FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年07月04日[Tue]

フジパン--ブルーベリーチーズ。

フジパン--ブルーベリーチーズ。


フジパンの新作っ!
案外、ふっつ~(ふつう)の菓子パンです、、。
(07/03更新予定だった記事。)

見栄や意地っ張り、と云うのは、いけません、、。

先日、ショッピングセンターに、
いつものように菓子パンを求めて3千里、
のごとく、買い物へ行ったわけですが、
菓子パンコーナーへ直行すると、菓子パンの棚とはベッカム、
ではなく、別格のところで、白い菓子パンが多数積まれ、
実演販売がされていたのです。

そのまま、その白い物体のほうへ導かれるまま進んで行くと、
この“ブルーベリーチーズ”と、同種のものが2つ、
特別価格で売られていた、と云うわけです。

菓子パンコーナーとは別格、しかも、
実演をしていると云うことは、
この菓子パンにちからを入れている=ナイス菓子パン
と推測するのが、菓子パンの“プロ中のプロ”ってもんです。

実演販売の店員さんは、
そのうちの“ブルーベリーチーズ”を小さくカットしたものを、
お客さんに配っていたわけで、この独身も、その様子をちろっと、
横目で伺ってみたものの、そのまま試食はせず
この“ブルーベリーチーズ”を、手に取ってみたのです。

なぜ、独身は試食をしなかったのか。

何を気にしていたのか、この独身っ、、!
(ちっちゃいこどもも食べているのに、
 大のおとなが、一緒に試食するなんて、
 ちょっと恥かしいかも、、。)
などと云う、無粋な理由で、
試食することをためらってしまったのですっ、、。

もし、誰が連れがいたら、一緒に試食して、
「嗚呼、おいしいから買ってみようか。」
なんて、相談することが出来ます。

しかし、独身は今日も独り、です、、。

よって、この場で試食しても、
(ふむ、、旨いなぁ、、。
 買ってみるとするか。)
と、独りで納得し、決定するしかありません。

こんなの、孤独に拍車をかけるようなものですっ(?)。

よって、独身は“独り試食”を恥辱と勝手に決め付け、
折角の試食を断固拒否した、と云うわけです。

嗚呼、なんて意地っ張りな独身っ、、!

この意地っ張り具合には、横綱朝青龍だって、
押し出しを喰らうことでしょう。

「ただいまの取り組みは、“意地っ張り”、“意地っ張り”で、
 独身の勝ち~。」

観客からは、多数のお座布団が、乱れ飛んでいる模様です。

そんな取り組み、ではなく、やり取りが独り内で行なわれ、
結局、試食せずに、この“ブルーベリーチーズ”を手にし、
実演販売の店員さんに、
「ありがとうございます。」
と感謝され、そのままレジへと向かったのでありました。

このあと、意地っ張りを後悔することなど、
つゆ知らずに、、。

フジパン--ブルーベリーチーズ。


ブルーベリージャムとダイスのチーズを入れて
 焼き上げました。”

こういう、中身が見えない袋と云うのは、
どんな菓子パンか、確認が出来ない反面、
開けて見たときのワクワク感と云うのがあります。

“中身を見せないと云うことは、
 きっと、変わった菓子パンに違いないっ!”
と云う、勝手な推測もしてしまったりするものです。

この“ブルーベリーチーズ”を手にしたとき、
(ほう、、ブルーベリーとチーズかぁ、、。
 まあ、よくある組み合わせだよね。)
と思いつつ、実演販売と特別価格、そして不透明な袋と云う、
世界3大魅惑に根負けし、購入に至ったわけです。

世界3大テノールより、魅力的ってもんです(?)。

さて、オペラの幕、ではなく、袋を開けて、
さっそく、中身を取り出してみると、、、。

(、、、、。
 なんだっ、ふっつ~(ふつう)のまんまるパンじゃんよっ、、。)

これこそ、ドキドキ損ってもんです。

(一体、どんな菓子パンなんだろ~っ!)
と、ドキドキ、ワクワクいていたのに、
実情は、なんら特別感もない、ふつうのまんまるパンときました。

“嗚呼、無情”です。

なんか、トルネコが冒険に持っていきそうな感じの、
まんまるパンです、、。

“トルネコはおなかがすいて、たおれそうだ!
 はやくなにか食べさせないと!”

