FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月06日[Tue]

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


今月発売の、限定のっぽパンッ!
生地もお値段も、“特別”ですっ。

(どっ、どういうことなんだっ、、!!)

昨日の独身は、怒りモード全開でした。

せっかく、新作ののっぽパンを頂いて、
本来なら、軽く阿波踊りでも踊ってしまうくらい、
狂喜乱舞状態のはずです。

しかし、なぜかこの日の独身は、違います。

村上ファンドの村上容疑者は、なぜか怒りの矛先をマスコミにぶつけましたが、
独身に至っては、その怒りは決して愛しいのっぽパンに向けられたものでは、
ありません。

昨日は、朝からウキウキショッピングを楽しみにしていました。

なぜなら、スーパーAの菓子パン3割引の日に加え、
この、新作のっぽの“カルシウム”を買うことを、かたく決意していたからです。

おととい、チャリんこがパンクしてしまったので、
北島サブちゃん、ではなく、サブのチャリんこでAに向かい、
天敵の店員さんの存在を気にしつつ、いつものっぽが寝かされている棚に着くと、、、。

(“牛乳”、、、。
 “宇治抹茶”、、、。
 “パイナップル”、、、。
 、、、、、ない、、、、、、、。
 “カルシウム”が、足りない、、、、。)

お岩さんじゃなくたって、貞子じゃなくたって、
井戸の底から、恨みの念のひとつでも、云いたい気分です。

この独身も、いささかカルシウムが不足している節がありますが、
なにもスーパーAまでも、“カルシウム”不足にならなくたって、
いいじゃありませんかっ、、!

しかも、“カルシウムのっぽパン”だけではく、
すべての菓子パンの棚には、先月から何も、
新作が置かれていないのですっ、、!!!

こんな怠慢があっていいのだろうかっ!!!

4月までは、ちゃんと各メーカーの新作を置いていたのに、
先月から、なぜかいつも同じ菓子パンしか、
仕入れなくなったのです、、。

この悪行にも似た行為は、もしや、天敵の店員さんの策略ではなかろうか、
と、いささか疑念を抱いてしまうことは、否めません。

棚をなんど見つめても、“カルシウムのっぽ”もなければ、
ほかの新作の菓子パンも、ありません。

茫然自失としていると、いつもの天敵の店員さんが、
わたしの視界に入ってきました。

しかし、そんなことはもう、どうでもいいのです。

天敵がいようがいまいが、この現実は、
変えようがありません、、。

“菓子パンのプロ中のプロ(?)”として、
少しでも、菓子パン好きを失望させることは、
決して許されることでは、ありません。

物云う店員”である、天敵のおばちゃんだって、
この怠慢は、いささか度が過ぎているってもんです。

結局、何も買わずに、いやっ、
何も買えずに、Aを出て、別のショッピングセンターへ向かうと、
そこには、ちゃんと“カルシウムのっぽ”があるでは、ありませんかっ!

このお店は、いつもはのっぽパンに対するパッションが見受けられず、
“レギュラー”か“牛乳”くらいしか、置いていないのですが、
今日はなぜか、さっそく新作を仕入れているでは、ありませんかっ!!

ここのショッピングセンターで、一体どんな改革があったのか、
分かりかねますが、ようやく、このお店でののっぽパンの地位が、
確率されつつあることを、喜ばしく思います。

と、さっそく“カルシウムのっぽ”に手を伸ばすと、、、。

オーッ!マイキーッ!!)
ではなく、
(オーッ!マイ・ガーッ!!!)

なっ、なんとっ、、!
お値段、136円じゃあ、あ~りませんかっ、、、。

し、知らなんだ、、、。

これは、おそらく定価だと思われますが、
ふだん、のっぽパンは定価105円で、
お店によっては、1~4割引で売られています。

しかし、この“割高のっぽパン”は、
これがはじめてでは、ありません。

昨年の10月発売された、同じく限定の“チョコキング”と“ホワイトチョコクイーン”も、
定価136円でした。

と云うことは、いつもとは違う、特別のっぽパンであることがうかがえます。

(そっ、そうかっ!
 この“カルシウム”は、特別なんだっ!!)

