FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月08日[Thu]

木村屋--柚子はちみつ。

木村屋--柚子はちみつ。


木村屋、今月の新作っ!
このお味なら、このお値段でも納得ですっ!!

買うべきか、買わぬべきか、、、。
 それが問題ぢゃ、、、。」

ここ最近、独身はおおいに悩まされています。

いままでの、20余年の人生の中で、
ここまで連日に渡り、選択に迷い続けたことは、ありません。

先日から、菓子パン購入の際、
悩むことが多くなりました、、。

その原因は、“お値段”です、、。

買いたいのに、いいお値段、、。
これは、菓子パン生活において、
大きなさまたげとなる、要因でもあります。

♪近ご~ろぉ、パンの、お~値段~、い~値段~、
 悪いわね~、最悪ね~、これからは~、お安くね~ぇ、、。♪

これが(最近の)独身の生きる道、です。

昨日、ごろごろ、カミナリが鳴り響く中、
スーパーCに買い物に行きました。

目的は、木村屋の菓子パンを購入することです。

今月の木村屋さんは、初夏らしい、
とっても涼しげで、ナイスな新作を用意しています。

スーパーCは、木村屋さんの菓子パンを多く仕入れていて、
ときに、“おつとめ品”として、2割引のシールがはられていることがあるのです。

空がごろごろ鳴るなら、
独身のお腹も、ごろごろ共鳴するってもんですっ!

(嗚呼、楽しみたな~!
 どんな木村屋の新作があるんだろ~っ!)

と、先日パンクしたチャリんこを1,260円(!)で修理し、
さっそくCに向かい、菓子パンコーナーへ行くと、、。

あっ、ありましたっ!
木村屋の、新作菓子パンがっ!!

いちばんに独身の興味を引いたのは、
この“柚子はちみつ”です。

しっ、しかしっ、、!!
たっ、高いでは、あ~りませんかっ、、、!!!

値札を見ると、そこには“147円”の文字が、、、。

こっ、これは痛い、、。
かなり、痛いです、、。

松井選手の骨折より、(精神的ダメージとして)痛いです、、。
チャリんこのパンク修理代、1,260円並みに、痛いです、、。

しかし、高額な値段設定とは裏腹に、
独身の、食欲と云う欲求は、ノンストップです。

♪I can stop!the 食欲~ぅ!
 お~さえきれ~ず、食欲~が~ぁ、
 と~ま~らぁ、な~ぁい~、、、♪

これには、流石の独身も、悲しみが止まらないってもんです、、。

147円と食欲の、両者をてんびんにかけても、
どちらが優るかなど、決められませんっ、、。

棚に、3つ縦に並べられた、
この“柚子はちみつ”を眺めながら、
しばし、眉にしわを寄せ、悩む独身、、、。

柚子はちみつなんて、いままでの菓子パンでは、
見かけなかった、ナイスコンビネーションです。

これは云わば、数十年前の、
巨人の長嶋、王のようなものです。

しかし、長嶋さんも、王さんでも、
超えられない壁と云うものが、この“柚子はちみつ”にはあるのです、、。

147円と云う、高額なお値段に加え、
この“柚子はちみつ”は、非常~に、小さいのです、、。

直径にして、約8cmです。
この大きさは、野球ボール大くらいです。

この、8cm大によって、松井選手は左手を骨折したのです。
そして、この8cmによって、独身はこころを痛めているのです、、。

ボールと菓子パンと云う、
異なる素材なれど、痛みを伴うことには、相違ありません、、。

♪おねがい~、おねがい~、傷つけない~で~ぇ~え、
 わたしの~、ハァ~ト~ぉは~、どくどく、しちゃ~うの~ぉ、
 いやよ、いやよ、高い値段はいや~ぁ
 (柚子)はち~、みつっ!!♪

こんなに小さくて、147円、、。
でも、食欲は止まるどころか、益々強くなるばかりです。

壁が高ければ高いほど、欲求は高まるのが世の常です。

なぜ、高い山に登るのか。
それは、“そこに山があるから”です。

なれば、なぜ高い菓子パンが欲しいのか。
それは、“そこにおいしそうな菓子パンがあるから”です。

スーパーCで悩み続けて早、3分(たぶん)。

ついに、この独身っ、、!
147円と云う、未知なる菓子パンに(?)、
手を出してしまったっ、、!

