FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年09月30日[Sat]

ローソン--黒蜜とマーガリンの蒸しパン(とっておき宣言・山崎製パン)。

ローソン--黒蜜とマーガリンの蒸しパン(とっておき宣言・山崎製パン)。


ローソン、今週の新作っ!
これっきり、これっきり、もう、
これっきり、ですか?
(07/20更新予定だった記事。)

ときどき、各コンビニでは、
“シールを集めて、○○を貰おうっ!”
と云う、キャンペーンを行なっています。

7月20日現在、ローソンでは、
ミッフィのお皿プレゼントのキャンペーン中のようです。

この独身、別段、ミッフィ狂であるわけではありませんが、
店頭に飾られているお皿の実物を見ると、
やはり、欲しくなってしまうのが、収集癖の常ってもんです。

先日、“夏みかん蒸しケーキ”を購入したとき、
“ミッフィのお皿”のことは知らず、店員さんに、
「ミッフィのキャンペーンをやっています。」
と云われ、シールの台紙を頂いた、と云うわけです。

(ほ~。ミッフィかぁ。
 この独身には、いささか可愛過ぎるってもんだけど、
 せっかくだから、集めてみようかな~。)

と、ここで頂いた台紙の、お皿の引き換え方法を読んでみると、そこには、
ポイントシール30点につき、もれなく絵皿1枚、、”
と書かれているではありませんかっ、、。

(さっ、30点ってことは、菓子パンだったら、
 30個も買わなきゃいけないってことっ、、!?)

100円前後の菓子パンに、
シール1点がついていると云うことは、
単純計算で、このミッフィのお皿は、
3万円以上のお買い物をしないと交換出来ない、
と云うことになります、、。

(ミッ、ミッフィめ、、。
 お主、キョトンとした顔して、3万もするのかっ、、!)

たかがミッフィと思いきや、
マイセン並みの、高級皿では、ありませんかっ、、。

毎日のように、ローソンをスーパー代わりに利用している人なら、
すぐに30点たまると思うのですが、
この独身のように、菓子パンだけとか、雑誌とか、
ちょっとした日用品しか買わない人にとっては、
30点と云う数字は、欽ちゃんの仮装大賞で満点を取るくらいの、
ハイレベルな戦いなのです、、(?)。

これには、ミッフィ狂であっても、
断念してしまうってもんです、、。

と云いつつも、せっかく頂いた台紙と、
菓子パンの袋についているシールがあるので、
なんとなく、台紙にシールを貼ってみることにしました。

ただひとつ、明確なのは、
30点も集まることは決してない、
と云うことです、、。

期間内に、いったい何点集めることが出来るか、
と云う、己との孤独な戦いなのであります。

ローソン--黒蜜とマーガリンの蒸しパン(とっておき宣言・山崎製パン)。


と云うわけで、ローソンの新作、
黒蜜とマーガリンの蒸しパン”であります。

前日の“夏みかん蒸しケーキ”を購入したとき、
この“黒蜜、、”も、とても気になる存在であったことは否めません。

今週のローソンは、両者を含め、4種の菓子パンが、
独身の(微妙に不整脈のある)ハートを射抜いた、
と云うわけです。

云わゆる、“パン流四天王”ってやつです。

若々しい酸味がある“夏みかん、、”が、ウォンビンなら、
この“黒蜜、、”の渋さは、イ・ビョンホンでしょうか(?)。

まあ、韓流ファンではないので、
適当な人をイメージにしてみました。

尚、異議等はこちらでは受け付けておりませんので、
あしからず。

さて、黒蜜と云うと、あんみつのときくらいにしか、
口にしたことがありませんでしたが、
菓子パンに黒蜜って、なんだか新鮮な感じがしますっ。

ただ、個人的に、市販の菓子パンの、
“○○とマーガリン”の組み合わせで、
納得するお味のものに出逢ったことが、
あまりないような気がします。

いずれの菓子パンも、
やたらマーガリンがでしゃばり過ぎていて、
それはまるで、平群町の騒音おばさんのごとく、
強烈なお味の主張をしているものばかりでした。

“○○とマーガリン”の組み合わせは結構好きなのですが、
マーガリンの扱いかたひとつで、
そのバランスはがくっと、崩れてしまうのが、
マーガリンの難しいところであります。

