FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年09月27日[Wed]

フジパン--もちもち ミルクキャラメル蒸し。

フジパン--もちもち ミルクキャラメル蒸し。


しっ、しまったっ、、!
“かぶった!”
(07/16更新予定だった記事。)

この独身。

そこそこ記憶力と云うものには自信がありまして、
いつごろ、どんな菓子パンを食べ、
どんなお味だったのか、ほとんどを海馬に留めています。

と云うことは、いちど頂いた菓子パンは、
すべて、記憶していると云うことになります。

ずいぶん前に頂いたものを、
ふたたび店頭で見かけても、
(嗚呼、これはいつごろ食べたな~ぁ。)
と、思い出すわけです。

さて、先日、ヤマザキの“夏みかんの蒸しケーキ”を買い損ねた、
と云うネタを書きました。

その後、やはり“夏みかん、、”の存在が気になっていたため、
あたらめて、この日、買いに出掛けたと云うわけです。

数日前は、“夏みかん、、”が置かれていなかったのですが、
この日は無事、再会を果たすことが出来たのです。

早速、“夏みかん、、”を手に取り、
そのままレジへ向かおうとしたとき、
ふと、視界に“特設コーナー”が入って来たのです。

そこでは、女性の店員さんが、
特価で売られている数種類の菓子パンを、
試食として、お客に配っていたわけです。

(おおっ、なにやら、菓子パンの特価をやっているみたいだっ。)

特価、割引、セール、おつとめ品ときたら、
この独身、見逃すわけには、いきません。

と云うわけで、とりあえず、“夏みかん、、”を所持したまま、
その特設コーナーへ、足を向けたわけです。

これが、独身の間違いでした、、。

そこには、フジパンの菓子パンがいくつか安値で置かれていて、
その中に、この“もちもち ミルクキャラメル蒸し”があったわけです。

(“ミルクキャラメル”なんて、ステキな響きっ!)

プラス、“冷やしておいしい”と来たら、
益々、魅力的に感じてくるってもんです。

と云うわけで、なんのちゅうちょもなく、
この“もちもち、、”を手に取ったわけですが、
ここでひとつ、軽い問題が生じたわけです。

(さて、“夏みかん、、”と“もちもち、、”、
 今日はどちらを買おうか、、。)

そんなの、両方買えばいいことです。

しかし、“夏みかん、、”が置かれていた棚を見ると、
この“夏みかん、、”は、今月末まで、118円の特価で、
売られているとプレートに表示されているのです。

と云うことは、別にこの日に買わなくても、
今月中ならいつでも、この“夏みかん、、”に出逢う機会がある
と云うことになります。

一方の“もちもち”は、この日限りの特価なので、
ここで買わなければ、88円と云う安値で手に入れることは、
不可能になるかもしれないのです。

以上のことを考慮し、2つを天秤にかけた結果、
この場は、“もちもち、、”を買うべきだ、
と云う結論に至ったのです。

そんなこんなで、レジで88円を支払い、
マイ(保冷)バッグに“もちもち、、”を入れ、
おいしく頂いた、と云うわけです。

おいしく頂いたあとは、
いつものように、パソコンに向かい、
お味の評価をまとめると云う作業に入ります。

画像処理をし、いざ、感想を書く前に、
過去、同じ“もちもちシリーズ”を頂いていないか、
パソコンのデータで確認
します。

と、昨年の11月のデータを見ると、そこには、
もちもち ミルクキャラメル蒸し
と、書かれています。

(嗚呼、“もちもち ミルクキャラメル蒸し”ね。)

、、、、。

(嗚呼っ!!!しまったっ!!
 “かぶった”!!!)

そっ、そうですっ、、。

この独身っ、、。
過去に、同じ“もちもち ミルクキャラメル蒸し”を、
頂いているではありませんかっ、、!!

ウルトラマンは還って来ても、
“もちもち、、”の記憶は、
この独身には還って来てくれなかったようです、、。

いままで頂いた菓子パンは、
すべて海馬に留めているつもりでしたが、
どうやらこの“もちもち、、”に限っては、
完全に、データが欠落していたようです、、。

(嗚呼、そう云えば、なんとなく食べた気がする、、。)

いまのいまになって、そのときの記憶が、
よみがえってきました、、。

嗚呼、“あのとき”、、。

特設の誘惑に負けずに、
当初の目的であった“夏みかん”を買っていれば
“もちもち、、”を2度も頂くことは、なかったことでしょう。

そう云えば、先日、
菓子パンにおいても、“初志貫徹”であることがマニフェスト、
と豪語した気がします、、。

どうやらこの独身、、。
“意思”と云うものが、弱いようです、、。

フジパン--もちもち ミルクキャラメル蒸し。


ミルクキャラメルフィリングを練り込んだ、
 もちもちとした食感の蒸しパンです
。”

