FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月02日[Fri]

Pasco--もちっとロール バナナ 6個入り。

Pasco--もちっとロール バナナ 6個入り。


Pasco、今月の新作っ!
なぜ、この時期にバナナなのか、、。

昨日のファミマの“レアチーズクリームサンド”のとき、
夏の菓子パンの運搬と保存に関する対処法をつづってみました。

太陽のパッションには、保冷バッグを使用すべし、
と云う、この夏のテーマを掲げ、100円ショップでバッグを購入したわけですが、
レアチーズ”の購入時、そのバッグを忘れると云う、
なんともおっちょこちょいっぷりを発揮したばかりと云うに、
昨日も、保冷バッグを忘れてしまったのです、、。

もう、ここまで来ると、
おっちょこちょいどころの騒ぎでは、ありません。

すっとこどっこい、とでも云うべきかもしれません。

もしかしたら、ドコサヘキサエン酸、通称DHAの不足から、
情報伝達物質がスムーズに細胞に伝わっていないのかも、
しれません。

小学生のころ、キャンプかなにかのレクリエーションで、
伝言ゲームをやった記憶がありますが、
たいてい、中間あたりで正しい情報と云うのは中途半端にねじまげられ、
結果、とんちんかんな情報が最終者に伝わるのがオチだったりします。

そんな感じで、この独身の情報伝達物質も、
とんちんかんな伝言ゲームを、延々と続けているのかも、しれません、、。

毎週木曜日が、菓子パン2割引になる、
いつものスーパーFに到着したとき、
保冷バッグを忘れていたことに気付き、
己のナイス忘却っぷりに、いささか失望したわけですが、
ちらっと、入口横を見ると、そこにはなんとっ!
氷製造機が置かれていたのですっ!!

しかも、無料で氷がもらえるのですっ、、。

(これは使わんわけにはいかないっ!)

さっそく、新作の菓子パンが多数置かれた菓子パンコーナーで、
意気揚揚となりながら、3つばかり選択し、レジで会計を済ませ、
いよいよ、無料の氷を頂くときが、やって参りましたっ!

まず、横開きの窓を開け、スコップを持ち、
約2cm四方の氷を20個ほど、備え付けのビニール袋に入れます。

しかし、ビニール1枚だけだと、
レジ袋の中が蒸発した水分でびっしょびしょになる恐れがあるので、
氷の袋をもう1枚拝借し、ダブルで対応することにしました。

そして、その氷の袋をレジ袋のいちばん下に置き、
よのすぐ横に、小さ目の菓子パンを2段にして、
そのまた上に、横幅のある、この“もちっとロール バナナ”を置きます。

このままだと、氷から発せられる冷気がレジ袋からエンドレスに流出してしまうので、
レジ袋の取っ手を、グッとしばります。

しかしっ!
それだけだと、結び目の隙間から、冷気が、
♪ひゅるり~ぃ、ひゅる~り~ぃ、あ~あ~♪
と、微妙に漏れてしまうので、もういちど、
取っ手を結びます。

この2度目の結び目は、きつくしばると開けるときに苦労するので、
ほどよい結び加減が要求されます。

いわゆる、“強からず、弱からず”ってやつです。

そんなこんなで、緊急の太陽のパッション対策は万全!
と意気込み、途中、図書館にでも寄って、
本を借りるか~、とチャリんこを図書館のチャリ置き場に置き、
ふと、レジ袋が気になったので、触ってみると、、、。

見事に、氷に触れているレジ袋が、水滴でびっしょびしょですがな、、、。

せっかく、氷袋を二重にして、これで水滴が出ても、
レジ袋の外までは漏れないだとう、と軽く高をくぐっていましたが、
ナイスに、その予想は外れました、、。

むかし、洋弓なるものをやっていましたが、
流石に、ここまで的を外したことは、ありませんでした、、。

流鏑馬だったら、的の板ではなく、
見物人を射っていたかもしれません、、。

なんて恐ろしい、的外しなんだ、、、。

波平さんの頭頂部の毛が、
抜け落ちる日よりは、恐ろしくはありませんが、
ノストラダムスの大予言より恐ろしいことは、確かです(?)。

このまま、レジ袋を提げて歩くと、
ジーパンに水滴がついて、びっしょびしょになることは、
ノストラダムスの大予言より明白です。

そのために、袋を持つ方の腕を45度に曲げ
袋が身体に付かないよう、細心の注意を払う必要があります。

しかし、ここで新たな問題が発生です。

右手に袋、左手にバッグを持っているので、
このままでは、本を棚から取り出して、選ぶことが出来ません、、。

仕方がないので、バッグを肩にかけ、
袋をバッグの方の手で持ち、右手で本を持つわけですが、
こういうときに限って、読みたい本がじゃんじゃん、
見つかるわけで、、、。