のっぽパンの定義は、
“お手頃な値段で、静岡県民の胃と、こころを満足させる、
 ナイスな菓子パン”と、勝手に決め付けています。

しかし、ときにローソンで超限定を発売したり、
お祭りやイベントで限定発売したりと、
粋な企画で、のっぽパンマニアを飽きさせない、
こころ憎い演出もしたりするのです。

故に、この“カルシウムのっぽ”が割高であろうと、
ちっとも動揺することでは、ありません。

むしろ、特別なことを、感謝したいくらいです。

しかし、ふだん、割引価格でのっぽパンを購入している独身にとって、
いくら愛するのっぽパンでも、定価で買うことに、
いささか抵抗
があることは、否定出来ません、、。

こんなこころ内を吐露してしまって、
なんだかのっぽに申し訳ない気がするのですが、
この独身、のっぽに対して、ウソはつけません、、、。

“カルシウムのっぽ”の目の前で、
いつものハムレットのごとく、“買うべきか、買わぬべきか
と、しばし迷いましたが、やはり、新作をはじめて頂くのだから、
ここで無視する行為は、なんとも無粋であります。

もし、この“カルシウムのっぽ”を購入する前に、
136円だ、とホリエモンから聞き知ったとしても、
それがインサイダー取引だと分かっていても(?)、
誰もこの独身を止めることは、不可能です。

なぜなら、わたしは自称、
物云うのっぽ好き”なのですからっ、、!

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


おやつに最適!!
 カルシウムが入ったミルクサワークリームのっぽパン
!!”

と云うわけで、今月の新作“カルシウムのっぽパン”です。

この“カルシウム”は、数年前にも発売されたものですが、
残念ながらそのときは、静岡県民ではなく、東京都民だったので、
頂くことが、出来ませんでした。

この1本で、なんとっ!
カルシウム400mgを摂取出来てしまうのですっ!!

♪すばらしいっ!Y~MCA!♪

 Y=ヤングもオールドも、
 M=みんなの健康を願う、
 C=カルシウムたっぷりののっぽパンに、
 A=ありがとう。

で、よろしくっ!!

そう云えば、中学生のとき、
ドアに指をはざんで、左手薬指を粉砕骨折した独身ですが、
このときに、この“カルシウムのっぽ”が存在していたなら、
こんな、恥辱とも云える骨折を、回避出来ていたかも、しれません。

さて、今回、カルシウム入りと云うことで、
特別なのっぽパンなのですが、それだけではありません。

袋を裏を見てみると、、、。

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


栄養成分表示が書かれているではありませんかっ!!

いままでののっぽパンは、表示されていないので、
一体どのくらいのカロリーがあるのかと、
ずいぶん前から気になっていたのですが、
この“カルシウムのっぽ”に表示されたことで、
他ののっぽパンも、おおよそのカロリーが推測可能となりました。

これを機に、すべてののっぽパンに表示されると、
基礎代謝が低下しつつある、20代の独身としては、ありがたいです。

♪このごろ、気になる独身さんっ、脂肪が気になる、独身さんっ、
 こっちがぽよぽよ、腹~ぁっ!
 だ~って、なんだか、だ~ってぽっこりなんだもんっ♪

誰も、こんな独身に、
「こっちを向いてよハニー。」
とは、云ってくれないことでしょう、、。

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


さて、毎度、キューティーハニーのごとく、
変身を遂げているのっぽキリンですが、
今回は、“”です。

昨年の“チョコキング”のときは、
マツケンも、近藤マッチもびっくりの、
“キンキラ金にさりげなく、(では、ない、、)”でしたが、
今回は、イブし銀な感じの、金です。

むしろ、こちらの金のほうが、さりげないです。

この“イブし銀(金)のっぽキリン”ですが、
“ノーマルのっぽ”の金バージョンと云っていいでしょう。

いままでの限定ののっぽキリンは、
割とおんなのこの率が多かったのですが、
ひさびさに、おとこのこの登場です。

♪このごと、お久さの、おとこのこ~ぉ♪
です。

“古きを知って、新しきを知る。”
まさに、“温故知新”であります。

いちど、原形に戻ることで、また、新しい発見があるのです。

(嗚呼、この、ちょっとおネムな感じが、
 のっぽキリンなのよね~ぇ、、。)

