FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年06月29日[Thu]

デイリーヤマザキ--ふわふわバナナショコラパン(グルメモア)。

デイリーヤマザキ--ふわふわバナナショコラパン(グルメモア)。


はじめての、グルメモアの菓子パンっ!
でっかいのに、とっても軽やかな生地ですっ!!
(06/26更新予定だった記事。)

世の中、自分の周囲は平和だと思っても、
日々、哀しい事件や腹立たしい事故などが起きているものです。

それが、自分に直接関係ないことでも、
点と点を結んでいけば、なにかしら、関係していたりすることもあります。

たとえば、昨年発覚した、“耐震偽装問題”。

今年になって、姉歯元建築士や、ヒューザーの小嶋社長など、
主となる人物が逮捕されましたが、
いちばんたいせつなことは、何ひとつ、解決されていません。

被害者住人のかたの今後の生活や住居問題、
また、被害ホテルの営業、再建問題など、
まったく状況に変化はありません。

この、一連の事件は、直接関わりがなくとも、
自分が住んでいる建物の構造に不安を抱いたり、
国の管理体制など、不信感を抱いた方は、多いと思います。

つまり、誰しもが間接的に、
この事件と関わっていると云うことになるのです。

デイリーヤマザキは、近所にないので、
たまに、遠出したときしか、買い物に行きません。

その、“たまに”行っていたヤマザキですが、
ある事件”をきっけに、閉店を余儀なくされてしまったのです。

それは、そのヤマザキが入っていたホテルが、なんとっ!
姉歯物件”だったのですっ、、!!

地震にかなり敏感な静岡において、
こんな屈辱的な事件は、ありません。

いやっ!
静岡でなくても、どこでも巨大地震が起こりうる日本において、
あってはいけない事件なのです。

つまり、姉歯は被害者住民のかたや、
ホテル関係者の生命をおびやかしただけでなく、
この独身を含め、デイリーヤマザキでの買い物を楽しみにしていた多くの人、
また、そこで働いていた人に、多大なる迷惑をかけた、と云うことになるのですっ!

独身においては、その被害と云うのは、微々たるものですが、
それでも、たまにでも、行っていたお店が突然、なくなると云うのは、
いささか哀しいものがあります。

なっんてっ、罪深き人物なんだっ、、!!

大きな事件や事故であっても、
人と云うのは哀しくも、すぐに忘れてしまうものです。

それを、風化と云う、、。

しかしこの日。
別のヤマザキに行ったことで、
ふたたび、耐震偽装問題を思い出すことが出来ました。

この事件を忘れないためにも、
これからは、もっとヤマザキにも足を延ばそうと思った今日この頃なのでした。

デイリーヤマザキ--ふわふわバナナショコラパン(グルメモア)。


バナナクリームとチョコチップを折り込み
 ふんわりと焼き上げました。”

この独身、、。

物事を、よく勘違いし、
はやとちりをする傾向があるようです、、。

この“ふわふわバナナショコラパン”。
バナナクリーム”と“チョコチップ”のパンです。

しかし、、。

店頭でこのパンを見かけたとき、
どこをどう、見ていたのか、この独身、、。

バナナチップ”と“チョコチップ”と、
勝手に思い込んでいたのであります、、。

(おおっ!
 世にバナナクリームとチョコの菓子パンはあれど、
 バナナチップは、珍しいっ!!)

130円と云う、割高で、
いささか購入にちゅうちょしたことは、否めません。

しかし、“バナナチップ”と云う点にひかれ、
決定したことは、事実です。

レジの奥で、3人の店員が私語で盛り上がっている中、
「すみませ~んっ!」
と、3度はなしかけたにも関わらず、
全く気付かない、怠慢店員に腹を立てながらも、
はじめて食べる“バナナチップ”と“チョコチップ”の菓子パンに、
大いなる期待を抱き、わくわくしていたこともまた、事実です。

(さてっ!
 はじめてのデイリーヤマザキのパンでも頂くかなっ!
 それにしても、“バナナチップ”の菓子パンって、
 どんなんだろう~っ!)

こんなに、菓子パンに対し、わくわく、うきうきしたのは、
のっぽパン以来であります。

早速、レジ袋から取り出し、袋を開封すると、、、。

(、、、あれっ?
 “バナナクリーム”、、?
 “バナナチップ”じゃあ、ないのっ!!?)

