FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年09月20日[Wed]

木村屋--マスカット&ヨーグルト(夏季限定)。

木村屋--マスカット&ヨーグルト(夏季限定)。


木村屋、今月の夏季限定新作っ!
確かに、冷やしておいしい、蒸しケーキです。
(07/11更新予定だった記事。)

良かれと思ってやったことが、
裏目に出て、不本意な結果に終わることは、
人生において多々、あることです。

人はそれを、“骨折り損の、くたびれもうけ”と云う、、。

骨を折るくらい、苦労するんだったら、
せめて、それに見合った結果を得たいものです。

しかし、なかなかそうはいかないのが、人の常ってもんです、、。

この日独身は、
(よしっ!今日はイトーヨーカドーに買い物に行こうっ!)
と、この夏の新たな紫外線対策アイテムである、
黒の手袋を装着し、勇んで外出したわけです。

なぜ、イトーヨーカドーに決めたのか。

太蔵議員風に云えば、
“そこには、なんの哲学もありません”、
ってやつです。

ただ単に、ふと、そう思っただけで、
いわゆる、直感と云うものです。

と、その前に、独身の年期の入ったお財布には、
諭吉先生しか、いらっしゃいません。

100円前後の菓子パンを購入するのに、
わざわざ、諭吉先生にご足労頂くわけには、いきません。

諭吉先生は、いつもなら喜ばれる存在ですが、
ときとして、迷惑がられることも、あったりするのです。

菓子パン生活においては、やはり、
野口先生にご活躍して頂くのが、いちばんです。

と云うわけで、イトーヨーカドーに行く前に、
ATMで野口先生に出動要請をするわけですが、
丁度、途中にあるショッピングセンター内のATMが都合がいい、
と云うことで、そのショッピグセンターに寄ることにしたわけです。

これが、独身の骨折り損への、入口だったのです。

ショッピングセンターの入口から、
さくさくっと、ATMへ直行し、野口先生にお出で頂いたわけですが、
ふと、ここである考えが浮かんだのです。

(あっ、どうせだったら、
 菓子パンコーナーも見て行こうっ!)

と、云うわけで、ついでに
ショッピングセンターの菓子パンコーナーに寄って見ることにしたわけです。

ここで、ナイス菓子パンが見つからなかったとしても、
はじめから、イトーヨーカドーへ行く、と決めていたので、
別段、問題になることでは、ありません。

ナイス菓子パンがあったらいいよね、
くらいの、軽い気持ちだったのです。

と、ふと、“おつとめ品”が入ったワゴンを見てみると、
そこには、ヤマザキの“夏みかんの蒸しパン”があったわけです。

(お~っ、夏みかんか~ぁっ!
 夏らしくて、なんだかさわやかそう~っ!)

思わぬところで、ナイス菓子パンと遭遇しました。

別に、見つからなくてもいいや、
と、高をくくっていたので、この偶然の出逢いに、
少々、戸惑っている独身がいたのです。

なぜ、ナイス菓子パンに戸惑うのか、、。

(ヨーカドーに行くと決めていたのに、
 ここで、このナイス菓子パンを購入してしまって、
 いいのだろうか、、。)

ここのショッピングセンターは、
あくまで“ついでに”寄ったわけで、
まさか、ここでナイス菓子パンに出逢うとは、
思わなかったわけです。

まさに、“ナイス菓子パンは突然に”です。

♪みかんが、甘く誘う見た~目に、
 もう、こころ揺れた~り、しな~いでっ♪

やめろっと云われても、
やめられないのが、秀樹と独身です。

菓子パン生活において、
初志貫徹を心掛けている独身ではありますが、
ときに、突然の出逢いには、志を曲げることも、
あったりするのです。

と云うわけで、
ここで“夏みかんの蒸しパン”を手に取ったわけです。

しかしっ、、。

容易に志を変え、
目の前の誘惑にかられてしまっていいのでしょうか、、。

こんなの、留学資金にすると云って、
恩師にお金を援助してもらいながら、
つい、全額を飲み代と遊び代に費やしてしまった、
野口先生
と同じではありませんかっ!