独身も、お腹が空いてクラクラしそうなので、
さっさと“ブルーベリーチーズ”を頂きたいと思います。

生地は、とってもふかふかとしています。

このふかふかと云うのは、
ある種の危険をはらんでいたりします。

それは、ぱっさり、ぽっそり、です。
ふかふか、軽い分、生地が乾燥している危険性があるのです。

ナイス生地の場合、ふかふかでも、
しっかり水分をキープしたままのものも、あります。

しかし、この生地に至っては、
ふかふか、ぽっそり、です、、。

どうやら、ふかふかによる乾燥の壁を、
超えられなかったようです。

木目は粗く、もぐもぐしたときの、
口当たりがよくありません。

お口の中でも、ぽっそぽそ、もっそもそです。

♪毎もぐ、毎もぐ、食感ぽっそりの~、
 生地に不愉快~、いやになっちゃうよ~、
 ある昼~、生地を、店の実演で~、
 みっかけて~、レ~ジへ持ち込んだ~のさ~、

 はじめて、もぐもぐ、し~てみると~、
 と~っても、ぽ~っそり、する生地だ~、
 ふんわり、ライトな生地だっけど~、
 生地は、乾燥、こころがしぼむっ♪

そこには、たいやきクンのような、
弾むこころは、ありません。

袋を開けて、ふつうさにがっくしし、
生地を頂いて、ぽっそり加減にがっくしし、、。

この独身、、。
いささか、過剰に期待をしていたのでしょうか、、。

生地は、なにやら、しょっぱいお味がします、、。

表面は香ばしいのですが、
内側の生地と云うのが、変な塩味がするのです、、。

(ぐ~っ、、!しょっぱ~っ!!)

と云う、梅干食べてすっぱマン的なものはありませんが、
なんか、風味の悪い塩味と云った感じです、、。

♪もぐもぐ、生地から出る味は~、
 風~味のおかしな、塩味だ~ぁったっ♪

もも色サンゴだって、これには手を振って、
ノーサンキューと云いたくもなるってもんですっ、、。

フジパン--ブルーベリーチーズ。


生地をカットしてみると、そこにはブルーベリーと、
チーズが見受けられます。

(あっ、あれ?“チーズ”、、?)

この独身、、。
“チーズ”を、クリームチーズと勘違いしていました、、。

たいてい、“ブルーベリー”と“チーズ”ときたら、
“クリームチーズ”であることが多々です。

まさか、ノーマルチーズだなんて、
一体誰が予想出来ることでしょうっ、、!

と云いましても、袋にはしっかりと、
“ダイスのチーズ”と書かれています。

しかし、これまでも、“ダイス状のクリームチーズ”などと、
勝手に思い込んでいた、と云うわけです。

袋を開けて、がっくしし、
生地を食べて、がっくしし、
生地を切って、驚いた、、。

袋が不透明ならば、生地の実態もまた、
不透明ってもんです、、。

でも、“ブルーベリー”と“クリームチーズ”の組み合わせはあれど、
“チーズ”の組み合わせは、はじめてです。

いわゆる、初顔合わせってやつです。

はじめての取り組みなのだから、
ここはよ~く、相手を見極める必要があります。

まず、ブルーベリージャムですが、
食感はジャム、ではなく、ゼリー、です、、。

♪ジャムッ、とゼリー!
 なっかよく(仲良く)ケンカしなっ♪
です(?)。

ジャムと云うものの定義があるとするならば、
とろとろしていて、じゅるじゅる、ジューシー感があるってもんです。

しかし、この“自称ジャム”。

水分がすっかり抜け切って、じゅるじゅるがぷるぷるになり、
完全に、ゼラチン化しているのです、、。

♪これも、ゼリーッ、
 あれも、ゼリーッ、
 たぶん、ゼリーッ、
 きっと、ゼリーッ♪

いや、9割9分9厘、ゼリーです。

お味のほうは、甘味のほうが押しが強く
ブルーベリーの風味が押し出しを喰らっています。

もう、甘味のつっぱり、つっぱり、です。

上手出し投げやうっちゃりなどと云う、
豪快な決めわざではなく、もう、ひたすらつっぱり、です。

ブルーベリーらしい、さわかやな酸味は一切皆無です、、。
完全に、酸味は抹殺されています。

ゴルゴ13にでも、やられてしまったのでしょうか。

だとしたら、流石ゴルゴです。
生地と云う、強固な守りに囲まれていると云うに、
それを突っ切って、ブルーベリーに銃口を向けるとは、、。

ゴルゴとナポレオン・ボナパルトには、
不可能と云う文字は、ありません。

フジパン--ブルーベリーチーズ。


一方のチーズですが、約1cm角の、
硬いチーズです。

ごりごりの食感で、はじめからこういう食感のもの、
と云うか、チーズをラップなどに包まずに、
そのまま冷蔵庫に入れてしまったがため、
冷気で乾燥し、カクカクに硬くなってしまった、
そんな感じの、食感です、、。

