FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月11日[Sun]

木村屋--チャイクリームパン。

木村屋--チャイクリームパン。


木村屋、今月の新作っ!
いかんせんっ、“脇役”が濃過ぎます、、。

クリームパンは、世の中に数多あるものの、
チャイのクリームパンって、かなり珍しい菓子パンだと思います。

紅茶の茶葉を生地に練り込んだ菓子パンはあっても、
クリームを紅茶風味にしようとは、なんとも粋なアイディアだと感心します。

since1869年”と書かれているので、
おそらく、それが創業の年だと思われますが、
まさか、当時の江戸っ子も、あんぱんではじまった木村屋さんが、
137年後に、“チャイクリームパン”なるものを、
販売しようとは、夢にも思っていなかったことでしょう。

日本人は平安時代から、諸外国の文化を独自のものに変化させるのが、
とっても得意な民族だと思います。

たとえば、平安時代には漢字から中国から伝わったわけですが、
そのころから文学が発展し、同時に女性のあいだで、
漢字から変化したひらがなが、使用されるようになりました。

6世紀に伝わった仏教も、神道以上に、広く世に信仰されるようになり、
現在に至るまで、仏教建築や美術品が、日本文化のひとつとして、
認識されています。

イギリスから伝わったカレーだって、
いまや、日本人には欠かせない、いちばん好まれている食文化と云えます。

鎖国だ南蛮だ、なんて云って、外国を排除しようとしていたわりには、
ちゃっかり、外国の文化をうまく融合してしまうのが、
われわれ、日本人なのであります。

さて、1869年と云うと、江戸幕府が終焉を迎え、
旧幕府軍と官軍が争っていた、不安定な時期でしたが、
そんな混乱期に、ちゃっかり(?)あんぱんを作りはじめていたのが、
木村屋さんってわけです。

しかし、そのちゃっかりがなければ、
いまごろ、この“チャイクリームパン”も、
あんぱんも、コロッケパンも焼きそばパンも、
そして、独身の愛するのっぽパンも、誕生が遅れていたかも、
しれません。

よって、木村屋さんのちゃっかりには、
菓子パン好きとしては、深く感謝しなければ、なりません。

と云うわけで、日本文化も菓子パン文化も、
21世になっても、益々の発展を遂げてやまないわけですが、
いまや、菓子パン=日本の食べ物と云っても、過言ではないと思います。

日本にパンを伝えたどっかのお国の人も、
まさか、あんこを入れたり、お惣菜を入れたり、
カレーを入れたりするとは、思わなかったことでしょう。

ある意味、すごいチャレンジ精神です。

そして、ロボットが人のように歩行したり、
走行したりする時代に、こんどは何を思ったか、
クリームをチャイ風味にしちゃったと云うわけです。

もう、こうなると、何でもありの時代です。

何が起きても、何が誕生しようとも、
誰も驚きはしないでしょう。

そして、数年後には、それが当たり前で、
何ら違和感なく、世に溶け込んでいる時代が来るのでしょう。

木村屋--チャイクリームパン。


シナモンを効かせたチャイ風のミルクティークリーム
 木村屋伝統の酒種風味の生地で包み
 ココナッツをトッピングしました。”

昨日は、木村屋さんの菓子パンを購入するため、
スーパーCへ買い物に行ったわけですが、
店頭でこの“チャイクリームパン”をひとめ見たとき、
(おっ、カレーパン?)
と、一瞬見間違えたことは、否めません、、。

表面のココナッツのハリハリが、
カレーパンのパン粉に酷似しています。

よって、独身がもし、めがねを着用していなかったら、
この“チャイクリームパン”を、購入することは、
なかったのかも、しれません。

人との出逢いは“一期一会”と云いますが、
菓子パンとの出逢いもまた、“一期一会”と云えます。

ナイスな菓子パンと出逢うものまた、一期一会、
他店より安い菓子パンを見つけるのも、また一期一会、
そして、“チャイクリームパン”をカレーパンと勘違いしちゃう独身もまた、
菓子パンで一喜一憂する、愚かな独身おんななのであります(?)。

