FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月17日[Sat]

フジパン--レモン&ミルク(季節のサンドロール)。

フジパン--レモン&ミルク(季節のサンドロール)。


フジパン、“季節のサンドロール”の新作っ!
“すてき”、とは云い難い、ハーモニーです、、。

あるものを見ると、
それに関連した記憶を思い出してしまうことって、
多々、あることと思います。

たとえば、ここ最近、ワールドカップ関連の番組で、
元日本代表監督、トルシエさんを観て、
つい、パリ旅行のとき地下鉄職員と云い争ったこととか(実話)、
2番手に甘んじている、ドイツ代表のオリバー・カーンを観て、
(嗚呼、やつはそう云えば、よく日本食レストランに、
 若い浮気相手と来ていたなぁ、、。)
と云う、コックをやっていた友人からの噂とか(実話)、、、。

強い印象に残っていることやものに限って、
関連したものを見たりすると、
芋づる式のように、思い出したりします。

このフジパンの“季節のサンドロール”、、。
かれこれ、この“レモン&ミルク”で4本目になります。

ミックスベリー”、
バナナ&ミルク”、
宇治抹茶&小倉”を頂いてきましたが、
いずれも、“季節のサンドロール”となると、
“ある人物”を、思い出さずには、いられません、、。

それは、、、。
吉田さん”、です、、。

はじめて訪れたスーパーで、
はじめて“季節のサンドロール”を購入したとき、
この独身、店員の吉田さん(たぶん、フィリピン出身)に、
怒られてしまった
という、哀しき過去を、持っているのです、、。

♪ちょうど、半年前に~、はじめて訪れた店~♪

“ロード”、トゥー、スーパー何某、です。
(店名、忘れました、、。)

♪なんでもないよ~な店員、
 フィリピンだったと思う~、
 なんでもない人の~こ~と~、
 2度とは忘れない人~♪

それが、“吉田さん”です、、。

その日、そこのスーパーでは、
菓子パン3つで200円の、特売を行なっていました。

少々遠いものの、3つで200円の安さに根負けし、
寒さに耐えて、よく頑張ったっ!と、
そこのスーパーへ、勇んで行ったわけです。

そして、菓子パンコーナーでいろいろと物色し、
3つを選んで、吉田さんのもとへ行ったが3年目っ!!

ピッ!ピッ!ピッ!
278円(くらい、、確か)です。」
と云う吉田さんのことばに、独身、思わず、
「3つで200円じゃあ、、。」

すると、吉田さんは、もの凄い形相で、
レジ近くの菓子パンコーナーへ向かい、
ここの箱にあるのが200円ねっ!
 それは、違うでしょっ!」
と独身を一喝、、。

これは、大沢親分の“喝っ!!”より、
強烈なものがあります、、。

どうやら、“3つで200円”と云うのは、
黄色い箱に入った菓子パンのみで、
お店の全菓子パンが対象と云うわけではなかったのです、、。

しかし、それならそれで、
他の菓子パンと、もっとよく区別出来るように、
隔離するなりしてくれないと、分かり辛いってもんです。

いやっ!
もっと注意深く、確かめなかった独身が悪~ぅ、ございました、、。

それどころか、吉田さんの気分を害してしまったことを、
田貫湖よりも深いものと反省し、結局、他の菓子パンを選び、
隣のレジで清算を済ませ、もう2度と、
そのスーパーへは行くまいと、こころに誓ったのでありました、、。

吉田さん、、。
“季節のサンド”で、思い出す、、、。

いまもまだ、そこで働いていますか、、、、。

フジパン--レモン&ミルク(季節のサンドロール)。


レモンとミルクのすてきなハーモニー。”

週1度、菓子パンを2割引しているFで、
この“レモン&ミルク”を購入したわけですが、
実は、隣には、同じ“季節のサンドロール 夕張メロン&ミルク”があって、
どちらにしようかと、さんざ迷ったのであります。

で、結局、“レモン&ミルク”にしたのですが、
それには、それなりのわけってもんがあります。

それは、先日頂いた、
神戸屋の“さわやかレモンパン”のリベンジのため、
です。

不注意にも、メロンパンのようなレモンパンを、
メロンパンが苦手にも関わらず、うっかり選んでしまったのです、、。

しかも、レモンから、
さわやか好青年がテニスをして、
 さわやかに汗をかいている”シーンまで妄想し、
それにつられて購入したってわけです、、。

うっかり+妄想。

これは、菓子パン生活において、
致命的な症状です(?)。

そんな自分の愚かさに、近藤マッチだって、
♪お~ろ~か~ぁ、も~の~よっ♪
と、唄ってしまうってもんです、、。

今回は、流石に妄想ではなく、
吉田さんの記憶を思い出してしまったわけですが、
やはり、ここは不本意な結果に終わった、
さわやかレモンパン”のリベンジを図らなければ、
この独身、梅雨のジメジメの如く、
気分がさわやかにならないってもんです。

さて、“季節のサンドロール”も4本目となると、
そろそろ、人となり、ではなく、“生地となり”が分かってくるってもんです。

生地は、ふんわかとしています。

ふわふわと云うほど、軽い感じではなく、
しっとりと云うほど、ジューシーな生地では、ありません。

少々、ぱっさり気味ではありますが、
ほどよい柔軟性と、甘味、そして、
生地の香ばしさがあります。

ほんのりと、レモンゼリーの香りが生地にうつっていて、
生地の甘味に、さわやかなレモンの風が吹いている感じです。

“風に吹かれて、さわやかレモン”、です。

これには、男前豆腐のジョニーだって、
根負けするってもんです(?)。

男前豆腐は割高ですが、この“サンドロール”は、
かしこい主婦の味方の、お値段です。

フジパン--レモン&ミルク(季節のサンドロール)。


生地の中には、“レモンゼリー”と、
“ミルクホイップクリーム
”が入っています。

“ゼリー”と云っても、
ゼラチンのような、ぷるんぷるん感はありません。

とろとろなところは、はちみつのようでもあるのですが、
はちみつのように、ぺっとぺとでも、ありません。

ぺっとぺとがない、じゅるじゅるのレモンゼリーです。

先日の、“ヤマザキのマスクメロン蒸しケーキ”は、
それはもう、季節感皆無の、ぺっとぺと、
べっとべとの、なんとも不快なメロンソースでありました。

しかし、このレモンゼリーに至っては、
そのような不快感はありません。

とろとろでも、さわやかさは忘れていません。

レモンのお味は、レモンらしく、じゅわ~と云う、
強めのすっぱさ
があります。

かなり、主張の強いレモン風味です。

これくらいのすっぱさの方が、夏らしいし、
変にすっぱさを抑えたレモンほど、無粋なことはありません。

そんなんでは、すっぱマンだって、
変身出来ないってもんです。

あ、あれは、梅干か、、。

しかし、強めのすっぱさと同等に、
甘味も強め、です、、。

甘味ですっぱさが邪魔されているわけではありませんが、
2つの風味が2分されている状態です。

まあ、そもそも、すっぱいと甘いと云うのは、
対極の関係なので、融和を図ろうとする行為自体、
天と地をくっつけてしまおうとするようなものです。

しかし、対極とは云え、お味のバランスを考慮すれば、
ある程度の関係は、保てるものです。

このレモンゼリーで云えば、あと半分くらい、
甘味を抑えれば
、すっぱマンともっと、
仲良しになれたと思います。

いやっ!
すっぱマンの場合、他人と歩調を合わせようと云う気持ちは皆無で、
いわゆる、取り付く島がない、状態なのです、、。

しかし、このレモンのすっぱマンは、
中○と北△□の如く(?)、とっても友好的なので、ご安心を。

フジパン--レモン&ミルク(季節のサンドロール)。


一方の、ミルクホイップですが、
ほわほわで、空気がたくさん含まれている感じがします。

しかし、、、。

お口の中で、ほわっとホイップを感じ、
そのまま、もぐっとすると、その次の食感は、
ぬるぬる、です、、、。

凄い、油っぽいです、、。

一瞬、ほわほわの食感で、
(おっ、軽いクリームだね~。)
と思いきやっ、次にもぐっとした瞬間、
(うわっ!ヘビーじゃんっ!!)
と、ホイップは突然変異を遂げるのです。