と、再認識した、ぽっこりお腹の独身さんです。

さて、のっぽパンを製造されているNBSさんのサイトによると、
この“カルシウムのっぽ”は、特別な生地なんだそうです。

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


クリームだけでなく、生地にもカルシウムが含まれているようです。

のっぽパンには、白い生地と黒い生地の2種が存在しますが、
昨年の、8月限定の“黒糖”以来、ずっと黒生地は発売されていませんでした。

実に、10ヶ月ぶりの黒生地ですっ!!

どちらかと云うと、白生地のほうが好きではありますが、
やはり、のっぽパンの原点は、“ノーマル”の黒生地です。

黒生地なくして、白パンなしっ!!

と云うわけで、今回はちょっとだけ特別な黒生地ですが、
材料だけでなく、見た目もいつもの黒生地とは違います。

この“カルシウムのっぽ”は、
なんだか、生地に“ハリ”があります。

とっても膨らみがいい、と云うか、
ぷっくりしていて、丸みがあります。

店頭で、透明の袋から見える生地をひとめ見て、
(これは、いつもの黒生地と全く違うっ!!)
と、まさに、一目瞭然で分かりました。

違いの分かるおんな。”
それが、のっぽ好きの、独身おんなであります。

これは、“違いの分かるおとこ”、
宮本亜門さんだって、見分けることは、不可能でしょう。

この、ふくよかな丸みは、
まるで、ミロのビーナスを連想させます。

ミロのビーナス。


ハリ”のある肢体、腹筋の割れ目
これはまさに、“カルシウムのっぽ”の生地と、
酷似しているではありませんかっ!!
(と、思います、、。)

ミロ島で、“カルシウムのっぽ”が発掘されれば、
ルーブルだって、136円と云う高値で、
購入
していることでしょう(?)。

さて、見た目と一部材料に違いのある生地ではありますが、
食感も、微妙に異なる点があります。

まず、生地の表面は、おそろしく、するするとしています。

(なんだっ!
 この、すべすべ、するするはっ!!)
と云うくらい、驚愕な生地のするするっぷりです。

食感は、いささかぱっさりとはしていますが、
木目が細やかで、ぎっしり詰まった生地となっています。

故に、噛み応えがあるので、歯が丈夫になって、
カルシウムもばっちし!ってもんですっ。

♪生っ地、喰いっね~っ!
 生っ地、喰いっね~っ!(生地喰いっね~っ!)、

 チョコに、牛乳ノーマルピーナッツッ!(へい、らっしゃいっ!)
 今日は限定、カルシウムッ!(へい、らっしゃいっ!)

 のっぽ、喰いっね~っ! のっぽ、喰いっね~っ!
 (のっぽ喰いっね~っ!)♪

ちなみに、“喰いね~ぇっ!”と、軽く連呼してみましたが、
たくさん食べれば健康になるわけではないので、
1日に1本が、目安なんだそうです。

生地は、いつもの黒生地のように、
ちぎると“しゃっ!”と云う、勝俣さん、
ではなく、乾いた音がします。

しかし、いつもの生地より、“しゃきっと感”があります。

いつものは、なんと云うか、ちょっと強情な噛み応えがあるのですが、
この生地の場合は、はつらつとした食感があります。

お味のほうは、とくに特徴のある味付けはなく、
ごく、シンプルなコッペパンです。

表面のお焦げが、いつもよりももっと色濃い気がしますが、
ほどよい香ばしさで、決して苦味はありません。

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


生地をぺろっとめくると、生地とは対照的な、
真っ白い、ほわわかなクリームが確認出来ます。

このクリームにも、
カルシウムがたっぷりと含まれていると云うわけです。

食感は、とってもやわらかく、とろとろとしています。

ちょっとした、ぬめぬめ感はあるものの、
非常に口当たりがよく、なめらかで、
すぐにお口の中でとろけて
しまいます。

量も、こころなしか、いつもののっぽより、
端っこにまで、たっぷり入っているような気がします。

ミルクサワークリーム”と袋に書かれていますが、
まさに、ミルクのような甘さと、
ヨーグルトのような、さわやかな酸味
が一体となっています。

この酸味が、最後にお口の中で、
ふんわりと残ります。

この酸味は、ヨーグルトのような、
ツンッ!とした酸味ではなく、駄菓子のラムネのような、
しょわしょわした酸味
があります。

と、ここで独身。

しばし、一休さんのごとく、あぐらを組んで(は、いませんが、、)
“あるひとつの記憶”を、海馬に取り出す命をくだしました。

(この味、なんか食べたことあるな~ぁ、、、。)