さて、ローソンの店頭で、
この“黒蜜、、”を見たとき、
ふと、独身の海馬がふと、
ある菓子パンの記憶”を取り出してきました。

それは、
ファミマのたまごケーキ(メープル&マーガリン)”です。

かたち、大きさ、生地の表面のお焦げ具合、
生地の下のプラスチックのプレートは、
ファミマのものと、酷似しています。

唯一、異なっている点は、
ファミマのほうは、“チンしておいしい”でしたが、
ローソンは、“冷やしてもおいしい”です。

チューブだって、夏と冬の曲の楽しみかたがあるように、
この両者も、見た目は似ていても、
季節ごとの味わいかたがあるってもんです。

さて、さっそく生地を頂いてみますと、
とっても弾力のある生地で、むっちりとしています。

それでいて、適度な空気感、軽やかさもあります。

つるつるしているようで、さほど、
ぷにぷにしていると云うわけでもありません。

しっとりを超越した、じっとり感があるのですが、
もっそりも微妙に持ち合わせています。

いままでの蒸しパンにはないタイプの食感です。

“○○のようで、○○でもない”、
そんな感じで、はっきりと“これっ”と表現出来ない生地です。

かの文学者、ゲーテが、
“世界の万物はメタファーである

と云っていますが、この“黒蜜、、”の生地のまた、
蒸しパンであって、蒸しパンのようでない、
何かしらのメタファーの要素を持っているのかも、しれません。

昨日の“夏みかん、、”の場合、
ほわほわ、しょわしょわの、軽やか生地でしたが、
こちらは、“気合の入った生地”と云う感じがします。

個人的見解ですが、
この“気合”は、たまごの分量の割合が多いと、
このような、アニマル浜口さんのような生地になると思われます。

かと云って、アニマルさんのような、
暑苦しい気合であるわけでも、ありません。

秘めた気合、とでも云うのでしょうか。

生地のお味は、と~ってもたまご風味が濃厚ですっ!

濃厚でありながら、ふんわり、まろやかさもあり、
たまごの甘味
みたいなものも、感じられますっ!

生地だけ頂いても、十分おいしさを楽しめますっ

♪生地だっけに~、あっあ、生地だっけに~、
 あっあ、喰らいつくっ、ために~♪

あまりにも食感、お味ともにすばらしい生地なので、
思わず、黒蜜を避けるように、生地だけを頂いてしまいました、、。

ローソン--黒蜜とマーガリンの蒸しパン(とっておき宣言・山崎製パン)。


生地は、スポンジケーキのごとく、
半分にカットされています。

それを、わざわざ、ぺろっとめくってしまうのが、
独身です。

これは、ファミレスやファストフードのメニュー表に貼られた、
値段の訂正シールをはがしたくなる心理と似ていると思われます。

隠されたものを見たくなるのが、人の性ってもんです。

しかし、ときに、
“見なければよかった”
と云うこともあるのです。

(黒蜜か~ぁっ!どんなんだろ~っ!)

と、うきうき気分で生地をめくってみると、
そこにはっ、、!!

生地の中心に、ちょこんと乗っかっている黒蜜とマーガリンが、
この独身と視線を合わせています、、。

すっ、凄い、“ちょこっと”っぷりです、、。

生地をカットした表面積に対し、
この“ちょこっと”は、およそ1/6くらいしか、
割合を占めていません、、。

♪これっきりっ、これっきりっ、もう~、
 これっきり~ぃ、でぇすか~~ぁ?♪

こんな、ぺっと、軽く黒蜜を塗られただけの蒸しパンだなんて、
流石のぺ様も、胸に手を当てて、嘆き哀しんでいることでしょう、、。

ぺ様だけでなく、(林屋)ぺー様も、
さぞ、気を落とされていることでしょう。

この黒蜜の“ちょこっと”っぷりは、もはや、
“黒蜜とマーガリンの蒸しパン”とは、云えません。

これは、数年前、突然、音楽番組の生放送中に帰ってしまった、
タトゥー”のようなものです(?)。

云わば、この日のメインは“タトゥー”であったと云っても、
過言ではなかったと思います。

その彼女らが、ちょこっと出場しただけで、
歌も歌わずに、とっとと帰ってしまっただなんて、
これは、たこが入っていない“たこ焼き”みたいなものです。

よって、この“黒蜜、、”も“タトゥー”も、
“たこ焼き”も、なにがいったい主役なんだか、
よくわからないってもんですっ。

ローソン--黒蜜とマーガリンの蒸しパン(とっておき宣言・山崎製パン)。


と、黒蜜を頂くまえから、
あれこれと文句をつけてしまいましたが、
“ちょこっと”なら“ちょこっと”なりに、
云い分ってもんがあるのかも、しれません。

黒蜜は、はちみつのように、
つるつる、ねばねばとしています。

じゅわっと云う、濃厚なお味と、
深いコクのある甘味
が、日本の伝統的なスイーツであることを、
思い出させてくれます。

一方のマーガリンですが、
冷蔵庫から出したてで、パンになかなかなじまないような、
そんな、強情なかたさでは、ありません。

常温で、十分とろとろ、やわらかくなった、
そんな感じのマーガリンです。

当初、マーガリン特有の、
塩気と、じゅんっと来る酸味のような風味が、
黒蜜の邪魔をするのではないかと思っていましたが、
予想とは反し、案外、まろやかなマーガリンです。