さて、今回、幸運にも、
2割引でこの“チャイクリームパン”を購入したわけですが、
定価で買わなくてよかったなぁと、この一期一会に、
感謝しているところであります。

おいしい菓子パンなら、多少割高でも、定価でも、
それに値するお味と考えれば、なんら悔やまれることはありません。

しかし、高かったり、定価で買ったわりには、
結果、たいしておいしくないよね、と云う菓子パンには、
なぜ、そんな出逢いをしてしまったのかと云う、
己の不運を嘆き、激しい悔恨の念にかられるのです。

逆に、たいしておいしくなかったけど、
割引で購入した場合、まあ、安かったからいいやと、
おいしくなかったことへの恨みなどの負の想いは、
容易に捨てる
ことが出来ます。

それが、菓子パン生活における、
一喜一憂であり、一期一会なのです。

さて、毎度、(独身による)生地への評価が高い、
木村屋さんの菓子パンですが、今回の“チャイクリームパン”も、
いつものように、たいへんおいしい生地であります。

と~ってもしっとりとしている生地ですが、
しっとりを超越して、いささか、ぺっとりとしている感もあります。

そして、とっても木目細やかで、
ぎゅっぎゅと、ぎっしりと詰まった、ヘビーな生地であります。

ぎっしり故、しっかりと生地をもぐもぐすると、
じゅわじゅわと云う、ジューシーな甘味を味わえます。

この甘味のある生地が、木村屋さんのパンの特長です。

素朴な、小麦のお味を感じられる生地もいいですが、
菓子パンらしい、甘~い風味もまた、
哀愁を感じるってもんですっ。

木村屋--チャイクリームパン。


表面のココナッツは、しゃりしゃりとした食感で、
ぎっしり生地に、いいアクセントとなっています。

ほんのりと、ココナッツの南国チックな風味が、
ふわっと香ってきて、日本と南の島の文化融合を感じさせられます。

この融合には、イタリアと日本が融合したお名前の、
グッチ裕三さんも、おもわず“フライパンダ”を片手に、
小躍りしたくなることでしょう。

個人的には、“レミパン”のほうが気になる存在であります。

木村屋--チャイクリームパン。


生地をカットしてみると、中からはカレー、ではなく、
チャイクリームがお目見えです。

店頭で、第一印象“カレーパン”と思いましたが、
今度はカットしてみると、
クリーム少なっ!)
と云うのが、独身のクリームへの第一印象です。

何を隠そう、この独身も、毎度、
第一印象と実際の性格が全く違うと云われますが、
この“チャイクリームパン”もまた、第一印象と実際の生地は、
全く異なるものであります。

もしかしたら、この生地を、
「これ、カレーパンだよ。」
と云っても、誰も疑わないのではないでしょうか。

これには、本家カレーパンマンも、
御立腹ってもんでしょう!

♪あんぱん、食パン、チャイクリームパン~、
 ジャム、バター、チィ~ズ、ララ~ンランッ♪

(注:字余りの部分は、早口でお願いします。)

ついに、カレーパンマンがレギュラーから外されるときが、
やってきたようです。

あんぱんマンの世界も、弱パン強食です。
下克上の、乱世です。

そんな、光秀の如く、領地を召し上げされてしまった、
カレーパンマンの恨み節が聞こえてきそうですが、
クリームは、信長の如く、そんなことはお構いなく、
クリームらしい、ねっとりまったりの、かための食感です。

やはり、さそり座のおんなとして、とろとろよりも、
地獄の果てまで着いていく、ねっとり系のクリームが好きだったりしますが、
このクリームは、いままでのねっとりより、いささか“一途”が過ぎるようです。

水分少な目故、“伸び”が一切ありません

いくら、ねっとり系とは云え、
多少の“伸び”と云うものがあります。

しかし、このクリームに至っては、
かっちんこっちんの、頑固おやじのような、ねっとりです。

カミナリさんだって、ここまで頑固じゃあ、ありませんよっ!
これじゃあ、星一徹さんですよっ!