いやっ、野口先生の場合、
後々、世紀の大発見をし、多くの生命を救ったのだから、
お酒と云う誘惑に負けたくらい、笑い話のひとつにもなるってもんです。

しかし、独身の場合、
ここで志を曲げたとしても、
何か、大発見や、世間をあっと驚かせるような、
そんなちからは持ち合わせは、いません。

あり得ることとすれば、
己のおっちょこちょいを暴露し、
それを読んでくださるあなたに、
くすっと笑われることくらいです。

同じ笑いでも、独身と野口先生とでは、
その質が異なるってもんです。

と云うわけで、ここで“夏みかんの蒸しパン”の誘惑に、
負けるわけには、いきません。

「みかんがなによっ!
 みかんがっ、みかんがっ、どっか~~~~んっ!
 みかん、みかん、みかん~どっかんっ!」

“スリムどかん”の、奇怪な“へその口”のごとく、
お財布の中から、野口先生がそう、叫んでいるようです。

まこと、残念ですが、ここで“夏みかん、、”とは、
お別れしなければ、なりません。

心苦しいのですが、やはり、
初志貫徹と云うマニフェストは、守り通したいところです。

そんなわけで、ショッピングセンターをあとにして、
本来の目的地である、イトーヨーカドーに着いたわけです。

(さてっ、“夏みかん、、”を超えるような、
 ナイス菓子パンはあるかな~。)

と、菓子パンコーナーを見渡すと、
そこには、、、。

(オーッ!マイキーッ!!)
ではなく、
(オーッ!マイ、ガーッ!!)
ってやつです、、。

ナッ、ナイス菓子パンが、ないっ、、!!)

そうです、、。
折角、“夏みかん、、”を泣く泣く諦め、
ヨーカドーまで来たと云うに、そこには、
別段、新しい菓子パンもなければ、
魅了されるような、菓子パンもまた、なかった
のです、、。

(どっ、ど~するっ、独身っ!?)

どうもこうも、また菓子パンを求め、
他のスーパーへ行くしか、ありません、、。

しかし、その前にショッピングセンターで時間を費やしてしまったため、
悠長に、菓子パンめぐりをする時間が残されていないのです、、。

(しまったっ!!
 あと25分以内に戻らなければっ!!)

25分と云えば、“水戸黄門”では、
そろそろ悪党共が、悪事を働く時間です。
(たぶん、、。)

悪党が登場する前に、
なんとか、菓子パンを買い終え、
戻らなければ、なりません。

と云うわけで、そそくさとヨーカドーを出て、
次に行くスーパーを、脳内会議で決定し、
そこへも行ったわけですが、なんとも皮肉なことに、
そこにも、ナイス菓子パンは、ひとつとして、
なかったのです、、。

(嗚呼っ!今日はなんて云う日だっ!!
 はじめから、“夏みかんの蒸しパン”を買っていればよかったっ!!)

ここで悔いても、あとの祭り、
後悔先に立たずってやつです。

と、ここで時計を見ると、すでに、
残り15分しか、ありませんっ、、!!

24(TwentyFour)どころの騒ぎでは、ありません。
こちとら、15(Fifteen)なんですからっ、、。

こういうときに限って、
いつもよりチャリが重く感じるものです、、。

それとも、微妙に坂道なんでしょうか、、。

“己は競輪選手なんだっ!!”
と、なんとか重量に負けないよう、己を鼓舞し、
マッハでチャリを漕ぐわけです。

しかし、すでにこの独身、現役時代に千Mを軽く、
3分半以内で走っていた時代から遠ざかっているため、
鼓舞したところで、気力が体力に根負けするってもんです、、。

そんな、孤独な戦いを繰り広げ、
最終的にたどり着いた先が、いちばんはじめの、
ショッピングセンターのすぐ近所のスーパー
と云うわけです、、。

つまり、菓子パンひとつを求め、
独身の生活圏内を、軽く一周してしまったのです、、。

距離にしてみれば、結構な道のりだったと思われます、、。
“み・は・じ”で、平均時速を割り出したいところです。

髪の毛を振り乱し、結果、メドゥーサのごとく、
ぼさぼさになりながら、且つ、息をぜーぜーさせながら、
めぐり逢ったのが、この“マスカット&ヨーグルト”です。

(嗚呼っ、、マスカットの菓子パンなんて、、、
 はっ、はじめてだっ、、、。)

時間と、ちからなくも、ここでしかと、
菓子パンを見極てしまうのが、独身の哀しき性です、、。

“マスカット&ヨーグルト”をチェックしつつも、
すべての菓子パンに目を通すのが、菓子パンの“ファンタジスタ”です。

間違っても、最後の最後で、ひとつの菓子パンに囚われて、
ほかの菓子パンを排除すべく、頭突きをして、
レッドカード
を貰っちゃうような、
そんなミスを犯すわけには、いきません。

どんな状況でも、冷静でいなければ、
ナイス菓子パンを選び抜くことは、出来ません。

一通り、菓子パンコーナーを見渡してみましたが、
やはり、この“マスカット&ヨーグルト”が、
この日のMVP
に相応しいと云うことになったわけです。

と、ここで一安心して、時計を見てみると、
独身に残された時間はあと、5分しかありませんっ!!