と云うわけで、“ミルクキャラメル蒸し”再び、です、、。

昨年の11月にも頂いていると云うことが判明したとき、
評価を書くかどうか、一瞬迷いましたが、
あのときは晩秋、そしていまは真夏であります。

季節によって、同じ菓子パンでも、
微妙に感じるお味は、異なっているかもしれません。

と云うことで、内容もかぶっているかもしれませんが、
“冷やしておいしい”と云うことで、
あらためて、感想を記したいと思います。

嗚呼、それにしても、完全に記憶を失っていたとは、
少なからず、ショックってもんです、、。

さて、袋から生地を取り出してみると、
もの凄い、ぶるんぶるんの、ぐでんぐでん、ですっ。

「欧米かよっ!」
ではなく、
こんにゃくかよっ!」
と、ツッコミたくなるくらい、
ドゥルンドゥルンの生地です。

生地バウアー、です(?)。

生地にナイフを入れてみると、
もう、すんごいっ、ぶにぶに、ぼよぼよっぷりが伝わってきます。

まるで、ナイフの侵入を激しく拒否するかのごとくの、
弾力
ですっ!

これはまさに、“矛盾”の“盾”です。

「この盾なら、どんな矛だって、
 通しやしないよっ!」

この生地のぶにぶにっぷりには、
そう云わずにはいられないってもんですっ!

しかし、実際はナイフは通っているので、
これこそ、“矛盾”と云えます。

さて、実際に生地をお口にしてみますと、
もう、もちもちどころの騒ぎでは、ありませんっ!

♪だっれっかっ!もっちもちっ、
 とっめってっ!もっちもちっ、
 く~ち(口)が~、く~ち(口)が~ぁ、
 止まらなくっなる~ぅ、(止まらなくっなる~ぅ)♪

さいごのもぐもぐまで、
もっちもちが止まらない
ってもんですっ!!

と云うか、この食感は既に、
もちもちを超越していますっ!

おもちほど、柔軟な生地ではなく、
まさに、弾けんばかりの弾力があって、
いくら咀嚼したところで、生地はごっくんするまでずっと、
もちもち、ぶにぶにをキープ
しているのですっ!

♪いいえ、わったしは~ぁ、もちもちの蒸しパ~ンッ、
 お気に召すままっ、食~ぁべるがいいわ~ぁ、
 あなたが遊びのつもりでも、
 ごっくんするまで、もっちもっちっ♪

中途半端のもぐもぐは、
胃腸への負担になりかねないので、
ご注意ください。

もちもちの、超弾力の生地ではありますが、
質としては口当たりはよく、なめらかです。

つまり、ひとりでは人当たりがいいのに、
徒党を組んだ途端、攻撃的な性格になるような、
いわゆる、“長いもの”、“コバンザメ”的な人に酷似しています(?)。

フジパン--もちもち ミルクキャラメル蒸し。


お味のほうは、とってもやさしいキャラメル風味です。

ミルクのまろやかさと、
たまごのマイルドな風味
がよく効いています。

キャラメルがメインと云うより、
ミルクたまご、おまけにキャラメル”、
と云ったほうが、適切なのかもしれません。

グリコのキャラメル”で云えば、
おまけのおもちゃみたいなものです。

いったい、どちらがメインなのか、
よく分からないのが、グリコのキャラメルと、
ビックリマンチョコ
であります。

全体的なお味は、悪く云えば、薄味、
よく云えば、あっさり味で、さっぱりしているので、
夏向き
のお味だと思います。

フジパン--もちもち ミルクキャラメル蒸し。


と云うことで、半分を冷凍庫で冷やしてみました。

シールのペンギンは、
“Better、、”と云っていますが、
“Better”ではなく、“Best”と云ったほうが、
適切かと思われます。

最上級です。

もっちり、ぶにぶにだった生地は、
休息に冷やされたことによって、
もっちりを超越し、むっちり、ぶいぶいになっていますっ!

ぐぐぐっ、と引き締まった、マッチョメンの生地ですっ!

しかし、ほどよい弾力もちゃんと残っているので、
ムキムキマッチョメンではなく、ムキムキの手前
と云った感じです。

大会に出場したら、優勝ではなく、
万年2位、と云った感じです(?)。

風味のほうも、たまご味がより強くなっていますっ!

益々、キャラメル風味の肩身が狭くなっていることは否めませんが、
“ミルクたまご”としては、非常にマイルドで、
かたちで表現するなら、丸、が適当かと思われます。

まあ、本来は“ミルクキャラメル蒸し”なので、
キャラメル風味がメインであって欲しかったですが、
全体的なお味は、文句のつけようかないってもんですっ!

サザエさん”以外のサブキャラも、
メインと同等、独特のキャラ設定なので、
サザエさんが登場しないおはなしがあっても、
いいのではないでしょうか(?)。

昨年、この“もちもち、、”を頂いていたことを忘却し、
2度も頂くこととなってしまいましたが、
あらためて、この“もちもち、、”がおいしいことを再認識出来たので、
結果的には、いわゆる、“終わりよければ”ってもんです。

これこそ、“温故知新”です。

菓子パンにおいても、
過去に盲目となるは、現在もまた、盲目となる”、
ってもんですっ!


購入価格:88円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★★☆(4.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

木村屋--紅いもあんぱん(夏季限定)。  | home |  ヤマザキ--シュー&ココア スポンジ。