黒蜜のコクを、マーガリンのまろやかさが、
そっと包んでいるような、そんな間柄です。

フィリングが、特徴のあるお味だと、
割と、生地の風味が抹殺されてしまうことがあるのですが、
この生地の場合、まったくそんな気配はありませんっ。

濃厚な黒蜜であっても、このたまご風味までも、
押し黙らせることは、出来ません。

どこを頂いても、ずっとお口の中で味わっていられるのが、
生地のたまごです。

セコンドであっても、いちばん目立ってしまうのが、
亀田3兄弟の父ってもんです。

ただの応援であっても、誰よりも騒ぎ立てるのが、
アニマル浜口さんってもんです。

しかしっ、、!

やはり、この黒蜜の量の少なさを、
無視することは出来ません。

(あっ!やっと黒蜜来たよっ!)
と思いきや、
(あれっ!もう、黒蜜、去って行ったよ、、。)
と云う感じです、、。

F1並みの、素早さです、、。

ミハエル・シューマッハーか、黒蜜
と云った感じです、、。

しかし、F1の場合、何十周もコースを走行するので、
シュミの走りを、その分楽しむことが出来ます。

しかし、この黒蜜の場合、
いちどお口にしてしまえば、それまでです。

あとは、胃に消化されるだけです。

“プレイバック パート2”どころの騒ぎでは、
ありません。

黒蜜、生地に返らず”、です。

世界陸上、男子5M、予選なし、決勝一本
と云った感じです(?)。

そんな、儚い生命の黒蜜ですが、
唯一の救いは、生地がおいしいと云うことです。

“たまご蒸しパン”として、
単独でも十分、成り立つお味なので、
(黒蜜が少なくても、まあ、いっか~、、。)
と、変に妥協してしまいたくなります、、。

ローソン--黒蜜とマーガリンの蒸しパン(とっておき宣言・山崎製パン)。


さて、“冷やしてもおいしい”と云うことで、
半分を冷凍庫で冷やしてみました。

生地は、常温だとむっちりとしていたのですが、
より、むっちり感がアップして、ぶっちりになっています。

しかし、誠、残念なことに、
まろやかだったマーガリンが、
冷やしたことで、暴走をはじめてしまっています、、。

マーガリンのあの、じゅんっ!と来る酸味のような刺激が、
黒蜜を押しのけて、お口を占拠しています、、。

そして、最後にお口に残るのも、
マーガリンのぬるぬる、と云うわけです、、。

丸だったマーガリンが、三角になってしまっています、、。

せっかく、更正したと思われたマーガリンが、
冷凍庫の誘惑に負け、元のとんがりマーガリンに戻っています、、。

キテレツ”のとんがりとは、大違いです。

さらに、冷やしたことで、黒蜜なのか、
マーガリンなのか、風味が変になっています、、。

なにやら、蓋をしないで、
そのまま冷蔵庫で保存してしまったため、
冷蔵庫の匂いが移ってしまった、
そんな感じの風味になっています、、。

生地は、たしかに“冷やしてもおいしい”のですが、
黒蜜、マーガリンに至っては、“冷やしたらやばい”です、、。

個人的には、チンしたほうが、
おいしくなっていた
ような気がします、、。

せっかくの、5つ★のおいしい生地でしたが、
黒蜜とマーガリンと云う、“タトゥー”のような存在が、
かなり足を引っ張っています、、。

味が濃いくせに、量は少ない。
かと思いきや、冷やしたら変に暴走しはじめた、、。

もう、黒蜜とマーガリンの存在意義が、
理解出来ません、、。

白黒、どちらかではなく、グレーゾーンを、
ずっと彷徨っているような、そんな感じです。

生地に対する、黒蜜とマーガリンの目的、
必要性、役割が明確になったら、
欽ちゃんの仮装大賞”にでも、挑戦してみてください(?)。


購入価格:120円。

【栄養成分表示(1包装当り)】
熱量:440kcal
たんぱく質:8.1g
脂質:19.5g
炭水化物:58.1g
ナトリウム:420mg


【オススメ度:★★☆☆☆(2.5)】
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ローソン--夏みかん蒸しケーキ(とっておき宣言・山崎製パン)。  | home |  神戸屋--ふんわりパンケーキ メイプル&カスター。