FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2006年06月13日[Tue]

ヤマザキ--ランチパック レアチーズ風味クリーム&ホイップ。

ヤマザキ--ランチパック レアチーズ風味クリーム&ホイップ。


あいまいな、レアチーズと独身、、。

選択肢がたくさんある、と云うことは、
喜ばしいことでもあり、また、
非常にあたまを悩ませることでもあります。

たとえば、
「さぁっ!この100個あるナイス菓子パンの中から、
 好きなものを2つ、選びたまえっ!!」
と、云われたとします。

すると、数多ある菓子パンを目の前にして、
(いやっほ~いっ!こんなにたくさん菓子パンがあるよっ~!)
と、興奮状態に陥ります。

しかし、その10秒後には、
(嗚呼、一体この中から、どれを選べればベストなのか、、。)
と、いわゆる、究極の選択と云うものに、さいなまれます。

あれもこれも、おいしそうっ!
そして、どれもかれも、捨て難いっ!!

もう、こうなると、脳内はパニック状態です。

まず、視床下部が、
「嗚呼っ!
 オレは○△と□×、それから※∞を食べたいっ!」
と、騒ぎ立てます。

そのあと、海馬が、
「わたしのデータによると、独身さんは以前から、
 □×を食べたいと思っていたようですよ。」
と、冷静に分析を開始します。

そして、前頭葉が、
「では、□×にしようではないか。」
と、最終決定をくだします。

しかしっ!

ここで納得しないのが、視床下部です。

「でも、○△と、※∞だって、おいしそうじゃんっ!!」
と、不服を申し立てます。

すると海馬が、
「そうですね~。独身さんは、○△、そして、
 ※∞もお好みのようですよ。」
と、データを取り出してきます。

すると、前頭葉が、
「では、3つ買いたまえ。」
と、大盤振る舞いをします。

しかし~っ!

ここで海馬が、
「わたしのデータによると、
 暑いこの季節、3つもいっぺんに購入すると、
 消費期限内とは云え、青いイナズマ、ではなく、
 “青いあんちくしょう”が発生する可能性大です。」
と、買いだめへの警告を発します。

ところがどっこいっ!
そんなことで、視床下部が納得するわけがありません。

なぜなら、視床下部は、欲求一直線なのです。

おいしいそうな菓子パンを目の前にして、
そうかんたんに引き下がるわけにはいきません。

そこで、最終決定権を持つ前頭葉が登場するわけですが、
ここまで、海馬と視床下部の意見がわれると、
前頭葉だって、どちらの意見を参考にすればいいのか、
混乱してくるってもんです。

海馬と視床下部が激しい云い争いをしている間、
前頭葉は、両者をなだめることも、意見をまとめることも、
なにも出来ず、ただ、茫然としているだけです。

こうなると、独身の脳内は、梅雨の垂れ込めるくもり空の如く、
もんもんとしてしまうのです、、。

ここ最近は、そんな脳内バトルは行なわれていませんでしたが、
昨日、久々に“伊藤、よぅっ!加藤(イトーヨーカドー)”へ行くと、
なんとっ!

独身が食べたい菓子パンが、どんっ!と、
多量に陳列
されているではありませんかっ、、!

その数、およそ、7品、、。
どこれもこれも、捨て難いものばかりです、、。

7品の中から、2つだけ選べと云うのは、
ウォーリーを探せ”より、困難を極めます。

なぜ2つかと云いますと、
まず1つは、その日に頂く分です。

そして2つ目は、翌日頂く分です。

3つ目となると、消費期限がぎりぎりになってしまうので、
この季節には、不向きな購入方法(?)なのです、、。

いくら、いまをトキメク“KAT-TUN”が、
ギリギリでいつも生きていたいから~♪
と唄ったところで、夏の菓子パンにおけるぎりぎりは、
胃腸を“ぎりぎりの状態”にさせてしまうのがオチです。

昨年の夏に経験した、この、“夏の菓子パンは2つまで”、
と云う(独身の)法則は、マーフィーの法則より、
確かなものがあるのです。

しかし、、。

どれもこれも、ほんとうに食べたいものばかりで、
2つのみを選び出せと云うのは、なんとも酷なことであります、、。

それでも、法則を破る行為は、
2つまでと堅く誓った己への、裏切りとなります。

村上容疑者がニッポン放送株で、ホリエモンを裏切ったとしても、
この独身、自身を裏切るわけには、いきません。

よって、なんとか視床下部を自らなだめ、
2つを選ぶことにしたのですが、やはり、
どれを選べばいいのか、態度がはっきりとしません、、。

いちど、
(これにしようかな。)
と、手に取っても、その瞬間、
(あっ、やっぱし、こっちのほうがよさそう。)
と、いわゆる、“隣の芝生”に陥ってしまうのです。

なんとも、あいまいな独身ですっ!!