これこそほんとうの、“未知との遭遇”です。

(嗚呼、これでいいのだろうか、、。)

勇気を出して、この“柚子はちみつ”を手に取ったと云うに、
まだ、どくどくが止まりません、、。

軽い、パニック状態です、、。

思わず、目をきょろきょろさせながら、
菓子パンコーナーを、1周してしまいました、、。

しかし、清水、いやっ!
能楽堂の舞台から飛び降りる覚悟で(低っ!!)、
レジへと向かい、150円を出し、おつりの3円を握り締め、
Cを後にして、ごろごろと雷鳴が聞こえる中、
あたまがごろごろ、パニックになりながら帰宅したのでありました、、。

木村屋--柚子はちみつ。


“ふんわりとした生地で柚子はちみつフィリングを包み
 柚子風味のビスケット生地を被せて焼き上げました。”

と云うわけで、買ってしまったよ、“柚子はちみつ”、、。

アダムとイブが、禁断の果実を口にしてしまったなら、
この独身に至っては、禁断の147円に、手を出してしまったと云うわけです。

流石に147円ともなると、他の菓子パンより、
丁重に取り扱ってしまうのが、独身ってもんです、、。

これは、他の菓子パンにしてみれば、
差別だっ!と、訴えたくもなると思いますが、
やはり、高額には高額なりの扱いをしてしまうのが、
哀しくも人の常ってもんです。

サッカー日本代表、恒さまだって、
スポーツ選手+ナイスガイと云う、好条件を兼ね備えているからこそ、
世の女性は、恒さまにむらむらと、たかるのです。

目には目を、高額には高額を、
恒さまには、むらむらを(?)、です。

ハンムラビ法典。


この文言は、ハンムラビ法典第135条に、
しっかと刻まれていることは、事実です。
(そんなわけ、ない。)

そんな感じで、高額に加え、
この独身の大好きな“柚子とはちみつ”と云う、
好条件
を兼ね備えているからこそ、
むらむらとわいてくる食欲を、止めることが出来なかったのです。

さっそく、袋を丁重にじょりじょりと、はさみで開封し、
生地を取り出してみると、、、。

(すっ、すごいっ、柚子の、か・お・り、が~ぁ、、、、!!!)

さっ、流石、香り高いのが自慢の柚子、ですっ、、!

グリコのキャラメルは、1粒で300M、走れてしまいますが、
この柚子の香りは、ひと生地でパラダイスに行けそうです。

♪よ~っおこっそ~、ここへ~、食べ~よ~よ、パラ~ダイスッ
 生地の~、柚子を~、かいで~♪

思わず、むかし買ってもらったローラースケートで、
狂喜乱舞したなる、柚子の香りですっ!

この、柚子のすっぱい香りに混じり、
はちみつの、とろ~んとした、甘~い香りも漂ってきます。

両者共、非常に香りに特長があるのに、
まったくケンカしていませんっ。

うまいこと、香りがからみ合っているようです。

やはりここは、147円なのだから、
隅々まで、“柚子はちみつ”を楽しまなければ、損ってもんです。

生地にナイフを入れてみると、
さっ、流石147円、、(?)。

もの凄い、生地からの抵抗を受けます。
もの凄い、抵抗勢力です、、。

これには、小泉さんだって、
生地の抵抗勢力には屈する
しかないでしょう、、。

生地、とくにビス生地がかたいので、
ナイフを入れると、ぐいぐい、ぶにぶに、ぎこぎこと云う、
強烈な抵抗を受けます。

♪独身は、生~地切る~ぅ、
 ぐいぐいぐぃ~、ぶにぶに、ふ~ぅ(溜息)、、、♪

これはもう、“へいへいほ~ぉ”などと云う、
おきらくな掛け声をかけている場合では、ありません。

おそらく、与作じゃなければ、
この生地をさくっと切れる人はいないでしょう、、。

ビス生地は、流石の強力な抵抗勢力なだけあって、
かための生地です。

ぐにぐにしていて、少しねとねとしているのですが、
ぺっとりとした、不快な食感はありません。

この、白鷺城のごとく、強固な要塞ならば、
どんな下克上に遭ったとしても、ビクともしないどころか、
敵を蹴散らしてしまうことでしょう。

某国の、テ○ド○2号が打ち込まれても、
この生地なら、耐えぬくことが出来るでしょう。
(それはない。)