しかも、単行本ではないので、すべての荷物と、
選んだ本を片方の腕のみで持つと、腕に掛かる負担と云うのは、
相当なものがあります。

そして、空いた手で、ほかの本を選別すると云う作業は、
非常に困難を極めるのです、、。

またまた、こういうときに限って、
東野圭吾さんの、分厚い小説を選んでしまったわけで、、。

まったくっ、なぜ独身は“こうしたら、こうなる”と云う、
近い未来に起こりうる、予見と云うものをしないのかっ、、!

レジ袋の水滴は不可抗力としても、
荷物を複数持っているときに、図書館で分厚い本を3冊も借りるなんて、
なんたる考えなしかっ!!

いま、右肩のコリと戦いながら、タイピングしています、、。
途中経過は、2:0で、コリの優勢です。

Pasco--もちっとロール バナナ 6個入り。


バナナクリームを巻いたもっちりとしたロールケーキです。”

さて、毎度おなじみの、もちっとが大好きな、
Pascoさんの“もちっとシリーズ”の新作です。

過去、独身が頂いた“もちっと”は、
もちっとロール 豆乳”、“もちっとロール コーヒー”、
もちっとロール ミルク、“もちっとロール いちご”、
もちっとロール 抹茶”の5点です。

この“もちっと”に関わらず、シリーズものと云うのは、
おいしいものもあれば、微妙~なものも、あったりします。

いまのところ、おいしい!と思えたのは、
もちっとロール コーヒー”のみで、
そのほかは、もう少しがんばりましょう的な、お味でした。

1勝4敗ではありますが、それでも“もちっと”を購入してしまうのは、
コレクター癖があるからです。

いちど、気に入ったものを見つけると、
全部集めずにはいられないのが、独身です。

と云うわけで、今回もこの“バナナ”を選択したわけですが、
事前に、Pascoさんの新作情報を見ていなかったので、
店頭で見つけたとき、
(あっ、もちっとだっ。しかも、バナナだよ、、、。)
と、思わず“バナナ味”にツッコミを入れてしまいました、、。

なぜ、この暑い季節に、バナナなのか、、、。

これなら、ハムレットじゃなくたって、
悩ましげなポーズで、考え込んでしまいますよっ!

夏と云えば、メロンやすいか、ぶどうなど、
果汁じゅるじゅるで、冷やすとお口がひんやり~となって、
(嗚呼~、極楽、極楽ぅ!)
なんて、季節の恵に感謝するわけです。

しかし、夏のバナナと云うのは、ちっともさわやかではありません

仮に、ひやしたとしても、
夏の果物のように、果汁がないので、
ジューシー感が皆無
です。

それどころか、バナナ特有の、あの、
ねっとり、ぐっとり、の食感が、喉の渇きを誘い、
暑苦しさを演出
します、、。

夏に相応しくないものの代表と云えば、
バナナとレイザーラモンHGの衣装
としか、云いようがありません。

しかし、あえて(?)季節感皆無のバナナで挑戦しようとするPascoさんの、
ナイスなこころ意気を無視するわけには、いきません。

そのこころ意気には、こちらも同等のこころ意気で対応しなければ、
なりません。

と云うわけで(?)、少しでも夏らしく、
さわやか感を演出するために、冷蔵庫に数分、
寝かせて
みることにしました。

生地は、流石冷やしただけあって、
いい具合に引き締まっています。

時間にして、10分弱だと思われますが、
それ以上、冷やしていたら、おそらく、
シュワルツネッガー並みの、マッチョになっていたことでしょう。

何事も、“適当”が肝要です。
過剰な“引き締め”は、即マッチョです(?)。

人間の場合、引き締めるには相当な時間と労力がかかりますが、
菓子パンの場合、わずか10分で、ナイスなバディに変身するわけです。

菓子パンは、夏に冷やして、冬は焼け。”
これ、独身の鉄則です。

ナイスバディになった生地ですが、
かなりもちもちっとしていますっ!