時間にして、およそ30秒。
奥~、のほうから、海馬がその記憶を取り出してきました。

それは、“明治のヨーグレット”です。

MEIJI--ヨーグレット。


小学生のころ、遠足のお菓子には、
必ず持って行った、この“ヨーグレット”。

しかし、さんざ食べたくせに、
名前だけが、どうしても思い出せないのです、、。

味と、かたちと箱のデザインははっきりと憶えているのに、
レモン味の“ハイレモン”は思い出しましたが、
青い箱のほうの、名前が出てきません、、。

♪忘れものは、なんですか~ぁ?
 思い出せないものですか~ぁ?
 脳の中にも、海馬の中も、
 探したけれど、出てこない~のに♪

と云うことで、さっそく、記憶を取り戻すためだけに、
夢の中へ、ではなく、スーパーへ買いに行きました。

102円、でした。

もっと安かったような気がしたのですが、
割と、高いんですね、、。

実際、この“ヨーグレット”を頂いてみましたが、
やはり、“カルシウムのっぽ”とよく似ていますっ!

静岡県民のかたは、是非、
この“ヨーグレット”とコッペパンを、
同時に食べてみてください。

おそらく、“カルシウムのっぽ”の味がする、
かは、分かりません、、。
(ええっ、、!)

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


ミルクサワー、と云うことで、
すっぱい香りがするのかと、袋を開ける前は思っていましたが、
実際に、袋から飛び出してきた香りは、なんとっ、、!

いちご”のような、酸味です。

いちごは、まったく使用されていませんが、
なぜか、袋からするのは、まだ熟成されていない、
いちごの酸っぱい香りです。

しかし、生地とクリームを、間近に嗅いでみても、
いちごの香りは、しません。

これって、独身のただの勘違いかもしれないので、
あえて、書くのはやめようかと思いましたが、
のっぽパンに対し、ウソ、偽りや、隠しごとは、
すなわち、裏切りなのです。

よって、そのときに感じたことを、
なんの着色もなしに、こうして書いてみたわけです。

のっぽパン--カルシウム(今夏限定・6月発売)。


昼間、スーパーAで、新作菓子パンと、
この“カルシウムのっぽ”が置かれていないと云う、
一種の裏切りを受けた独身ではありますが、
皮肉にも、“カルシウムのっぽ”によって、
裏切りに対するイライラを、すっかり忘れていました。

流石、カルシウムッ!

この独身の、おさまることのないイライラを、
見事、鎮めてくれましたっ!!
(そんな、早く効くわけがない、、。)

いやっ!
これは、カルシウムのみが成せることでは、ありませんっ!

やはり、愛するのっぽパンと云う存在が、
独身のこころを癒してくれたのです。

こうやって、毎日“笑い”をマニフェストに、
首と肩のコリと対峙しながら、キーボードをタイピングしているわけですが、
のっぽパンと、毎日飽きずに読んでくださるあなたがいれば、
この疲れなんぞ、引き潮のごとく、ささ~ぁっと、去って行くのであります。

この“カルシウムのっぽ”で、益々、骨太となった独身は、
菓子パン業界への、骨太の改革を遂げるため(?)、
これからも日々、コリと戦って参る所存であります。


購入価格:136円。

【栄養成分表示】
エネルギー:334.1kcal
たんぱく質:6.2g
脂質:11.8g
炭水化物:47.3g
ナトリウム:239mg
カルシウム:400mg


【オススメ度:★★★★☆(4.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--しっとりマンゴーパン。  | home |  サークルKサンクス--みかんのお水 ちゅう。