このビス生地からは、ほんのりとした、
軽い柚子の香り
がします。

そして、柚子風味の要塞に守られている、下の生地は、
ビズ生地の強固さとは相反し、ふわふわの食感です。

しかし、ふわふわだからと云って、
決して浮かれているわけでは、ありません。

ふわふわなのに、“腰が入って”います。

生地が非常に木目細やかで、ぎっしり目が詰まっているので、
とってもジューシーで、噛み応えがあります。

たしか、ファミマの“ふんわりシリーズ”の生地も、
こんな感じの食感だったと記憶しています。
(かたちも大きさも、酷似しています。)

生地からは、甘いミルクのような、やさしい甘味を感じます。

そして、ビス生地と相成ると、生地のミルクとふんわりとした柚子風味が、
お口の中で一体となり、甘(ちょっと)すっぱいの、
繊細なお味をかもし出している、と云うわけです。

木村屋--柚子はちみつ。


生地の中には、柚子フィリングが“し”の字で入っています。

見た目、そんなにたくさん入っていないように思えますが、
意外にも、奥のほうまで、たっぷりと入っています。

袋から取り出したときも、もの凄い柚子の香りがしましたが、
カットして、柚子フィリングが、呼ばれて飛び出てババンバンッ!
と、登場すると、益々柚子の香りが部屋中にぶわっと広がります。

この香りの飛び出る速度は、ご近所に広まる噂より早く、
村主章枝選手の高速スピンよりちょっと早く、
杉田かおるさんの離婚よりは遅い感じです(?)。

このフィリングは、はちみつ使用なだけあって、
ジャムみたいに、とっろとろで、じゅるじゅる、ジューシーですっ!

お口に入れた瞬間、柚子の香り高い風味と、
濃厚な“渋すっぱい”お味
が、いっきに広がります。

そして、はちみつのまろやかで、
とっろ~んとした、まったりとした甘さとコク
が、
柚子より1/100秒遅れて、やって来ますっ!

柚子とはちみつ共に、とっても濃厚で、
香りもお味も強烈な特長があるのですが、
両者の間には、決して争いなどはありません。

柚子はすっぱく、はちみつは甘いと云う、
まったく次元の異なる世界
で存在している2つの素材ですが、
相成ることで、革命を起こし、また新しい、
ひとつの世界を確立するのですっ。

すっ、凄い、フィリングの改革です、、。

これには、野党も抵抗勢力も、
なにも云えないで、黙るしか、ないでしょう。

木村屋--柚子はちみつ。


フィリングには、
少し大きめにカットされた柚子の皮が点在しています。

この皮がまた、甘すっぱいフィリングに、
いい感じに、渋さを与えています。

食感は、しゃりしゃりで、皮をしゃりっとかむと、
皮の白い部分の渋苦い風味が、フィリングにパッションを与え、
またひと味もふた味も違う、柚子はちみつになるのです。

このフィリングを冷やすと、また、
柚子とはちみつの香りが強く
なって、
高貴な貴婦人のような、セレブな雰囲気が漂っています。

食感も、ひんやりとして、口当たりがよくなって、
柚子の香りと冷たさが相成って、益々すっきりとしたお味に改革を遂げています。

この柚子はちみつのジャムのみを、
別個で販売して頂きたいくらいですっ。

生地のほうは、少しかたくなってしまいましたが、
暑いときには、このくらいのほうが気合が入っていいってもんです(?)。

熱いパッションには、ときに冷えた気合も肝要です。

購入するときは、147円と云う高額に、
さんざあたまを悩ませ、迷いに迷いましたが、
やはり、己の食欲のまま、突き進んでよかったと思います。

食欲=直感です。
おいしそうと直感で思うから、食べたいと云う欲求がわくのです。

この直感こそ、数多ある菓子パンの中から、
ナイスな菓子パンを選択するのに、必要不可欠な要素
なのです。

痛みをともなう、高額な値段設定ではありますが、
この“柚子はちみつ”の香り、味、相性、生地の質をかんがみれば、
痛みにだって絶えられるってもんですっ!

これこそ、
痛みに耐えて、よくがんばったっ!感動したっ!!”
です。

小泉内閣の、構造改革には、
大いに国民は痛みを被られていますが、
この“柚子はちみつ”の、味の構造改革なら、
誰しもが、納得し、高額と云う痛みにも耐えることが出来るでしょう。


購入価格:147円。

【栄養成分表示】
エネルギー:273kcal
たんぱく質:4.9g
脂質:5.2g
炭水化物:51.6g
ナトリウム:105mg


【オススメ度:★★★★★】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--おいしいシューロール プリン。  | home |  Pasco--ベイクドケーキ もちっとチョコ。