生地の木目が非常に細やかなので、弾力感もあって、
かつ、ぎゅっと詰まっている感も、あります。

“もちっとシリーズ”の中には、
まぁ、もちっとしてるよね、と云うものと、
ちっとも、もちっとしてないじゃん、と云う、
2種に分けられます。

もしかしたら、軽く冷やしていたら、
もっちり感が出たのかも、しれません。

冷蔵庫に入れていたので、もしかしたら、
生地が乾燥してしまうのでは、と思っていましたが、
そんなことは一切なく、ちゃんとしっとり感をキープしています。

もっちりで、しっとり。
今回の“もちっと”は、なかなか生地の仕上がりがよろしいようです。

生地は、もっちり、しっとり、ベイベェッ!!♪

ちなみに、生地はおどけてはいません。

Pasco--もちっとロール バナナ 6個入り。


クリームは、あまりバナナの香りがしません

バナナと云うと、ざらざらしたバナナの食感を連想させる香りが、
さとう珠緒さん並みに、ぷんぷん漂って
くるのですが、
このクリームはどうやら、珠緒キャラではないようです。

お味のほうも、バナナゴリ押しっ!と云う感じでもなく、
どちらかと云うと、ミルク風味が強くて、
バナナはサブ
、と云った感を受けます。

バナナは、サ~ブ味ぃ~、ヘイへイホ~、ヘイヘイホ~♪

あ、それは北島サブちゃんか。

同じサブでも、バナナに至っては、
ちっともサブちゃん並みの重鎮っぷりはありません

Pasco--もちっとロール バナナ 6個入り。


食感はつるつるしていて、ぬるぬるしています。
よ~くクリームを見ると、油分のぷつぷつが確認出来ます。

どうやら、油分が微妙に分離しているようです。
この油分のぷつぷつが、ぬるぬるの正体と云うわけです。

かの、幻の未確認生物、ツチノコは、
未だ、その存在を確認されてはいませんが、
クリームの油分に関しては、独身によって、
その実態が明らかとなりました。

クリームの硬さは、冷蔵庫に入れたにも関わらず、
とろとろの、やわらかめです。

生地がぎゅっと引き締まっているので、
このくらいのやわらかさの方が、生地とよくなじむのかも、
しれませんが、独身としては、もう少し、
ハードでもいい
と思います。

と云うのも、クリームがぬるぬるしているので、
やわらかさと相成ると、益々ぬるぬるが強調されるようで、
お口の中がいささか不快になるってもんです。

♪不快になるのよ、油分が~、はっは~、
 ぬるぬるじゃないの、クリーム、ほっほぉ~、
 ぬるぬるだけならいいけど、
 ちょっと不快過ぎるのよ、クリーム、ほっほほぉ~♪

昨日、無印で夏の帽子を被ってみたら、思わず、
(うわっ、明菜さまみたいっ!)
と、鏡に映った己に驚いてしまいました、、。

Pasco--もちっとロール バナナ 6個入り。


このバナナクリームは、いい意味で、
バナナ臭くないので、他のバナナの菓子パンに比べると、
バナナのクドさ”はありません

しかしっ!
いかんせん、甘過ぎる、、。

生地自体も甘味が強いのに、
クリームまでもが甘い
ので、ダブルで味覚を攻撃してきます。

甘味のFWは、生地とクリームの2トップです。

それを、この独身ひとりで、ディフェンスするわけですが、
流石の独身でも、2トップにはかないません、、。

せめて、恒さまでもいてくれたら、
2トップを防ぐことが出来たのですが、
残念ながら、独身は個人競技しかやったことがないので、
チームの連携プレイには、不慣れなのです(?)。

バナナばかりに警戒していたため、
生地とクリームの甘さに関しては、
一切対策を考えていませんでした、、。

まさか、ここまで2トップに悩まされるとは、、。

これには、流石のドイツ代表監督だって、
もちっとロール バナナとは、試合をしたくなかった。」
と、愚痴をこぼすしかないでしょう。

スポーツも菓子パンも、事前のリサーチと対策、
そして、どんな相手でも甘く考えないことが肝要のようです。


購入価格:100円。

【栄養成分表示(1個当り)】
エネルギー:61kcal
たんぱく質:0.9g
脂質:2.0g
炭水化物:9.8g
ナトリウム:35mg


【オススメ度:★★★☆☆(3.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ファミリーマート--レアチーズクリームサンド(こだわりパン工房・敷島製パン)。  | home |  Pasco--レモンティーのシフォンケーキ。