだ、
もう片方の生地を、クリームが出ないように、
カット面を上にして、縦に置いていたのですが、
この独身、“おっちょこちょい”なため、
思わず、置いていた生地に、どん!と、触れてしまったのですっ!!

(嗚呼っ!!!カット面が、逆さになってしまったっ~~!!!)

生地は、独身が触れたがための衝撃で、半回転し、
クリーム部分が、下に敷いていたティッシュと、
その下のテーブルに、ついて
しまったのです、、、、。 _│ ̄│○

フィギュア界のアイドル、浅田真央ちゃんだって、
こんな半回転、出来やしませんよっ、、(?)。

しかし、不幸中の幸いで、倒れた瞬間、
マッハゴーゴーで生地を救出したので、
被害は最小限に留めることが出来ました。

タモさんが救ってくれないなら、
独身自らが、救うしかありません、、。

それが、ひとり身の宿命ってやつです、、、。

“救っていいともっ!~独身の、輪っ!~
明日のテレフォンショッキングは、羽賀研二さんです。
(そんなわけないっ。)

さて、そんな独身の愚かなひとり劇場はどうでもいいとして、
カスタードクリームですが、硬めとやわらかめの、
2層
と成っています。

一見すると、やわらかクリームが、どろっと垂れ込めているので、
その下の、硬いクリームの存在を、すぐに確認することが出来ませんでした。

やわらかクリームは、とろっとろ、じゅるじゅるの、
なめらかクリーム
です。

はじめ、生地がぱっさりしていると思いましたが、
このとろとろクリームのお陰で、生地のぱっさり感を、
ほとんど感じることは、ありません。

逆に、しっとり、むっちり生地だったら、
とろとろクリームとキャラがかぶってしまい、
上手いこと、ハーモニーが奏でられなかったのかも、しれません。

一方の、硬めのカスタードですが、
こちらはよ~く見ると、ちょっと白っぽいクリームとなっています。

袋によると、どうやら、
こちらのクリームに生クリームが入れられているようです。

食感は、上のとろとろとは、相反し、
ねっとり、まったり、ぶにぶに、です。

説明によると、“滑らか”クリームらしいのですが、
このねっとり感は、滑らかどころの騒ぎでは、ありません。

滑らかとは、その字の通り、滑るような、ソフトな食感です。

しかし、実情はねっとり、まったりで、
蝶のように舞わず、蜂のように刺すわけではなく、
プロレスでの曙のように、どぷんどぷん、と舞い、
小泣きジジイのように、ヘビーに舌に鎮座
します。

この、双方のクリームが相成ると、
ます、とろとろのクリームがじゅるっと、お口に流れ込み、
そのあと、ねっとりクリームが、どすんっ、と、
舌に鎮座します。

すると、ねっとりクリームが、一瞬のうちに、
とろとろクリームを飲み込み、お口の中は、
ねっとりによって、完全支配
されます。

とろとろクリームって、一体、、、、。

以前にもとろとろと、ねっとりの2種のクリームが入ったパンを頂きましたが、
結局、とろとろは、ねっとりに支配されるのが、オチです、、。

異なる食感のクリームって云ったって、
お口でもぐもぐすれば、ひとつになってしまうのです。

こうなったら、もう、とろとろも、ねっとりも、
あったもんじゃあ、ありません。

悟天もトランクスも、フュージョンすれば、
それはもう、個々の人間(サイヤ人?)ではなく、
悟天クス、なのです。

よって、とろとろも、ねっとりも、
フュージョンすれば、個々のクリームではなく、
ただの、いち、カスタードクリーム
になってしまうのです。

それだったら、はじめから、ひとつにしたほうがいいのでは、
と思ってしまうのは、わたしだけでしょうか、、。

Pasco--誠 クリームパン。


さて、とろとろクリームのお味ですが、
こちらは“あっさりした”と説明されていますが、
まあ、確かに、あっさりしているのですが、
あっさりし過ぎていて、たまごの風味を感じることが出来ません、、。

バニラビーンズが入っているわりには、
バニラ風味も、ほとんどしません

♪探し物はなんですか~、見つけにくいものですか~、
 たまご風味も、バニラ風味も、
 探したけれど、見つからないのに♪

これ以上探すよりも、踊ったほうが、
賢明なのかも、しれません、、。

そして、夢の中で、
♪ふふっふぅ~、あ~あ~♪
となったほうが(?)、ステキなのかも、しれません、、。

それでも、なんとか現実の世界で、
とろとろクリームを分析してみると、
なにやら、変な、人工的な風味がしてきました、、。

(こっ、これはっ、、、、。“バービー”の香りだ、、、。)

説明しようっ。
バービーとは、主に、幼い少女のあいだで人気の、
着せ替え人形のことである。

リカちゃん人形でもいいのですが、
とにかく、バービーと云うのは、においを嗅いでみると、
なにやら、いろんなものを合成した、変なにおいがするのです、、。

(あたしゃ、、バービーを喰っているんかい、、、。)

グッピーが共食いしても、
バービーは共食いしたくは、ありません、、、(?)。

一方の、ねっとりクリームですが、
生クリーム、と云うほど、重たくもなく、
また、濃厚でもなく、コクがあるわけでも、ありません、、。

むしろ、こちらのほうが、あっさしした風味のような気がしますが、
説明書きを読んでいると、どっちがどっちなんだか、
混乱してきます、、。

なんだか、この双方のクリーム、、、。
カスタードのようで、カスタードでない気がします、、、。

たまご風味もしないし、バニラ風味もしないし、
バービーだし、、、。

♪やめってぇ~、
 カスタード、じゃあ、ないなら~♪

辺見マリさんじゃなくたって、このカスタードなら、
思わずやめってぇ~、と云いたくもなるってもんです。

あんなに、バターのコクが効いていた生地だって、
結局は、カスタードによって、支配されるのだから、
バターの存在意義が、無いってもんです。

お前に喰わせるカスタードは、にぇっ!!」

こっちだって、お断りですよっ!!!
(キレてないっすよっ、、。)

あ、それは小力か、、、。

誠心誠意心を込めて一つずつ手包みしています。”

この文を読んでみると、一見、
誠意を持って造られたみたいに受け止められますが、
誠意が込められているのは、“手包み”と云う一製造過程であって、
味に直接関係することでは、ありません。

よく、こどもが作ったお料理を、
「○○ちゃんが作ったものなら、なんでも美味しいよ。」
と評するご両親がいますが、この場合、
こどもから両親と云う、個人に対しての誠意、
愛情
が込められているがため、両親は、
“なんでも美味しい”と感じるのでしょう。

しかし、市販の菓子パンと云う、
不特定多数に向けられた誠意、愛情と云うものは、
個人に対するものよりも、非常に伝わりにくい
ものがあります。

このことは、ロシアの演出家、スタニスラフスキーも、
“個人に向けたことばより、多数に向けたことばのほうが、
 こころが伝わりにくい”、と云っています。

そのため、一生懸命誠意を伝えようとしても、
思いが強ければ強いほど、からまわりしてしまう可能性があるのです。

しかし、いま、その思いがかたちとなって表れなくても、
諦めず、持ち続けていれば、羽賀研二さんのように、
いつか、誠意大将軍にだって、なれるのです。

まあ、そのころには、アンナさんが羽賀さんに一切未練がないように、
わたしも、この誠クリームパンには、未練を抱いていることは、ないでしょう。

「お前に対する未練は、にぇっ!!」


購入価格:125円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★☆☆☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--誠 あんぱん。  | home |  ファミリーマート--ふんわりメロン(こだわりパン工房・神戸屋)。