FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月24日[Sat]

木村屋--白桃あんぱん。

木村屋--白桃あんぱん。


木村屋、今月の新作っ!
白桃、弱腰、、?
(06/22更新予定だった記事。)

日本ではじめてのあんぱん、酒種生地使用。”

と云うことで、木村屋さんのあんぱんの生地は、
創業以来の酒種生地で、手間暇かけて作っているそうです。

酒種とやらが、いったいどんなものなのか、
わかりかねますが、とにかく、
はかりしれない気合が入っているであろうことは、よく理解出来ます。

実際、あんぱんの生地を頂いてみても、
食感、おいしさから、その様子が十分伺えます。

ならばっ!

同じ、木村屋さんの“ふんわりシリーズ”にも、
是非とも気合を入れて頂きたいってもんですっ!

なぜ、同じブランドなのに、
あんぱんとふんわりでは、こんなにも気合の入れ具合が違うのでしょうか。

木村屋さんと云えば、他の菓子パンよりも、
少々割高であることは、周知のことです。

しかし、あんぱんを頂いてみれば、
(まあ、値段相当のお味だよね。)
と、納得出来ます。

しかし、“ふんわりシリーズ”の場合はそうはいきませんっ。

ふんわりを謳っておきながら、
ちっともふんわり感がないどころか、
生地が端からぼろぼろ崩れてくるし、
食感はぽそぽそで、乾燥気味だし、、。

しかも、クリームの量も少ないことも、
ふんわりの特徴のひとつです。

なぜ、ふんわりに限って、このような生地の状態でいるのか、、。

これは云わば、ジャニーズなのに、
ちっともダンスが上達しない、SMAPの吾郎ちゃんみたいなものですっ。

(あっ、吾郎ちゃん、いま、ワンテンポ遅れたよっ、、。)

もうこうなると、気が気ではありません。

吾郎ちゃんが、派手に振り付けを間違えるのではないかとか、
要らぬ心配をしてしまうってもんです。

気が付けば、たいしてファンでもないのに、
いつの間にか、吾郎ちゃんばかり、目が行ってしまいます。

ふんわりが、ちっともふんわりでないことを知りながら、
ついつい、新作を見かけると購入してしまうのは、
もしかしたら、このふんわりに、吾郎ちゃんのような、
不思議と人を惹きつけてしまう、妙な魅力みたいなものが、
あるのかもしれません。

だとしたら、ふんわりのぽそぽそ生地と云うのも、
吾郎ちゃんのように“天然”なんでしょうか、、。

木村屋--白桃あんぱん。


と云うわけで、夏季限定の“白桃あんぱん”です。

これは、もうすでに6月初旬に店頭で見かけていたのですが、
そのときは、“おつとめ品”として割引されていなかったので、
いまのいままで、買わずにいたと云うわけです。

と云うことは、この“白桃あんぱん”は2割引で購入出来た、
と云うわけなんですが、やはり、花のいのちも短ければ、
菓子パンのいのちもまた、短いってもんです、、。

やはり、いちばんおいしい状態で頂くのは、
購入当日に限りますね、、。

まず、袋を開けると、何やらすっぱい香りがしてきます。

生地に鼻を近づけて、くんくん嗅いでみると、
それが白桃の香りであることがわかります。

白桃と云えば、ジューシーな甘い香りと云う印象があったのですが、
これは、酒種生地からくる香りと、
白桃の甘さが相成って出来たすっぱさなのでしょうか。

だとすれば、ドラゴンボールのタオーパイパイが酒を飲めば、
すっぱマンになれる
と云うことなのでしょうか。
(いや、確実に違う。)

生地は、やはり消費期限ぎりぎりと云うことで、
少々ぽっそり気味になってしまっています、、。

これは、完全に独身のうっかりミスです、、。

ほんらいの、木村屋さんのあんぱんは、
しっとりを超越した、じっとり感のある、
とっても水々しい生地なのです。

それを、消費期限まで放置していたこの独身とは、
なんとも罪深き独身なんでしょうかっ、、!