(しっ、しまった~っ!!)

いささか、のんびりとし過ぎたのかも、しれません、、。

5分なんて、ウルトラマンだったら、
とっくに宇宙へ帰還しているところです。

黄門さまなら、悪党の住処に押し入り、
角さんか助さんのどちらかが印籠を出して、全員が、
「はは~っ!!」
と平伏して、一件落着するまでの時間と、同じくらいかもしれません。

いやっ、それよりは多少、長いかもしれません。

とにかく、明らかなのは、
マッハでチャリを漕がなければならない、と云うことです、、。

この“マスカット、、”に出逢うまで、
過酷で孤独なレースを繰り広げてきたばかりです、、。

それなのに、また、ひとレースが待ち受けているとは、
ウルトラマンを、もういちど地球に呼び戻すようなものです(?)。

さらには、高齢の黄門さまに、
悪党と戦えと云うようなものです(??)。

それでも、5分以内に戻らなければならないのが、
独身の定めです、、。

(自分はっ、五輪の選手なんだっ!
 いまこうしてっ、過酷なトレーニングをしているんだっ!!)

と、鼓舞してみたところで、
1分も持たないのが、独身です、、。

それでも、なんとか青信号に恵まれ、
いつもの半分くらいの時間で、
スーパーから帰還出来た、と云うわけです。

(嗚呼、、。
 やっと、42.195キロを走り終えた、、。
 よくやったっ、独身っ、、!)

この骨折り損を、せめてマラソンに例えなければ、
この独身、報われないってもんです、、。

菓子パン生活とは、なんとも孤独で、
過酷なのであります、、。

木村屋--マスカット&ヨーグルト(夏季限定)。


マスカット果汁をブレンドしたフルーティーな生地に
 ヨーグルト風味の生地
でマーブル模様を描いたむしケーキです”

と云うわけで、今月の新作、
マスカット&ヨーグルト”です。

袋の左下を見ると、
冷やしておいしいシール”が貼られています。

このシールは、先月頂いた“ピーチレアチーズ”にも、
あったものです。

“おいしさの目印は白くまくん”と云うことで、
適度な温度にまで冷えると、白くまくんが、
青くまくん”となって、現れるわけです。

しかし、この“青くまくん”。
なんとも薄命です、、。

冷蔵庫から取り出して、わずか5秒あまりで、
姿を消して
しまうのです、、。

これは、かの幻の生物、ツチノコ並みに、
貴重
ってもんです。

だからと云って、別段、残念がることは、ありません。

なぜなら、シールを光に照らせば、
“白くまくん”の姿が、はっきりと確認出来るからです。

と云うわけで、“おいしさの目安の白くまくん”ですが、
たしか、“ピーチレアチーズ”の場合、
“青くまくん”が登場したところで、別にお味に大きな変化があったわけでは、ありませんでした。