誰が、“バナナチップ”と云ったのか。
ちゃんと袋に、“バナナクリーム”と書いてあるではありませんか。

それを、勝手に“バナナチップ”と勘違いした、
この哀れな独身おんなって一体、、。

気付くまでの、わくわく度が10だどしたら、
一気に、度数が7くらいまで、急降下してしまいました、、。

(ふつうに、バナナクリームとチョコの菓子パンって、
 あるよね、、。)

いやっ、、!

“バナナクリームとチョコ”の菓子パンはあっても、
“バナナクリームとチョコチップ”の菓子パンは、ないのですっ、、!
と云う風に、勝手に解釈しようと思います。

はやとちり、バナナチップは、入ってない。

“バナナチップ”が溶けて、“クリーム”になったのかも、
しれないしね、、。

まず、袋を開封し、香ってくるのは、
バナナのすっぱい匂いです。

バナナ特有の、あの、甘ったるい、
暑苦しい香りは、ありません。

これこそ、バナナチップみたいな香りでは、
ありませんかっ!

独身のはやとちりも、そう悪いことではありません。

生地は、すごいしっとりでもあるのですが、
と~ってもふわふわ、ふにふにとしていますっ!

まず、生地に喰らいつかんと、
歯を生地に入れると、ふんわ~り、ふにふにという感触がします。

そして、数回もぐもぐすることで、
ふんわり、ふにふにが、しっとりへと変化するのですっ、、!

こっ!これは、すごい食感ですっ!!

いままで、“ふわふわ”を謳う菓子パンは数多あれど、
ふにふにと云う要素も兼ね備えた菓子パンは、はじめてですっ、、!!

♪生地は、ふんわり、ふんにり、ベイベ~ェッ!!
 し~っとりするさ~っ、
 だけどうれ~し~ぃ~、生地の食~感っ♪

これには流石の永ちゃんも、
「I love you, OK?」
と、云わずにはいられないことでしょう。

こんなに、食べていて楽しい食感の菓子パンはありません!

なによりも、歯を入れたときの“ふんわり”“ふにふに”が、
たまりませんっ、、!

グルメモア”。

ふつうのグルメより、
もっと(モア)グルメってことなんでしょうか。

どうやら、デイリーヤマザキさんは、
山崎製パンなだけあって、オリジナル菓子パンに、
多大なるパッションを注いでいるようですっ!

♪パッシ~ョン、菓子パ~ン~ッ♪
(注:“ハクション大魔王”で、お願いします。)

この“ふわふわバナナショコラパン”なら、
大魔王だって、呼ばれなくたって、飛び出てババンバンッ!
ってもんですっ(?)。

生地のお味ですが、ほんのりとココア風味がします。

しかし、あまりにも素晴らしい食感と、
チョコチップがたくさん練りこまれているので、
生地自体のお味を確かめることは、困難です。

♪ど~んな~に困難で~ぇ、食べれなくてもぉ、
 確認するさ~、必ず、最後にココアする~ぅ♪

袋の裏の原材料を見ると、イーストのあとにココアと書いてあるので、
ココアであることは、確かだと思います。

デイリーヤマザキ--ふわふわバナナショコラパン(グルメモア)。


生地には、バナナクリームと、
たくさんのチョコチップ
が練りこまれています。

チョコチップは、当初カリカリかと思っていたのですが、
原形は留めているものの、溶けてゆるくなっています。

カリカリだと勘違い、はやとちりをして、
うっかり、生地のチョコ部分に触れると、
指、または、爪の中に、チョコがぺっとりと、
引っ付いて
しまうことが懸念されます(実話)。

指にチョコがついても、ぺろっとなめるか、
ティッシュで拭い去ればいいことなのですが、
爪と指の境目に侵入した場合、
ぺろっとすると、チョコが唾液に混じり、
余計、爪に広がることは、明白です。

ティッシュで拭こうとしても、爪と指の境と云うのは、
ティッシュですら、入り込む余地がありません。

よって、チョコにうっかり触れてしまうと云う行為は、
ただのうっかりでは、済まされないのです。

うっかりが、取り返しのつかないことにも、なりうるのです。
うっかりで済まされるのは、うっかり八平衛くらいなものです。

♪じ~んせい(人生)、う~っかり、は~ちべいさ~ぁ♪

黄門さまもさぞ、うっかりに苦労していることでしょう。
この独身だって、自分のうっかりに、苦労しているってもんです。

デイリーヤマザキ--ふわふわバナナショコラパン(グルメモア)。


チョコチップは、独身の味覚が確かならば、
ビターだと思われます。

結構、ずんっと来る、濃厚なチョコです。

たくさん練りこまれているので、
どこから頂いても、チョコにありつくことが出来ます。

よく、あんぱんのように、包み込み型の菓子パンで、
あんが激しく片寄っているがため、
なかなかあんにたどり着けないものが多々、あります。

この“ふわふわバナナショコラパン”のように、
点在型でも少量なため、なかなかたどり着けないこともあります。

これは、折角お味がおいしくとも、
バランスが良くなければ、菓子パンとしては、
完全体とは、云えません。

この“ふわふわ、、、”においては、
まったくそんな心配をすることはありません。

♪どこから食べても、チョコだらけ~、
 ビターなチョコだと、呼ばれたよ~、
 カリカリチョコだと思いきや~、
 ぺっとり溶けてはっ、指につく~、
 
 あっあ~、カリカリチョコとは云わないが~、
 そんなに、チョコが溶けるのか~、
 ぺっとり、ぺっとり、爪につく~、
 ティッシュで取れないっ、チョコチップ~ゥ♪

“ギザギザ”ではなく、“ぺとぺと”溶けてるチョコチップ、です。

これで、カリカリの食感だったら、
個人的にはもっと良かったのですが、
それは独身故の贅沢ってもんです。

独身で贅沢なんて、なんたる無粋なことかっ、、!
同じ独身なら、もっと寛容な独身おんなでいたいものです。

デイリーヤマザキ--ふわふわバナナショコラパン(グルメモア)。


一方の“バナナチップ”ではなく、“バナナクリーム”ですが、
少量のクリームが、生地のあちこちに折り込まれ、
生地と一体化となっているので、クリーム自体の存在感は、
ありません


決して、濃厚なバナナ風味ではありませんが、
お味のほうはちゃんと存在感があります。

チョコのお味に、うしろからそっと、バナナの風が吹いている
そんな感じのバナナクリームです。

バナナ風味は、ほんもののバナナのような、
ねっとり、甘ったるい、けだるい風味ではありません。

よく、バナナを焼くとじゅわじゅわとした甘味が出て、
おいしいと云いますが、そんな感じの、熟成された、
まろやかなバナナ風味
であります。

お祭りなどで売られている“チョコバナナ”の場合、
よく“チョコバナナ”か“バナナチョコ”か、
どちらがほんとうの名前なのか、考え込んでしまいます。

個人的には、バナナの割合が多いので、
“バナナチョコ”かな、と思うのですが、
この“ふわふわ、、、”の場合、
圧倒的にチョコのほうが多く、云わば、メインなのだから、
“ふわふわショコラバナナパン”のほうが、適切かと思われます。

まあ、どちらでもバナナとチョコであることには、
変わりないのですが。

長さ、約20cm近くある、大きな菓子パンで、
ボリュームがあるのですが、生地がふわふわ、
ふにふにで、軽やかなので、胃にずしんっと来る、
ヘビー級では、ありません。

当初、130円は割高だな~、と思いましたが、
それこそっ、無粋ってもんですっ!

生地の食感、チョコとバナナのバランス、
どれを取っても文句はありませんっ!!

これなら、130円は妥当と云えましょう。

いやっ!
おいしい菓子パンとの出逢いのためには、
ときに、割高なお値段と云う峠も、超えなければ、なりません。

♪菓子パン~とぉ超え~たい~、(ポンッ!)、
 値段~っ、超え~~~ぇ~~~っ♪

山、ではなく、パッションが燃えるってもんですっ!


購入価格:130円。

【栄養成分表示(1包装当り)】
熱量:410kcal
たんぱく質:9.8g
脂質:14.0g
炭水化物:61.3g
ナトリウム:380mg


【オススメ度:★★★★☆(4.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ファミリーマート--平焼きゴマチーズ(こだわりパン工房・敷島製パン)。  | home |  ヤマザキ--甘食。