はっきりとした態度を取らなければ、
菓子パンに失礼千万ってもんですっ(?)。

選ばれる立場の菓子パンにしてみれば、
(いちど手にしておきながら、
 ほかに目を向けるなんて、なんて無粋な独身なのっ!!)
と、憤慨していることでしょう。

そんな、孤独なやりとりを、どのくらい繰り返したでしょう、、。
後ろ髪引かれる思いで、なんとか2つを選択することが出来ました。

しかし、いまこうして買い物を追えても、
置き去りにしてしまった、残り5個の菓子パンに、
未練を引きずっていることは、確かです、、。

と云うことで、明日もヨーカドーに行ってこようと思いますっ!
(なんだ、悩まなくても、そういう手があったのか、、。)

ヤマザキ--ランチパック レアチーズ風味クリーム&ホイップ。


レアチーズ風味のさわやかな味わいのクリームと
 軽い食感のホイップクリーム
をサンドしました。”

と云うわけで、
ランチパックの“レアチーズ風味クリーム&ホイップ”です。

いままでランチパックは、
バニラヨーグルト”、“ピーナッツ”、“ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、“ハム&チーズ”、“いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、“キナコモチ”、“キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、“ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、“小倉&マーガリン
を頂きました。

こうやって振り返ってみると、
ほにゃらら&ホイップ”が多いですね。

まあ、たいがい、ホイップと云うのは、
なんとでも相性がいいので、ダブルクリームにするには、
もってこいなんでしょう。

どんな色にも染まってしまう、
それがカメレオンであり、ホイップクリームなのであります。

さて、数多ランチパックを頂いても、
毎度、生地の質には感心してしまいます。

相変わらず、生地はむっちむちしています。
いわゆる、マジでもちもち5秒前、です。

これでもかっ!これでもかっ!
と云うくらい、生地をこねこねした様が、
むちむちの生地から、伝わってきます。

♪こっね、こっね、通じ合う~、
 そ~ゆ~な~か(仲)に、なりったいっわ~♪

こういう上質な生地は、じっくり無言で味わいたいものです。

むちむちではありますが、はじめ、
お口に入れた瞬間は、ふわふわです。

もぐっと、かんだ瞬間から、
ふわふわが、むちむちへと、変化するのです。

もぐもぐすればするほど、それに比例して、
より、むちむちになります。

うどんで云えば、“腰がある”ってやつです。

これには、マツケンの腰元ダンサーズも、
びっくりってもんでしょうっ!

流石の(振付師の)マージーだって、
この腰には、かなわないってもんですっ!

♪ラ~ンチ、ビ~バ、ラ~ンチィ~、
 む・ち・む・ち、ラ~ンチ~~~~ィ、オッレッ!♪

マツケンも、ランチの生地も、腰いのちっ!

あ、そう云えば、次のマツケンの新曲は、
阿波踊り”だったなぁ、、。

流石の、ナイス菓子パンで狂喜乱舞してしまう独身も、
まだまだ、ここで阿波踊りを披露するわけには、いきません。

さて、生地がむちむちと云うと、なにやら、
中山きんに君のような、マッチョメンを連想してしまいがちですが、
マッチョでありながら、しっとりとして、口当りのよい、
とっても繊細
な生地でもあります。

マッチョメンの場合、色黒でテカテカのほうが、
よく筋肉が映えるってもんですが、
ランチパックに至っては、シミひとつない、
なめらかな白生地です。

しいて云うなら(?)、色白マッチョが、
1匹のチワワを抱いているシーン
を連想されれば、
ランチパックの生地がお分かり頂けるかと、思います(??)。

もしかしたら、マッチョは繊細故、自らのからだをむちむちにして、
ガラスのようなこころ内を守ろうとしているのかも、しれません。

ランチパックも、繊細故、むちむちの食感で、
生地を守ろうと、努めているのかも、しれません。
(いや、それはない。)

ヤマザキ--ランチパック レアチーズ風味クリーム&ホイップ。


さて、こんなランチパックの、こころ内を確かめるかの如く、
生地をぱかっと、カットしてみると、少々、見辛いですが、
レアチーズとホイップのダブルクリームが現れました。