生地はぽっそり、ジャムはぷすぷす、
チーズはカクカク、です、、。

あんぱんマンで云えば、
あんぱんマンがしわだらけの、しぼんたお顔で、
ジャムおじさんは、ガリガリにやせ細って、
チーズに至っては、生まれたてのウマのように、
カクカク、足が震えているようなものです。

♪なにが、生地~の、ぽっそり~、
 な~にをして、げ~んめつ(幻滅)、
 旨みない~まま~、終わるっ、
 そ~んなパ~ン、い~やだっ!

 水分、なしで、ジャムを、
 ラップ、なしで、チ~ズ、
 だけど、独身、喰うんだ~、この生~地を~っ♪

いちどお口にしたのなら、最後まで頂くのが、
礼儀ってもんです。

こんな生地でも、しかと最後まで、
見届けるのが、菓子パンの“プロ中のプロ”としての、
努めってもんです、、。

このチーズ。
数えてみると、3つ、入っています。

いや、3つ“しか”、入っていませんっ、、!

これで、果して“ブルーベリーチーズ”と云えるのでしょうか、、。
正しくは、“ブルーベリー、おまけにチーズ”なのではないでしょうか、、、。

チャゲ&飛鳥”は、チャゲさんと飛鳥さんだから、
“チャゲ&飛鳥”なのです。

もし、チャゲさんが、完全にサブ的存在になっていたら、
飛鳥とおまけにチャゲ”と云うグループ名になっていたことでしょう。

この“ブルーベリーチーズ”の場合、
“チャゲ&飛鳥”のように、同等の関係ではありません。

チーズは、完全にバックコーラス隊に徹しています。

スポットライトが当らない、暗い奥~のほうで、
“YAH~、YAH~YAH~、YAH~、YAH~YAH~YAH”
と、地味にコーラスしています、、。

しかし、このチーズ、、。

たいして存在感はないと思いきや、
ジャムと相成ると、なんとっ、、!

ジャムのパートを、完全に奪い取っているのですっ、、!

チーズ味はかなり濃厚なので、
ジャムの風味を、ほとんど感じられない
のです、、。

どうやら、コーラスと云うパートに飽き飽きし、
メインであるブルーベリーを座を、奪ってしまったと云うわけです。

しかし、これで“ブルーベリーチーズ”になったわけでは、
ありません。

なにせ、たった3つしかない故、
チーズの反乱は、あの、“加藤の乱”のごとく、
大失敗に終わって
しまったのです。

「加藤さんっ、、!
 あんた、大将なんだからっ、、!」

いや、加藤さんもチーズも、
大将にはなりきれなかったようです。

まさか、こんなお味の結末を迎えようとは、
誰が予想していたことでしょう、、。

♪あ~の日、あ~のとき~、あ~の場所~で、
 ししょ~く(試食)、し~てみていれ~ば~っ、
 独身は、いまごろはっ、見知らぬ菓子パン、ままっ♪

嗚呼、あのとき。

実演販売の試食を頂いていれば、
この菓子パンを買わずにいたことでしょう、、。

恥かしいなとど云う、無粋な意地を張ってしまったばかりに、
すっかり、この“ブルーベリーチーズ”に騙されてしまいました、、。

このほかに、“りんごと干しぶどう”と“マロン”がありますが、
両者を買っていいものか、買わずにいたほうがいいのか、
たいそう迷っています、、。

このまま、見知らぬ菓子パンのままでいたほうがいいのか、
しばし、考慮してみたいと思います、、。


購入価格:118円。

【栄養成分値(製品1個当りの標準値)】
エネルギー:319kcal
たんぱく質:7.2g
脂質:9.1g
炭水化物:52.0g
ナトリウム:273mg
食塩相当量:0.7g


【オススメ度:★☆☆☆☆】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--マンゴーのパン。  | home |  神戸屋--夕張メロンフランス。