チャイクリームとかけて、星一徹さんと、とく。
そのこたえはっ?

どちらも、“一途”であります。

チャイクリームも、ねっとりへの思いが一途な故、
頑固クリームとなってしまいましたが、
星一徹さんもまた、飛馬の巨人入団への思いが強烈故、
頑固おやじになってしまったのです。

♪ね~っとり、伸びない、チャイ風味クリ~ム
 ね~っとりぃのほ~し(星)をめざす~ため~、
 水分なくせ、伸び伸~びする~なっ、
 ねっとねっと~、チャイクリ~ムゥ、ずんっと~、ゆ~け~ぇ♪

クリームのお味は、
ほんのりとシナモンの風味が効いています。

しかし、せっかくのこの風味は、
ある厄介もの”によって、抹殺されてしまうのです、、。

ミルクティー味のクリームですが、
と~~~っても、ミルクが濃厚です。

実際のチャイを飲んだことがないので、
比較することは出来ませんが、
メインであるはずの紅茶を押しのけて、
脇役のミルクが凄い勢いで、でしゃばっています。

ここまででしゃばるのは、
このミルクと野村のサッチーくらいはないでしょうか。

もう、紅茶は野村監督の如く、
ミルク(サッチー)の陰で、小さ~~くなっています。

香り高い紅茶も、ここまでミルクに邪険に扱われるとは、
英国貴族が知ったら、さぞ憤慨なさることでしょう。

木村屋--チャイクリームパン。


このミルクは、お味も濃厚ですが、
甘さもまた、かなりの濃厚っぷりです。

甘さが強い、ではなく、濃厚です、、。

この、ずんとする甘さは、
もはや“強い”と云う表現だけでは、
おさまり切りません。

それ故、濃厚と云う表現が適切なのです。

この甘さ濃厚ミルクが、紅茶だけでなく、
せっかくのシナモンも、凄い勢いで、飲み込まれてしまいます。

これは、一瞬の出来事なので、
うっかりしていると、シナモンを一切感じることなく、
この“チャイクリームパン”のすべてを、
食べ尽くしてしまうことでしょう。

これには、川島なお美さんの愛犬、シナモンも、
歯をむき出しにして、怒りに怒るってもんですっ!

そして、生地の表面のココナッツも、
生地だけだとふんわりと香ってきたのに、
ミルクによって、香りのすべてを奪われています。

このミルクの勢いを、もう誰も止めることは出来ません。

♪もう、、、ミルク~だね、、♪

シナモン、紅茶、ココナッツに、
♪さよならっ、さよならっ、さよなら~ぁ嗚呼、、♪
です。

そして、
♪もうすぐ生地は、甘ぁ~いミルク♪
です。

クリームの量は、そんなに多くないのに、
この存在感は、強烈、猛烈、熱烈です(?)。

レッツ(烈)ゴー3兄弟、です(??)。

もはや、だんご3兄弟のような、
典型的な兄弟の役割、性格などは皆無です。

すべてが濃い、です。

♪生地に入~って、クリームッ(クリームッ)、
 ミルク濃厚、クリームッ(クリームッ)、
 甘さ強烈、クリームッ(クリームッ)、
 クドいチャイクリ~ムッ!♪

まぁ今回、“おつとめ品”と云うことで、
2割引で購入したので、別にこの“チャイクリームパン”
を購入したことへの後悔は、ありません。

むしろ、そんな甘さ強烈の菓子パンすら、
ネタのコヤシにするのが、この独身ってわけです。

江戸も平成の世も、“菓子パン遊びも芸の内
と云ってしまうのが、日本人なのであります(?)。


購入価格:84円。

【栄養成分表示(1個あたり)】
エネルギー:236kcal
たんぱく質:5.6g
脂質:7.9g
炭水化物:35.7g
ナトリウム:114mg


【オススメ度:★★☆☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

神戸屋--あんスティック(5本入り)。  | home |  ヤマザキ--ホワイトスティックサンド ミルク&メープル。