これこそ、“青くまくん”の骨折れ損ってやつです。

しかし、蒸しパン(蒸しケーキ)を冷やすとおいしい、
と云うことは、白くまくんに云われなくたって、
独身はすでに知っていることです。

独身は知っている、です。

家政婦のごとく、菓子パンのことなら、
扉の向こうから、聞き耳を立てているってもんです。

さて、さっそくはじめて頂く、マスカットの蒸しパンですが、
袋を開けてみると、マスカットのツンッ!とした香りが、
ぶわっと漂ってきますっ。

このツンッ!は、気管に入ると、
激しくツンッ!が刺激し、咳き込むような、
そんなツンッ!です。

さらに、果汁100%と云うより、
20%くらいのジュースと云った感じのマスカットの香りです。

ジューシーな香りなんですが、
残り80%に、ツンッ!が隠れていると云った感じです。

アラレちゃんの“つんつん”より、
タチが悪いってもんです(?)。

しかし、このツンッ!が、
皮肉にも、マスカットの香りをかもし出しているのです。

ツンッ!を軽視するものは、ツンッ!に泣くってもんです。

木村屋--マスカット&ヨーグルト(夏季限定)。


さて、そんな刺激的なツンッ!の香りを嗅ぎつつ、
生地を頂いてみますと、食感は、すんごいふんわふわですっ。

ほわほわと云うか、しょわしょわです。

とにかく、口当たりがすごくなめらかで、
しょわわ~と、溶けていきます。

はじめの食感はふわふわですが、
もぐもぐすると、しっとり、ねっとりになって、
しょわわ~と、溶けていくのです。

♪はじめて~の~、ふわ~、
 生地は、ふんわ~、
 もぐも~ぐ、しょ~わわ~っ♪

この食感には、流石の独身も、
“あんしん”ってもんです。

生地がふんわふわなのに、ねっとりの食感があるのは、
生地を触れてみると、よくわかります。

見た目、ふわふわでさらさらの生地のように見えますが、
実は、微妙にぺとぺとしている生地なのです。

生地のペーパーをべろっと、めくってみると、
そこには、生地が張り付いていることが、わかります。

この生地の張り付きが、しっとり、ねっとりの証しです。

そんじょそこらの“突っ張り”とは、
張り具合が違うってもんです(?)。

♪蒸しパン、張り付き、ロックンロ~ルッ!♪
ってもんです(??)。

生地のお味ですが、マスカットのジューシーな風味が、
ふんわり、そして静かにお口に広がります。

当初、袋から香ってきたのは、
刺激的なツンッ!です。

しかし、実際のお味は、かなり丸い風味です。
これはもしかして、ヨーグルトのお陰なのでしょうか。

しかし、ヨーグルトの風味は、感じられません

白い生地の部分のみを頂いても、
ほとんどヨーグルト風味はしません。

これが、ほんとうの陰の立役者とでも云うのでしょうか。

見えるようで、見えてはいけない存在、
それが、黒子と山田くんです(?)。

云わば、山田くん的存在が、ヨーグルトなのです。

ヨーグルトと云うと、山田くんのような、
意地悪い酸味がありますが、このヨーグルトの場合、
マスカットのツンッ!を、やさしく包み込んでいるようです。

山田くんもそうやって、出演者たちを、
やさしく見守っているのでしょう。

そう思えば、山田くんがお座布団を全部持って行ってしまっても、
憎めないってもんです。

よって、ヨーグルトの風味が感じられなくとも、
文句を云うことは出来ないのです。

文句は即、お座布団没収です。
お気をつけください。

木村屋--マスカット&ヨーグルト(夏季限定)。


さて、ここで例の“白くまくん”の登場です。

独身の場合、冷蔵庫ではなく、
冷凍庫に入れてみました。

冷蔵庫でも、“白くまくん”は現れるのですが、
蒸しパン(蒸しケーキ)の場合、冷凍庫で寝かした方が、
ぐっと生地に気合が入って、おいしさも増します。

と云うわけで、10分ほど冷凍庫に入れてみました。

ふわふわだった生地は、ぐぐっと引き締まって、
マッチョメン一歩手前
になっていますっ。

いわゆる、“マジでマッチョの5秒前”ってやつです。

まず、生地の冷え冷えで、
お口も冷え冷えになります。

そのあと、マスカットの風味がやってきて、
ねとねとの食感になります。

マスカットは、常温よりも、幾分か強くなった気がしますっ。
ジューシー感アップですっ。

生地をごっくんしたあと、しばらくすると、
甘さがお口に残っていることに気が付きます。

この甘さと云うのは、マスカットから来る甘さではなく、
いわゆる、お砂糖の甘さってやつです。

お口の中ではわかりませんでしたが、
結構、お砂糖が強めであることが後から実感出来ます。

この甘さは、いささか夏には不向きと云えます、、。

やはり、夏はさわやか、
さっぱりとした風味であって頂きたいものです。

とくに、お砂糖と云うのはお口に執拗に残るものだし、
喉だって渇きます。

“遠足は、家に着くまでが遠足”、
と云われるように、菓子パンも、
ごっくんした後も、菓子パン”なのです。

最後の最後で、お座布団を全部持っていかれるようなお味では、
折角のふわふわ、ねとねと生地や、
丸いマスカット風味が骨折れ損
となってしまいます。

同じ骨折れなら、お味の最後の最後まで、
試行錯誤して頂きたいものです。


購入価格:100円。

【栄養成分表(1個あたり)】
エネルギー:297kcal
たんぱく質:5.7g
脂質:7.0g
炭水化物:52.9g
ナトリウム:49mg


【オススメ度:★★★☆☆(3.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME