FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月14日[Wed]

木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。

木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。


木村屋、今月の新作っ!
こんな結果になろうとは、、。

期待して、楽しみにしていたのに、
予想に反して、信じられない結果になることは、
人生において、多々、あることです。

人はそれを、青天の霹靂と云う、、。

たとえば。
たとえば、、、、。

まさか、おとといのワールドカップで、
終了間際に、3点も入れられる
とは、
誰が予想していたことでしょう、、。

1:0。
先制に、独身歓喜

1:1。
まさかの同点。
でも、まだ信じる

1:2。
茫然自失。
青いユニフォームを脱ぐ

1:3。
即、テレビを消す
風呂に入る。
そして、寝る。

翌朝、起床。
昨日のことは夢だった、と思うが、
現実に変わりなし。
ワールドカップ関連のニュースに、すべて目を閉ざす

ドイツの元大統領、ヴァイツゼッカー氏は、
過去に盲目となる者は、現在もまた、盲目となる。”
と、演説しました。

しかし。

この現実を直視しろ、と云うほうが、
いまの日本にとって、酷なことであります、、。

そんな感じで、昨日は1日中、
“ワールドカップって何よっ?”
くらいの勢いで、一切のサッカーニュースは、
無視しました、、。

そんな、“悲しみよこんにちは”、状態の独身を、
慰めてくれる、ただ、唯一の存在が、
毎日の菓子パンです。

いやっ、、。
その“はず”、でした、、、。

月曜日、ランチパックの“レアチーズ風味クリーム&ホイップ”と共に、
この“ふんわりサンド ピーチレアチーズ”を購入したわけですが、
これを食べるのを、とっても楽しみにしていたんですっ、、。

ほんとうは、“ふんわりサンド”のほうを先に頂きたかったのですが、
この独身、“好きなものは、あとで食べましょう”と、
幼稚園のときに教わって以来、そのことをずっと守り通してきている故、
ランチパック”を優先した、と云うわけです。

1日待った分、楽しみ度も、わくわく度も、倍増ってもんで、
この日は、朝からサッカーをことを記憶から追いやるように、
この“ふんわりサンド”のことを、ずっと考えていたのです。

おいしけば、期待して、待たされただけ、
喜びと云うのは大、です。

しかし、逆に期待していた結果とは異なっていた場合、
悲しみと云うのは、期待度の2倍
になるのです、、。

この“ピーチレアチーズ”。
ワールドカップの如く、独身の期待はかなり、大きかったのです。

それなのに、こんな結果になろうとは、いったい、
誰が予想していたと云うのでしょう、、。

ノストラダムス
それとも、細木数子ちゃん、、?

それでは、この“ピーチレアチーズ”の“敗因”を、
検証してみることに、いたしましょう。

木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。


桃の果肉をブレンドした
 レアチーズ風味の爽やかなクリーム

 ふんわり食パンでサンドしました。”

人には、失敗を繰り返さないためにも、
学習能力”と云うものが、備わっています。

しかし。
残念なことに、時間が経過すれば、
失敗したことを、忘れてしまうことも、あったりするのです。

今月の、木村屋さんの新作情報を見たときから、
ずっと、この“ピーチレアチーズ”との出逢いを楽しみにしていました。

桃とレアチーズだなんて、
なんてステキな組み合わせなんでしょうっ!

これは、おすぎとピーコ並みに、
ナイスコンビネーション
と云えます(?)。

そんな、おすぎとピーコ、ではなく、
“ピーチレアチーズ”を店頭で発見した瞬間、
147円と云う、高値など気にせずに、
一目散に、手を伸ばしたことは、云うまでもありません。

てのひらを太陽に、すかして見なくとも、
袋から透けて見える生地に、真っ赤、ではなく、
ピンクに流れる(?)、桃の果実を想像し、
嗚呼、菓子パンはみんな、生きている、
生きているから、食べるんだと、
実感したのであります(??)。

さて、1日寝かされたこの“ピーチレアチーズ”を、
さっそく頂かんと、袋を開け、生地を取り出してみると、、。

いきなり、先制ゴールを喰らいました、、、。

この独身、、。
ときが経ち、すっかり忘れていました、、。

木村屋のふんわりサンドは、
温州みかん ジャム&クリーム”、
はちみつリンゴ シナモン風味”、
マンゴーパイン”、
を頂きましたが、いずれも、“ふんわり”の名には及ばず、
木村屋らしからぬ、粗めの生地だったです、、。

(そっ、そうだった、、。
 “ふんわりサンド”と云えば、この感触だったんだ、、。)

3度も学習したと云うに、
すっかり忘れていました、、。

生地は、相変わらず、ぱっさりとしています、、。
それでいて、硬いです、、。

表面はごわついていて、
かさかさ、と云うか、ゴソゴソしています、、。

まるで、100回くらい洗濯して、もはや、
ファーファ(柔軟剤)でもふっくら感は取り戻せない、
末期の、かぴかぴのタオルみたいな感触です、、。

ちょいと、木村屋さんっ!!

木村屋さんの生地と云ったら、この独身、
一目置いているんですよっ!!

ジューシーな甘味と、じっとりとした、
重厚な生地。

それが、木村屋さんじゃあ、ありませんかっ!!!

そっ、それをっ、、。
この末期のタオルとは、いったいどういうことですかっ!!!

いくら、夏でもボディ用保湿クリームは欠かせない、
乾燥かぴかぴ肌の独身だって、この末期生地には、
納得出来ませんっ!!

それとも、、。
独身が、“ランチパック レアチーズ&ホイップ”を優先したことで、
この“ピーチレアチーズ”に、嫉妬と云う、負の感情が生まれたとでも、
云うのでしょうか。

だから、憤怒状態のにゃんこの毛のごとく、
こんなにも、ケバ立った生地になってしまったのでしょうか。

嫉妬とは、人間のごとく、
こんなにも、生地を変化させてしまうものなのでしょうか、、。

だとしたら、この独身、、。
なんと云う、罪深き菓子パン好きなのでしょう、、。

この罪は、バイカル湖よりも深いものとして反省し、
最後まで、しっかりこの“ピーチレアチーズ”を頂こうと思います。

生地を実際に食べてみると、触ったときの感触ほど、
ごわごわしていません。

もっと、ぱっさぱさ、乾燥していると思いましたが、
意外にも、ふんわりと、しっとり感はあります。

しかし、それでも、生地は粗めです。
粗めのパン粉状態です(?)。

表面はぽそぽそしていて、
パンかすが、ぼろぼろ、ぼろぼろ、
粉塵のごとく、舞い落ちてきます、、。

桃のクリームと面している部分は、
とくに粗々しく、そして、ぱっさり、ではく、
ぼっそりとしています。

クリームに、生地の水分をすっかり吸い取られたのか、
生地にはもはや、しっとりも、ふんわりもなくなり、
ただの薄っぺらい、ぼそぼそな食感になっています、、。

この生地の、どこを“ふんわりサンド”と云えようかっ、、!

♪触ったころから、ごわごわで~、
 食べたら、ぼそぼそ、云われたよ~、
 タ~オルみたいにケバっては~、
 食~べる者みなっ、傷つけた~、

 あっあ~、分かってくれとは云わないが~ぁ、
 そんなに、生地が悪いのか~、
 ぼろぼろ、ぼろぼろ、粉塵よ~ぉ、
 ごわごわ、生~地のっ、レアチ~ズ、、♪

こんな歌、子守唄にも、なりません。

木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。


“とがったナイフ”で、生地を半分に傷付けてみると、
とろ~り、やわらかいクリームが、出てきます。

このやわらかさは、垂れる寸前です。

「原田~ぁっ!!立ってくれ~っ!!」

長野五輪の、ジャンプ団体で、
原田選手は大ジャンプを決め、見事、
着地で転ぶことなく、踏ん張ってくれましたが、
そんな感じで、このクリームも、とっろ~んと、
垂れてしまうと思いきや、ぐっと持ち堪えてくれました。

あとは、
「ふっ、船木~ぃぃ、、。」
ではなく、この独身に、おまかせください。

とろとろクリームは、まったり、ねっとりともしていて、
口当たりは、つるつるしています。

中には、桃の果実が入っていて、
ときおり、硬めの桃の、じょりじょりとした食感がします。

この桃の食感は、ほんものの桃のような、
繊維質があって、果汁じゅるじゅるの、
とろとろ果実では、ありません。

いわゆる、缶詰のような、食感がはっきりとした、
じょりじょりの果実です。

しかし、缶詰の桃も、けっこう好きだったりするので、
このじょりじょりが、決して悪いとは、云いません。

クリームは、じょんわりとした甘さで、
ピーチのお味は、ツンとした、少々刺激のある風味です。

ツンとしたピーチが、
じょわじょわと、お口の中を軽く刺激します。

たしか、ヤマザキの“しっとりピーチパン”も、
こんなような、ツンとしたピーチのお味だったと記憶しています。

ところで、、。
この“ピーチレアチーズ”、、。

レアチーズ”は、何処へ、、?

もしかして、ワールドカップ観戦で、
ドイツにも、行っている
のですか、、?

わたしの記憶が確かならば、
レアチーズとは、さわやかレモン風味と、
こってりチーズ風味
が一体となったお味、
のはずですが、もしかして、記憶違いですか、、?

いやっ!
そんなはずはないっ!

なぜなら、昨日、ランチパックの“レアチーズ&ホイップ
を食べたばかりだからでありますっ!!

いくら、“ふんわりサンド”の生地の質のことを、
すっかり忘れていたとは云え、
昨日頂いたレアチーズのことで、間違いを起こすなど、
ありえませんっ!!

決してっ、終了間際に3点も入れられるなどと云う、
信じがたい失態
を犯すわけが、ありませんっ!

ピーチクリームをいくら頂いても、
チーズのチの字すら、感じることが出来ません

ふつうの、まったり系ピーチクリームです、、。

頂く前は、桃のじゅるじゅるの果汁風味と、
レアチーズの、こってりのコクを期待していたのに、
結果がこれですよ、、。

これじゃあ、早々に青のユニフォームを脱いで、
裏番組の“あいのり”を観ちゃうってもんです、、。

久本さんは、ゴキとアウトローの交際を、
泣いて喜んでいましたが、この独身に至っては、
期待外れのお味に、泣いて悲しんでおります、、。

♪悲しいこと、なんですか~ぁ、
 耐えにくい、ことですか~ぁ、
 ふんわり生地も、チーズの味も、
 探したけれど、見つからないのに、

 まだまだ食べる気ですか~ぁ、
 それよりも、生地、冷やしませんか~ぁ、
 冷の中へ、冷の中へ、入れてみたいと思いませんか~ぁ、
 ふふっふ~ぅ、ふふっふ~ぅ、ふふっふ~ぅ、あ~あ、、、♪

木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。


冷やしておいしい”と云うことで、
さっそく、冷蔵庫で冷やしてみることにしました。

この“白くまくん”。
適度な温度になると、青く浮かび上がって
きます。

なんとかの命は短い、と云いますが、
この白くまくんも、かなりの短命です、、。

冷蔵庫から取り出して、わずか7秒あまりで、
その姿を消して
しまいます、、。

冷蔵庫から取り出して、よしっ、写真を撮るぞ、
と思いきや、液晶に映るのは、ただの真っ白いシールではありませんか、、。

と云うわけで、もういちど、冷蔵庫に戻し、
白くまくんが冬眠で覚める(?)あいだ、
デジカメの電源を入れ、スタンバイし、
いざっ、パチリ、、。

この独身、、。
いささか、焦り過ぎました、、。

(白くまくんが消えてしまうっ!)
との思いで、ついつい、フォーカスするのを、
忘れて
しまいました、、。

近視の目も、こんな感じでフォーカス出来ずに、
物がぼやけて見えるので、正常の視力のかたは、
この白くまくんで、近視気分を味わってみてください(?)。

木村屋--ふんわりサンド ピーチレアチーズ(レアチーズ風味)。


冷やしたことで、生地がより一層、
ぱっさりすると思いきや、意外や意外、
粗めの生地が落ち着いて、いくぶんか、
しっとり
としています。

これには、鳩に豆鉄砲状態です、、。

ふんわりしていた部分の生地が、
いささか、かたくなってしまった感はありますが、
常温よりは、冷やしたほうが、生地に気合が入って、
食べやすくなっています。

菓子パンには、熱いパッションが必要ですが、
ときに、冷たい気合も、肝要ってわけです。

クリームは、ひんやり引き締まって、
とろとろなやわらかさが、ぐっとなって、
はっきりクリーム
になっています。

♪はっ、きりして~ぇ、ぐっと、して~ぇ、
 ひんっやり、してる、クリ~ムだから~ぁ♪

これにはトシちゃんも、
はっとしてしまうことでしょう。

さて、ここまで、劣勢が続いている“ピーチレアチーズ”ですが、
決定的なミスを、犯してしまったようです。

それは、、、。
クリームの、“フォーメーション”です、、。

生地の正方形に対し、
中のクリームが、なんとっ!!

円形、なのです、、。

よって、生地の端っこ部分には、
クリームがポジションについていない
と云うことになります。

あなたは、たいやきを食べて、
ひとくちであんこにたどり着けなかったとしたら、
どう思いますか?

嬉しいですか、哀しいですか?
哀しい、でしょう?

菓子パンを食べて、ひとくちでクリームにたどり着けないほど、
哀しいことは、ありません、、。

(クリームは、どんなお味かな~ぁ。)
と、意気揚揚と生地にかぶりついた瞬間、
お口が感じた感触が、クリームのまったり、ねっとり、
ではなく、生地オンリーの、ぼっそり、だとしたら、
どう思いますか?

嬉しいですか、哀しいですか?
哀しい、でしょう、、?

ワールドカップ初戦で、盛り上がるだけ盛り上がって、
その結果が、3:1、しかも、残り10分で3失点って、
それ、嬉しいですか、哀しいですか?

哀しい、でしょう、、、、、、、、。

そうかんたんに、
“次の2戦があるっ!!!”
なんて、前向きになれないでしょう、、。

この“ピーチレアチーズ”のほかにも、
新作で“メロン”がありますが、そうかんたんに、
“次のメロンがあるっ!!!”
なんて、前向きになれません、、。

それでも、いちばん努力しているのは、
木村屋代表の、作り手さんたちです。

菓子パン好きとして、そう易々と、
代表を見捨てるわけには、いきません。

想定外の初戦となってしまいましたが、
なんとか、次のメロンに、期待したいと思います。

がんばれっ、メロンッ!!


購入価格:147円。

【栄養成分表(1個あたり)】
エネルギー:169kcal
たんぱく質:3.9g
脂質:5.4g
炭水化物:26.2g
ナトリウム:219mg


【オススメ度:★★☆☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック レアチーズ風味クリーム&ホイップ。  | home |  神戸屋--さわやかレモンパン。