もぐっとしたことで、何かしらの遺伝子が変異し、
ほわほわが、ぬるぬるになった、と云うわけです。

“ラブストーリーは突然に”ではなく、
突然変異は突然に”、です、、。

♪誰かがもぐもぐする行~為に、
 もう、ぬるぬるした~り、しな~いでっ♪

小田和正さんの歌声は、実に透明感があって、
ここち良いのですが、相反してこのぬるぬるは、
実に不快な食感です、、。

お味のほうは、ミルクと云う感じは一切ありません、、。
乳臭さは、皆無です。

ミルクの乳性分が、全部抜けてしまったミルク
と云った感じでしょうか。

こんなの、セミの抜け殻みたいなものです。

ゼミ実物がいない抜け殻は、もはや、
セミの役割を終えていると云えます。

よって、乳成分が抜けているこのミルクホイップは、
もはや、ミルクと呼べるものでは、ありません。

♪わ~たし、ミルクのホイップ~♪

と、ピンクのサウスポー(?)、
ピンクレディが唄ったとしても、何ら、説得力はありません。

これには、流石の独身も、
♪きりきり舞よっ♪
ってもんです。

フジパン--レモン&ミルク(季節のサンドロール)。


そんな、ミルクが脱力してしまっているミルクホイップですが、
なにやら、駄菓子のようなお味がします。

甘味、と云うか、味自体が薄いです。
強いて云えば、ぬるぬるの味、です、、。

食感もぬるぬる、ですが、お味もまた、
ぬるぬる、です、、。

どこまでも、ついてくるのがぬるぬるです。
そして、さそり座のおんな、です。

♪いいえ、わったしは~、ぬるぬるのホイップ~、
 お気にめっすまま~、喰~らうがいいわ~、

 あなたが遊びのつもりでも~、胃腸の果てまでついて行く~♪

食べ手としても、ある意味、いのちがけ、です、、。

このミルクホイップは、レモンゼリーと相成ると、
完全に、お味はレモンに負けています。

しかし、食感で云えば、完全にぬるぬるの勝利です。

お口に入れた瞬間、レモンのすっぱさがじゅわっとするのですが、
その次に、ホイップのぬるぬるが、横槍を入れてきます。

このすっぱさとぬるぬるは、決して交わることはありません。

お口と云う、同じ次元で存在していながら、
全く異次元でそれぞれのお味、食感を主張しているかのようです。

せっかくの、レモンのすっぱさが、夏らしい、
さわやかさを演出していると云うに、
そこに、ぬるぬるが茶々を入れている、と云うわけです。

すっぱい+ぬるぬる=すっぱぬるぬる、ではなく、
あくまで、すっぱとぬるぬるは、別次元の生き物(?)です。

よって、すっぱい+ぬるぬると云う方式自体、
存在しないのです。

ありえないのです。

これは、象さんとにゃんこを交配させようとするくらい、
無謀
であり、不可能なことなのです。

この両者の関係はもはや、
すてきなハーモニー”とは云い難いものがあります。

これは、ゴスペラーズがすてきなハーモニーを奏でているところに、
隣から、中居くんがいつものように、
♪エンダ~~~~~~ァ、イヤ~~~~ァッ♪
と、割り込んでくるようなものです。

しかし、ゴスペラーズと中居くんは、
別々のグループとして、存在しているので、
それ以上の交わりはありません。

よって、ゴスペラーズに迷惑がかかることはありません。

しかし、この“レモン&ミルク”の場合、
“期間限定”が終了するまでのあいだ、
ずっと、同じ生地の中で存在しなければ、なりません。

そのハーモニーの指揮者的存在の生地だって、
両者の不調和っぷりには、さぞ、困惑していることでしょう。

これには、精進湖よりも深い同情を申し上げたいと思います。
あ、別に、河口湖でも、いいですよっ。


購入価格:74円。

【栄養成分値(製品1個当りの標準値)】
エネルギー:409kcal
たんぱく質:6.6g
脂質:13.7g
炭水化物:64.8g
ナトリウム:239mg
食塩相当量:0.6g


【オススメ度:★★☆☆☆(2.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--マスクメロン蒸しケーキ。  | home |  ヤマザキ--薄皮 バナナクリームパン。