この罪は、ガレッジセールのゴリさんの毛より深いものとし、
重々、反省したいと思います。

いささか、ぽっそりとしてしまったものの、
相変わらず、お味のほうは大満足でありますっ。

まず、はじめに生地がお口に入ると、
生地の表面の、お焦げの香ばしさがふわっと、いっぱいに広がります。

そして、数回もぐもぐすることで、
じわじわ、じゅわじゅわと、生地から甘味が出てきます。

香ばしさと甘さが相成ると、
最終的に、旨みへとなるのです。

まさに、香ばしさと甘さのフュージョンです。

これは、サイヤ人の血を引く悟天とトランクスのフュージョン、
悟天クスより、最強と云えます。

「カッ、カカロット!旨いではないかっ!!」

と、思わずべジータも、うなってしまうことでしょう。

木村屋--白桃あんぱん。


生地の上には、何やら白い物体が乗っかっています。

この正体がいったい何なのか、
この独身には分かりかねますが、
じ~っと観察してみると、ごまや何かの実ではないことは確かです。

白くて、少し半透明の部分もあり、
しょわしょわしています。

想像するに、これは、卵白ではないかと思うのですが、
袋の裏の原材料を見ても、白い物体が何で出来ているのか、
さっぱり分かりません。

謎の未確認物体、と云うことで、
UFOとしたいと思います。

♪かくに~ん(確認)、できな~い~、
 こと~ば~か~りぃ、あるのっ~、
 もし~か~したら、もし~か~したら、卵白か~しら~、
 それでもわったし~、近頃すっこし~、
 木村屋~、菓子パン、ハマるところよっ、あ~っ!♪

プンクレディと云うことで、
この“白桃あんぱん”のパッケージが、ピンクになったのでしょうか。
(いや、それはない。)

こんなにあたまを悩ませて、この物体の正体をあばこうと試みましたが、
味的にも、食感的にも、たいして影響を与えるものではありません。

いわゆる、“飾り”なのでしょう。

“飾りじゃないのよ、卵白、はっは~。”
いや、飾りみたいですよ、明菜さま。

木村屋--白桃あんぱん。


白桃あんは、白あんにお砂糖、
白桃と桃の果汁
が混ざっているようです。

白あん、と云うと、ざらざらした食感のものが多いのですが、
この白桃あんは、とってもなめらかで、
ほとんど、ざらざらは気になりません。

これは、極力ざらざらをなくそうとした、
作り手のパッションを、感じさせられます。

やわらかあんなのですが、水分は少なめで、
もったり
とした食感です。

お味のほうは、白桃のほんのりとした風味を感じます。

しかし、残念なことに、お砂糖の甘さのほうが強いことは、
否めません。

これは云わば、プロデューサーなのに、
歌手よりも目立ってしまった、t.komuro
のようなものです。

trfがメディアに登場した当初、
t.komuroも共に出演していたのですが、
メインのtrfよりも、いちばん目立ち、
また、司会者にツッコまれていたのが、t.komuroです。

これでは、サムさんがコメントする時間が減ってしまうではありませんかっ!
(DJ.コーさんでもいいですが。)

この白桃あんも、メインであるはずの白桃がほんのり風味で、
サブ的存在のお砂糖が、全面に押し出されているとは、
いったいどういうことなんでしょうか。

なにか、お砂糖のほうがツッコミどころかあったのでしょうか。

お口の中で、ふんわりと白桃の風味がしたな~、
と思いきや、後方から、一気にお砂糖が押し上げてきます。

そして、ごっくんと云う、ゴールをきったのは、
最終的にお砂糖です。

よって、最後に強くお口に残るお味は、
お砂糖の甘さとなります。

♪ご~ぉっくんするさ~、
 か~な~ら~ず、最後に砂糖勝つ~♪

そんな、“必ず”って云われたって、
メインは白桃だってば、、。

木村屋--白桃あんぱん。


“夏季限定”と云うことは、
夏の果物である桃を意識してのことだと思います。

夏、と云えば、やはり、こってり濃い味のものよりも、
さっぱり、あっさりとしたもののほうが、好まれます。

いくら菓子パンだからと云って、
なんでもかんでも、甘くすればいいってもんでも、ありません。

“夏季”にこだわるのなら、もっと白桃らしい、
さわやかジュージー風味を、全面にして、
甘さは極力、抑えて頂きたいです。

それが、四季を重んじる、
われわれ日本人のこころ意気ってもんでしょう。

もし、冬に冷やした揖保の糸を食べたら、
どうでしょう(?)

揖保の糸と云ったら、風鈴が鳴る縁側で、
すやすやと昼寝をしているスーちゃんでしょう~。

真冬の風鈴なんで、寒さに拍車をかけるだけです。
ちっとも、揖保の糸の雰囲気が出ないってもんです(?)。

と云うわけで、夏の菓子パンには是非とも、
甘さ控え目の、あっさりとしたお味であって頂きたいものです。


購入価格:100円。

【栄養成分値(1個あたり)】
エネルギー:277kcal
たんぱく質:6.4g
脂質:5.0g
炭水化物:51.6g
ナトリウム:100mg


【オススメ度:★★☆☆☆(2.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

木村屋--ふんわりサンド 豆乳コーヒー。  | home |  Pasco--ブルーベリー&ミルク(サンドロール)。