「ダッブル、ユーで~~~すっ!」

と、元気よく、コンビで活躍していたWですが、
残念ながら、加護ちゃんの謹慎で、いまや、
その存在を、忘れ去られようとしています。

しかし、このダブルクリームは、むちむち生地で保護されているので、
曲がったことをしようとも、無駄な抵抗で終わるのがオチです。

♪曲が~ったぁ、こっとが大っ嫌いっ、
 む~ちむ~ち、ランチパックッ!!♪

あ、また、はなしが曲がっちった、、。

レアチーズ“風味”クリームですが、
ねっとり、まったり、クリームです。

お味のほうは、レモンのさわやか風味が効いていて、
かつ、チーズのこってり感も、持ち合わせています。

♪レアは、さわやか、こってり、ベイべェッ!♪

ランチパックも、白生地が似合いますが、
永ちゃんも、白いスーツがよく似合いますよね。

一方の、ホイップクリームですが、
レアチーズとは異なり、とってもほわほわで、
空気がたくさん含まれていて、軽い食感です。

ミルク風味が濃厚で、甘味は適度です。

しかし、せっかくのさわやかレモン風味ですが、
レアチーズのこってりと、ホイップのミルクで、
いささか、風味が押され気味であることは、否めません。

スタートダッシュはよかったものの、10Mあたりで、
一気に、こってりとミルクに追い抜かされてしまったようです。

やはり、優勝が期待されていたレモン風味には、
もう少々、強めのお味でいて頂きたいものです。

ヤマザキ--ランチパック レアチーズ風味クリーム&ホイップ。


半分は、10分ほど冷蔵庫で冷やしてみました。

生地は、変わらずむちむち感を、キープしています。
少々、生地が引き締まって、むちむちから、
むきむきになった感じです。

より一層、マッチョ感がアップしたようです。

♪マ~ッチョだ~ぁって、ランチだ~ぁって~ぇ、
 むちむちだ~ぁって~ぇ、みんなみんな~、
 “キレテ”いるんだ、むきむきな~ぁん~だぁ~♪

てのひら、ではなく、指先だと、
生地のむちむちっぷりが、十二分に把握出来ます。

ホイップのほうも、ほわほわがぐっと、引き締まって
夏らしい、すっきりした食感になっています。

しかし、いささか、物足りない感じがすることは、否めません。

一見、レアチーズが、こってりとした、
濃厚なお味だと思われがちですが、
このレアチーズ、、。

ほんとうに、“レアチーズ風味”クリームです、、。

なぜ、“風味”などと云う、あいまいな表現なのか、、。
レアチーズなら、はっきりと“レアチーズ”クリームと、
書けばいいことです。

しかし、そこをあえて、“風味”としたことは、
なにか、レアチーズに自信のなさと云うものを、感じざるを得ません。

袋の通り、
さわやかな味わいのクリーム
であることは、確かです。

しかし、いかんせん、さわやか過ぎますっ。
新庄選手の、さわやかな白い歯より、さわやか過ぎますっ!

菓子パンにおける“さわやか”は、一歩、道を踏み外してしまうと、
お味がぼやけて、あいまいになってしまいます。

この、レアチーズのあいまいな風味に、
追い討ちをかけているのが、ホイップクリームです。

ホイップの、やわらかいミルク味が、
レアチーズを益々、あいまい
にしています。

「いいじゃん、いいじゃんっ!
 レアチーズじゃなくても~っ!」

と云った具合に、ホイップの誘惑に、
見事、レアチーズが負けています。

♪やめって~ぇ、レアチーズじゃ、ないなら~ぁ、
 やめって~ぇ、レモンが~、ないなら~ぁ♪

あいまい、と云うのは、なんとも無粋です。
己だけならまだしも、あいまいは、他にも影響を与えるのです。

この独身も、時に、無粋なあいまいっぷりで、
菓子パンにイライラ感を与えています。

このレアチーズ“風味”クリームも、
あいまいなお味で、この独身をこうして悩ませています。

あいまいな、レアチーズと独身”、です。

これには思わず、ノーベル賞作家の大江健三郎さんも、
一筆取らずには、いられないってもんでしょう。

独身が、あいまいな態度で選び出した、
この“レアチーズ風味クリーム&ホイップ”で、
あいまいなお味を喰らった、と云うわけです。

これこそ、因果です。

人もレアチーズも、なにかガツンとした、
“これっ!”と云う特徴
を、持ち合わせていたいものです。


購入価格:128円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★☆☆】
スポンサーサイト


タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ホワイトスティックサンド ミルク&メープル。  | home |  木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。